site map

陰謀論

クローン人間の存在について読者の皆さんはご存じだろうか!?

当サイトとしては、決して肯定している訳ではありませんので、どうか最後までお読み頂きたい。

日本国内において、クローン人間だとか、洗脳チップとか、人間牧場的に管理するための個人識別ICチップなどというと、一般大衆の多くや無知な人々は即「トンでも話」として捉える。

ま〜インターネット上にある海外の情報が100%信用するに値するものかというと、それはもちろん日本国内の偽保守や偽右翼を語る大陸系工作機関や同じく大陸系カルト教団のプロパガンダと同じで、虚実を混在させたものも多く散見されます。つまりガセ情報も多いという事です。

そして、この時点で、すでに読者の皆さんの大半は、ちょっと誤解されているかも知れませんね。話を整理しておきましょう。

 私がいう「クローン人間」とは、「マスター人間の記憶を持ったコピー人間」の事である。単に複製としての生物は、現代の科学力を持ってすれば100%作れるでしょう。恐竜でもね。

私も、つい数年前までは、そんな「マスター人間の記憶を持ったコピー人間」であるクローン人間の存在などあるものかと思っていました。いや、恐らく幾ら化学が進んでもそんなものは永遠に作る事は不可能だと思っていましたね。

 それで、今回は、そんなクローン人間とか、特定個人の記憶を変えてしまう「洗脳チップ」の可能性と真偽について私の思考と想像力をフル活動してみました。

■1、、先ず欧米での有力な情報についての紹介からしましょうかね。
 結構な数だけありますね〜。
有名な政治家やハリウッド俳優は大抵該当しますね。笑い!

私が、以前謎解きしたYouTubeの「レプティリアン」動画ビデオの大半は専用のソフトにより加工されたものである・・・・と同じで誤魔化しの偽情報ばかりですね。
 問題は、それらのフェイク情報を流しているのは誰かという問題もあるのですが、その辺りは当サイトの読者の皆さんには無用ですかね。

 話を元に戻します。
しかし、いや〜是だけは、断定は出来ないが、説明のつかない疑問が残る得意なケースがあります。年代的にはバラバラで咄嗟に思いついたものだけなので申し訳ないが、あくまで一例ですよ。

<<クローン、又は、影武者の存在疑惑説の人々の一例>>
1、ポール・マッカートニー、1966(68)年以降別人説!
2、バラク・オバマ
3、ヒラリー・クリントン
4、JHW・ブッシュ元大統領
5、ジミー・カーター元大統領
6、M・ゴルバチョフ(元ソ連共産党書記長)
7、バチカンの幹部
8、フセイン(元イラク大統領)
9、オサマ・ビン・ラディン(元CIAのエージェント、アルカイダ首領)
10、数代以前のバチカン教皇
11、各国歴代の王族・首相・大統領・大臣などなど・・・
12、金 正日(キム・ジョンイル)の影武者の一人は何と女性だったそうです。
   どうりで、腹の張り具合が違うのと声を出さないはずである。

<<抵抗し暗殺されたであろう人々の一例>>
1、JH・ケネディー大統領
2、ついでにマリリン・モンロー
3、J・マッカーシー
4、J・レノン
5、B・マーリー
6、UFOディスクロージャー関係の科学者、ジャーナリスト多数
7、陰謀ディスクロージャー関係の学者、ジャーナリスト多数
  (もはや陰謀ではなく、明らかにされた計画ですね)
8、M・ジャクソン
9、アーロン・ルッソ
10、石井紘基(民主党衆議院議員)
11、中川一郎(自民党衆議院議員)
12、中川昭一財務大臣(自民党衆議院議員)
13、オーム村井
14、ライブドア(?)
15、抗がん剤製造・発見の日本人医師
16、エイズ治療薬製造・発見の海外・日本の医師
17、日航機123便搭乗の企業役員・その他
18、憂国の政治家・・・・・・
19、憂国のジャーナリスト・・・・・・(存命の連中は犬か問題外という事か)
20、ハワード・ヒューズ(監禁のち死亡)
21、ダグラス・マッカーサー(監禁のち死亡)

さて、ポール・マッカートニーなんだけれども、彼のクローンか別人説はなるほどと思う次第だ。調べれば調べるほど疑わしい。顔は確かに似ているのだが(当然か)、若いころのポールと途中からのポールでは随分雰囲気が違うような気がする。左耳に関しては同じ正面からの画像でもレンズの高さ角度光線などの具合でその違いははっきりしないのだが、意図は理解できる。また、身長の違いには驚きましたね〜。しかし、身長が違うという以外では、左利きでギターが弾けて、同じ声質の人間を探してきたのか!?

ポールの目玉が大きくび出るビデオは、明らかに加工しているので問題外です。
日本語に翻訳してみれば明快です。

そこでなのだが、仮にクローンが出来たとして、大きな疑問が発生する。
世界的にここまで突っ込んでこの疑問を解説しているところは、今のところ皆無である。それが以下の疑問である。

■2、クローン人間製造の疑問!?

  これ実際にですね、フィジカル的に(肉体的)には完成したとしても、記憶とか思考とかの実態はどうなのかというと実に疑問だらけです。世界中のカルト好きの連中で、偽物レプティリアンYouTube動画にまんまと引っかかっている連中は、軽い気持ちでクローン・・・と云っていますが、想像した事あるのだろうか!?ないだろうな〜!?笑い!

1、クローンは、直接年齢に応じたものが作れるのか?
  (30歳の人間から、30歳のそれ)
2、子供のころから作るのか?その場合、特定の年齢のところまで急激に成長を早める事が出来るのか?(子供→30歳)
3、特定の人間が生まれたならば、その時点でクローンを製造し、来る(利用す)べき日に備えるのか!?(同時進行で成長)
4、性格は変わるのか!?
5、同日に取った株からの場合、その運命はどうなるのか!?
6、栄養の摂取度合いが違う場合、どのような変化が見られるのか!?
7、後天的に訓練で身に着けた身体能力は!?
8、成長した人間のクローンは、それまでの記憶も持っているのか!?
9、仮に存在するとして、彼等の精神状態はどうなのだろうか!?
  自由はあるのだろうか!?皆さん、想像してみて下さい。

 もし、あなたが、実はあなたのクローンだという事が自分で判り、つまり認識出来た時、あなたは尋常でいられますか!?完全な洗脳をするか全くの完全なロボットでない限りクローンが感情を持つという事は恐怖ですし、扱う方もやっかいです。

つまり、整形で成り済ますのとは全く違う訳です。その辺のメンテナンスはどうなんだろうか!?だから、その辺りを私はクローン説を唱えるディスクロージャー達に詳細を求めるのです。

同じポールでも、ポール・ニューマンは厚底靴を履いていた事実を知る映画ファンは少ないだろう。笑い!

ま〜、似ている似ていないに関しては、具体的な違いを幾ら立証しても、マスターとコピーを同時に白日の下に晒さない限り証明は不可能だろう。実際、世界の要人に、そういった強制的な行為を行うのは不可能だろう。

しかし、ヒラリー・クリントンには驚いた。
これは決定的でしたね。彼女は、同日同時刻に二か所の場所に出現・存在していた。
これは厳然たる事実ですから、どちらかですね。

そして、いちいち説明するのも面倒くさいのだけれど、オバマの頭の傷は大統領になる前には無かった様な記憶がする。頭と云えば、ゴルバチョフなのだが、これは、日本では誰もまだ取り上げていないのだが、哲子の部屋に出演した時の彼の頭のアザの形状がやはり違う印象を持ったのは私だけなのか!?「出生証明書偽造」か不明の件での裁判はまだやっているのだろうか!?

フセイン(元イラク大統領)に至っては、素人でも判る位、顔の部位に違いがありますし、何せ最後の死亡時の画像に至っては加工物であり、他人という事が判明しています。

もっと酷いのがオサマ・ビン・ラディンの死亡画像ですね。
別人のいいところであり、加工画像は反転したものを使っていたのがバレバレで、もうちょっとしっかり作って欲しいものである・・・・何て我々は言ったりしてます。笑い!

■3、さて、クローンの可能性についての私のあくまで、全体ではなく一部分であり、或る側面から見たものについての考えを述べたいと思います。

仮に記憶などが全く白紙のクローン人間が作れたとして、その意志と記憶はどうなるのかという疑問に対して考察してみたのだが!?これはまた、映画「ブレードランナー」のアンドロイドロボットの記憶と考えて頂いても良いだろう。

仮に50歳までの人間の50年分の記憶は作れるのか!?
例えば、幼い子供の頃遊んだ場所から、初恋に、受験に、幼馴染の存在、会社の同僚、恋人との関係・・・、ETCをまとめて創造出来るのか!?

私の創造ではどうも可能のようである。
多くのスタッフと資金はそれなりにかかるだろう。

例えば、一人の人間の大まかな人生ストーリープラン(設計図)を作り、そして1年分365日を1日分を12人のスタッフで365チームを作り、1日分24時間に分けた中での詳細な記憶とストーリーを作成する。

詳細とは、インプットする項目が更に細かく分類され、この人物の嗜好や考え方まで、それぞれのイベント(事件)において、どう感じたかという印象レベルの強弱までインプット形成してゆく。

もちろん、寝た夢の記憶や画像・・・、それの記憶の出入りまでインプットして、特定のキーワードで思い出す・・・などまで細かくインプットして行く。
例えば、或る日便秘になったときのしんどい感情とか、バスに乗車している時にお尻がむずがゆくなったけれど掻けなくて辛かった・・・などなどの人が体験するであろう感情や、意識はしないが嫌な感情を持ったなど無意識のそれもインプットし創造して行く。

人格形成の大詰めでは、特定のイデオロギーまでが形成されるように前後のプランを総括するチームマネージャーが常にチェックしているという状況である。

でっ、つまり4、380人のチームが、365日分×50年分の記憶を作る訳である。
1年分を1か月で、50か月、約4年ちょいですか。
物心ついてからがかなり大変だとは思うけれど、意外と数年もかからないで出来そうだと思いませんか!?
人口知能としてなら、有意義ですが、陰謀計画を実行するための複数人のクローンへの記憶植え付けには実に非効率ですかね。

2012年の民放とNHKの番組では、2045~2050年には、人間の脳レベルの超集積回路チップは出来る予定だそうです。凄い時代です。私が子供の頃は、地球上の表面積位のコンピューターシステムが必要だと云われていましたからね。笑い!

■4、さて、仮に50年分の記憶が出来たとする。

例えば、Aという人物に対する好みや悪意の印象などの変遷など矛盾がないかどうか、インプットした膨大な人物名や、人生で影響のあったキーワードを用いて、スーパーコンピューターにあらゆるシュチュエーションを設定して膨大なチェックをさせる。数時間か数日もかからないんじゃないでしょうか!?

さて、これを、一般には出回っていない普通のLSIチップの数千倍という「超超超集積回路」に入れます。

さて、その次がまた大変ですね。
今度は、ハードの面です。

これを、脳の特定部位に、謎のブラックボックスと共に埋め込むのか!?
何らかの方法で、脳に電気信号として入れてゆきます。

ここで事を急ぐと脳は爆発するかも知れません。

近代の研究では、脳は眠る事によって、日中、肌や耳や眼から入った無意識なモノも含めての膨大な情報を精査し振るいにかけて、忘れようとしているそうです。ですから、無理して情報を詰め込むと大変な事になるかもしれませんから、それまでに、数々の悲惨な事例の不幸が発生した事でしょう。

そうですね。
例えれば、映画「エイリアン」での不完全なクローンとか、映画「ザッ・フライ」のラストシーンとかのね。想像しただけでも身震いしてしまいそうです。

 これは直接は関係の無いお話ですが、脳科学の側面から言うと、現在凄い進歩をしています。日本のマスメディアでも何例かは紹介されていますね。

1、盲目の人間に、特定部分を刺激するか、電気信号で、外の世界の映像を見せる事に成功しています。これはもう、まさに映画「スター・トレック」のラ・フォージ少佐(後に中尉)です。

噂では、米軍では、受信機が必要なく、人間の脳に直接、そうですね〜電波信号としか言いようがないのですが、そのような形で意志疎通が取れる装置を開発してあるとかないとか!?・・・というところまで来ていますね。

そして、超超超小型受信機を頭に埋め込むか、耳元に置くかでの上記のような意志疎通はすでに出来るようです。

■5、もっと簡単な方法はないのか!?

さ〜そこでですけれども、万が一クローンを簡単ではないけれども作れたとして、、こちらの(悪い奴ら)の思惑通り動いてくれて、用がなくなれば、即処分できるという事が可能な場合、もっと簡単に記憶のやり取りや指令をインプット出来ないかという事になりますが、アメリカのプロパガンダ映画を見ていると、スーパーコンピューターを介在して電気信号のやり取りで出来そうな気になってくるのは私だけでしょうか!?

恐らく、影武者、整形した人間を用意した方が安いし効率的だろうな〜とは予測できるのだが!?

■6、人間の脳、記憶や思考は単なる電気信号であります。

実際、目でものを見ていると思っている方は多いでしょうが、目はセンサーでありレンズであり、いまあなたのの目の前にあるパソコンの映像は、あなたの頭の奥深いところで、情報が整理され映像化されているのです。

ですから、強力な電磁波を人間の脳が浴びると、ショートするか、記憶が書き換えられるか、ところどころ記憶が飛ぶ可能性があります。ですから飛行機も人間もコンピュータも電磁波による影響は同じなんですよね。

大昔、漫画「ガッチャマン」において、ミサイルかロケットを打ち落とすのに電磁波を使っていましたね。

この世は、まさに「色即是空」であり、「仮想現実の統一磁場世界」(私の造語)です。電気によって成り立っている世界です。

先程、素粒子に重力を与えているのは、ヒッグス粒子である理論の証拠を発見したというニュースが流れましたが、もっとシンプルに電気の性質方面から攻める学者はいないのかと疑問に思う次第でした。

参考までに、数年前には、アメリカの映画で別の記憶を埋め込まれた兵士が復讐するというお粗末な設定のものがありましたが、それ以前には「トータル・リコール」や「マトリックス」などがありましたね。電気的なシッョク(?)で、記憶か思考の世界を仮想現実として、成立させるものでしたね。

しかし、仮に、くどいようですが、完璧なクローンが出来たとしましょう。
彼か彼女のために、虚構の世界を設定して、つまり双子とかで君は表には出れない事情があるとかね!?

実際、整形の別人なら管理は楽でしょうが、本当にクローン人間など作ったらどれだけ管理が大変な事でしょうか!?

私には、クローン人間とは何となく自由と意志がないケネディーの妹の「ロボトミー手術」を受けたような感じで、あまり気持ちはよくはありませんね。必要がなくなればいつか処分されそうです。

◆そういえば、大昔のジョージ秋山の漫画に、クローン人間を扱ったものが出てくるんですが、子供心に怖かったですね。彼の「銭ゲバ」とか「ザ・ムーン」とかも・・・、怖かったですね。笑い!

さて、あなたは、どうお思いになりますか!?

ご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

この記事の主張は全てダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルなものです。
引用の際にはご注意下さい!!

グッドラック!

世界経済

 最近の世界経済の動向なんですが、「第三次世界大戦の勃発」の前に「世界恐慌の演出」が高まっている様相を呈していますね。資本主義経済の終焉が近づいているのかも知れません!?今回も長文で申し訳ないですが、時折り凄い情報をさら〜と出しています。

 今回は、最近の世界の動き、特に経済面に関して、「世界支配(陰謀)計画遂行」の側面からも織り交ぜて、判りやすく独自の見解を述べてみました。因みに陰謀はもう明確に明るみに出ましたので、陰謀論という用語はもはや死語ですね。

さて、闇の勢力が計画する「第三次世界大戦の勃発」は絶対に起こしてはならないアジェンダなんですが!

 正義の味方かも知れない「ホワイトドラゴン」に、国を人類を優る有志の「ペンタゴンの或る勢力」や「イルミナティの或る勢力」が、この世の支配者達の一部の幹部を大量逮捕したり、これまでの悪行と私腹を追及し辞任させたとか、これまで明るみに出なかった巨大金融詐欺などがディスクローズされたりしています。
(要語の判らない方は検索願います)

 韓国支持派のB・F(だから心底信用出来ない)氏や或る信頼出来る陰謀肯定論者のサイトでは、世界経済(人類)に巣食う寄生虫である欧米の資本家や銀行家など、いわゆる「金融マフィア崩壊」の序章が始まった・・・的な表現をしていますが、・・・どうもそうそう喜んでばかりはいられないでしょう。

◆私に言わせれば、間違いなく、日本は、世界は、怒涛のごとく崩壊へと導かれています。

 来たるべき日が到来すれば、一番影響を受けるのはやはり弱者です。
システムが崩壊したとき、住む家も、土地も、食糧も、仕事も、金も、エナジーも無ければ即困ります。
紙幣が紙屑になり、本当に食うに困ります。治安も乱れます。

 改めて、今日のシームは、「金融システム崩壊」の予感をそう喜んでばかりもいられないでしょう・・・という話です。一番力の弱い者に最初に皺寄せが来ます。銀行の取り付け騒ぎなんてのも、何十年振りに、もしかしたら起こるかもしれません。昔、日本でもありましたね〜。

日本と中国が持つ膨大な使えない「アメリカのドル建て国債」が屋根まで飛んで行って壊れて消えるかもしれません。我々は、「Xデー」に備えるべきですね。

さて、世界の基軸通貨は、円・ドル・ユーロ・元の四つです。

 もし、ユーロも危ない破綻国を支え切れない時。メルケル首相のサジ加減だけで決まる話ですから、いつの間にかドイツがキーパソンです。または、ドルが成層圏まで飛ぶ時。

 更に、元の交換レートが高くなれば、中国が急降下しその実態経済が現れ、共産主義の暗黒部分が一気に噴き出すでしょう。そうなれば、株式市場も崩壊し、他国の進出企業の財産は消滅するでしょう。中国外への製造・生産拠点シフトに遅れた企業は、まさにジョーカーをつかんだ事になります。ホンダは新たに内陸部に工場を作りましたけれど、心配ですね〜。

 因みに、すでに半島のお騒がせ国、韓国の崩壊が始まりました。この1年で、中堅から地方銀行クラスの数行が破綻しましたね。自殺者に犯罪数も右肩上がりで、国民の90%は生活苦を強いられています。日本の売国奴マスメディアは、未だにくそ不味い韓国料理やエステ(これしかないか)などの番組を垂れながし実態を伝えませんが、相当に悲惨な状況です。

 更にいつまでサムスンやヒュンダイだけを活かすための一極集中と好調宣伝政策にも陰りが見え、良好なはずの偽りの経済の実態が、もうこれ以上は耐えられない、ごまかしきれないところまで来たようです。外貨不足の兆候が始まっています。

 そして、いつまでも我儘なウォン安のごり押しも出来ないようです。実は、国策で進められて来たKPOPブームで儲かるのは日本の企業(悪徳プロダクションと売国奴テレビ局傘下の企業)です。ヒュンダイの車の部品は日本製であり、先の東日本大震災で部品供給が滞り、輸出が大幅減です。

 因みに、韓国のGDPにおける外貨獲得の割合は約50%です。ですから2社で国が吹っ飛びます。それを馬鹿な韓国人は、「日本の震災をお祝いいたします!」だそうです。馬鹿に付ける薬はありません!
 (これも追加表記ですが、韓国人の「異常な遺伝子配列とそうなった原因の歴史」については、いずれアップします。実に悲惨です!)

 加えて、証券会社やマスメディアに騙されて、韓国や中国企業の株を大量に買った方は気を付けるべきですね。個人的には、早くウォン高になることを期待しています。馬鹿には、薬は効きませんから外力でしか彼等は身の丈を認識出来ません。

(ここは、日韓通貨スワップ協定に関する追加部分です。)
 先般の民主党売国奴政権が国民に極秘で締結した「間違った誤解を招く名称(国民を騙すため?)であり違法な日韓スワップ」というのは、・・・韓国政府が経済を維持するためにウォン安を無理しながら維持・推進してきたのですが、流石に国内経済がボロボロで困ったので、多少ウォン高にもしたい、足らない外貨資金が当面欲しい・・・という発想です。

・・・韓国経済というのは、国外に資本流出が進行し、輸出目的の製造業大手2社が好調でも、それらも徐々に生産拠点を外国にシフトしたり、前述の通り国内需要における生産と消費は急落し、国内産業は風前の灯状態です。

・・・そこで日本の成りすまし在日朝鮮人政党である売国奴民主党に相談を持ちかけ成立したものです。まさに、売国奴小沢一郎が、韓国のマスメディアに述べた通り、日本が倒れても韓国は助けると云った通りなのです。

・・・日韓通貨スワップ協定で、日本には何のメリットもありませんし、韓国の反日糞国民は感謝もしませんし、日本が貢いで来た位にしか思っていません。第一そんな協定など知らないでしょう。
・・・因みに中国も韓国も経済成長・発展出来たのは、全て日本のODAなどの経済援助のお蔭です。

◆「日韓通貨スワップ協定」とは、表面上の理屈は、これから危なくなりそうな予感の第二次「アジア通貨危機」に備えて、どちらかがヤバイ時には、お互いにドル建て外貨を融通仕合い互助ましょうね・・・という発想なんですが!?・・・・間違いなく、日本からの一方的な支援になります。
 
 更に、「日韓通貨スワップ協定」総額700億ドルというのは、ちょっと特異な例で、本来なら日本と韓国の中央銀行同士がやるもの(300億ドル)なのですが!?残りのの400億ドルは日本政府の「外国為替資金特別会計」です。だから財務省の安住大臣が答弁している訳です。国民への詐欺行為です。

 なぜなら、その実態は、日本政府が借金(政府短期証券>外国為替資金証券)して買ったドル建て外貨準備金を、恐らく、返される当てのない韓国に援助してやる訳です。
ずばり、日本人の将来の借金であり血税です。

 韓国政府は、本来なら、以前の様にIMFに頼めばよいのに、流石にあの苦しみはもう嫌だから日本の同胞政権に頼りすがった訳です。・・・でっ、そこへ不正な利益便宜の計らいによる賄賂と不正蓄財などがいずれ判明するのを恐れたお馬鹿なイ・ミョンバクという大統領が何も考えず、いや、国益を無視し我が身だけを考えた結果先日竹島に行き我が天皇を侮辱したのです。・・・・・・ネズミ男がやってくれた訳ですね。

 或る意味。・・・これで日本国民も多少は目が覚めた事でしょう。・・・因みに韓国政府は、そんんなに困らないので、別にいらないよ・・・と現在嘘吹いています。(追加表記終了)

>>>話が変わります。

 さて、ユーロ関連ですが、スペインの金利が最高値だそうです。
それは、逆説的に簡単に云えば、スペイン国債が価値がないもの、クズ国債という事です。

 そして、ご存知の通り、日本と中国が保有している使えないアメリカのドル国債はクズ以下です。何せ、もし売るなんて国際市場で言ったら、担当大臣どころか首相の生命に影響しますからね。
(因みに、中川大臣は、IMFの依頼を断ったためです)
 ついでに、アメリカという国は、実に闇につつまれ不思議な国です。まさに、社会主義以上の超実験国家であり、何でもありの国ですよね。日本とどっこいです。

 ジョンレノンとかその他の欧州のスターはですね、税金対策で、アメリカ市民になったというのは、私が子供の頃には有名なお話でした。がっしかし、その実態は、一般の市民には実に辛い徴税方式(システム)を採用しておりまして、ズバリ、アメリカというのは、超重税国家なんです。この辺り平和ボケの日本人には、実に判らないところですね。ズバリ、日本は、パラダイスであり超理想国家ですよ。今のところ。

 更に、実は、WW2以降、かつては、ソビエト社会主義連邦を陰で援助し支えていたのは、アメリカ国民の血税でした。裏の世界の話だったんですけれどね。嘘ではありませんよ、もう表に出ましたからね。そして、世界一になっても増加する膨大な軍事費と議会承認がいらないCIAの予算ですが、どうも二重帳簿の様ないい加減な会計(ハリウッドの80年代のB級コマンド映画に出てくる通りです)で、何に使ったのか判らない不透明な資金の流れがあります。このお金がどこに消えたのか・・・、さ〜そこですよ!?笑い!

 かつては、CIAの不透明な予算というのは、小さな国のGDP並みと云われた時期がありましたね〜。

>>金融詐欺と経済予測についてです。

 そして、とにかく、とんでもない「世界最大の金融詐欺事件」が暴露されましたが、日本のマスメディアの報道はご存じの通り、全く意味がないので、当てになりません。

というか、事件の内容が大き過ぎて一般の報道ニュースでは真相が把握出来ない、解説出来ない、予測がつかない・・・、あの時折世論操作番組に出演する「池上君」も判らないという状況のようです。

これは仕方がありません。
何せ、日本に入る海外の報道番組やニュースソースは、全てあちらがわ(全てユダヤ資本)の通信社からのものですから、オブラートに包んで我々に提供される次第です。そして、イラン・イラク・リビア・中南米への侵攻・パレスチナに、ついでにアラブの春とか、日本のどの局も同じ意図・意志に基づくプロパガンダを垂れ流し、日本人はそれを100%信じている訳ですね。特に日本は、戦後からCIA様のやりたい放題ですね。
(新興カルト教団も反日宗教団体も偽在日朝鮮人右翼団体もヤクザも全てCIA様の傘下であり手駒です。)

 また、情報も経済も操作れているという前提にたたない限り投資など怖くて出来ませんよ。それでなくても、日本の郵貯に年金や共済のいい加減な運用は信じられませんけどね。

「ちょっと待て馬鹿でもしない年金運用」・・・今関西で流行っています。嘘で〜す。
 
 一端の経済学者や経済や証券アナリストに研究所に、個人から企業までのフィナンシャル・アドバイザーやプレイヤーやトレーダーなどは、「誰かに操作れているという経済の真実」が理解出来ないのですから、予測など出来るはずがない訳です。

いいですか、マスメディアの経済評論とか分析って、すべて「現状の報告を述べているだけ」ですから、私は、日銀短観やしたり顔で解説する学者や証券アナリストの発言がちゃんちゃらおかしくて笑ってしまいます。

しかし、そう雑魚を茶化して喜んでいるだけでは、管理人も同罪です!
選りすぐりの「確かな情報と何かの指針とメッセージ」を発信しなければ、いけませんね。

◆例外として、「ラビ・バトラ」というインド人(パキスタン生まれ)経済学者が居ます。

 金融屋的評論家や業界のシンクタンクの人間にロビイストと違い、長期に渡っての世界的な経済の動向をそこそこ予測出来た、誤った経済の動向に警鐘を鳴らして来た唯一の人間です。

 もっと判りやすく言えば、この瞬間の、現在、人類が採用している「経済システム」を批判していたのは、メジャーな経済学者では、私の知る限りでは彼だけだったと思います。彼はインド哲学にも草子が深く人間存在の根本的なところから発想しているのが、やっと最近理解出来るようになりました。

 そして、彼は、資本主義崩壊後の「新しい経済システム」を提唱しています。
彼の説では、アメリカが弾ける時世界が弾けるでしょう。もしかしたら、可能性として、彼はイルミナティのメッセージを発信しているだけかも知れません。

どうか、神様、「ラビ・バトラ」、彼があちら側の人間でない事を祈ります。

>>>経済予測の無意味さについて続きます。

◆彼等は、絶対に経済の明確な中長期的な未来予測はしませんし出来ません。

 場当たりでつぎはぎでしかありません。
世界の主要企業の紆余曲折の変遷と世界の歴史を見れば、一目瞭然です。

 したり顔で語る世界の最高学府の経済学者達でさえ、世界の経済が10先、いや5年先、どう変化しているのかの予測も出来ません。陰謀肯定論者なら皆知っている故「ルーズベルト大統領の有名な言葉」を逆説的に捉えれば、「物事の事象の原因・起因」が判らずして、世界の「経済や政治的・民族的・エナジー的動向などのパワーバランス」の予測など出来るハズがないのです。

 近代に入り、この約1世紀半の世界の潮流は、資本主義・自由主義経済の優位性をただひたすら説き、その実態・現実は、たった一握りの人間の金融家・資本家に富を集中させたり、一握りの人間の愚かなマネーゲームで多くの労働者が額に汗して築き上げた「純粋な生産利益・生産(創出)実態経済」(私の造語)を一瞬で吹き飛ばしてきました。

 一応、メリットとしては、人類の「文明論」的には、たった約1世紀半で飛躍的に人類の文明度を高め、結果現在の先進国だけですが、人類の「理想的モデル」の礎(いしづえ)となるインフラ・経済・文化・科学・イデオロギーを確立しました。

お判りですよね。

 故に、ですから、経済の予測などしたとしても、無意味です。笑い!
右肩上がりの成長が永遠に続くなど120%不可能です。
90年代以降、10年先の事など全く予測不能です。

 戦後、日本の企業の「予算書作成時の慣例的右肩上がり計画数字」には笑ってしまいますが、是を私の経験も踏まえて当時の認識で云えば決して批判は出来ませんけどね。

 ま〜、民族紛争による原料・資源不足に石油危機などのエナジー価格の高騰などのあらゆる不安定要因を予測は不可能ですから。

 しかし、更に日本企業に特化して言えば、60年代以降東南アジアに進出した当時「エコノミック・アニマル」と揶揄された多くの日本の企業が盲目的にこの慣例的思考に囚われ、・・・発展・成長が永遠に続くと盲目的に楽観視していた観があります。

 売れない米国債の強要された購入や強要された米・牛肉などの市場開放、90年代に入り、あらゆる世界的(ISO)基準・経済的(レート・為替・金利)・グローバルな制約(大店法)などの「法律・国際法」要因の変化に翻弄されましたね。日本は、本当に良くやってきましたね。

 振り返れば、日本のコンピューター開発も、FBIの囮捜査というアメリカの罠にはまり頓挫しました。
故に、なぜか、スイスやアメリカの学生が思考・創始したという事になっているシステム(真実は判りませんが、ハリウッド映画に答えがあるような気がします)が、アメリカ資本に全て取り込まれ、ハードからソフトまでグローバルなノウハウのルールも全てアメリカ企業、実態は軍産複合体の一部に直轄・吸収されている訳ですね。
故に、自由人にはMSは嫌われているのですが、実は所詮はマックも一緒なんですけどね。

 さて、なぜか、日本政府は、この急激な変化を、ほぼ無抵抗でこれらを受け入れてきましたし、よくやりました。
されど、省庁によってはかなり抵抗もしました。
そして、何人かの憂国の士である大物政治家が命を獲られました。

 今の時点では、そう仕向けた官僚や政治家が売国奴であり、彼等の本来の出自が日本人ではない事を私達は理解し知る事は出来ますけれど、当時では一般の国民・大衆レベルでは不可能でしたね。

>>>話が逸れましたので戻します。

◆かくして、仮想である実態が伴わない、電子マネーによる数字だけの経済成長が独り歩きし、やがて実態経済に伴わない弊害とごまかしに限界が来ます。歴史はそれの繰り返しです。そして、それを全てデフォルトするためのガラガラポンが必要になります。

 しょうもない突っ込みがあるといけないので、補足しておきますが、或る一つのトピックスや一時的な市場の動向を捉えての短観や分析など、そんなもの何の意味もありませんからね。素人にでも判る状況分析と短期的見込みなどの情報は、何の価値もありません。単に「事象」を報告しているだけの事です。

 参考までに、不確かな記憶で申し訳ないが、大前研一氏が述べていましたが、フィナンシャルアドバイザーにプレイヤーやトレーダーで元資金を増やせるのは1割もいないそうです。そういった連中がまことしやかに、有名人を使いテレビCMを流しています。消えた企業年金や共済や郵貯の運用は、ど素人の公務員や天下り元官僚がやっていましたが、まさにドブに捨てましたね。

 そして、表面上の最近の流れとして、スペインは、つい先日、前代未聞の「先物や株の空売り取引の禁止措置」を取った矢先でしたが、金利はまだまだ上がりそうです。(もうすぐ江戸時代かモラトリアムの一歩手間です)

なぜかって?

 それは、スペインには、金利の上昇や国債の暴落を解消する歯止めになる要素が何も無いからです。だから、EUもドブに捨てるのを覚悟で延命している訳です。

 恐らく、余程の事がない限りは、ギリシャ、スペイン、ポルトガル、イタリアと波状攻撃の如く破綻する国々が連鎖して行くでしょう。まさに世界恐慌です。でもマスメディアは表面上は、その実体経済を隠してゆくかも知れません。しかし、それも無理があります。だって、お金がない訳ですから、必ずどこかに、誰かに、目に見える形で皺寄せが来ます。当然、損をした人間や生活に困れば国民は叫びます。

 そこまで行かない途中で、ドイツも流石に「おまえら〜いい加減にしろ〜」となるでしょうし、ドイツの国内世論が許さないでしょうね。そうするとEU内に亀裂が生じます。メルケル首相もドイツ国も再三文句言うてますね。

 一応、EUから銀行筋に1000億ユーロの支援が決定したのに加えて、更に先日追加で緊急に280億ユーロの借金を要請したという状況です。つまり、現在スペインさんは恥も外聞も無いというお手上げ状態です。
(この部分、追加記載なんですが、2020年にスペインは、マドリードでのオリンピック開催・誘致を申し込んでいますね。出来るんかいな!?)

本当に、世界は、この「現経済システム」に行き詰まっていますが、あのう〜読者の皆さんに質問したいですね!?

この我々、地球上での人類は、永遠に、私に言わせれば「詐欺」で「不平等」で「一部の者だけを優遇」する、実は「電子マネーという実態が供わない仮想経済」の世界が続いて行くと想いますか!?

経済って何ですか!?

(ここも追加記載ですが、昨日アップルが時価総額が世界一で、約49兆円だそうですが、昔ライブドアは1兆円も行かないのに世界一とかのたまっていましたが、マスメディアはその嘘を垂れ流していましたね。実に不思議でしたね。細木数子と供に見事に飛びましたが!笑い!)つまり、実態のないものに価値を見出しているのが、現在の地球上の経済です。

 私は、商取引のためには「仮想電子マネー」はもちろん必要だと思います。完全否定している訳ではありません。しかし、何かが起これば、「食糧・水・資源」という現物には勝てません。つまり膨れ上がる仮想現実経済に自重しろ」と言いたい訳です。

私も、ずばり「実体の無い電子マネーとマネー・ゲームが介在する経済は必ず破綻する」と云いたいですね。

 判りきった事です。地球の大きさも、食糧資源も、工業資源、市場など「現物」にはすべて限界があります。
さて、結論として、私の意見ですが、私は、前述の通りの理由から現在のグローバル資本主義経済は永遠には続かないと思います。いつの日か、必ず新しい「経済システム」が確立されると思います。

◆がっ、しかし、遠いのか近いのか未来の事は置いといて、現状、これを打破するためには誰かが何かをするかも知れません。

いいですか、戦争を起こして全てチャラ(デフォルト状態に戻す)にするのか、それ以上の超「必殺技」を繰り出すかですね。(後で述べます)

日本の場合、何年ぶりかのユーロ安どころか、世界の中でまともなのは円しか残っていないに等しく、更に円高が進むかも知れませんね。そのくせ、経済の評価が滅茶苦茶高い訳でもないので株価はもう一つという感じですね。間違いなく荒れてくるでしょう。

 ご存じの通り、中国経済に陰りが見え始めたので、誰も人民元を買わない傾向にあるのは明白です。更にIMFに根こそぎ持って行かれた韓国経済など極一部の韓国人が潤っているだけです。それもヒュンダイとサムスンの二社だけです。

 因みに、その二社に部品を供給していたのは日本です。日本のマスメディアはあまり取り上げませんが、糞生意気な半島の三流国家など韓流ブームよりも早く終わっています。現在、国民の大半は、生活がままならず苦しんでいます。韓国政府は、爆発しそうな度に反日キャンペーンでその場を凌いでいるのが現状です。(日本の売国奴マスメディアが取り上げる極一部の空港や都市部の繁栄などは稀ですから。)

因みに、世界の経済には、サブプライム君やリーマン君以外にも不思議な、怪しい、おかしいマイナス要素の経済要因や動向は多く散見されます。

 例えば、どう常識的に考えてもおかしい、いつまでも続くはずがない「ブリックスなる新興国」の猛烈な、急激な、意図的としか想われない経済の発展。といおうか限界が絶対にいつかくるはずである・・・という予測・・・などなど。

 取り敢えず、数年前から今までの世界経済の大きな成り行きを整理してみると、以下の事件が連続して起きている訳です。

【 最近の世界経済のマイナス要素 】

1、「アジア通貨危機」
2、「サブプライム・ローン・ショック」
3、「リーマン・ショック」
4、今にも弾けそうな「BRICsのバブル経済崩壊」
(BRICs金融マーケット、商品先物デリバティブ、商業不動産、CDS、ETC)
5、「ギリシャ」、EUからの融資支援受け入れ。
6、「スペイン」、EUからの融資支援受け入れ。
7、「LIBOR不正金利操作事件"」発覚。
 LIBORショックともスキャンダルとも表現される途方もつかない、欧州で発覚した金融機関による超巨大グローバル詐欺事件であり間違いなく世界中に影響する。
8、「TIBOR不正金利操作事件」に発展か!?。
 つまり、日本の銀行筋にも不正金利操作の疑いがかかる・・・というよりも、ほとんど120%間違いなく確信犯だろう・・・という予測が出来ます。主に三井系ですね。
9、もちろん、すでにほぼ財政破たんしている国「アメリカ」にも飛び火します。
 ドルを切り上げて、「必殺技」の「アメロ新札発行」の筋書きか!?アメリカドル国債が紙屑となりアメリカの借金は一気に減るかチャラになります。

LIBORにしてもTIBORにしても、不正に金利操作をし取引の仲介している銀行に、是までの取引で誤魔化された金利の差額分の損害賠償(?)をするとなると天文学的な数字になるらしい。欧州のメディアでは、日本円で「京」の単位になるらしい。
もちろん日本経済新聞も伝えているが、微妙に事の重大さがもう一つ判っていない感がする。笑い!

とってもじゃ〜ないが、普通の銀行やメガバンクどころか地球上の国で、こんな賠償額は払える訳がない!この点からしても、金本位制を止めてからのRが進め作り上げた今日の、「世界のグローバル金融システム」というのは、如何に実態のない「仮想電子経済」(私の造語です)であったかが判りますね。

◆◆◆
さて、あ〜〜〜そうですか、それは大変だ〜で終わってしまったら、我がサイトはただの面白陰謀肯定論者のサイトで終わってしまいます。
◆◆◆

◆大きな疑問として、不正で誤魔化した莫大な金は一体どこに消えたのか!?。

小さな戦争の1つや2つ、世界大戦も起こせるものである。個人的な不正蓄財で使い切れるような金額ではないのです。

高級住宅に、別荘の10個位、自家用ジエット機に、宝石に、愛人の1000人くらい、肉は神戸ビーフしか食べない、映画・コンサートなどは貸切、冬は南へ夏は北へ、高級車100台、アフリカに独立国建国か、取りあえず1回は宇宙遊泳体験など・・・を買って余る100億円をですね100,000(10万)人に上げたとしましょう。それが「1京円」です。

最近の日本の国家予算である約100兆円の100倍が「1京円」です。

◆それを、正す「謎の組織」が動き、「仮想電子経済」のまやかしをやっと世に暴露したというのが、最近の世界の大きな転換点なんですが・・・まだまだ安心はできません。そいう作戦かも!?

◆他にナチスやイルミナティの秘密基地が地下にあると噂される「デンバー空港突入計画」が実行されたとか、ガセだとか、是もはっきりしません。

◆また、アメリカは、現在、某アジアの王族の代理人から以前貸していたものを返せという裁判を起こされています。果たして上手くゆくのでしょうか!?一度は、9,11偽装テロ工作事件でうやむやにしたのですが、あ〜悪い奴らのせいでなくなりました・・・では通らなかったようです。

しかし、不思議なのは、これまでは、勇気あるディスクロージャー達は闇に葬られてきたのに、今回は違うようです。

◆つまり、一人や二人のプライベートのジャーナリストや学者、アンカーマン、軍人、議員という事ではないそれだけの大きな反攻勢力の「組織」が動いているという事が推察できます。・・・という訳です。

しかし、不思議なのは、何に使ったのかです!?
次回は、その答えについて言及したいと思います。

一応、世界では、まだ直接私と同じ説といおうか、主張をした人は居ないのではないかと自負していますが、ま〜答えは自ずとそこに行き着くという事でしょうかね!?大体出揃っていますかね!?

以上

  次回まで、グッドラック!

陰謀論

さて、これから地球に起きるかも知れない大規模な「陰謀計画の実行」と可能性としての「大災害の発生」について整理し考えてみました。

ずばり、多くの陰謀肯定論者作家の主張を精査し、現在進行しているおのや説として可能性の高いものをちょっと整理してみました。ま〜個人的な「2012年までの備忘録」みたいなものです。使いたい方はご自由にコピペしアレンジしてご利用下さい。出来れば、引用元を記載して欲しい。

さて、そして、古代からか中世からなのか「陰謀」を計画している「大元」は「何者」なのか?
実体があるのかないのか・・・気になりませんか!?
そんなあなたのために、おさらいです。

【 大カタストロフィーと陰謀計画の基本 】

1、超巨大なフレアーの発生→「太陽風」
  紫外線・太陽光線の増加→熱源「熱波」→地球温暖化の根本的原因
★ポイント!
  ウクライナ、インド、アメリカ、フランス、ETC・・・以上な「熱波」で死亡者多数。
  大干ばつの発生・・・。
  アカデミズムは、原因は、→「太陽風」の影響大と、「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、・・・で認めました。
  故に湖が干上がり、氷河が溶け、亜熱帯が拡大する。
  海面上昇は嘘。
  ツバルの海面上昇は、人口増加で、地下水の汲み過ぎ。
  CO2説は、完全な出鱈目です。
  イルミナティは何でも金に替えますね。
  ★ポイント!
  確かに赤道面に近い湖や氷河は溶けているが、南極と北極は全く変化していない。
  海面上昇などしていない。
  巷には、単純なごまかしの詐欺的データ利用の拡散活動やマスメディアの大衆洗脳
  バンアレン帯への影響→電子機器・インフラの破壊→皮膚癌の発生
  カナダ・ケベック州など大停電。

2、「銀河系の中心」からの超巨大な「銀河風」か「超新星爆発」か
  太陽系内のガード(防御壁)である「太陽風」を突破
  ★太陽系内への外宇宙線の侵入→水素と反応し雲の大量発生(物理学科の初歩的な実験)→太陽光線遮断→地球寒冷化に向かう
  ★エレーニン彗星から地球を保護した「太陽の自動防衛システム」の様に、将来の銀河内部からの外宇宙線に備えるために、「太陽の活動」が強くなっているという説もある。→「惑星は生物説」
  ★ポイント!(現在進行中であり、アカデミズムがやっと認めました)
  現在も、地球温暖化と騒ぐNHKですが、「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、ETCで認めました。

  ★オリオン星系の近くの「ぺテルギュース」(地球から約640光年)がいつ寿命が来てもおかしくない状況で、「超新星爆発」を起こすのですが、問題は、その回転軸の方向なんですが、かろうじて地球を逸れているようで、一応安心という事らしい。その回転軸からは、中性子線やガンマー線など超有害な放射線を強力に発する訳です。640光年程度は、庭みたいなものらしい。
  「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、ETCで認めました。

3、A,あまりに超「長周回周期」と「公転角度」が他の惑星と異なっているために、太陽系内でこれまで発見されな  かった「謎の惑星・巨大天体」が地球に超接近するために起す「潮汐作用」での地球破壊。
   (「惑星二ビル・3600年周期説」、「シュメールの粘土板」と「Z・Cのアヌンナキ」)
  B,太陽を軸にして、地球とほぼ同じ双星(クラリオン)の発見(直接的には関係ないが)。(飛鳥・CIA説)
  C,木星が、新たに遊星を吐き出す。(飛鳥・CIA説、ホピ族の伝説利用)
  参考までに、アメリカ人は全く知りませんが、CIA職員の採用システムは、「ユタ州>モルモン教徒>CIA」で   あり閉鎖的です。故に、彼の漫画では別組織になっていますが、「飛鳥情報=CIAから」です。

4、「彗星・流星」による地球への「ビッグ・インパクト(衝突)」
  人類全滅です。

5、善・悪の異星人襲来!?
  古代文明・人類の起源と発生の解明を期待。
  カルト「終末信仰(思想・思考)」を増長させ、神の介入演出計画「プロジェクト・ブルービーム」の実行。
  地球規模の宗教の統一を狙う。
  米軍かCIAの演出→9番に続く
  ★ポイント!
  A,スピリチュアル系→「シリウス・オリオン」星系から
  B,地球内部天体アルザル→失なわれた10士族系
  C,竜・牡牛・蛇信仰
  D,大本教、日月神示、天津教、縄文古代信仰、カタカムナ、ムー→日本古代神教
   +青森キリスト教伝達・到来説
  E,スピリチュアル系→「銀河連邦」総合(「シリウス・オリオン」含む)
  現在、A、B、C、D,Eなどの説が微妙に絡まったり、単独での説・主張が世界中で乱立しています。
  Dなど日本独自のものもあります。

  ここのところ、本当に頭が痛くなります。

6、計画的人工的な食料危機
  食糧の無意味なエナジー変換(とうもろこし)
  反米のはずであるチャベスもアフマデネジャドもフリーメーソンかイルミナティで笑い!?
  ★ポイント!
  気象兵器HARPにて、太陽原因の温暖化をアシスト→大豪雨・竜巻・人工的な干ばつの演出→食糧危機

7、人口削減計画
  未知の「ウィルス」や疫病の発生
  「ケムトレイル」などで拡散、「非妊娠ワクチン」の強要と普及→「人口削減計画」
  「モラルの崩壊」→「フェミニズム・同性愛・中性思考・妊娠中絶」→出産数減少
  ★ポイント!
  日々、音楽、映画、TVCM、TVゲームなどマスメディアにおいての洗脳が続行中。

8、基本的に、WW3を目指す。
  ★ポイント!
  内戦・民族対立の演出→現在も進行中
  アフリカ北部やイスラム教のアラブの数か国がこの1年でドミノ倒しで崩壊→その答えは→イランの崩壊
  →安心してエルサレムにソロモン第三神殿の建設→第三次世界大戦か

9、「マスメディアの独占」と「洗脳・世論」の工作・演出→国連・映画・文化・ニュースメディア・SEX・スポーツ配信・経済→無気力・無思考・無抵抗人間の創出→支配構造の確立

【 大カタストロフィーの原因と陰謀の影響とその結果 】

1、地磁気、オゾン層の破壊→人体への悪影響→生物の絶滅
2、強力な電磁波のために電子機器の破壊→文明社会の混乱→文明崩壊
3、地殻の破壊、大陸の移動・隆起→巨大地震→文明崩壊
4、火山活動の活発化→火山灰による太陽光線遮断→食糧危機→戦争
5、ポールシフト→文明崩壊
6、超巨大な津波→文明崩壊
7、先ず有り得ないが、異星人(地球内部も含む?)によるスーパー兵器での直接攻撃か、神の介入演出などの  「心理的戦略」による「人類支配」の完成。
8、「マスメディアの独占」による「大衆洗脳と世論操作」で、大衆の思考をコントロール。
  考えない、抵抗しない、疑わない・・・。計画を有利に進める最大の要素。
 
大カタストロフィーに関しては、ま〜本当に起きれば、人類の文明社会はほぼ壊滅状態になりますね。信じる信じないはあなたの自由ですが、これはほぼ人類・生物に平等に起きますから、真実ならばそれはそれでしょうがないので、その時まで生を楽しみましょう。世界の金持ちや要人の中には、火星や月面の秘密基地に脱出し、暫くやり過ごすという説もありますが、別にそれが出来る連中はそれはそれでいいんじゃないですか。
全人類の脱出なんて土台無理な話ですからね。

問題は、どちらにしても許せないのは、極一部の悪い連中が、「人類支配」のために演出し計画している独善的な思考による「陰謀計画」です。それは、実に長期的、用意周到に計画されています。それらを別角度から整理してみました。

【 「人類支配」のメソッドと「世界統一政府」の創出 】

基本的には、人類への「情報管理と操作」と「人口削減計画」の実行という骨子で、「世界統一政府」へ向かいます。前述のものをより具体的に示します。

1、つまり、世界的な「伝説」や「宗教的概念」や「予言」が成就するが如くの計画を立て、若干の「自然現象」の変化、もしくは兵器による「人工的な自然現象」の利用・演出により、前述のカタストロフィーが来るぞ〜来るぞ〜と大衆の不安を煽り、最終的には「情報管理と操作」による「世界統一政府(ワンワールド)」の樹立へと進む。

2、「人類史」や物理学などアカデミズムによる「教育と科学」や「政治と経済」の支配→「情報管理と操作」
  つまり、これまでの「人類史」は出鱈目であり「真実の人類史」は隠蔽(いんぺい)されていて、現在も巧みな「貨幣発行権」のトリックと詐欺と云っても過言ではない「金融システム」の創造により我々の財産は搾取されています。

3、「海外通信(情報)」、「通信媒体(PC・携帯)」の管理や世論「マスメディア(TV・新聞)」と娯楽「3S」の統制と支配→「通信の傍受(PC・携帯)」→完全な「情報管理と世論操作」
4、「人工的な食料危機」の演出と計画実行→「人口削減計画」
5、「宗教・人種・民族」の「対立・紛争」の演出→戦争への拡大「THE WW3」→「人口削減計画」
6、「人工的な伝染病」による不特定多数か、特定民族・人種をターゲットのウィルスや疫病の発生→「人口削減計画」

【 人類支配完成の結果後の世界とは 】

1、「世界統一政府(ワンワールド)」の特権階級による完全な「専制・全体主義」的、「独裁(国家?)・機関」が出来る。
2、人類は、独裁機関にチップを埋め込まれ「個人情報」が「完全管理・支配」される。
3、最終的には、不要と判断された民族と人種が淘汰される。
4、「世界統一政府(ワンワールド)」による統一「軍隊・警察機構」→パワーの完全管理・支配が確立する。
5、人類を階層に分け、被支配層には教育と職業が制限される。
  つまり「奴隷階級」が創出されます。
6、永遠にこの階層は固定され維持される。
7、人種や民族の「言語・文化・思想・イデオロギー」の完全破壊。

どうです。
もし、本当にこんな事になったら恐いでしょう。
人々は、何のために生きているのか判らないですよね。こうなったら生きていたくないと思う人々も多いでしょう。

しかし、もっと怖いのは、ロボトミー的な洗脳教育や、反抗するための「知恵や思考」という訓練を学ばせないで育った階級の人間は抗う事が永遠に出来ない事です。

ありましたね。所謂、革命と階級闘争による実験的共産主義や社会主義の導入(強要)というやつで、ナチにしても、カンボジアにしても、旧ソビエトにしても、中国にしても、ルーマニアにしても、実に悲惨な結果を生みましたね。

また所謂カルト宗教団体の狂った教義も多くの命を奪いました。
想像するだけで震えが来ます。

しかし、こんな世界のどこが楽しいのか我々普通の人間には絶対に理解する事が出来ません。これはもはや人間ではありませんね。

人が住めない場所が増え、悲しみと憎しみばかり、そして地球の完全支配。
残った連中は優越感に浸りながら、自分たちだけが人間だとして、奴隷階級を支配し、永遠に生き残ってゆく世界。・・・やがて、自分達の世界だとしても、いずれ人口が増加すれば、考えが違う者達や敵対するグループに分かれるでしょう。・・・また分裂が生じる事でしょう。

◆結論として、もしかして、陰謀の大元は「人間ではない者」が企んでいるのかも知れません。
まさに悪魔と呼ぶにふさわしい。

だから、D・アイクや出口王仁三郎などのいう事もさもありなん・・・かな〜などと思い事もあります。

しかし、悪魔というのは、いかにもキリスト教的な想像物です。
でも、それは、悪魔が存在するのなら神的な存在も認めてしまうことになる。

神の概念もいろいろあります。
◆ポイントは、「GOD」というのは日本人が想う神に非ずです!!

本日は、ここまで!

ところで、映画スパイダーマンでのサタニスト・サインは露骨でしたね。
ついでに、ブルーな瞳は色の象徴であり、ブルーブラッドの崇拝か。

流石にハリウッド映画、話題満載である。

陰謀論

今回は、「東日本大震災・発生原因・諸説一覧」と、その「原因」とそれを「主張している者」、その「矛盾」など、それらの「総合的な分析と分類」をしてみました。

ダ・ヴィンチ・コードの解説ファンの皆さんご無沙汰しておりました。久しぶりの記事更新になります。
今の所、「日ユ同祖論の罠」や「フォトンベルトの真実」、「アポロ疑惑」等の諸説分類と同じで、日本で一番詳しいはずと自負しておりますが、最近、「引用元不記載」で勝手に引用されるケースが多く憤慨しております。引用は構いませが記載元の表示を宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年の東日本大震災以降、津波を被った地域は地盤沈下が起こり、東京方面ではかなり地殻が変動しているらしいですね。しかし、地震はいずれ間違いなく起きるでしょうから、納得はしませんが、多少は諦めは着きます。しかし、よくこんな日本の大地に43基も原発を建設しやがったな〜というのが本音です。

 東大閥京大閥ありますが、所謂原子力村(原発村)と電力会社との癒着構造というのは実に酷いものですね。
マスメディアは取り上げませんが、ズバリ田中角栄に始まり中曽根康弘で確立されたようですね。
でっ、田中元首相はCIAの援助で原発推進し、ロシアや中国に接近したのでCIAの力で引退させられた訳ですね。基本的には、田中角栄の前に中曽根康弘がCIA(アメリカの意向)の手先と成り、正力などの力を借り核アレルギーの世論を動かしたようですが。

巷間噂されている闇の世界の観点から分析すると、仮にもし、「日本独自の核兵器開発」プロジェクトを中曽根元首相が推進していたなら、今頃存命のハズはないだろうな〜〜〜と思う私であります。

しかし、世界一のプルトニューム生産能力の日本、疑問なのは、なぜアメリカ様がそれを許しているのか、しかも、IAEの最上位レベルでの監視も受けるという日本である。実に不思議な現象である。

さて、巷で出回っているものや、或る作家の主張など、考えられる可能性を全て整理しまとめたつもりです。ま〜参考になれば幸いです。そして、信じる、信じない・・・はあなたの自由だ〜!

 先ず、え〜立場上、私などが主張する「人工地震説」なんですが、じゃ〜誰が、どうやって・・・という話なんですが。果して「人工地震」を起した連中とは!?

私の様な「古代から続く組織の陰謀肯定論者」と、中世・近施に起源を置き、18世紀に確立した近代アメリカを建国しそれを影から牛耳って私腹を肥やす例えばフリー・メーソンリーやユダヤ人系金融資本家達による陰謀論」肯定論者達が主張する、所謂、アメリカの影の政府で実行したのは、アメリカ軍部かCIAか更にモサド・・・ちゅうところでしょうか。

え〜、軽くアメリカ軍部かCIAか何て書いていますが、えらい違いなんですが、ハープを直接使用できるのと、衛星に反射させたり増幅できたり出来るシステムをほぼ思い通り使えるとなると軍部なんですが、・・・どの統括なのかという部分に関しては、飛鳥昭雄氏(CIA系ロビイスト)もベンジャミン・フルフォード氏(韓国系ロビイスト)もあまり詳しくは言っていないんですよね。

米軍での中で組織のどこの部分から指令が出て、実行しているセクションといおうか部隊名まで教えて欲しいところですね。所謂指令系統や組織図が欲しいですね。

取り合えず、それぞれの立場で、今回の大震災に対する思惑は、その情報源の影響もあり、さまざまな説が出ました。ご覧下さい!

【 東日本大震災 発生原因諸説一覧 】

NO1,ハープに依る「プラズマ兵器」での断層・地殻破壊(爆発?)攻撃。
harp117

   ●新事実ー「海洋移動型のHARP兵器船」と「空母ロナルドレーガン」が発生前から日本に向かっていた。
SBX006_海洋移動式HARP1

   ハープHARPと騒ぐけれど、アラスカ単独ではなかった。
   かつて他国の大地震で、米空母が出動したのは今回が初めて!
<http://presscore.ca/2011/?p=1624>

その目的なんですが、アメリカは日本を苛めたくてしょうがない・・・何て事は流石にないでしょうが、過去恐れてはいたようですね。だから日本が骨抜きにされた・・・・という説があります。

されど、大東亜戦争は日本の理想論と男気ですが、筋書きはほぼアメリカの思った通りなんですよね。
「ヨハンセングループ」と「昭和天皇の真実」を追及すれば答えは明確です。世間では「吉田茂」や「白洲次郎」をもてはやしていますが、私に言わせれば売国奴の先兵です。

多くの良心的な経済アナリストの一部は、オブラートに包んで語りますが、アメリカは当の昔に破産しているらしいですね。「経済の陰謀計画」とその反撃に関する一考察で軽く触れていますが、9,11偽装テロを起こした原因は借りた金(ゴールド)を償還不履行のため誤魔化すため、イラクの石油を奪うため、ついでにイスラエル(系企業、ユダヤ人投資家)が潤うための大まかに3つの理由からです。

つまり、アメリカ国債など借金などを全てチャラにしたい(2010年には発行限度額を上げて乗り切りましたね)願望を常に持っています。所謂「デフォルト(元に戻す。チャラにする)」というやつです。

過去、「世界恐慌」というのが一度あり、それに近いのが数度ありましたが、ご存知ですよね。
判りやすく言うと、大昔日本の江戸時代に何度かあったと思いますが、金を貸している立場の側は経済安定志向ですが、借金をして首が回らない奴は経済が乱れ金融システムが乱れ自分のデータが消滅するか物価が上がる様に新しい通貨発行で貨幣価値に変動が起こるのを喜びます。デフォルトです。

故に、「東京発の世界恐慌」の演出をしたかったのかも知れません。
でも福島原発か爆弾を爆発させたんだけれども、風向きがどうも思うようにならなかった。

取りあえずは、アメリカのデフォルト計画は一旦は延期になったようですが、近い将来必ず実行するでしょう。
その時、日本はどうするんでしょうか!?

NO2,「水爆」に依る断層・地殻破壊攻撃。

    以前の記事でも紹介した通り「海底掘削船ちきゅう号」は、2010年頃から和歌山県沖から東北沖に地震計を埋めていた。
   ●新事実ー裏は取れていませんが、同船で作業をしていた自衛隊員が殺害され、生き残った隊員が「泉パウロ」氏の教会に逃げ込んだ。
   その後、意味深な 「海底掘削船ちきゅう号」作業員のYouTube証言動画が出る。
   その後、NHKでは「サイエンスゼロ」で岩盤のすべりによる地殻の破壊調査や7000メートル掘削の成果発表。
A Japanese drilling vessel

NO3,「プラズマ兵器と水爆」の両方に依る断層・地殻破壊攻撃。
    AとCは細かく、ややこしいですが、大まかに4説に大別されます。
    
    A,単一の組織勢力による、HARP(プラズマ)兵器で津波を起こした、地震は「水爆」で、結果地震の規模自体は震度9もなく、大したものではなかった。
    B,単一の組織勢力による、津波も地震もHARP(プラズマ)兵器で行った。
    C,津波は(米軍かCIA)による複数のHARP(プラズマ)兵器で行い、地震は「水爆」だが(モサドか、CIAか、米軍か)で、2つの違う組織勢力が分担し担当した。

    D,問題は、「福島原発の水素爆発事故」(?)です。

     明らかに、「核爆発」と思われる画像が撮影されています。つまり福島原発爆発事故も人為的な工作によるものという説です。・・・でっ更にややこしいのですが、この「爆発事故」を起こした組織と「津波・地震」を起こした組織は別のものであり、且つ敵対する組織であるらしい。
     でっ、当サイトが信用している「新日本の闇」サイトの管理人さんも、似たような主張をされています。

     現在、中国系と韓国系のスパイ工作員曰く、ロシアの原潜クルスクの事故の際盗まれた原爆(なぜか原爆という表記)が北朝鮮経由で中曽根氏の土地を経て、福島原発に運ばれたという説があります。

     それに伴い、爆弾を持ち込んだイスラエルの警備会社や東電社員かの複数名が行方不明とか・・・!?

    以前から、この手の説に思う私の疑問!
    「阿修羅」や多くの優良サイトがある中、私しか指摘しないのが不思議なのだが!?

◆下らないハリウッド映画でも見かけるが、ソ連崩壊の際に、第三国へ核兵器が流失したりとかの噂があるのと、なぜ一々どこかの原潜を沈めてとまでの007の様な入手法を取るのか、又は原潜事故もやらせのロシア軍(KGB?)絡みの国際犯罪組織、・・・つまり、そこまでのフリーメーソンやイルミナティに属する「サバタイ派フランキスト」隠れユダヤ人達の国際的な組織が存在するのならば、米軍やロシアの原潜やサイロや格納庫からは、いつでもどこでもほぼ自由にちょろまかす事は自由と思われるのだが!?

例えば、9.11偽装テロで使用された「小型純粋水爆」など(CIA、モサド、米軍)は、複数個使用している訳である。少なくとも私はそう思っている。

◆特に、福島原発の爆発には、日本の「旧日本陸軍系の自衛隊内部異分子組織」が絡んでいて、クルスクの爆弾を使用したという主張・・・・・・なんだが。

 ちょっと余談だが、実は、「北朝鮮」という国は、「旧日本陸軍」の残党が作った国で、戦後数千人から数万人ほどCIAの協力(指示?)で日本国内に潜入したのが現在の朝鮮偽右翼団体のルーツだそうだ。(ちょっと無理があると思うのだが)・・・・で、核兵器も日本の援助で出来たそうだ。(パキスタンはカムフラージュ?)・・・確かに、戦前戦後日本の核兵器開発に携わっていた連中は不可解である。
 特に、「京大」系や「理化学研究所」に「三菱」・・・は戦後最大の謎の一つである。
・・・確かに、日本中至るところに「高濃度放射線汚染スポット」が存在している理由が是で納得できるかも知れない。兎に角怪しい。

・・・しかし、仮に、北朝鮮と日本国内の「旧日本陸軍系の自衛隊内部異分子組織」を通じてツーカーならば、多くの疑問が生じる。

A,それならば、わざわざ日本人を無理して数百人も拉致する必要はないはずだ。スパイ天国日本は、偽造パスポートさえあれば組織の連中は出入り自由、情報も自由に獲得出来ただろうに。
B,ついでに、日本からの核技術ならばもっと早く核実験は出来ただろう。
  それに、偽物「金日成」は旧ソビエトのスパイであり、その指示で、すでに亡くなっていた本物のパルチザン抵抗をしていた「金日成」に成りすましたのはもう明確であり、「旧日本軍」の命令で彼が「金日成」に成りすましたという説は考えられない。第一、当時、ソビエトの軍事顧問団がつきっきりで指示しているのに、「旧日本陸軍」の組織連中が北朝鮮政府内に存続・関与・影響出来るなど考えられない。

無論、もし、そこに直接「ロックフェラー」の指示でもあれば話は別だが!?

C,更に、仮に、万が一、その旧日本陸軍の残党組織が存在し生き残れたとして、どうやって日本国内のそれと連絡を取るのか!?世代を超えて組織が残っていたとしたら、それは「忍者」か「草」の世界である。

 万が一、「福島原発4号機の爆発は核爆弾に依る核爆発」だった。仮にそうだとしても、同「自衛隊内の異分子組織」が存在するのなら、「日航機123便偽装墜落事故」事件に例えられる様に、長野県から群馬県に係る自衛隊レンジャー部隊の訓練地であり謎の清水建設に依る「揚力型発電所」が存在し、横浜港経由で中曽根氏の土地があり且つ選挙地盤の・・・謎の一帯エリアに保管・・・だそうだが。
御巣鷹山3

理屈から云えば、日本の技術では「秘密の核施設」が存在し、核爆弾は日本国内でも製造可能という事になる。(実際、作るだけなら数日で出来るのだが起爆装置が難しい)
ならば、わざわざ、原潜クルスクの核爆弾を遠路はるばる運ぶか〜〜〜?とお尋ねしたい。

ハリウッド映画の観過ぎでは・・・!?

NO4,「自然説」

   120%、あり得ない!!

NO5,怪しい根拠不明の主張をする「大本教やそこから派生した神道系の予言や、それらの予言や新約聖書の予言を適当に都合よくミックスして更に拡大解釈するスピリチュアル系の指導者や霊能者達や、自称元異星人(異次元人)の生まれ変わりや、異星人(異次元人)との自称コンタクティーなる連中」曰く、・・・・・・日本のこれから起こる災害・艱難辛苦は「神の予定された仕組」によるもの・・・・・・という主張である。日本が先ず辛い目に合う事によって、雛形としてそれが世界広がる。または逆に世界が平和になる礎であるというもの。

●君等のいう神の定義を先ず説明しろよ!

参考までに、”NO3の「北朝鮮」という国は、「旧日本陸軍」の残党が作った国”をとなえて、いずれ日本が8つ(6つ?)に分割統治される時が来るので、日本国民は抵抗しないで全て受け入れなさい・・・という主張をしている連中(特亜工作員)もこのスピリチュアル系である。・・・・いずれ天皇が世界を統べるらしい。

●今の皇室の系統の秘密、更に、逆転の系統の秘密があるのか!?
●天皇家といっても元はただの人間でっせ。・・・・まさか由緒正しきシリウスやオリオンのエイリアンの血の系統ですか!?・・・・断絶の可能性もありまっせ!?
●確かに日本人の一部は間違いなく古代イスラエル人の末裔の可能性大といおうかそのものだと管理人は思いますが、ついでに仮に旧約聖書のいうセム系で由緒正しきイスラエル部族だったとしましょう。

日本人や皇室のルーツや日ユ同祖論について、かなり詳しく賢い日本史や世界の歴史の謎や秘密の研究家や陰謀肯定論者の皆さんが抜けている指摘をしたいと思います。

●仮に、日本人(古代天皇家や一部)が古代イスラエル人や原始キリスト教徒だったとしても、「旧約」や「新約」の聖書に記載されている事が、必ずしも真実の歴史とは言えない・判らないという事です。
●もう一点は、仮に、或る部族の歴史を書いた真実の歴史書だったとしても、・・・それは、どう考えても地球上の全部族・全民族・全人類・全生物の真実の歴史を総括・カバーしているとは言えない。

  話が逸れました。ここで戻ります。

・・・凄い自虐感と云おうか、推測説なんですが、方法はいろいろあるけれど、「いずれ日本を襲う超大地震を小出しで緩和するために、ご丁寧に、アメリカの影の政府か、世界の影の支配者が気を利かして日本人に警鐘を促すために実行してくれた」らしい。おおきに!いらんお節介有難う!

日本人の「カルマを解消しなさい・・・」と、政治的なメッセージも含めて「受け入れなさい!」・・・と中国や韓国系のスパイ工作員や聖職者に言われても、はいそうですね・・・・・・とは納得できない。

じゃ〜〜〜、伺いますが、カルマと云えば、例えば「魔女狩りの名のもとに数千万人を殺害したキリスト教、奴隷売買を行いアフリカ人やアジア人を勝手な彼等の宗教的教義に基づき何億人も虐殺してきたキリスト教徒、同じく実質奴隷売買を指揮し世界の歴史上多くの紛争や民族浄化を行ってきたサバタイ派フランキストユダヤ人(と云われている)や、遺伝優生学に基づき自国障がい者を排除したナチスドイツ、同じく自国民数千万人・数百万人を殺害したロシアに中国にカンボジアの共産主義者達、古くは中国王朝や、同じく自国民数百万人を殺害した虐殺好きの韓国人のカルマは、日本人以上どころか数千倍だ」と私はおもうのですが、如何に!?

●彼等のカルマはどう解消するんですか!?
●それも日本人が担当するんですか!?

●地球人が宇宙全域に悪い波動で迷惑をかけているのなら、いっその事、二ビルやエレーニン彗星で地球ごと滅ぼしてくれてもいいんじゃないですか!?
●どうでもいいけど、スピリチュアル系の皆さんって頭が悪いのか、表現が正確でないですよね。
ずばり、「今の人類の思考が悪いから」・・・・・・・ではないでしょう。
そうしむけている洗脳している元の連中が悪い訳でしょう。
何で、私を含め世界中の善良な地球人が、邪悪な思考や波動を出しているのか、その原因と元をはっきり指導・指摘しなければいけないんじゃないの!?
でっ、そいつ等を何もしないで放置しておいて、善良な99%の大衆にだけ悔い改めろはないでしょう!
中には、ブラジルやアフリカの或る未開の地の部族の皆さんなど知らせようもない。
結局、普通の一般市民に悔い改めろと云うのはおかしいでしょう。弱者への皺寄せでしょう。
第一、核ミサイルのスイッチはこの世を支配している悪い連中が握っている訳である。
 
結論として、大元の悪い連中が悔い改めない限り、「共産主義や独裁主義に大衆洗脳プロパガンダ工作や精神障害偏光教育の大元フェミニズム主義運動」や「人道的な人口削減計画」も「核戦争(第三次世界大戦)」も止まらない訳ですね。それを子羊に求めるなよ、悔い改めよ・・・・・と!

更に、なぜなら、宇宙に迷惑なら、地球人の思考波動よりも、今度「超新星爆発」する「ぺテルギュース」の方が地球ごとき惑星上の核爆弾よりも更に数千兆倍とか無量大数(ここまでは無いか?)倍に影響大だと私は思うのですが!?

スピリチュアル系の指導者の皆さん、どうかお答え頂きたい!

NO6,重複しますが、「福島原発事故」は、地震や津波などに依る偽装事故を想定した人為的計画的「小型(純粋)水爆テロ」だった。
fukushima1

平和ボケの日本人には、この位しないと、原発が危ないとか、首都圏の防災対策も、首都移転もしないから実行してくれたらしい!?いらん親切は迷惑です。
しかし、真実でなくても平和ぼけの日本人には確かにこの位は必要かな〜などと思ってしまうところが怖いですね。笑い!!

(注意!)断層か、地殻か、地殻の弱いところか、強いところかの狙う(刺激する)ポイントに関しては情報は若干ありますが、はっきりしませんので、そういうものだとご理解頂たい。

予断ですが、「水爆」に関しては、とんでも論から恐らく間違いない論までいろいろあります。特に驚いたのは、飛鳥氏からの情報だが、日本の主要大建築施設の一部には、「核爆弾」が設置されているらしい・・・・・説ですね。

例えば、東京湾の「海ホタル」にはそれが設置されているらしい。
日本の会社が100%作ったものと思っていたら、何と「ユダヤ資本アメリカの建設会社べクテル社」がなぜか参入していた。こんな国家プロジェクトとも思える大工事にあれだけ外資は参入出来ないと文句を言われていたのにいつの間にかかなり重要な部分に参加しているのである。マスゴミは一切報道していないが、ついでに、同社はあの「明石海峡大橋」の一部基礎工事をも請け負っているのであります。

A,これは一般的にはほとんど知られていないが、原発の「警備」や「管理」(どういった担当かは不明?)は、イスラエル系「Magna BSP」という会社が、日本の原発施設全て、いや世界的な規模で行なっている・・・・らしい。

B,福島原発事故(計画的小型水爆爆発テロ)以降、日本の多くのインターネットサイトで、今更の様に、「Magna BSPの設立者ハイム・シボーニ」のコメントとイスラエルの新聞記事を引用し、その事実に驚いている。

C,更に、福島原発電源喪失の本当の原因は、「スタックスネット」なるイスラエル製のコンピュータウィルスが原因という説もあります。ま〜、A・Bというシステムがあれば実に簡単に可能でしょう。日本の他の原発の制御システムは、改善見直されているのだろうか!?

ま〜陰謀論系の本や飛鳥昭雄氏の著作をずっと読んでいれば、常識なんだが、面白いのは、各電力会社に問い合わせると教えてくれないという事で騒いでいる連中がいる事だ。ま〜普通、警備担当などの重要な社内機密である情報を第三者に簡単に教えるハズは無い事位は想像出来ると想うのだが!?

これは余談だが、一般的にはほとんど知られていない事実だが、大昔は、日本の原発内の清掃にはアメリカからアメリカ人である黒人が採用され来ていたのである。30年前からいつの間にか来なくなったのは当時の月刊プレイボーイ誌がすっぱ抜いてからか。管理人はその記事を切り抜き、十数年前までは保管していたのだが、現在不明である。

更に、基本的に、放射線というのは、原発敷地内から常に漏れています。
当時の運動家はこの問題を指摘していたが、最近はこの指摘には皆無である。
・・・・・・・不思議である。

ついでだから、一般の皆さんの記憶にほとんど無い情報も紹介しておくと、今から30〜40年前には、チェルノブイリ以前にも軍関係の施設だったか原発かははっきり覚えていないが、一つの街か施設ごと吹っ飛んだという話もあった。落合信彦氏か誰かの情報だったが、確かな確証は何もないが、噂があった事だけは事実だ。

NO1のハープに依る「プラズマ兵器」説に関しては、私などが語るべくもなく、ベンジャミン・フルフォード、リチャード・コシミズ、飛鳥昭雄・・・ETCの諸氏が詳しく語っています。

NO2の「水爆」説なんですが、個人的に気に成る不可解な事があります。
2年前位でしたでしょうか、東大(多分?)の学者指導で、和歌山沖からそれこそ福島沖までの海底に、新たに高性能の地震計を設置するという番組を観ました。

確かNHK(サイエンスゼロ?)と一部民放(多分?)も放送していました。
大きさが、高さ約1m、幅約30cm位でしたでしょうかね。

それまでにも、海底設置の地震計ってあったのではと疑問に思いましたね。
高性能らしいところが違うと云われればそうなんですがね。怪しいな〜。

同じ、狙うにしても、海底の表面で爆発してもあまり効果がないと素人目にも判るので、そこはやはり、掘削機能がある船を使い深く設置する必要がある訳です。

という事は、軍艦では無理ですから、それなりの機能を持った船という事になります。
日本近海でアメリカのその様な船がうろうろしていたら話題になりますから、それはないです。
だからそれなりの口実が必要です。それも日本の船のです。

それが、数年前の海底地震計の設置プロジェクトなのではないのかと私は疑っている訳です。

NO2と3なんですが、実際に具体的な証拠として、福島原発の爆発以外に、以前に、放射線が計測されているというから話しがややこしいじゃ〜ありませんか。

あくまで、東日本大震災に関連したマイナー情報ですが、この日本がいいようにされているのには我慢なりませんね。もちろん、民主党にも我慢なりませんがね。

因みに、東京西部の湾岸地域では、具体的には、芝浦運河地帯を中心に7〜8kmの範囲で最大30cmの隆起(地盤上昇)が見られたそうだ。

更に驚いたのには、東京東部の地下には、メタンガスが詰まった「南関東ガス田」なるものが存在しているそうだ。

詳細は、以下です。
http://news.livedoor.com/article/detail/6494867/

更に、地震関係の関連記事として以下のものも見逃せませんね。

1、漁師が証言する大地震の前兆「サガミザメのオスが揚がったら要注意」!
2、琵琶湖で発生中の大規模「泥・ガス噴出」はプレート移動が要因か?
3、富士山、駿河湾周辺で、「群発地震」や「磁気異常」に「温泉が湧く」か、水が枯渇する異常現象が発生。
  東海地震の前兆か?
4、房総半島の磁気異常が示す「M7首都圏直下型地震」の可能性大!
5、地球規模で、4・11スマトラ沖地震が示す「地殻大変動」が進行中の可能性大!

取り合えず、久々の更新でした。

因みに、ソルトレイクシィティーのあるユタ州というのは、ご存知の通り「モルモン教」の聖地であり、実は「CIAの準本部」があり、殆ど知られていませんが大半の「職員採用の地」でもあります。

 つまり、CIAのエージェントというのは、大半がモルモン教徒の可能性大なんですね。

その深い奥の院の教えについては、インターネットで検索すれば幾らでもご覧になれます。
いつのまにか、フリーメーソンのような、イルミナティのような、シオニスト(ユダヤ教原理主義者)のような、エジプト起源の古代密議に精通した・・・サタニスト的なものを含んでいるといわれています。

ダ・ビンチ・コードのロバート・ラングドンを思い出して頂きたい。

宗教的な「象徴紋章学」に照らして「末日生徒イエスキリスト教 教会」(モルモン教徒)や「エホバの証人」こと「物見の塔 聖書冊子教会」の本部や支部の建物の建築様式とそれを飾る細部の装飾や、布教活動に使用するオリジナル聖書、オリジナル専用冊子に見られるに絵画に秘められた象徴図形の意図するところは、ある程度勉強された方には簡単にご理解出来るでしょう。とても気分が悪くなる色使いやモチーフ画像です。そして、非常に神様的なイメージとは縁遠い様な印象を受けます。私だけでしょうか!?

心底怖い「人の世」ですが、もしかしたらすでに「悪魔の世」かも知れません。

グッドラック!

その他

今日は、ハープには軽く触れ、地震と動物の予知能力についての一考察です。

先日、2011年8月23日、なにやら67年ぶりに、アメリカの東部に地震がきたそうだ。
規模は、マグニチュード5.8というから大した事は無い。笑い^^!

そこで、首都ワシントンの国立動物園の動物達が、当然の如く地震発生前に異常行動をとっていたらしい。

そして、現在は27日から28日にかけて、ハリケーンの「アイリーン」が、フロリダ沖から北上しアメリカ東海岸を襲っている訳ですな。オバマ大統領は、すでに非常事態を宣言を発し備えているが、9人が死亡し、100万世帯が停電中だそうだ。

事前には、前代未聞のニューヨーク市の住民約37万人に強制的な避難命令を出し、州兵と米軍8万3000人以上を災害事故に備え待機させているそうだ。

凄いですよね。
アメリカの借金(国債)の上限を建国以来上げたり、金融都市ニューヨークに首都ワシントンを連続で自然災害が狙い撃ちして、まるで自作自演かと想像してしまいそうです。

ま〜、ロシアと中国の可能性も無きにしも非ずですが、可能性は低いですよね。

さて、この地震についての情報を報じた8月27日(土)のCNNニュースのコメントに注目してみました。

>>>「人間が知らない現象を察知した可能性もある」とした。

これは実に面白く興味深い。

もし、ワシントンの国立動物園の動物たちが「P波(15秒前)やS波(5〜10秒前)と呼ばれる最初の弱い波」に感応したとすれば、純粋に「地震の微妙な揺れ」を察知した事になる。

しかし、実際には、彼らは15分前には感知していたという。

つまり、P波やS波では無いという事だそうだ。

それに対して、例えば、同じ哺乳類でも海の生態系に依存するもの、鯨や海豚(イルカ)といった超音波を使用する生物は、当然純粋な「地震の微妙な揺れ」や15分前というよりも、もっと早くから何か他のものに感応している様だ。

よく陸に乗り上げ大量死に至るというパターンの事です。
あくまで、都合よく彼らの異常行動を、地震に感応しての異常行動だと判断する仮定・仮説の話ではあるが。

その現象が起るのは、従来「岩盤が移動する際の擦れから発する電磁波」と云われている。
そして、それは数時間前であったり数日前という事例が多い。

15分前どころの話ではない。
実際に、飼い猫や飼い犬の数日前からの報告も多い。

という事は。

一つの疑問として、一般的に、例えば飼い猫や飼い犬や動物園の動物たちが地震前に異常行動を取ると云うけれど、本当はもっと前から感じていたのではないのか。

人間がそれを観察しきれていないのではないのか・・・と私は疑問に思う。

仮説として、本当は、その際のシグナルは、異常行動と呼べるものではなくあまりに小さな感応・感知かもしれない。

そして、いざ地震発生の直前になって、これはやばいから逃げようとしての異常行動になるのをやっと人間様が発見・理解出来た・・・という話なのではないか。

◆果たして、自然からのそんなシグナルは存在しているのだろうか。

◆そこで、論旨展開が若干変化し、もっと発展した2つの方向性としての疑問が生じます。つまり、私が興味あるのは、こういう事だ。

A,もしかして、彼らは、純粋に、地震の起きる原因が何であろうと、未来に起きる危険(異常な変化)を予測する事が出来るのか?

B,異論を唱える方も多いだろうが、万一、仮に「地震兵器」を使用したとして、いつの時点で何が変化した際にこの動物たちは感応・感知するのだろうか・・・という疑問である。

1、突然、自然からのメッセージを受けたり、人間の悪い意思・意図を感じた時。
2、地震兵器・ハープを作動させて大気に変化が現れた時。
3、やはり岩盤からの乱れた電磁波が発生した時。

つまり、動物たちは、危険察知の「純粋予知能力(1)」なのか、「実際に起っている原因のある微妙な自然の変化(2・3)」を読み取っているのか・・・という疑問である。
どうも、私のこれまで集めた資料から判断すると、2つとも該当するように思われます。
その根拠として、確か足の不自由な方や年配の方のペットは、数ヶ月前、数週間前から何かを訴えていたというケースが存在しますよね。それが地震とか災害の予知と断定は出来ませんがね。

という事は、より不思議だ〜〜〜という結論に至ります。

◆つまり動物の中にも、人間で言えば超能力者みたいなのが存在するし、動物たちにも感知・感応能力はさまざまであるとも云えますね。

だからどうなんだ・・・というクレームはご勘弁を!
笑い^^!

当サイトは、微力ながらこの世に蔓延る理不尽な支配と搾取に抵抗し、人類の財産を守り、人類史の真実の解明に挑戦しています。

さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものです。
それでは次回まで、グッドラック。
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ