site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>2010年05月

陰謀論

サタニストサイン3の紹介になりますか。

ま〜日本で云えば芸能界ちゅう奴ですが、流石に本場アメリカのエンターテーメント界、名だたる大物が登場します。

ちょっと整理しておきたいんですが、私の「陰謀肯定論者」としての立場でありポジションとはどういうものなのか、簡単に触れてみたいと思います。

私はこの世における所謂陰謀といおうか、R家やヨーロッパの王侯貴族、各国の指導者連中になる家柄、偽物のジュウー(ユダヤ人の事)達、金融資本家達、発展途上国に平気で武器を売るつける奴ら、発展途上国の資源を資本主義システムの名で詐欺的不平等条約を押し付け搾取する欧米企業の株主達・・・。

判り易く云えば、貨幣制度の根幹を築き、その利権ともいうべき恩恵をこれからも永遠に受け続ける連中達・・・つまり、表面には決して出てこないこの世の支配者達が許せない訳です。

彼等は表面上、生まれながらにして高貴な生まれという出自というバックボーン、つまり家系と血を受け継いでいます。問題は、なぜそうなのかという事を大衆は疑問に思わない点です。

ま〜考え過ぎだよという御仁もご意見もあると想いますが、日常、我々は「高貴な生まれの出自を崇めろ!」というメッセージを根幹に持つアメリカのハリウッド映画から洗脳されている訳です。

しかし、この10年は酷いですよね。
もうとにかく、ドラゴン、ドラゴン、・・・、ついでにドラゴン、これでもかとドラゴン。

更に、ロードオブザリングに何とかの魔法使い、何とかの角笛・・・!
これは「約束された者」を意味します。

そして、もっと不思議な事は、歴史上支配者達同士は、多くの戦いで決着を付け滅んで行く者達もいますが、古代から現在まで彼等の地位は揺らいだことはありません。

フランスのブルボン家やオーストリアのハプスブルグ家、ユダヤ人に滅ぼされたロマノフ家や東ヨーロッパの王家や支配者や、スペイン王家やメディチ家など表面上滅んだような一族は存在しますが、逆に表面上彼等に勝利した連中の指導者達はさも大衆の一部の様な出自を語り演出する者も居ますが、実は彼等のその又上の指導者達から資金援助を受け活動していたわけです。

又何をする上でも金がなければ何も出来ないんですよ。
革命にしても戦争にしてもね。

つまり、「その又上の影の指導者や支配者達」とは何物ぞ!?

というのが、私の「陰謀肯定論者」としての立場でありポジションなんですよね。前置きが長〜〜〜いですかね。笑い^^!

そして、彼等は偽善的にも、時折社会貢献的な事業や行為を行います。
恐らくロスチャイルドの10%以下の資産でも活用すればアフリカの飢餓は解消されるでしょう。

エコブームなどの笑ってしまうほどの凄い科学技術を即座に導入できるでしょう。そして歴史上その技術は民間において抹殺して来た訳です。
(私の得た微々たる情報によれば、そうとしか考えられないというものがいくつかあります。)

信じる信じないはあなたの自由だ〜!

という前置きは置いといて、サタニストサイン3です。

これね。

ただね、一つ問題がありましてね、所謂日本人でも竹下首相の孫のDAIGOとかいうのが「ウイッシュ!」とかいうのをやるんですよね。
恐らくアメリカのヘビメタバンドの影響なんでしょうが。
そうあって欲しいですけれどね。真似で!

だから、芸能人関係がやっているのは、元々現代になってからから発生した独自な意味のものである場合もある訳です。その出自ははっきりしませんが、ピースサインが平和を意味しているという思いで行う人々が多いのと同じです。

ただね、TPOとかなぜこの人物が・・・というケースがある訳です。
ま〜今回は参考までですがご覧下さい。

はい、映画界からは、スパイダーマンです。
問題は、初期のスパイダーマンとどう変化したかです。
現在判りません。誰か教えてくれないかな!?笑い^^!
I65

はい、問題の人物、アーノルド・シュワルツネッガーと悲劇のケネディー家の娘です。
I86

これ誰だ〜!?そうあのエリザベス・テーラーです。
彼女について話すととても紙幅が足りません。
最近の自称映画ファンとかいう子でも知らないという世代が居るから恐いものです。
I66

以下、知らないどっかのロック系音楽家連中ですね。
I90


I67


I70

問題は、はいこの画像です。
あのビートルズです。ジョン・レノンです。
参りましたね。
I64


I2

プリンス・ウィリアムって!?知らん!笑い^^!
I59


I8


果して、彼等の中には「真の意味を意識して」このサタニックシグナルサインを行っているものが存在するのか!?

それとも、皆何も知らずに別の「流行の意味合い」で行っているのか!?

注目すべきは、アーノルド・シュワルツネッガー夫妻とリズです。

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

ムー

バベルの塔(Tower of Babe)についてご存知でしょうか。 

そうあの旧約聖書の「創世記」に出てくる神の怒りに触れたバベルの塔です。
何と、とても綺麗に印刷してあるムー記念号の付録ポスターにこの「バベルの塔」が採用されていました。とても状態がいい物なので紹介したいと思います。

さて、シュメール文明の後にメソポタミアに現れ、シュメールとアッカドを統一した巨大な帝国バビロニア、後にアッシリアに支配されますが、その古代メソポタミアの中心都市でありバビロニア帝国の首都がバビロンですね。
【 ピーテル・ブリューゲル作 バベルの塔 】

mu-baberu11



旧約聖書の伝説と学術的に判断すれば、所謂階段状構造のジッグラトの様な建造物だったのではないか・・・といわれています。ま〜キリスト教の宗派によってもその存在の捉え方は異なります。所謂キリスト教原理主義者達は信じている訳ですね、これが!?

最近15年位前に知ったのですが、バビロンとは、アッカド語で「神の門」という意味だそうです。

何と、学術的に古バビロニアと分類されるバビロン第1王朝からバビロン第10王朝まであります。エジプト並みですが、因みに、カルデアと別名称される新バビロニア帝国は、アケメネス朝ペルシア帝国に一度分断されるので厳密には別物ですかね。

で、これらの王朝の中に、「マルドゥク」という名を持つ王がたくさん存在するんですよね。この辺りは、ゼカリア・シッチンとD・アイクの書籍をお読み頂ければ何が言いたいのかご理解頂けると想います。

参考までに、アメリカのハリウッド映画などによく登場する王の名前で、よく引用されるのが「サルゴン (Sargon)」 王ですね。アッカドやアッシリアの王の名前で有名ですね。

更に、因みに、解説すると時系列的にいえば、「バベルの塔」とは最初から「バベルの塔」ではなく、バビロンに建てられた塔が仮に実在したとすれば本来は当時違う名称ですから宜しく。つまり、「バベル」とは、「バラル」という言葉から来ています。「バラル」とは「混乱」を意味しています。

更に、解説すれば、またまたアメリカのハリウッド映画「創世記」の劇中、この塔は神の怒りで雷(いかずち)を受け破壊されましたが、実は旧約聖書にはそこまで言及されていません。また、言語をばらばらにした理由とかが他の偽書も含め微妙にニュアンスが違います。面白いでしょう。

更に、因みに、映画「創世記」のシーム音楽は日本人が作曲しています。
「名前のない音楽界」の初期の司会者でありコロナのCMに出ていた方です。

因みに、バベルの塔をシームにした絵画は有名なとこころで、十数点ありますので、調べてみると面白いですよ。元イメージは2・3種類位しかなく、なぜか元イメージの塔の形状や背景を真似た、踏襲したものが多いですね。
mu-b25


これは又、別の記念特集号の付録です。
あの「宇宙船艦大和」です。「大和よ永遠に」ですね。
yamato1


これはあの有名な少女マンガ家の書き下ろしですね。
takemiya1



他の素晴らしい画像をご覧になりたい方は以下のサイトを推薦します。
★≪ バベルの塔、教訓と絵画集 ≫
http://www.abaxjp.com/babeltower/babeltower.html

最後まで読んで下さり有難うございます。さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは次回まで、グッドラック!
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

#YOOPP { display:none !important; }