site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ダ・ヴィンチ・コード 日本神道日本の有り難い秘密の言葉とダ・ヴィンチ・コード

日本の有り難い秘密の言葉について紹介したいと思います。

日本の有り難い秘密の言葉って何???

とお思いになる方も多いと思います。

ま〜、日本神道から仏教用語に、それに関連するサンスクリットといろいろあるのですが、これは紹介しても大丈夫だろうというものを掻い摘んで紹介したいと思います。

★NO1,般若心経

40歳過ぎて、般若心経の一つも諳(そら)んじることが出来ないなんて、そうとう送れていますね。昔の人は学はなくても肝心なところは押さえている方がおおかったのです。ところが今はどうでしょう。日本人の素晴しい気質が、文化が、精神が廃退しているように私には感じられます。

★NO2,大祓詞

所謂日本神道の根幹をなす祝詞の一つですね。各神社にご祈祷をお願い致しますと、必ずお鏡の前でこの大祓詞を祝詞されます。ま〜記紀に記載されている日本の成り立ちの一部の穢れを祓うところがクローズアップされている訳ですね。私はまだ暗記は出来ていませんが、リズムに乗せてみながら神主さんのように祝詞出来るようになりつつあります。どうしても云い難いところがあるのが難点ですが!?

★NO3,はるちうむちつづち (古事記より)

何かの事に当たって、直前に上げれば心身が落ち着くと思います。ロサンゼルスオリンピックの男子体操個人総合優勝の具志堅選手は、沖縄の大本教に通じている恩師に、この言葉を教わり、神様に自分の演技を奉(ささ)げるつもりで、この言葉を心の中で唱え最後の演技に臨んだそうです。

初めての方には、かなり発音しにくいかも知れませんね!

★NO4,真言

仏教の方から、真言(しんごん)という言葉がありますね。マントラとも訳されます。たくさんあるのですが、身近なものを紹介しましょうか!最近、日本からインドにお願い事を頼むヤジニャなんかも、大勢でこのマントラを唱える訳です。日本の加持祈祷と同じことです。ただ向こうの方が大がかりのようです。故に効果が大きいのか??笑い^^!

☆生まれ月によるものの中から、私の子年の観音菩薩のもの!

おん あろりきゃ そわか

☆奈良の秋篠寺の6月6日、年に一度の大元帥明王の御開帳が行われますが、その大元帥明王の真言!大元帥明王と書いてたいげんみょうおうと読みます。

のうぼう たりつ たぼりつ ばらぼりつ 
しゃきんめい しゃきんめい
たらさんだん おえんぴ そわか

ご自分の干支にちなんだものが知りたい方はコメント下さればこのブログ内にてお教えいたします。
 
私はこれらのもの出所が中近東であることを調べ理解していますので、100%あなたのためになるとは云いがたいのですが、先ずは何も駄目な時には、縋(すが)ってみるのもいいんじゃないかと思います。

私が5・6歳の頃でしょうか、父が食道癌でどうにもならない時だったと思います。母に連れられてあるお寺でお百度参りをしたことを覚えています。私はいっしょにおこなったという記憶はありませんが、母の一途さを感じたのか、その時は多分良い児にしていたと想います。

日本にはふるくから、言霊(ことだま)信仰というものがあります。

★例のオーとムはアルファーでありオメガなんです。そして、阿と吽でもあります。

所謂、宗教という形で残っているものの中には、名古屋弁で表現すれば、どえりゃ〜秘密と、将来我々人類を助けてくれるかも知れないスーパー・パワーを秘めているかも知れないのです。だから知っておいて損にはならないのです。

★ちなみに、私の父は帝國海軍の職業軍人であり、私の叔父は戦艦大和の生き残りだったのですが、特に叔父の逸話には驚きと尊厳と神秘を感じます。

叔父が沈みゆく大和から投げ出され、重油の焼け焦げた空気とそれらが海面に浮かび、荒波の中で揉まれる時、口の中に入り苦しかった時、周りに浮かぶ板切れに捕まりながら、辛うじて意識を保っていたけれど、ついに「もう駄目だ」と思った時、私にとっては祖父と祖母ですが、父母の戒名を必死に心の中で唱えたそうです。

意識がなくなったのですが、明朝なんとか助けられたそうです。

元々、仏教に戒名などありません。これは古代からのイスラエル人の習慣ですし、現日本仏教は、今の東南アジアの仏教とは大きくかけ離れたものです。

そのルーツは、最澄と空海の2人に行き着きます。特に空海のみが恵果から伝授されたカンバラ、つまり本物の仏教+仏教より古い古代イスラエル人の秘奥儀と思われるものです。

取り敢えず、今日は、一般常識のおさらいという感じで話を修めます。

最後まで読んで下さり有難う御座います。そんなあなたに幸運が訪れますように!
でも、これらのものが、我々にとって本当に味方のものなのかという結論は、私の中ではまだ確立されていません。それには、蛇、つまり爬虫類が絡むからです。
偽物の神を奉っている可能性もなきにしも非ずだからです。

この問題・シームに関してはおいおい解説することになると思います。ダ・ビンチ・コードも、実は大きく関係しています。真実を紐解くヒントになりますかね!?

それをここで解説するには、時間がありません。膨大な資料を順序良く説明しなければ、知識の前置きが無い方には判らないからです。

最後まで読んで下さり有難う御座います。そんなあなたに幸運が訪れますように!以上!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

<<日本神道の指導者と言霊について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへレプティリアン・爬虫類人とこの世の真実とまやかし!>>

 コメント一覧 (5)

    • 5. 知と悠久の伝道者
    • 2009年12月09日 09:50
    • ★桃の実神慈さん、コメント有難うございます!

      追加ですか。

      笑い^^!

      当サイトではその呪文はあまり歓迎しておりませんが。

      しかし、ワールドメイトも良く考え付きますよね。

      私のスタンスでは、完全に除外されております。

      笑い^^!
    • 4. 桃の実神慈
    • 2009年11月30日 16:52
    • 5 ホンボラ ソモビル フルフルフル

      ハルチ ウムチ ツヅチ

      ウンテン トーボー エータートー
    • 3. ニッキー
    • 2008年09月03日 20:16
    • そうです、怪しい呪文です(笑)

      気をつけます(爆笑)

      ニッキー
    • 2. ミナミの吟遊詩人
    • 2008年09月01日 15:49
    • ニッキーさん、う〜〜〜ん!

      私のブログにおいて、センテンナムフルホビルが出るとは!?笑い^^!

      参りました!ワールドメイトの何でも出来る深見何某というバレー好きなおっちょこちょいの日本神道を気取る偽物のおっさんとその上の女性が唱える得たいの知れない怪しい呪文ですね!

      笑い^^!

      残念ながら、偽物です!御気をつけ下さい。
      私は本代を返せといいたいですね!

      笑い^^!
    • 1. ニッキー
    • 2008年08月15日 17:16
    • ★サンジェルマン伯爵!

      こんにちは、
      今回も興味深いお話ありがとうございます、この辺のネタは大好きです。

      ぼくも実は、祝詞や般若心経を繰り返し聴くと、右脳開発にいいという、スケベ〜な理由でiPodに入れてます(笑)

      自転車に乗って唱えていると、変人に見られています(笑)

      センテンナムフルホビル!

      ニッキー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ