site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!鏡視法飯田史彦 鏡視法

飯田史彦先生の鏡視法についてご存知でしょうか?PART1です。

飯田史彦先生の鏡視法について取り上げたいと思います。

アメリカはアラバマ州のアニストン在住のレイモンド・ムーディー博士(哲学者・精神医学者)が、調べ発掘したと表現してもおかしくない古代からの叡智鏡視法がついに、昨日、日本のマスコミに取り上げられました。私は当然この方法については知っていましたが、一人でやるのは恐くて未だに実験しておりません。日本人で且つ日本で最初に鏡視法を専門書ではなく一般書で紹介したのは、飯田史彦先生です。その著書「生きがいの創造」の愛する故人との再会の章(P209)に詳しく解説されています。
尚、レイモンド・ムーディー博士が何からこの鏡視法のヒントを得たかというと、古代ギリシャのイプロスで行われていた、所謂託宣と私は解釈するのだが、テレビのニュアンスは若干違う表現をしていた。しかし、これは古代世界のどこの国・民族でも似たようなものを取り行っていたのは厳然たる事実である。日本では、神道における「サニハ」とちかいものがある。
もし、鏡視を行うことによって死者に会える方法に興味のおありの方は、飯田史彦先生の「生きがいの創造」をお勧めいたします。あなたの人生観が確実に変わることをお約束いたします。
本解説3
















この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
グッドラック!!

<<ダ・ビンチ・コード 書籍解説ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ神坂新太郎 先生>>

 コメント一覧 (12)

    • 12. ★酔いどれ吟遊詩人
    • 2007年07月21日 02:01
    • いや〜、これは参りましたね〜!

      ★私、霊的な部分では以外と恐がりなんですよ!

      ★それとですね、いいですか、皆さ〜〜〜ん!!!

      飯田先生、とっても大事な事に触れて無いんですよ!判ります!判るかな〜!

      だから、私はそれが恐くてよせんのです!

      いいですか、2つの壁があります!

      NO1,望んだ人が必ず現れるとは限らない!
      NO2,丹波先生の説を受け入れれば、所謂成仏していれば、出て来ないだろう!
      だから、軽く会いたいと願った程度で、出てきてもらったら、それはそれで問題でしょう!?
      NO3,なくなった時の格好で出てもらうと、事故死の場合、相当恐い!

      以上、私がしない理由!お解かり頂けました!?うちにはぴったりの鏡があります!あのね、自分をね30分以上見つめてると恐いですよ!
    • 11. 大室☆寅之助。
    • 2007年07月16日 19:01
    • ミナミの吟遊詩人氏へ
      飯田氏に批判的な記事も一方で沢山存在する。飯田氏が著書の中で指摘しているように、信じる・信じないは各人の自由意志だろう。もし、既に鏡視装置を設置し鏡視を体験済みであればリポートをお願いしたい。
    • 10. ミナミの吟遊詩人
    • 2007年07月14日 23:55
    • 大室☆寅之助さん、久しぶりですね!

      ようお越しやす!

      そうですか、ご理解頂けて嬉しい限りです!

      私も、見つけられたものは買ってしまいました。

    • 9. 大室☆寅之助。
    • 2007年07月13日 21:35
    •  早速読んでみた。この方法は一度挑戦してみる価値はあるだろう。問題は本にある鏡のサイズが結構大きいことだ。
       自分はこの鏡視法を試すことには恐怖は感じない。飯田氏が著書の中で説いているように、西欧流の科学の価値が今こそ問い直される時期にきていると感じているからだ。むしろ、この方法によって世間の価値観が変化してゆけばよいのではないかと思う。
       この本の続刊も非常に面白い。
    • 8. 大室☆寅之助。
    • 2007年07月12日 20:48
    • 失礼。よく読むと>日本人で且つ日本で最初に鏡視法を専門書ではなく一般書で紹介したのは、飯田史彦先生です。その著書「生きがいの創造」の愛する故人との再会の章(P209)に詳しく解説されています。

      なるほど・・。一度調べてみよう。
    • 7. 大室☆寅之助。
    • 2007年07月12日 20:46
    • 鏡視法・・。興味深い。問題は、結構デカイ鏡が必要であること。なお、詳しい方法を探しているので、記載記事の紹介を希望する。
    • 6. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年07月07日 23:35
    • ★冨士子さん、素晴らしい!

      その考え方や、良し!その強い心の生き方こそ人の道ですね!GOOD!


      ★但し、この鏡視法の本来の目的は単に人の死者と会うためではありません!私のブログの主旨の深いところでその問題と繋がるんですね!これが!
      なんちゃって!それについて書くと非常に長くなるので、よう書きません!
    • 5. 冨士子
    • 2007年07月07日 15:54
    • ミナミの吟遊詩人様

      最近、過去につながりのある人たちとめぐり合う機会が増えてきましたが、死者に会いたいとは思いませんねえ〜!もちろん会うといっても魂のレベルだと思うんですが?!なんて私も「鏡視法」がどんなものか知らないので、何とも言えませんが…

      死者はちゃんと供養して天に上っていただくのが一番だと思いますけどねえ…

    • 3. 暗黒大陸パンゲアつる美
    • 2007年06月21日 20:03
    • ミナミの吟遊詩人さん
      バンサラというんですか〜。私、パンゲアだと思い込んでいました。

      ちょ、ちょっと待ってください!
      当時の大気は酸素がなく、メタン・CO・CO2が多く、その他のガス組成なんかもまったくちがっていたでしょうから、ピンク色の空、というのは、十分ありえますが。
      でも、大陸というからにはすでに海があるわけですよね?海がすでにできあがっている状態から20%も惑星の質量が増加するなんて考えられないと思いますが・・・私のがおかしい?

    • 2. ★ミナミの吟遊詩人
    • 2007年06月19日 01:52
    • 5 ★rinoさん早速のご訪問有難うございました。

      う〜〜〜〜ん、意外とといけずやね!いや〜〜〜ん、私恐いのでようしません!

      ★意外に女性はOKだと思うのですが!?

      ★う〜ん、素人さんが「サニワ」資格をどこかで、語ってますか!?

      ★「サニワ」視覚は、意味不明、或る能力を見るという能力に置き換えた表現か、掛け言葉の意味合い?いずれにしても、それは意味なしですね!笑い^^!
    • 1. rino
    • 2007年06月18日 09:03
    • ご訪問&コメントありがとうございました。
      先日、どこかのブログでも紹介されていました!
      死者も生者も形が違うだけなので、どちらも「サニワ」視覚(資格)のある者なら鏡視法とやらは実現可能かもしれませんね〜
      読んでないので想像ですけど(笑)
      1人でやらないと意味が無いので、恐怖を克服して試してみて教えてくださいな♪

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ