site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!陰謀論ダ・ビンチ・コード 書籍解説

陰謀論の最近の書籍紹介!

今晩は、ダ・ビンチ・コードの解説の管理人のサンジェルマン伯爵です。

この3年位の間に読んだ本の中で、私の研究対象の指針・補助となった秀逸な書籍を選びに選んでブログで紹介する事にした。一部ですが、参考になると想います。

また記事的には個別に紹介することも考えているが、それに費やす時間と気力が伴わないので、本日はこの記事において単なる索引紹介という事でご勘弁願いたい!興味のない方は私のブログに来訪されることは先ずないので、どこに出しても恥ずかしくない立派な書籍である事を私が推薦いたします。だからどうなんだ?読めとでも云うのか?と問われると、是非ともお読み頂きたいものばかりです。笑い^^!そして、一部にはなぜこの本なのか?と私のブログのシームから逸立ちするものもあり、これには少なからず解説の必要性があるものもあります。
NO1
本解説3














NO2
本解説4














NO3
本解説5














NO4
本解説6














NO5
本解説7














NO6
本解説8














NO7
本解説9














NO8
本解説10














NO9
本解説11














NO10
本解説12














NO11
本解説14














NO12
本解説15















これらの書籍は、紹介したい書籍の極一部ですので、たったこれだけの本を読んだだけで、サンジェルマン伯爵は自己の思考に結論を出している訳ではありませんので、誤解のないようにお願いいたします。これからも内容の素晴らしい書籍は、まとめて紹介してゆきたいと思います。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

<<中丸薫と船井幸雄について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ飯田史彦 鏡視法>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 2. ★酔いどれ吟遊詩人
    • 2007年07月20日 00:26
    • ★大室☆寅之助さん、コメント有難うございました。

      早くそうあって欲しいものですが、行過ぎると闇の勢力の反撃を食らうので、来るべき日までは難しいでしょうね!この世の仕組みの解明は!

      ただ、大室☆寅之助さんの言わんとれんことは、天皇制の中の、ご自身のニックネームに関わる部分ですね!よく判ります!ま〜、判っていてもあからさまには出来ないですね!諸外国との兼ね合いもありますんで、英国もびっくりの一大スキャンダルですからね!
    • 1. 大室☆寅之助。
    • 2007年07月16日 19:11
    • 日本にタブーは必要ない。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ