site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!広島・長崎高橋五郎氏の天皇の金塊とヒロシマ

高橋五郎氏の天皇の金塊についてはご存知でしょうか?
今日は、高橋五郎氏の今年夏に出版され話題になった天皇の金塊の第二段、「天皇の金塊とヒロシマ原爆」について取り上げたいと思います。

前作と良く似た題名なので、若干混乱を招いている「天皇の金塊とヒロシマ原爆」ですが、業界でも前作にもまして話題をさらっています。業界といっても一般大衆よりも有識者の方達が多いとは想います。
されど、昨今問題になっている先の太平洋戦争(大東亜戦争)の歴史観や、赤紙一枚によって戦争に参加させられた我が愛すべき旧帝国軍人の存命の皆さん達や、大手新聞社等に代表されるマスメディアの諸君達には、やはり衝撃的であったようです。
信用できる政治家や為政者やジャーナリストが居ないために、この世の真実が闇から闇に葬られてゆく中、本書は衝撃的な真実をあなたに告げます!!

高橋 五郎 (著)
出版社 学習研究社

   

詳細は、読んで頂くしかありませんが、2つポイントを示しておきたいと想います!!
かなり、飛躍しておりますが、私はすべてを総括して観ているからです。

POINT1
我が「ダ・ビンチ・コードの解説」の初期にアンへル・アルカサール・べラスコを紹介した折に軽く触れたのですが、ヒロシマに投下された原爆は、ドイツ製のものであるかも知れないということです!

それは、私などの研究家には、至極当然に理解出来るのですが、つまり全ての国際紛争は或る一部の世に隠れた集団が100%起こしたものに間違いはありませんが(結論ですが?笑い^^!)、同じドイツ軍の中でも、ヒトラーに敵対する旧ドイツ貴族出身の連中とも、具体的にはロンメル将軍ともパイプを保ち、どちらにころんでもいい様に、つまり国際銀行家の連中は、限りなく用意周到であったということです。
知れば知るほど薄ら寒くなります。
(余談ですが、私が毎回こういった記事を書いている際、早い時間には私の家族は、下らないTV番組を観てはしゃいでいます。いつまでこの幸せが続くのかと思うと、我が子の行く末が心配でなりません!)

POINT2
天皇とは、一体なんなのか!?

天皇家を奉る集団と日本人のルーツに関係してくる大きな問題があります。
古代日本人への同化?
又は古代日本人を同化?
古代日本人の奴隷化?
又は古代日本の乗っ取り?
日本軍人と民衆を、国際銀行家(古代からの古い神を、ズバリ悪魔を奉るロスチャイルドを頂点とする人類の敵である秘密結社)達に、いけにえに捧げ出したのは誰か!?
そして、そこから導き出されるのは、日本国天皇家の集団は、遠い過去に国際銀行家(悪魔の家系)の祖先と相通じるのだろうか!?それとも、最近(江戸後期、明治から!?)から通じたのか?
(注意!最近同化という言葉が差別用語になりました。馬鹿な左翼の連中にそそのかされた馬鹿なアイヌと沖縄の甘い汁を吸おうとする怠け者の無知で無責任な連中がそうしましたね!余談です!)

その他の疑問?
太平洋戦争が終結した際に、

A,オランダを初めとする所謂欧州の王族達が、ダグラス・マッカーサーに天皇裕仁の命乞いを連盟でしているという事実は一体何を示すのか?
一体世界の統治者達の繋がりと連帯感はなんなのか?

B,日本の皇族と英国の王族との強い繋がりはなんなのか?
天皇裕仁、もしくは彼の兄弟は、英国においてフリー・メーソンリーの儀式を受け、それが代々続いているという噂は事実なのか?

ついでに、なぜ裕宮と雅子妃殿下はオランダに行ったのか?
(参考までに、オランダ王家は英国に匹敵する・・・である)

C,飛鳥昭雄などに代表される、古代からのユダヤ教徒と原始キリスト教徒の入日本(造語)の事実からして、日本国天皇家は隠された・秘密の純粋なユダヤ教交じりのキリスト教(この判断は一例です!)を信仰している。
(昭和天皇が、美智子皇太子妃殿下にキリスト教を信仰するとは言語道断と一喝した事実は、あれはカムフラージュなのか?)

D,やはり飛鳥昭雄の言い分・説を、よくよく読み砕き、私が推理すると、彼の説の裏天皇やヤタ烏の存在が仮に真実と仮定することにより、導き出されるパワーバランス(支配体制)はとは!?
可能性として、ユダヤ教徒の連中は影に隠れ所謂神社系統の支配により裏から日本を支配していった。
後から来日した古代原始キリスト教徒の連中が所謂皇族となり日本の表舞台にたったのか!?(棲み分けをしたのか?)


如何でしょう!?
ここまで、ご理解できましたでしょうか!?
う〜〜〜ん難しいですかね!?
でも、こういう疑問・問題がある、強く存在すということ位は覚えておいて下さいね!
これは予言です!!
100%間違いなく、世界はも日本もこれからどんどん悪くなります。
第三次世界大戦も100%起きます!!

★その先にあるのは、一種の信仰めいたものになるのですが、いずれ悪魔の一族の思うように世界が支配されてですね、我々の子孫が永遠に彼らの奴隷・下級民として生きてゆくのか・・・!?
私なら洗脳される前に舌を噛み切ってでも奴らの呪縛から逃れます。その際には、それは自殺とはキリスト教的にも判断されないでしょう。
つまり、マサダ砦の悲劇と同じです。
信仰の・自身の自由を、生きる根源的な意思・目的が達せられない場合は、生きる意味がありませんよね。そんな生命の連続はまるで肉となる牛と同じ価値しかない訳です!

はい、出鱈目な進化論は置いといて(最近NHKがやたらぶり返しています!)、私は100%この世もあの世も、エネルギー体としても肉体的にも、創造者は居ると思います。

聖書(旧約も新約もムハンマドのそれも含め)の予言が100%正しいとは断定しませんが、もし、この地球における人類の未来が、私が疑問に思いあまた先駆者の研究・調査を熟読し深く考察した結果、導きだされた結論が指し示す通りなら・・・、人類なんか全て消滅し、動物達だけの楽園としてしまえば良いと想います。

ですが、どうもそうはならないようで、地球にも危機がせまり来るようです。

最後に一つ、私の歴史観を提示して、今日はお開きにしたいと想います。

人類は、決して歴史に学びません!!

さらに、もう一つ、鬼塚 英昭というもの凄いジャーナリストをご紹介したいと思います。私は未だに、判断つきませんが、まさか高橋 五郎氏と同一人物でしょうか?
概略は、高橋 五郎氏とほぼ同じ主張の本を高橋 五郎氏よりも早く出版されています。
こちらが、鬼塚英昭氏の天皇のロザリオの記事です。

以下、彼の代表的な参考書籍です。
意味深であり、私が皆さんに先ほど投げかけたテーゼに近い内容が網羅されています。

鬼塚 英昭
原爆の秘密 (国外編)殺人兵器と狂気の錬金術
原爆の秘密 (国内編)昭和天皇は知っていた
日本のいちばん醜い日
天皇のロザリオ 上巻 日本キリスト教国化の策謀
天皇のロザリオ 下巻 皇室に封印された聖書

こちらに別記事があります。

高橋五郎氏の公演動画

さて、この記事は面白かったでしょうか?
さて、この記事は難しかったでしょうか?
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

<<バラク オバマ氏について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ鬼塚英昭 天皇のロザリオ>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 2. しおママ
    • 2008年11月30日 15:24
    •  ★サンジェルマン伯爵さんへ
      お久しぶりです。
      ★サンジェルマン伯爵さん対して、気を悪くしてしまい、申し訳無かったです。
      私自身、気にしていないので、心配しないで下さい。

      それでは、失礼します。
    • 1. ジンバブエ@ハイパーインフレ
    • 2008年11月29日 20:53
    • 貧富の差は激しくなり、
      詐欺、偽装、汚職、凶悪犯罪が多発する日本にあって、
      天皇の存在意義は一体どこにあるのかを
      改めて考えさせられました。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ