site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!名付 良運 命名名付 良運 命名

名付 良運 命名について取り上げたいと思います。

不思議だ!

実に不思議だ!

この地球という惑星には何千万種の生命が存在する訳だが、人類・人間・人科の種だけが、その生命を営む上で、互いの肌の色も違う、顔も違う、声も違う、性も違う、全てが違うのに、つまり個と個の認識、互いの認識が出来るにも関わらず、互いに姓名を付けて呼び合うのであう。
これは、つまり姓名というのは、互いを区別するためにある訳ではなさそうである。

考えられるのは、一つのコムニュケーションの手段なのだが、何故人だけがその
ような形を取るのか?
そして、血脈を現す姓と己を現す名に分けてまで正確に表現しようとしている。

まあ、日本に限らず世界的にも姓の場合は近世に入ってから定着したわけで、それ以前は所謂高貴な系統の人間だけが姓を名乗っていて、一般人・大衆・平民は、取り合えず名前だけなのですが、よほどの辛い条件で育ったケースを除けば、人類が文明・文化・集団化・2人以上の場合、名を使用している。

まあ、自ら名乗ったのか、親に命名されたのか、人生の流れの中で他人に通り名を呼ばれたのかはそれぞれ原因は違うだろうが!?
さて、この名前・姓名というのが、数千年前頃から単なる区別の標識や、コムニュケーションの道具・手段ではなくなり、より発展したものになったようである。

一体全体、この姓名というのはなんなんだ。

つまり、人の一生、所謂人生に多大な影響を及ぼしかねない存在となっているよ
うである。
誤解の内容に補足すれば、人の一生に影響を及ぼす一つの要素らしいという事が推測される!

−というデータと現実と不可思議が完全に存在しているという事が確実に現在判明している。私もかつて或る姓名判断の大家に、改名について相談したことがある。その辺りも交えて、この名付 良運 命名について、考察してみたい!

注意!人は、生命を良い名前、悪い名前で区別するケースがある。
単純に、所謂良い名前の命名についてなら、そこら辺の○○○○を当たって頂
きたいが、いずれ或る先生を紹介しようとは思っている。笑い^^!
本日は、ここまで!

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

<<鏡視法実験の危険性について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ姓名 判断>>

コメント一覧

    • 4. ツルミ・デ・バレル
    • 2007年08月26日 12:35
    • こんにちは。
      ヤフーのセカンドライフにダヴィンチ・ネタが。
      酔いどれさんなら、一言も二言もあるんじゃないですか?(^^)

      http://secondlife.yahoo.co.jp/special/070704/page001.html
    • 3. 知と悠久の伝道者
    • 2007年08月24日 10:28
    • 青空@カナダ情報館さん、ご指摘真に有難うございました。

      でもまた、どっかでやるんでしょうが!?

      笑い^^!
    • 2. 青空@カナダ情報館
    • 2007年08月22日 02:13
    • 5 欧米人のFirst Name って、雰囲気で選んだり、両親やご先祖さまの名前から選ぶみたいです。が、日本人の名前は画数やら、漢字にこめられた意味やら、意味が深いですよね。

      ところで。コムニュケーション???

      以前、「シミュレーション」を間違って「シュミレーション」と書いたとき、こんなサイトを教えてもらえました。
      趣味レーション?
      http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/kaego002.html

      飲みゅニケーション?笑えますよ。
      http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/kaego011.html

      間違い探し〜☆
      http://www.tt.rim.or.jp/~rudyard/

      決して批判ではありませんので、、、笑って読んでくださいね!

      「ごじらさん」には時々お世話になっています(^^)
      外国人に日本語としての外来語を教えるときなど、要注意なので。。。
    • 1. マンガ/ダイエット体験記
    • 2007年08月21日 23:15
    • こんばんは。つる美です。

      ご訪問などいろいろありがとうございます。まだお教えいただいたもの、登録してないんですが、金曜日にちょっとじかんとれそうなので、そのときに。
      ありがとうございました。

      名前は単なる記号にすぎない!

      などと考えていた時期もありましたが、現在では考えが変わりました。名が人をつくる、というのは本当にありますしね。

      おうぽち!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ