site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!飛鳥昭雄天体・惑星・衛星画像

最新の話題の天体画像です!
これらは、また、NASAJPLなどと微妙に関係します!

 太陽プラズマ天体
       
太陽1

飛鳥昭雄氏の説をご紹介いたします。(工事中)

太陽核融合はしていないのでは?
その表面には地殻があります!

証拠写真もあります。








     タイタン
タイタン     










    あまねく銀河
あまねく銀河










   宇宙遊泳
宇宙 

 

 



 

 木製










    土星
土星








   太陽系内惑星
太陽系惑星






<<日ユ同祖論2 「2つの罠」ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ日ユ同祖論とYAP因子>>

コメント一覧

    • 4. ヒノワ
    • 2009年12月17日 19:45
    • 星★星!
      CNN/2009.12.17
      40光年の近距離に水の惑星発見!
      わー!わー!
      無駄に興奮します!

    • 3. ミナミの吟遊詩人
    • 2006年07月31日 05:44
    • 5 古さんコメント有難うございました。
      そして、お疲れ様でした!
      大変そうだけど、充実していそうで羨ましい限りです!
    • 2. 古幸徳
    • 2006年07月29日 05:57
    • 言論会から日本と世界を変えるつもりです。
      私はその捨石になるつもりです。

      今回の東京巡業で出版はかなり、テクニックや
      業界の常識によっていて
      それを知らなければけっして出版はできない
      ということです。

      逆を返せばそれさえ知っていればアル程度の
      文章力とネタさえもっていれば出版できるということです。

      実は今回飛鳥先生にお会いして4人目の正式弟子に
      なりました。先生の弟子になったからには
      あくまで自分で動き、できあがったものに対して
      アドバイスをいただいていこうと思います。

      あとどうしても分からないところは教えてくださるということだったので安心しました。

      すみません。最後は論点がぼやけてしまいました。
      また書き込みします。
    • 1. 古幸徳
    • 2006年07月29日 05:55
    • またまた、爆弾情報炸裂ですね。
      書き込みさぼってすみません。
      今東京にきてちょうど1週間です。
      つかれはてています。
      プロ作家への道はこんなに厳しいのかと
      思い知らされました。
      でも今はこの身をぼろぼろにしてでも必ず
      出版までいたるノウハウを見いだして
      カッバーラを学んでいる後輩に伝えなければ
      と思っています。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ