site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!イエスと相関系図イエス・ヨハネ・マグダラのマリア関連図解!

ヨハネ・イエス・マグダラのマリアの簡単な関連図解を作成しました!
ダ・ビンチ・コードの深い理解にお役に立てれば幸です!

↓      (グノーシス派の教えを説いた)
↓      (古代からの女神崇拝に通じる)
↓     (母エリザベト:処女受胎←聖霊イエスと同じ)
ヨハネ  (春分点:おひつじ座→うお座)                     
↓      (魂をすくい取る漁夫・良き羊飼い)
↓     (神への捧げ物:羊→魚)
↓      (魚=ナザレ→魚教団=ナザレ教団
↓     (イエスは従兄弟)
↓     (ヨハネ教団=ナザレ教団
イエス   斬首←ヘロデ王
↓         パリサイ派
↓         サドカイ派
↓―――→シモン・マグス
↓      (ナザレは地名ではない、そんな町は無い)
↓      (ナザレ教団のイエス)
___________________________________________________
↓                                            ↓  

マグダラのマリア―ラザロ(弟)(ベタニアの一族アンデレ十二使徒―ペテロ

ベタニアのマリア(?)  アリマタヤのヨセフ (ピスティス信仰=イエスのみ)       
↓         マルタ(姉)   ↓              ( 立会いなし)
(逮捕・裁判・磔刑・埋葬・復活全て立ち会う)←ヨハネ
    ↓      
↓  マリア(イエスの叔母)    ↓            エルサレム(教団)        
↓  ヤコブ              ↓           アンティキオア(教団)     
↓  マリア         グラストンベリー       アレクサンドリア    
↓  サロメ    (イギリス最初のマリア教会)       ローマ     
↓  黒人の下女サラ     
↓  マキシミ
_______________________ 

南フランス・プロヴァンス(サント・ボーム山)  
(サント・マリー・ド・ラ・メール)     
(ロマの聖地)サラが彼らの祖先?  
(ガリア地方)(土着の女神信仰と交わる)  
(ノートル・ダーム=我等の母神)
ノートルダム寺院=M・Mに献納―地下聖堂(クリュプト)
フランス人は皆知っている

<<ダ・ビンチ・コードPART4 イエスの子孫の可能性とメロビング朝の起源!? ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへダ・ビンチ・コードと最後の晩餐1>>

コメント一覧

    • 6. 管理人
    • 2012年05月31日 00:13
    • AIさん、お早うございます。
      へ〜そうなんですか?
      凄いですね。

      >>ブリザリアン

      成程、勉強になりました。
      マスメディアでよく取り上げられたインドの男性とかですね。
      へ〜、時代は進んでいる。

      ロシア、ポーランド方面、中国(うるるん滞在記)で土を食べる主に女性達がいましたが。

      フリーエナジーと何か通じるものがありますね。

      ところで、AIさんて、グルメの方にも興味があるAIさんですか?ちょっと気になります。笑い^^!
    • 5. AI
    • 2012年05月24日 23:06
    • 私も今不食をめざして奮闘中なんですが、どうやら砂糖や肉や添加物を少なくしていきベジタリアンになると全く食べなくて良いようになるみたいですね。
      ダイエットも成功してルンルンです!
      食事量は半分以上は減りましたが、ご飯が食べられなくなると思うと寂しいのでなかなか不食にたどりつけませんね。
      超能力は身につけるのはとても難しそうですが、ブリザリアンになるのは根性さえあれば以外に簡単だとおもいますよ。
    • 4. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年09月20日 04:04
    • つる美さん、コメント有難うございました。

      読んではいたのですが、ついついあちらの方でかまかけていました。

      >>彼らのエネルギー収支?

      ですね!

      あの〜、高千穂の何とか神社や富士山の近くの浅間神社とか、風穴がある或るところの所謂パワースポットに敏感な人が行くと、あまりのエナジー故にぶっ倒れるそうです。

      所謂仙人がかすみを食らうと言うのも、あながち理解出来ない事もない!・・・という事になりますよね!!

    • 3. つる美
    • 2007年09月01日 12:18
    • ミナミの吟遊詩人さん、こんにちは。
      彼らのエネルギー収支はどうなっているのか、すごく興味がありますねー。
      インドのヨガ行者を調べた学者は、膀胱が尿を再吸収していた、と言ってますから、老廃物だけ残して水は循環させて使っているようですね。ただ、気になるのは体温調節をどうやっていたのか。彼の皮膚に汗腺はあったのでしょうか?ロシアの彼女は母乳を出していますしね。生物が太陽光だけで生きることは可能ですが、植物と動物ではその代謝量の桁がちがいそうで、不思議ですね。アミノ酸をつくる微生物が体内に存在したそうですが、その材料はどこから?アミノ酸に変化させる材料が彼の身体しかないとすれば、だんだん体重へっていきそうですけどね。体重変化はどうだったんでしょうね。気になるところです。

    • 2. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年02月19日 16:45
    • 5 全くその通りですね!同感です!コメント遅くなりました。笑い^^!

      ★実は、日本にもインドにも世界中にその様な人達がいるんですよね〜!

      ★大阪は堺に整体を営む三十代の女性が、青汁系だけでこの何年間か生きていけてる様です。
      ★太陽光線がかなり重要なポイントのようですね!
    • 1. 大室☆寅之助。
    • 2006年10月27日 18:57
    •  世界にはずいぶんと風変わりな人もいるようである。彼らは自らを「autothrophs」(独立栄養生物)と呼んでいる。
       彼らは「食べること」を全く考えないそうだ。にわかには信じがたいが。ロシアのもっとも有名な独立栄養生物はジナイダ・バラノバらしい。彼女はクラスノダール市に住む67歳の老婆で、彼女は初めに肉を食べることをやめ、そして次に野菜を食べることもやめた。彼女は既に5年間、水と食料なしで生きている。(インタビュー当時)科学者は彼女の体を調べたところ、特に異常は見つからなかったらしい。
       人間は太陽と宇宙のエネルギーで生きてゆけるのか?実験・実証は各自の自己責任である。試すことは自由だ。
       案外我々が信じ込んでいることは偽りかもしれない。
       ところで、イエス・キリストは何を食べていたのか?最後の晩餐の絵を見ると食べ物がテーブルに載っている。どんな味がするのか試食してみたいものだ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ