site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!その他地球温暖化とダ・ヴィンチ・コードの解説

地球温暖化の原因は、co2ですか?笑い^^!残念ながら地球温暖化の原因は、co2ではありません!

いいですか、世界の賢人がですね、寄り集まって、本当にco2が原因ならですね、中には命架けて、「お〜い、皆さん本当に森を無くしたり、化石燃料(コーンも)を燃やすのは、いい加減止めよう」と叫び、シュミレーションなどで示して、世界中に訴えると思うんですよ!世界中のトップの科学者でさえ、何となくですよ!何となくすましていませんか!?いいですか、人類の存亡がかかっているんですよ!北極の氷やキリマンジェロの雪やアイスランドの氷河や黒海やカスピ海の干上がった衛星写真を見て、何も感じませんか?多少は感じるでしょう!でも、あなたには所謂CO2位の迷信対策しかありませんよね!なら世界中の学者が団結すると思うんですよ。私は!?そう思いませんか?ところが、何となくなんですよ!日本人の学者で、こうしよう、あ〜しよう!とか率先して言うてる人みたことありますか?いないでしょう!?

ポイントは2つです!

1、馬鹿でそれ以上の判断が出来ない学者!(95%)
2、真実を知っているために、CO2対策やもろもろしても意味がないと理解判断している学者!(5%)

後数十年で日本は亜熱帯になります。マスコミ、テレビで何度か見ましたでしょう!?はい、伝染病が蔓延します。はい980%間違いない・・・です!今日、鳥取の漁港で本マグロが数百匹水揚げされました。餌の鯖の移動海流が変わったからのようです。いいですか、この資本的事物の体制(物見の塔聖書冊子教会の言葉を借りれば)のシステムのなかでは、全て損得で物事が動きますので、仮に天災の予知が出来たとしても100%なんて夢のまた夢であり、せいぜい20%の災害対策がベストでしょう!この古代から何かに守られてきている日本にどっぷり浸かった馬鹿な日本人と、その中のもっと大馬鹿な子供の給食費を払わない親がいて、税金を湯水の様に使う公務人官僚がいるからといって、ま〜論点は違いますが、だから地震速報の精度を上げろなんて無責任なことを言ってる御馬鹿な国民達!本日の昼のテレビ番組を偶然観ましたら、今国民が一番怒っているシームはとありました。内容トップは、秋葉原の無差別殺人だと展開論調していました。私は世論操作と」直ぐ判りました。

あっすいません!理解出来ない方はこれ以上読まなくてもいいですよ。

いいですか、国民が一番関心があるなら、100歩譲ってもいいですが、誰も怒っていませんから国民の99%は!怒ってるのは親族・友人ですからね!

そこで、本日北のあほが、拉致問題を再度調べるとの賜りました!笑い^^!

ほ〜、今まで無いと断言していたものが、はい、みえみえの戦略です。
結論から言えば、特殊部隊を送り奪還しない限り、世間の手前、御免なさい全て私達が拉致しておりました。そして、拉致した皆さんは全部お返しします。故に、食料やエネルギーなどの援助と海産物などの貿易再開と日本国内で凍結された資産(総連)を復活させて下さい!・・・なんてあの糞北朝鮮の支配階級の連中は、政権は絶対に言いませんからね!!!

日本人(御馬鹿な大衆)と日本国政府(内閣府)は、事の観きわめをこれからはっきり持たなければいけない!この点に関しては拉致被害者の関係親族の方々の方が、潔い解釈と決断をなされている。

それを、自民党内の北よりの売国奴代議士が蹂躙して、且つ利用して北朝鮮と国交をなぜか再開しなければいけないように世論操作しているのである。

本記事をご覧になった皆さんには、民主党も含めて、どの代議士がどのタイミングで何をどの様に語るのかを、メモを取って、冷静に判断して頂きたい!

自民党の山崎拓など、絶対に国政に参加させてはいけない売国奴であり、その他もろもろである。社民党のブス党首の人権派を売りにしてる姉ちゃんと管直人が先月、北と国交回復に賛成の約100人の会合を行いました。

おかしいでしょう。日本は別に糞北朝鮮と国交など結ばなくても何も(いろいろありますが!?)問題ないのに、なぜ拉致までされた国と早急に回復しなければいけないのか!?

すみません、私はこの裏の裏までわかっていますが、この程度の疑問は感じて下さいね!?

いいですか、私が言いたいことはですね、頭の悪い人にいくら言ってもせんがないことなんですが、大体二年前の法案をそのまま通してるのを、今頃になって騒ぐ、御馬鹿な国民なのですから、今更になって、小泉に騙されたなんて言ってるお間抜けな国民に、更に、今更、私の田舎の友人や親戚縁者に言っても判らないことは、重々承知しております。しかし、言論を消す訳には行きません。つらいですよね。

さて、兼ねて地球温暖化の原因は太陽ですよ。と言ってきましたミナミの吟遊詩人ですが、参考ニュースを紹介しておきます。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ここから〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2008年06月08日
『米陸軍の主任科学者:地球温暖化の原因は「太陽」』〜WIRED VISION
アメリカ陸軍の主任科学者・ブルース・ウェスト博士は、「地球表面の平均温度の変化に直接関係しているのは……短期的な太陽放射の統計的変動と、より長期的な太陽の活動周期だ」と主張している。IPCCの「太陽の活動変動による影響はごくわずか」という見解にも疑問を投げかけている。

【感想】
地球温暖化の原因究明に関する記事。昨日、NHKで放送された「SAVE THE FUTURE 科学者ライブ」でも話題になっていた「太陽の活動の影響」の可能性の議論です。11年周期の黒点の増減などが地球の気候に影響を与えることは有名な説ですが、ここ10年の急激な温暖化はどうやら太陽の活動が原因ではないというのが一般的です。

よくニュースなどで「原因究明に全力をあげる」といったフレーズを耳にしますが、地球温暖化問題に関しては、「原因はある程度判っているもの」として、適応策や緩和策のほうに全力を傾けるべきだと思います。

学術の世界、政治の世界、食料サミットなどのような国際会合の場などで、「論争」を繰り広げることは大いに結構なことだと思います。確率が高いことでも「間違いである可能性」はゼロとはいえないこともあると思います。多くの人が議論に参加することで「論理的な整合性」が保たれ、普遍的な知見として認知されるようになります。

たまに「論争をすることが目的?」と思われる人(国)がいます。「論争」はあくまでプロセスだと思います。目的は「地球温暖化を防止すること」「持続可能な社会を形成すること」です。広い視野にたって考えれば、「ムダな論争をしている暇はない」「もっと建設的な論争をしなければならない」と感じます。洞爺湖サミットやポスト京都、食料サミット等でも「効率的かつ建設的な議論」を期待したいところです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ここまで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

>>>ここ10年の急激な温暖化はどうやら太陽の活動が原因ではないというのが一般的です。

★はい、その一般的な見解を述べている学者は御用学者であり、とても信頼に値するものではありません。笑い^^!NASAはすでに太陽系の真実、もしくは宇宙の成り立ちを、皆さんはお笑いになるかも知れませんが、科学的には限界があるので、手段として霊的な意味での見解と予測をしています。謎の惑星探査が成功したかどうかが問題ですが!?

現に、例えば、太陽の真実の写真が公開されています。極秘にですが!?笑い^^!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?

<<ダ・ビンチ・コード 日々の思い!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ太陽系温暖化と地球温暖化>>

コメント一覧

    • 8. ナミの吟遊詩人
    • 2008年06月26日 05:03
    • mayoさん、これからも面白い記事をバンバン書きますので、コメント宜しくお願い申し上げます。
    • 7. ナミの吟遊詩人
    • 2008年06月26日 05:02
    • たかさん、早速のご訪問有難うございました。これからも宜しくお願い申し上げます。

      もしかして、軽く記事読んでくれたんですね!?

      ごっつう!嬉しいです!

    • 6. ナミの吟遊詩人
    • 2008年06月26日 05:00
    • mayoさん失礼致しました。あちらの方で、日本人のルーツをやたら、そちらの方にもって行こうとする主張する方が、以前身近にいらっしゃいまして、そうかなと勘ぐってしまいました。笑い^^!

      それと、もし我がブログを読んでいる在日の皆さん、誤解のないように申し上げておきます。

      私が、mayoさんに対して失礼致しましたと表現したのは、事実として在日ではなかった、ということに対してであり、在日の皆さんを決して卑下した考えからではありません。

      そこのところ宜しくお願い申し上げます。

    • 5. たか
    • 2008年06月23日 19:32
    • こんばんは!

      ブログに書き込みいただいて本当にありがとうございました!

      私も以前地球温暖化の原因は太陽の活動周期だ・・というのを聞いた事があります。確かに地球の百数倍の大きさの太陽が常に平均的に燃える(核融合?)するわけもありませんよね。あれだけの大きさですから、ほんの少しの変化で地球では大きな影響を受けそうな感じがします!!でも少しはCO2も影響してるんでしょうかねぇ!?

      こちらこそこれからも宜しくお願いしますm(__)m
    • 4. mayo
    • 2008年06月22日 10:44
    • おはようございます。私は在日ではありません。普通の?日本人です。日本の歴史がウソだらけだというのは誰もが言っています。しかし、何を隠したいのかがイマイチはっきりしていません。平成天皇が桓武天皇の生母が百済王にゆかりがあると述べた以上、皇室が百済出身である事をそれほど隠したいわけではないのです。本当に隠したいのは、日本が征服王朝であり、百済王を傀儡として作った鮮卑と匈奴の連合国家だということです。これが謎の四世紀に起こったことでそれを私は研究しています。その結果、高句麗は現在の中国、遼寧省、百済・新羅・倭は北朝鮮にあったことがわかりました。その結果、北朝鮮へ日本人を出入りして欲しくないのは日本であり、北朝鮮を孤立させたいのは日本だとわかるのです。中国も領土問題の絡みで日本と同調するでしょう。韓国もあまりはっきりしたくないでしょう。
    • 3. ナミの吟遊詩人
    • 2008年06月19日 02:24
    • >>>日本政府が恐れているのは??

      う〜ん、所謂、一般的な歴史的な問題とは、別になりますよね!?

      仮に、そうだったとして、何に対して、恐れるのか?

      天皇のルーツ?日本人のルーツですか?

      現在の皇室は、どうせ偽物なので、私にとってはどうでもいいのですが?笑い^^!

      考古学的な、歴史的判断からのご意見でしょうかね!

      ★出来ましたら、詳細を教えて頂けたら嬉しいです。
    • 2. ナミの吟遊詩人
    • 2008年06月19日 02:13
    • mayoさん、初めまして、ミナミの吟遊詩人と申します。別名サンジェルマン伯爵とも云います!もしかして、在日の方でしょうか?違ったら失礼することになりますが。北朝鮮にご家族のルーツがあるのでしょうか?

      成程!う〜ん、面白い仮説ですね。

      mayoさんの仮説だと、現在の地図における歴史上の認識地理と認識国が北緯に対して約10度位北にずれると、辻褄があいそうですね。

      ★ポイントだけお話すれば、仮にそうだったとしても、現在の地勢状の民族の存在と遺伝子の違いを考えるとちと難しい説ですね!?

      ただ、古事記のみから判断すると、当時、(大和の前の古代政権)倭国ではないと想いますが、日本の政権の1つか2つかが別々に朝鮮半島の南部を支配していたか、同族の民族だった可能性はあります。それは高句麗の手前まであったのか知れません。

      苦しいので、本日はここまで!?
    • 1. mayo
    • 2008年06月18日 20:21
    • こんばんは、私の切なる望みは北朝鮮への自由な旅行です。私の仮説では北朝鮮に新羅や倭国があったことになっています。ぜひ、国交が正常化した暁にはそれを証明したいと思います。私の考えでは、日本政府が恐れているのはこのことだと思っていますが・・・。たぶんですが、卑弥呼の墓はピヨンヤン辺りにあるのではないかなどと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ