site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!UFOUFO 

UFO

UFOに興味はおありですか?
最新UFO状況と事情についての優良サイトを紹介したいと思います。

★★★ 最新UFO状況・事情報告 ★★★

以下紹介するものは、内容のある程度濃いムービーや公的機関の高官の発言、学者の見解等々、UFO目撃談レベルのものではありません!

また、特定の方のブログは、ほぼ私の様な、日本人の中に急速増加している、真実追及派という、かつての単なるUFO好きとか不思議大好き人間のレベルに甘んじる事なく、この世が本当にどうなっているのか知りたいという強い欲求にかられた派の方です!非常に面白いです!

ただ、この数年で、世界中でシッチンの説を当然の如く、真実と思い込んでいる方が増加しているのには、私は危険性を感じています!そして、シッチンより詳しい解読者が動き出しています。アメリカにも、イギリスにも、この日本にもです!

はっきり言います!

★ゼカリア・シッチンの解読には、誤りが多い!つまり、出鱈目ではないかも知れませんが、偽物のユダヤ人(アシュケナジーム)である彼にとって都合のいい解釈かも知れません!

おいおい、それに関する文献・書籍・人を紹介して行くつもりです!以下は或る方のブログで紹介されたものを吟味させて頂きました。面白いですよ!

非常に内容の濃い・よく整理された最新の説を紹介されています。

NO1,★或る研究者の方のブログ★
http://sungod2012.blog96.fc2.com/blog-entry-18.html

(ゼカリア・シッチンの説を完全肯定されている典型的なパターンです!)

NO2,★GoogleUFO  UFO真実の歴史★
http://video.google.com/videoplay?docid=-5980990221766439646&q=ufo&hl=en

この映像は、イタリアの空軍内から公開されたものらしい。

NO3,★UFO・CASEBOOK・Video Files★
http://www.ufocasebook.com/videos2.html

全て、永久保存版です!

NO4,★UFO・CASEBOOK★
http://www.ufocasebook.com/

この方は決め付けず、非常に冷静に、各有能なブログを紹介されています。

NO5,★Emancipate★
http://harunoshin.exblog.jp/

NO2とNO3・NO5は是非見て頂きたいHPですね!(特にNO3ですね!)

この情報はお役にたちましたでしょうか?
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

<<言語とこの世の真実と聖書における考察!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへシオニスト>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 8. 知と悠久の伝道者
    • 2009年12月03日 11:03
    • ★ヒノワさん、コメント有難うございました。

      成程、なかなか参考になります。

      いい加減な表現で申し訳ないのですが、概ね65%位はその意図するところが判るのですが、35%位はキーワードは判るんですがその意図する方向性と申しますか、どういう解釈をされているんだろうか・・・という部分がはっきりと確信が持てない・・・、つまりわからない部分がありました。笑い^^!

      しかし、MMさんといい、ヒノワさんといい、ハイレベルな読者の皆さんが増えて嬉しい限りです。
    • 7. 知と悠久の伝道者
    • 2009年11月25日 06:10
    • ★え〜〜〜名無しさんで、宜しいですかね。

      非表示のコメントの件了解です。

      更にコメント頂けて嬉しいです。

      有難うございました。

    • 6. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年06月18日 01:44
    • 阿修羅掲示板、以前良く読みましたよ!

      大変参考になりますね。玉石混合ではありますが、あれを越える巨大シーム館は他にありませんね!
    • 5. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年06月18日 01:40
    • ★そして、あのテゥーレ教会との関係がありますし、こちら側の人間だったのなら、数々の無謀な作戦に遂行命令をだすのか?(部下の独断もあるが!?)

      等々、考えれば切りがない!笑い^^!資料が少なかろうが、多かろうが当時の彼の気持と取った行動で、大まかには判りますが、真実となるとわかりませんね!笑い^^!
    • 4. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年06月18日 01:33
    • ★ただ、彼の作品と云われる絵画等とその嗜好から鑑みる場合には、霊媒説は私ならNOと申し上げます!

      ★ヒトラーの真実ですか!?

      難しいですね!

      なぜか???

      それは、ヒトラーをこちら側の人間と取るか、あちら側と取るか?で全く答えが変わるからです!

      ★彼は、偽書を信じた純粋な、そして偽物と本物の区別も付かないほどユダヤ人に対して無知な、その他・・・純粋論!

      ★そして、偽物のユダヤ人に利用されただけの天才的な詐欺師的な政治家だったのか?

      ★彼が、大戦後本当に生きていたのなら、相当に深く仕組まれた大戦であり、彼は相当の大物である事になります。

      ★オシュベイティブ(アウシュビッツ)で死んだのは、本物のSであり、偽物のAではありません。ただヒトラーがそれを指示してはいなく、後に知ったという話で後戻り・修正が出来なかった説もあり。

    • 3. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年06月18日 01:16
    • 5 ★秩父宮さん、ようこそおいで下さいました。

      残念ながら、ヘキサゴンの作者ではありません。ただ、何ゆえにそうお思いになられたかには、非常に興味があります。笑い^^!

      ★そして、近年ヒトラーの扱いが、(当然ネオナチ等々とは違う意味で)25年以前とは180度世界的にも、変わってきましたね。そして、NETの普及に伴い尾ひれが付くものもあるようです。
    • 2. 秩父宮
    • 2007年06月12日 12:45
    • 5  既にご存知かもしれませんが、それと非常に似通った、また若干、飛鳥昭雄説にも似ている、オカルト系HPがあるのです。それを紹介させてください。
       超人類と超古代 新人類と未来 NEUE MENSCH
      http://www.medianetjapan.com/2/20/lifestyle/mitwirkende/filename.html
       ドイツとメランコリー
      http://d.hatena.ne.jp/mensch/
       このHP(Blog)を書いている人が阿修羅掲示板の主と関係があることを突き止めました。関係者専用の秘密のページがあるのですが、パスワードを入力すると、阿修羅掲示板に飛ぶことがわかったからです。なぜわかったかというと、JavaScriptのソースに書かれていたからです。ただしパスワードまではわかりませんでした。
    • 1. 秩父宮
    • 2007年06月12日 12:44
    • 5  はじめまして。あなたはあの有名なヘキサゴンの作者なのですね。私もよく読ませてもらっています。

       ちょっとお聞きしますが、ある精神世界の指導者がヒトラーの真実について語ったとされるアレ。ヒトラーは東洋系の神秘主義団体の霊媒だっというやつです。精神世界オタクとしての勘なのですが、インドの神秘家Oshoラジニーシでは?文体がなんとなくそれっぽいなと感じたものですから。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ