site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!空海空海と忌部氏

空海と忌部氏と皇室陰謀史観についての備忘録まとめです。

更に深くお調べになるには、と古語拾遺集をご覧になれば宜しいと思います。 

●中臣鎌足=百済の王子?蘇我氏は恐らく正統天皇家?
中臣鎌足はもしかしたら、秦氏系祖先?
  
●忌部氏についてもう少し詳細がお知りになりたければ、ネットで阿波忌部・あらたえ・大嘗祭・麻・天岩戸神話・天太玉命・三木信夫氏でわかると思います。

●そして、すり替えの件ですが二重丸ですね。松重楊江先生の明治天皇はすり替えられた?並びに太田龍先生の長州の天皇征伐が3年前に出版され話題になりました。

●先駆者として、菊池山哉・三角寛鹿島昇八切止夫・木村鷹太郎・田村栄太郎等々の異端の史学者達。

●近現代においては、坂本竜馬とF・メーソン並びにグラバーの思惑、徳川家茂・孝明天皇(伊藤博文・当時は伊藤俊輔自ら実行か?)・新天皇睦仁親王(当時16歳)暗殺(しい逆)、これらがポイントですか! 

●そして、大室寅之助がご指摘の通り、睦仁親王にすり替わり明治天皇となります。  が、これもカバラと同じで表面のみを見ると日本史全体を見誤ります。
(天皇家自体が、もう凄いですね?この辺りもしっかり調べないといけませんが。)

●まだ、その先に大正天皇・昭和天皇の真の父親問題が影を潜めています。そうなると、中丸薫女子が明治天皇の孫というのも裏の真実のそのまた裏がある事になります。どうです、ご存知でした?(山形有朋説・その他?)基本的に、中丸薫が自ら「私は明治天皇の孫です」とは、彼女の書籍文中では一言も語っていないのが、全てを物語っている・・・つまり言えないのである。

<参考例>
明治以後の天皇家の噂については、アメリカに、トーマス・ジェフアーソン第3代大統領の醜聞というのがあります。                   
参考文献:Foster EA et al. Nature 396 (6706): 27-8, 1998.       
参考サイト
http://www.people.virginia.edu/~rjh9u/jeffhemm.html
Y Chromosome DNA Data on Jefferson and Hemings              
http://www.angelfire.com/va/TJTruth/
Thomas Jefferson - Sally Hemings DNA Study              
http://www.monticello.org/plantation/hemingscontro/hemings-jefferson_contro.html
Thomas Jefferson and Sally Hemings 
頭がおかしくなりますよね!でも知りたいですよね? 


●徳川家康の先祖は(日光東照宮の建築様式は中国系?で且つ薄い忌部氏?)、織田信長(織田剣神社の宮司出・別に桓武平氏と藤原氏の系図あり)・後藤田正晴・空海は忌部氏(阿波の剣山伝説)、・天海僧正は?籠神社(元伊勢)と海部俊樹・秦河勝・秦泰潮の繋がりは判りますよね。何がいいたいか?
伊勢神道・秦氏・祭祀一族・忌部氏の関係?

●例えば、水戸家(三浦天皇?」)・尾張(忘却?熊沢 )・長州(大室天皇)と外様・御三家が江戸表に内密に南朝系天皇の末裔を来るべき日まで匿うなんて信じられますか?現代まで続ずく北朝と南朝の戦い。(明治天皇・大正天皇・昭和天皇・平成天皇・徳仁・秋篠宮ー全て血が間接的にしか繋がっていない?)
将来、クーデターの予定を立てていたとしか思えないですね?(尾張と紀伊家の線は弱いですが?)

●南北朝の戦いが現皇室でも繰り広げられている?太平洋戦争時分、インド洋で日本海軍の潜水艦が同士討ち?両艦長はどちらも皇室出身者であり、意図的に狙い撃ち? 

●中丸薫(インチキゲンチャー)・明治天皇の孫ー説にも、話にもならないし、アメリカでの遺伝子鑑定はどうなったのか?(問題外のデタラメ)

●水戸光圀はなぜ大日本史を編纂したのか? なぜ、桜田門外の事変は起きたのか? 水戸学とは何ぞや? 

●変わった藩?長州ー朝鮮系歴史と思考?・合議制により藩主を変えれる? 大室家・被差別部落・伊藤博文(下人)・山形有朋(被差別部落・皇室に彼の血が混入?)・松下村塾とは?  伊藤博文は異常なまでに朝鮮支配(協力的に)に力をいれたか? 

●それ以外に、岩倉具視の子説?

●被差別部落・根来・伊賀・甲賀・木地師・サンカ(呼称・俗称です当時の官憲が銘々)・八瀬の童子等と天皇家の繋がりとは? 

●鉄と古代史ー日本に誰・どの集団が製鉄法をつたえたか?
(島根県仁多郡横田町八川、タタラ製鉄法) 
 誰が金・すず・水銀の採掘と科学を伝えたか?

問題はそんな事より、大陸から、どの部族・民族がいつ・どこに到来したかです。
誤解の無いように、今の韓国・中国人とはまたまた違いますから、枝分かれしたルーツが違います。遺伝子的にも大陸とは同族とは言えません。誰が日本独特の木造建築法をあみだしたか? 

●藤原と性が付く者は総理大臣にはなれない? 
 藤原4氏はなぜタイミングよく滅びたのか?(日本における歴史の自浄作用か?−どの地下集団が作用したのか?力の無い藤原家系の冷泉家・二条家・近衛家は生かされた?) 
●安部清明・芦屋道満・ひと狐集団殺害(島根県広瀬町)・役行者・忌部氏・空海(水銀中毒)を支えた底力・集団とは?  

●私が思うには、最澄には決定的なものが欠けていたんでしょうね。それが悔しくて悔しくて眠れない程に成ったんでしょうね。 でもね、私はさすが最澄だなと思います。 ここんところ少し上せて語れば、並の坊主だったら空海が一体何をひた隠しにしてるのか見抜けないし、じゃ〜結構ですと憎まれ口を吐いて終わると思います。

 空海のそれは、金や己のプライドや名誉や女や天下を取る事よりも最澄には魅力的だったと思うんです。
 ちなみに、文献上は今の下りはさらっと書いてありますが。私はそれは、やはり真理に近ずく術・所謂奥義だったと思います。 

 書くと長くなるので簡単にね。一般的に、仏教はインド→中国→韓国→日本と中国→日本と2パターンで伝来しましたが、恐らく根幹が抜けたものの可能性が高い。一本筋が通っていないから、いろんな解釈をそれぞれの高僧や弟子が説く。考え方を変え、空海のそれを景教に置き換えると

聖トマス(エルサレム教団)→インド→中国→韓国→日本で皆さんの好きな真理へ到達出きるかも知れないカンバラを恵果から学び持ち帰ったのでしょう。恐らく物事(秘法)を判断するのに並の知識では教えても意味のない結果になるので、恵果など先達立ちは誰にそれを伝えるのかで悩んだことでありましょう?

 それこそノストラダムスやレオナルドのような、つまり空海の様な抜群の記憶力の持ち主が選ばれる訳ですね。(虚空蔵求聞持聡明法です)

そして、それは忌部氏の祭祀と関係すると考えて当然だと思います。また、空海の高野山開山への資金提供、山師としての忌部氏の力・ネットワーク!?

●最近、ダ・ビンチ・コードから空海までも解くという書籍が出てるようですが、推察するに同じ様な内容になるでしょう。

 最後に、日本という国は島国だからでしょうか?
 歴史の中に、表・裏を交え自浄作用が働くみたいに私には感じられます。  
 以上(アンティキオア教団とエルサレム教団の違い)とクムラン教団については、いずれ書きます。

<<ダ・ビィンチ・コードとシオン修道会について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ日ユ同祖論 完全解説>>

コメント一覧

    • 1. まー
    • 2006年12月21日 20:14
    • はじめまして。
      【妊娠の兆候@生理前・初期症状のチェック】のまーと申します。
      特進相互リンクさせていただきました。ありがとうございます。
      すごく内容が充実したブログですね。見習わなくっちゃ。
      駆け出しで、未熟なブログですが、どうぞよろしくお願いします。応援ポチ

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ