site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!その他北京五輪を蹴ったスピルバーグとその背景 2-1

北京オリンピックはボイコットすべきだ!の根拠は恐らく35位は挙げられるだろうが、マスコミで取り上げられたものをじっくり見てみるのも面白い!改めてこの国を見てみると、とんでもない国である。そして、実際問題として日本人選手団のことが心配でもある。当然、それは観客と食料の問題である。

北京五輪を蹴ったスピルバーグとその背景 2-1


大量黄砂飛来、健康被害も


討論! 北京五輪問題点 - 反日ブーイング

<<北京オリンピックはいらない!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ今夜も、朝まで○○思いっきりブログで言わせてもらう!>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 5. イキイキ@3カ国生活
    • 2008年05月24日 11:52
    • 5 全部見ました。

      オリンピックは、国家の経済戦略になってしまっているので、見ていても面白くないし、まして中国で行うとなると色々なリスクがあるので、やらないほうがいいではないかと思います。

    • 4. サンジェルマン伯爵
    • 2008年05月02日 16:14
    • つるつるさん、コメント有難うございました。

      「聖火リレー」?

      もしかして、「笑火リレー」?

      そうですね、今回の事件で中共と中国人の未熟さと独裁性が、世界にあからさまに発信されたのは、実はこちらの思う壺ではありましたね!笑い^^!
    • 3. つるつる
    • 2008年05月02日 11:57
    • サンジェルマンさん、私はいっそオリンピックやるべきだと思うのですが、どうでしょうか。
       「聖火リレー」は成功だったのでは?
      あれが「聖火リレー」ではなく「聖火リレー(笑)」であったことを世界が認識した、という意味で。
       オリ本番にも、臭い物にふたをするのではなく、このさい、いかに臭い物かを世界に見てもらったほうがいいのでは?
       開会式にも日本の総理大臣(笑)を出して、日本人が自国の総理をどう思っているかを示す・・・そんなブラックジョークは通じないだろうなあ。

      問題は「あなたの国に不利になるような記事は書きません」とサインした上で取材するマスコミ(笑)ですが。
    • 2. サンジェルマン伯爵
    • 2008年04月21日 08:06
    • よしくん、私はオリンピックは本当に無いような気がしてきましたが、所謂かに!?

      天が中共を認めるなんてことは、そして、既存の諸国家のシステムを踏襲する限り世界に未来はないですね。
    • 1. よしくん
    • 2008年04月20日 15:53
    • コメントありがとうございました。
      しかし、北京五輪は聖火の問題といい、
      トラブルが多すぎですね。
      野球は今回で最後なんだから、
      しっかりしてもらわんと。
      では、ポチポチッっと。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ