site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!スーパーナチュラル人間計算機 フランス

人間計算機 フランスの最近の記事についてです。AFP通信の記事からの一部紹介です。
フランスの「人間計算機」が、200桁の数字の13乗根の暗算で72.438秒の新世界記録を達成したという内容である。つまり、私は、人間の本来のポテンシャル、可能性についてこの記事を通して力説したいわけでsる。

時は、11月16日「人間計算機」の異名を持つフランス人男性のアレクシ・ルメール(Alexis Lemaire、27)さんが15日、米ニューヨーク(New York)のニューヨーク科学館(New York Hall of Science)で、200桁の数字の13乗根を計算機を使わずに72.438秒で解いて自身の持つ世界記録を更新したというものである。

話題のその人物、ルメールさんは、パリ(Paris)近郊のランス(Reims)の出身で、人工知能学を専攻する博士課程の学生だ。自分では数学オタクと思わないというが、わずか1分強で、ある数字の13乗根、2397兆2076億6796万6701を暗算で解いた経験があり、それからエスカレートして、現在に至り、限界に挑戦し続けているわけである。独特のしわの寄った額、濃いまつげ、あごひげに眼鏡という容貌のルメールさんは、過去数年間にわたって200桁の13乗根の暗算に挑戦し、繰り返し記録を更新してきたのだが、前回は77秒台で解いた。

具体的に、どの様なイメージで、解答出来るのかの質問に、彼は、「最初と最後の桁はすぐにわかりますが、その間の桁を解くのがとても難しいんです」と語った。また、暗算方法についてルメールさんは「コンピュータの代わりに自分の頭の中にある人工知能システムを使っています」といとも簡単に説明する。

「大半の人が同じことをできると思いますが、わたしの人工知能はとても高速で、時には異常に速く動くんです。暗算しているときは脳が猛スピードで働きますから、あとで薬を飲まねばならなくなることもあります。ここまで速く働く脳がなくても、大きな数字の暗算は可能だと思いますが、わたしほど簡単にはできないでしょうね」

 自分は数字に強いと気がついたのは、11歳ぐらいのときだったそうだ。だが意外にも、学校での数学の成績はよくなかったらしい。本当かな!?笑い^^!

しかし、その後、クラスで1番だったわけではなく、本を頼りに独学で勉強したそうで、頭の働きを速くするために毎日の練習を欠かさず、コーヒーやアルコールは飲まず、糖質や脂質を多く含む食事は避けてきた。「人間計算機」のあだ名を持つまでになったが、自分では「人間コンピュータ」とうあだ名の方がもっと正確だと思う、と珍しく笑顔を見せながら、見解を述べた。

 さらに、今後の活動だが、最大のライバルは「某ドイツ人」なのだが、どんな有能な数学者に挑戦されても不安はないと自信満々である。それもそのはず、100桁の数字の13乗根しか解けないライバルたちにとって、200桁は「難しすぎる」からだそうだ。全く持って納得である。今後も期待したいます。アレクシさん!スタートレックのデータに負けないで下さい!笑い^^!


<<行動深層心理学ゲームダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ北京オリンピック 予言>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ