site map

政治

 最近は、個人的に日本が再生復活傾向にあるので実に喜ばしい限りである。
また、「特定秘密保護法案」が何とか可決され良かった。

 安倍政権に成ってから物凄い勢いで日本が再生している。
正攻法で法律を変え、国内の売国奴官僚や政治家の排除、日本国民を蔑ろにした民主党時代の付けを取り戻しているのであります。

 自民党安倍政権になってから何が変わったのか!?

 民主党時代に更に拡大した「円高」の放置、安住君が密かに進めた「日韓スワップ」の拡大、「復興財源」がなぜか特亜に流れたり、「特別永住外国人の地方参政権」、所謂日本人弾圧を目的とした特亜外国人を守るための逆差別的「人権法案」、「1000万人移民政策」・・・、無責任なアホ管首相や民主党のためになかなか復興しない東北、なぜか国民に知らせなかった「スピィーディーのデータ」、韓国や在日朝鮮人資本家に乗っ取られたマスメディアが捏造した「韓流ブーム」、いかれた売国奴・反日・左翼教師が多い「日教組」の「偏向歴史・性教育」と「日教組利権」の絡むレイプ大国「韓国への高額修学旅行」・・・など今思うと身震いするような売国奴そのものの政策や法案が撤廃されてきているのである。

 残念ながら、高額な「韓国への修学旅行」は未だに減らないらしい。
これは政府か自治体が介入すべきである。新潟・滋賀・鳥取など親や生徒が反対しても学校が聞き入れないという異常事態に発展しているのである。

 これを一般の普通の日本国民はもっとしっかり熟知し噛みしめるべきである。
他人任せにしないで自分で調べ思考・熟考するべきである。

 これは、都会でも田舎でもテレビや新聞などしか見ない方には判らない事だろうけれど、インターネット環境にある人々は政府の省庁それぞれのホームページで確認出来るのである。そこで、政府に対する要望も受け付けてくれています。

 特に、国防に関する防衛相や法律に関する法務省や検察庁など個々の事案なども受け付けてくれているのであります。大半の方が知らない方が多いと思う。これまでは、もともと日本人では無い出自の所謂市民団体の連中の世論形成に利用されてきた傾向が強いのですが、これからは我々本当の日本国民の意思を反映させるべきであると私は思っています。

 又、朝日新聞の変更アンケートなども我々が知らない内にこういった理屈で形成されるというのは世間では当たり前のようです。

 さて、論旨は変わりますが、相変わらずの頭の螺子が外れたパクリ・捏造反日命の朝鮮民族や一党独裁・人権弾圧国家である中国からのいかれた内政干渉には驚きと共に怒りすら覚える。「捏造南京大虐殺・従軍慰安婦の強制連行・靖国参拝」など政府はやっと重たい腰を上げようとしている。

 先も、「竹島」や「尖閣諸島」の歴史を語る外務省の日本語・英語・中国語・韓国語による広報ビデオが完成したところである。興味ある方は是非ともご覧頂きたい。

「従軍慰安婦の強制連行」については、日本国内の女性組織や在米日系人組織の大活躍によりワシントンや主なマスメディアへの広報活動の拡大や慰安婦記念像を建てようとした都市に計画撤廃まで追い込んだりしている。日本政府ももっと真正面から狂った特亜と対決して欲しい限りである。
 ところが最近の日本国政府や外務省は、これまでの立場から逸脱したと云おうか成長したと云うべきなのか、中国や韓国に対して言い返しているのには目を見張る思いである。
 外野から見ればまだまだ足りないというところだが、それはそれ大人の対応というぎりぎりのところでも嬉しく感じる。

 先日の中国の「防空識別圏の撤回」要求など実に素早い対応であった。
2chなどでは、こんなに「中国に対してはっきりもの言う首相は初めてだ」という感想が多く評価も高い。これが未だに売国奴民主党だったならば、岡田などが「相手を悪戯に刺激しないように慎重に対応したい・・・」などと間抜けな答弁をしただろうと思うと、本当に寒気がします。中国というのは、可能ならば世界を全部自分の物にしたい覇権主義こっかなのであるからにして、こちらが一歩引けば土足で十歩入り込んで来る国家である事を島国の甘ちゃん日本国民はアジアの諸国に習いもっと深く認識すべきである。

 日本人は、近代になってから初めて唯一アメリカにしか戦争で負けた事がないのでその辺りの認識不足は致し方ないと云えば致し方ないのだが、もしアメリカ以外に負ければとてつもない蹂躙を受けた事だろう。

 そして、これはよく中国人がはっきり言っている通りである。彼等には強く言わないとまだまだいけると思い更に要求がエスカレートするのである。彼等に性善説や謙譲の美徳は通じないのである。

 故に、彼等にはこれまでの戦後の日本の対応は、全て弱腰に映ったであろう。
実に腹だたしい限りである。

 それにしても、田島洋子女子、彼女の主張を大人目線や憐れみから放置・寛容する人々は多い。ま〜私もその一人だが、これまた責任を伴わない第三者的な視・史観からの超理想論には壁壁する。

 中国の人権弾圧・民族浄化政策や韓国の根深い儒教思想に基づく強烈な男女差別という現実からは目を背け、なぜか日本の世界でも類を見ない素晴らしいまともな慣習・文化を否定し破壊するべきだと主張するのである。

 はっきり言って救いがたい馬鹿な女、田島洋子女子、彼女は、日本は差別大国だそうだ。

 男女同権機会均等とはいうが、アメリカの女性は日本の一般の男性よりも大きく力が強い。故に消防士もいれば現場でギャングに対応する警察官も居る。正直、情けないが、日本の、アジアの平均的な男性の体力でアメリカの女性に勝てるとは到底思えない。これこそ、差別である。実に馬鹿馬鹿しい論議である。

 また、就業時間や給与の支払いシステム、仕事に対する責任と考え方の違いという文化の溝を埋めない限り、諸外国の、嫌ズバリグローバルスタンダードなるどこの誰が考えたのか知らないが、文化を破壊する手段の、その良い例であり、一部であるフェミニズムに基づいた「男女同権機会均等法」など行き過ぎると国が亡ぶ。

 日本の煽てられた馬鹿な女達がアメリカの三文洗脳ドラマを見て一般職を選び管理職を目指し、その結果、更に子供を産まなくなるのは目に見えている。

 その根本的な目的は、人口削減である。
 日本の中枢部はその事は十分承知しているのだろうが、少子化対策・・・と云いながらもなんら友好的な手段を見いだせないでいるようだ。・・・少なくとも私にはそう見える。

 それとも、闇の世界の思惑通りに、売国的行為にまい進しているのだろうか!?
 実際、子宮頸癌ワクチンなどという悪魔の薬を推進しているのだから、そうなのかも知れない!?

 さて、彼女は、どうしてイスラム圏の話はしないのだろうか。
 今世紀に入り、西欧の前衛的な文化が発達したお蔭で娯楽産業が更に創造され、前世紀のゆとりある文化と秩序と宗教概念が破壊され、自由の表現というお題目の元に、どれだけ性風俗が乱れ、裏社会を形成していったことか。

 私は、無責任な耽美主義的個人主義の「自由の表現」は認めないが、秩序ある「自由の表現」は当然認める。

 つまり、物事を画一化された一方向だけから見てはいけないと思う。当然の主張だが、どうも田島洋子女子や朝方のテレビ番組に登場する変更左翼主義者やマイノリティーの在日朝鮮人系のコメンテーターと称する評論家もどきの連中の自分達の権利保持と獲得だけが目的の西欧の事例紹介を引き合いに出す論法には反吐が出る。

 ここは日本人が2600年住んでいる独自の文化と思想を創造した日本国である。
西欧白人種の飛んでる主義や法律を100%受け入れる必要は全く無い。

 そして、もっとはっきり言えば、大抵彼らが紹介するジェンダーフリーや移民政策など問題だらけであり国の大きな負担となり新たな紛争の火種となっているのである。

 オランダ、スウェーデン、ドイツ、フランスの移民政策は全て破綻し、本来の国民の雇用喪失と国が割れるほどの逆差別と差別と争いの大問題に発展している。日本のマスメディアはこういった事実はなかなか紹介しない。

 くどいようだが、田島洋子女子や朝方のテレビ番組に登場する変更左翼主義者やマイノリティーの在日朝鮮人系のコメンテーターと称する評論家達は、真実と現実を見ようとしない、まさに個人の義務を果たさない無責任な勝手な個人主義者である。まさにいかれたフェミニストである。夏目漱石の本を熟読して欲しいものである。

 彼女ごときの事でそうそうエキサイトしなさんなというご意見もあるだろうが、日本国民の中には、当然あれだけテレビに出る田島さんが云うのだから本当にあった事ではなどという思いに駆られる御仁も出てくる可能性も高いのである。

 馬鹿で非国民でもマスメディアに多く登場すれば影響力は大きいのである。韓国人達は、嘘も100編云えばまかり通ると嘘吹いているのであります。
その点を私は懸念している。

 そして、良い傾向の日本なのだが、獅子身中の虫はまだまだ多いので決して油断は出来ない。将来的には、反日・売国奴政治家を与党・野党から排除して行かねばならないし、何よりも日本の子供たちが危ない。いかれた売国奴・反日・左翼教師が多い「日教組」を直ちに解体しなければならない。

 これはあまり知られていないが、「日教組」の中枢は在日朝鮮人もしくはその出自の人間なのである。どうりで組織自体が反日的行動に出る訳である。単なる組合ではないのである。反日組織である。

今年ももう終わりなのだが、靖国神社と出雲大社と伊勢神宮には参拝したいものである。

中国崩壊のカウントダウンが始まったようです。

どうしてそう云えるのか?

もはやアメリカの禿鷹ファンンドや大手の企業が脱出にかかっているからです。
禿鷹ファンンド達はすでに脱出済です。

 以前は、やたらロックフェラーがアメリカの学者や経済アナリストを使いこれからは中国の時代が来ると中国を持ち上げていたが、どうも最近は風向きが変わった様である。

 参考資料として、副島隆彦氏の「次の超大国は中国に決めたとロックフェラーが決めた」を参照の事。

 しかし、以前から世界や国内の有識者達の一部が、中国の政治と野望と経済の危険性を訴えていたが、その時点では誰も聞く耳を持たなかった。日本の経団連なんかは遂最近まで乗り遅れるななどとほざいていた位だ。特にキャノンの会長の発言の責任はかなり重い。

 そして、この2年でやっと真の中国経済の姿が明るみになり、一般の人々達がその危険性にやっと気が付き始めたというところである。面白いのは、アメリカの格付会社二社(スタンダード&プアーズ、ムーディーズ・インベスターズ・サービス)は、今ではさんざん中国を扱き下ろしているが、昨年末まではまだ絶賛し思いっきりヨイショしていたのである。
 しかし、それには理由があり、中国株を上昇させ完全売り逃げのための最後のヨイショだったのである。
 これに載せられた世界中の個人投資家達はババをつかまされた訳である。ゴールドマンサックスは、その後実に動きが早く大都市の一部を残し支店など出先機関をすみやかに撤退させている。
 この動きは、全く同じパターンで韓国でも行われた。いやはや実に見え見えで露骨な手段なのだけれど、これに見事にひっかかる馬鹿、嫌失礼、投資家の皆さんがいるからお笑いである。ずばり当事国の国民が多い様である。
 そして、現在「シャドウバンク」の存在とその問題が明るみに出たり、中国4大銀行のATMが使えなくなったり、地方には巨大な未完成のゴーストタウンが放置されその支払は誰も出来なく、国家の会社つまり国有企業の賃金の多くが未払いであり、地方政府(行政)のトップの私利私欲に走った無計画な工場建設や産業育成のため人民の土地が奪われ水資源が奪われ土地は汚染され、更に軍の統制が乱れ物資が横流しされという事態にまで発展している。

 更に驚いたのは、遂最近の先月2013年6月には、あの高慢な中国自体が、経済に関する数字を過少訂正し始めたのである。またまた更に、権威のある学者や政府の主要な官僚や閣僚クラスの人間が我が国の実体経済の数字は判らない・・・とはっきり抜かしたのである。
 聞いたこちらとしては、おいおい本当の事を言って大丈夫なのか・・・とこちらが心配してしまう次第である。

 さて、ちょっと発想を変えてみましょうか。

 さて、日中友好どころか、共産党一党独裁体制を維持するために、何か問題があれば即反日キャンペーン世論を操作し大衆のガス抜きに利用する体質は永遠に変わらないようである。

つまり、大体であるが、世界は中国などという国を相手にして何かメリットがあったのだろうか!?

目先の事に捉われたお馬鹿さんはこう云うかも知れない。

1、大きな市場が生まれ開拓出来た。
2、多少の資源開発(鉱物など)が出来た。
3、世界中が物を安く買えるようになった。物価が下がった。
4、文化交流が盛んになり、知的な教育が行われるようになり、世界国々と中国との理解が増し近隣の紛争解決につながった。
5、あえてよいところを探せば、或る日突然核ボタンを押されることはないだろう・・・前兆位は察知する事が出来るかな・・・という事位かな。

逆の見方をすればだ。

1、別に中国市場などなくても、欧米や日本はそのままのペースでスローに発展して行けたと思う。
  日本やアメリカの国内雇用が奪われ失業率は鰻のぼりに高くなったし、国内産業が立ち直れないところまで疲弊してしまった。
 ずばり、肥え太ったのは、日本では企業、欧米では管理職と株主のみで、あまり社員達にまではその利益は還元されていない。トヨタは数兆円も会社自体がプールしているそうだ。

2、逆に、石油資源や魚介類・小麦など食糧の枯渇に拍車をかけてしまった。
  今や中国は石油の輸入大国である。とうもろこしに小麦も似たようなものである。又、13億人の食生活が変化する傾向にあり、食糧資源が心配されている。土人(未開人)にいらん味を覚えさせてしまったのは日本人の責任でもある。
 結局、この巨大な国が食糧の自給自足が出来なくなったり、エナジーを輸入に頼るようになったという事は、このままこの国が発展して行けば、地球上の資源の争奪戦になるという事である。つまり、いずれ戦争は回避できないという事に成る。

3、逆に、先進国では、確かに物価は下がり物は安く買えるようになったが、これは先程述べた通り、雇用と産業が壊滅状態まで追いやられた。日本も大変だが、特にアメリカは深刻である。
 だからオバマは方向転換したのである。
 ・・・オバマの発言には、国内雇用の創出なんて綺麗な表現よりも、企業の脱出にGOサインというよりも、早くしろよ〜せかしている様な印象を持つのは私だけだろうか!?

4、異文化交流にインターネットの発展、聞こえは良いが、偽物ブランド品の製造販売、知的財産権など全く無視したCDやDVDなど海賊版天国であり、特許侵害に、中国進出企業より先に意匠登録するなどし国外では考えられない様な裁判判決によりさまざまな妨害足枷が伴う。

 日本の場合、絶対にお馬鹿だったのは、中国が肥えるとそれを反日行動と軍事費の増大に使われるという事を全く理解していなかった事だ。極論でもないが、我が国に本来敵対する国を援助してきた訳である。これは日本に取ってのパチンコ産業は、北朝鮮と韓国の反日を増長させ、危機を増大させたという点で同じ理屈である。

そんな中国に対して、日本という甘ちゃんの国は、御丁寧に、インフラ整備してやり、金を出してやり、技術も無償で提供してやったりしてきたのである。

 又、交流どころか、力を付けさせたばかりに調子に乗り、中華思想丸出しの覇権主義のため現在も近隣諸国とはより揉めている始末である。領土に水資源の奪い合いと実に強行である。ベトナム、タイ、ミャンマー、フィリピン、インド、世界一幸せな国ブータンにも触手を伸ばしている。

 そして、ご存知の通りチベット族にウイグル族にチワン族など中国人による民族浄化計画を進めている。
もしこれを許し続けたならば、100年も経過すればパキスタンからインドにトルコを抜けてヨーロッパまで進出し、世界中が中国人によって浸食され、各民族固有の文化は破壊され、その民族の存在自体も歴史から抹消されるかも知れない。何と恐ろしい勘違い民族中国人だろうか!?
 日本の場合、尖閣も沖縄も絶対に妥協してはいけない。一歩でも引いたら奴らは嵩に懸かってくる。

気が付いたら、中国というのは、大半の河川は汚染され水資源を隣国に求めるという事態であり、無責任無計画な工場建設で都市部近郊の土壌は汚染され、首都北京の200キロ近くまで砂漠が迫り、民意は低く乱れ、国の政治も地方行政も汚職にまみれ自浄能力は無く、国内は5から6程の軍閥に別れ敵対意識があるらしい・・・。

共産党員の幹部や高級官僚の親族はの大半は、財産を国外に持ち出し、又アメリカやカナダなどに移住させているのはもはや常識である。

この構造をどう見るか?

つまり、中国という精神性が低い民族、未開人にアメリカと日本は飴をやったのだが、その変わりアメリカと日本は何を得たのか!?

嫌、もしかしたらアメリカだけが何かを得たのか?

嫌、嫌、国ではなく金融資本家達だけが、産業と市場を大きくさせ、その経済の純利の部分を美味しくごっそり頂いたのかも知れない。

実に見事な計画である。

実際、アメリカと中国は戦争など出来るはずがないそうだ。
もちろん、世界でアメリカのハイテクに適う国など地球上どこにもない。
核戦争でもする気なら、中国にも若干の部はあるのだが、如何せん四川の大地震に洪水、これを偶然と思う人々はおめでたいとしか言いようがない。
それに、マスメディアは中国からのサイバーテロを報道するばかりだが、あなたが今覗いているパソコンのOSはマイクロソフトかマックですよね。

これには凄い秘密が隠されているようです。
それを知ってか知らないでか韓国軍の使用しているパソコンのOSは「割れ」だそうです。
つまり、「割れ」とは非正規品の事です。

今年の5月だったか、ウインドウズ7か8のアップデートで突然韓国軍のパソコンが落ちたのでした。
一部大手の銀行もというから大笑いです。

北朝鮮はまだ正規の製品を使用しているらしいのですから、如何に韓国という国が屑なのかが良く判るエピソードです。つまり、米軍の中にサイバーテロチームやハッカーなどの専門チームが存在していない訳がない。
つまり、何らかの活動をしているだろうし、中国軍の機能をシャットダウンしようと思えば出来るかも知れませんよ・・・というお話です。

そして、戦争となれば、石油と食糧と元となる金(戦費)が要りますよね。

世界の基軸通貨は、ご存知の通り円・ドル・ユーロです。
世界の銀行の98%位は、全てロスチャイルド様とロックフェラー様の物です。
(ま〜アメリカの銀行の大元は、大半がロスチャイルド様がお作りになったものですが。)

 是は最近知った事実なんですが、アメリカは、大統領命令だけで、米国債の指定番号のものを取引無効にできるそうです。つまり議会の承認なしでスピーディーに即決できるという訳です。

つまり、戦争に成れば、中国は米国債は1ドルも売れない。

 このままでは間違いなく中国はデフォルトしてしまいそうです。
どう考えても、中国という国と、中国国民の民度とその思考に明るい未来は無さそうです。

改善できる要素が何も無い!!

問題は、すでに中国崩壊後、IMFの介入後共産党を解体し、どのような行政区割りとか、道州制とか、内戦勃発、ロシアと米国で二分割、さまざまな憶測が乱れ飛んでいます。


以上です!!

簡単にまとめてみました。

ケムトレイル

本日は、影の権力者の矛盾についての一考察である。

2013年度も、相変わらず、何が目的なのか判らないが、アメリカ国内のみならず日本国内でもケムトレイルがばらまかれているようだ。ご苦労さん・・・というところか。

以前も紹介したが、恐らく自衛隊機だと思うが、としか考えられない。
そして、大阪市と奈良県の事例なのだが、あの格子縞の様な飛行機雲、あれは一体何んなのだ。

ほぼ数時間以内の同じ時間帯に、大阪市や横浜市、名古屋市、奈良市、その他多くの都市の上空をなぜ自衛隊機が飛び回らなければならないのか!?

明らかにスクランブルでもないし、訓練とも考えられない。

何で都市の上で訓練しなければならないのか?

さて、先日もつい先だっても、大阪市は難波の上空を何気に見上げれば、拡散が完了しかけのケムトレイルが目に飛び込んできた。

CA3I0037


最近は、拡散の仕方で直ぐにケムトレイルだと判るようになった。

しかし、陰謀肯定論者の私としては、納得がいかないといおうか理解に苦しむ事この上ない。

実は、PM2.5に濃度の高い季節外れの風疹などは、福島原発事故の「放射能汚染」を隠すための影のアメリカ政府の策略だというのは大変良く判る。

ずばり、主にセシウムの測定だけという単純な判断基準は詐欺だというしかない。つまり国は卑怯である。

つまり日本人の人体実験である・・・という説もある。

実験だとすると、これが判らない。

何種類かの放射線が人体に悪いのはすでに十分にデータはあるだろうに、今さら何のデータが必要なのか?
それも一国のインフラや政治に国民の生命に関わる原発事故を計画的に起こしてまで取るデータというのは、何かしっくりいかない。その程度や主旨の悲惨な非人道的な実験はアメリカは自国内で一般人や軍人を対象に過去に行っているし、マウスでも想定できる。

という事は、やはり狙いは日本国民を明らかに狙っているとしか思えないので、データ取得説は除外である・・・と私は思う。

それでなくても、アメリカの意思は、日本を通してこれから世界に原発を拡散させようとしているとしか思えない現在の政治状況・・・、世界が原発導入に及び腰になる様な反原発の方向性に持ってゆくだろうか?

その意図・計画の前に、逆に振れる人口地震を起こしたりしてマイナスの方向に行動するのだろうか・・・という考え方もある。

単に、何か別の目的のための日本を脅すためなのだろうか!?

もしくは、石油メジャーが核メジャーと対立している中で、単独で起こした人口地震なのか・・・というRとRの対立という単純な図式も考えられる。

更に、最近は、アメリカのRや欧州のR内の中でも対立・分裂が明確になってきたようだ。
しかし、影の権力者の世界も世代交代や一族同士内での対立や権力抗争も分類するのも実に大変だ。

敵が多すぎて!?笑い!

そこで、やはり飛鳥昭雄説の、ナチスが発見し、現在ペンタゴン地下に潜む悪魔の手先の存在というのが気になります。

つまり、霊的な存在と霊媒師の役割が、影の権力者達をつき動かしているというのも、100%は信じないが、さもありなんと思うところである。

つまり、連中は、何世代も超えて一貫した計画に基づき行動するのと、瞬間的には矛盾した行動も起こすというという事である。

ま〜相手は、まともじゃ〜ないのだから致し方ないのかも知れない。

これ、さら〜と凄い事実を述べているんだけど皆さん判りますかな〜!?

しかし、一方で、ケムトレイルの拡散だけは一向に止めようとはしない。

しかし、日本の空気清浄器の優秀さがそれを防いでいるのだろうか・・・などとも考えたりもする。

読者の意見も聞きたいところでもある。

ボストンマラソンテロは、どうやらまたまたアメリカ政府の一部の自作自演だったようです。

その担当部門は、ズバリ、FBI、地元ボストン警察、そしてアメリカ映画に良く出てくる民間の軍装備を持つ警備会社の「クラフトインターナショナル」か「ブラックウォーター」の様です。

ずばり、状況証拠から云えば、アメリカ政府は、盗聴記録と似たような○弾が入ったバッグを持っている画像だけで判断している訳で、素材の入手先を確定するとか、本人達が実行するといった文言・会話の盗聴記録はないようである。

つまり、マスメディアは、朝から状況証拠だけのアメリカ様からの捏造映像を、しつこいほどに垂れ流しています。

チェチェン出身とかムスリムとかは、イメージ作りですね。

また、仮にそういった組織に教わったり関わりを持っていたとしても、それはアメリカ政府の一部の組織が常にそういった人々、つまりJFKの時のオズワルドや、9.11偽装テロの時の国外にいたのに指名手配犯人にされたイスラム教徒の連中の様に常にリストアップされているか、そういったテロ組織を偽ったアメリカ政府の諜報活動組織が導いていった可能性もある。

恐らく、いつでもこの様な計画が出来るように相当数のテロ犯候補がリストされ育てられているのだろう。

インターネット世界に成ってからはやはり凄い!
すでに、アメリカでは、テロ捏造の解析・解説サイトやYouTube動画たちどころに取り上げられている。

さて、捏造計画の証拠

1、爆発後も弟がリュックを持っている監視カメラの動画が発見されている。
 これは決定的だ!

FBIがマスメディアに提出した当日の兄弟の動画とされるものを仮に正しいとすると、爆発の数、爆発の後の兄弟がリュックをもっている動画、これらは完全に矛盾している。

2、事件後、とてつもなく早く兄弟が写った監視カメラの動画内で、兄弟だけがカット割りした様なおかしな映像・動画が公開された。

ずばり、他の人間の動きはスムーズなのに、まるで幽霊のような動きである。
 どうもアーノルド・シュワルツネッガーの映画「バトルランナー」の主人公の様に、どこかで撮影された映像を使用し作られたもののようである。

3、当日の「ボストン警察」か「FBI」か判らないが、おかしな動きを見せている。

 当日の爆発の目撃者達は、爆発が起きる前に、爆破訓練に、屋上狙撃の訓練が行われ、これは演習だと繰り返しアナウンスされたと、すでに事件を予測したかのように爆弾探知犬らしきチームが現場に配置についていたのは、不可思議だと語っている。

 これは、多くのケーブル局や、信頼できる人物としてモバイル大学のクロスカントリーコーチのスチーブンソン氏などが指摘している。

 更に、近隣になぜかすでにFBIの車が数台待機していた。
 マラソン警備に、警察当局なら判るが、FBIが当たるなど聞いた事がない。

4、「ニューヨークタイムズ」が最近実にタイムリーで奇妙な記事を書いていた。
 それは、「最近のほとんどの米国国内恐怖事件は、F.B.Iが作り出したものだ」というものである。
 まるで、今回のボストンでの爆発事件を「お知らせ」したようである。

5、極めつけは、悪名高き民間傭兵会社の「クラフトインターナショナル」の「衣服」や「帽子」に、「無線通信機」、映画などのよく見るリモコン風の「起爆装置」らしきものや、爆発したリュックとそっくりな「リュック」を持っていた男達がいた。
 
 連中は事件前には全く接点も持っていないかの様に振舞っていたのに、事件後、一ケッ所に集まり車で去っていった。

6、私の当日の動画の見間違いで無ければ、爆発は三回あった様な気がする。
 兄弟が写った捏造動画なんだけれど、彼らは一人一つの「リュック」を持っていたのだから、どう考えても爆発は2回しか起こせないはずである。

7、爆発近辺で、兄弟以外に「クラフトインターナショナル」の「衣服」や「帽子」を身に着けた様な男が、建物の隙間にバッグを置いている画像があるのだが、まさかこれを兄の方と決めつけているのか?

参考サイトが以下である。

そう考えてもヤラセであり捏造であるとしか考えられない。
もちろん、こちらの主張も状況証拠でしかないのだが、もしかしたら、現場にバッグを置いた人間がばっちり写った映像があるのかも知れない。残念である。

逆に言えば、これだけ綺麗な画像があるのに、なぜ、ずばり置いたその時の画像が無いのか!?
不思議と思わない人間が多すぎる。

【 ボストンマラソン爆破テロはFBIと民間軍隊の自作自演参考サイト 】

NY Times: Terrorist Plots, Hatched by The F.B.I.
ニューヨークタイムズ:テロリストの計画(F. B. Iによって企てられた)
http://www.youtube.com/watch?v=RidBrYAdvPg

FBI Knew Suspects Before Marathon Bombings!
FBIは、マラソン爆破の前に容疑者を知っていました!
http://www.youtube.com/watch?v=UZkARTdhpE0

http://www.news-us.jp/article/356505232.html

こうして、でっち上げがまた一つ行われたのであった。

その目的は、四川大地震から目を逸らすためか、アメリカ国民への銃規制実現のためかも知れない。
そういえば、つい最近もアメリカの学校で銃乱射があった。


そして、地震で思い出すのが、最近の大地震は二度来るという連鎖である。

阪神淡路大震災1995年1月17日 → 2013年4月13日
四川大地震   2008年5月12日 → 2013年4月20日

おいおい、人口地震ならば、どこかが二度狙われる事になる。
日付けに何か暗号が隠されているのかどうか付きとめたいところである。

つまり、ショック・ドクトリンの手法という訳である。

その他

元自民党の中山成彬議員が平成25年3月8日の予算委員会において、これまで以上の明確な従軍慰安婦捏造問題を取り上げ質問しました。

これまで、「TVタックル」や「やしきたかじんのそこまで言って委員会」でも取り上げられなかった情報を公共の電波にに初めて乗せました。

これらの情報を扱った書籍は十分に発売されているので、詳しい人間にはそれほど目新しい事ではないのですが、やはり一般の国民の耳目に触れさせた事が大きいですね。

この事実を全国民に拡散し知らしめる事が重要であり、これからの日本の未来を託す世代に負の遺産を残さない様に出来ると思います。

そして、CIAや在日左翼、日教組、特亜工作員などに刷り込まれた大東亜戦争の自虐史観からさよならしましょう。

【 中山成彬が朝日新聞と朝鮮人の従軍慰安婦捏造工作を国会で暴く 】



尚、2CHで話題に成ったようですが、この大変貴重な強制従軍慰安婦捏造に関する動画を強権で削除させた犯人が判ったようです。現役のNHKチーフ・ディレクターらしい倉又●夫何某だという噂です。

そして、その際には、NHKサイドの人間として著作権を訴求したようです。
どうも法律的にその考え方には問題があるようですが、もう削除されないように中山議員が自らYouTubeにアップして下さったそうです。

最初の削除された段階で20万件位行っていたようですから、売国奴左翼や特亜工作機関関係はかなり怯えたようですね。

 ポイント1として、日本国内ではすでに捏造と判明し、且つ政府見解として従軍慰安婦の強制連行などは無かった事は明々白々ですが、事実は吉田という馬鹿の売名行為を福島瑞穂氏が関係する在日朝鮮人帰化人の経営する弁護士事務所と朝日新聞が検証するどころか架空の事件・事例を捏造し、さも事実の如く吹聴して来たのが真相である。

又、不運にも未来予測が出来ない歴代の自民党政権がこの重大な案件をほったらかしにして来たのが最大の原因でもある。無責任にも度が過ぎる。

 ポイント2として、更に、売国奴どもが恐れたのは、中山議員が、植民地などという表現はトンデモナイデタラメであり、併合当時の朝鮮人に依る自治と素晴らしい朝鮮の統治機構の実態を暴露したからである。

日本の国家財政の3分の1を持ち出し、前時代の身分制度を解体し、奴隷制も廃止させ、インフラを整え、鉄道を敷き、学校を作り、病院を作り、朝鮮人による警察機構を整えてやった訳である。教育の有る朝鮮人に限って皆日本人になりたがったのである。

まさに土人国家であり中国の属国だったものを日本が解放し、短期間で近代国家の礎を作ったのである。
それを、日本が戦争に負けたら手のひらを返したように反日に廻ったのである。

 ポイント3として、日本国内では、日本に宣戦布告もしていない曲にあたかも戦勝国を気取り戦後日本国内の在日朝鮮人は暴れまわったのである。それを在日朝鮮人に支配されたマスメディアは報道しないし取り上げない。

現実には、事実と全く逆の歴史観と在日朝鮮人による被害者意識が大手を振ってまかり通っているのである。

実に哀しく残念でならないし口惜しい限りである。

ま〜我々には当然の事実なのだが、日本が朝鮮で悪さをしたと思わされている日本国民や韓国政府にそう洗脳教育をされている韓国人には驚きの事実であるだろう。

インターネット環境にない田舎のおじいちゃんやおばちゃんや歴史などに興味が無い若い世代には、是非ともYouTubeサイトでこれらの事を扱った動画をご覧になって頂きたいものである。

中山成彬議員は元自民党で現在日本維新の会所属ですが、大半が元在日朝鮮人が帰化した売国奴党民主党のせいで失われた3年間を取戻し、且つ戦後の負の遺産を払拭するためには日本に取って重要なキーパーソンと成り得て、且つ超党派で自民党に援護してくれる人物です。

出来れば、日本維新の会など出て平沼先生と共に自民党に復党させるべきですね。

現在、世論、インターネット、経済、外交・・・と凄い勢いで本来の日本を取り戻している感じです。
まさに復活と云えるでしょう。

このまま一気に憲法改正まで行かなければなりません。

目覚めよ!真正日本人、日本国民よ!

次の参議院選挙で売国奴党民主党にトドメを刺し完全に政権を取り戻したいところですね。

出雲と伊勢の神様のリセット効果は実に強大なものだという現れでしょうか。

ついでに、メタンハイドレードエナジーの開発も一気に仕上げて欲しいものである。
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ