site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ダ・ビンチ・コード 映画天使と悪魔 登場人物

天使と悪魔の主な登場人物の紹介です。
あのダ・ビンチ・コードの作者ダン・ブランの最高傑作の天使と悪魔がついに映画化が正式に決定いたしました。まだお読みでないダン・ブラウンファンの方には是非ともお読み頂きたい一冊です。

★尚、書籍に関しては、天使と悪魔 ダン・ブラウンの記事をご覧下さい。

現在撮影も順調に進行しているようです。我がサイトでは放映公開に先立って天使と悪魔の概要を紹介しています。参考になれば幸いです。
因みに、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。ですから、当然ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか?このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです!お判り頂けましたでしょうか?

<主な登場人物>
ロバート・ラングドン
ハーバード大学の教授 宗教象徴学専門
マクシミリアン・コーラー
セルン(欧州原子核研究機構)所長
レオナルド・ヴェトラ
セルンの科学者 カトリック司祭
ヴィットリア・ヴェトラ
セルンの科学者 レオナルド・ヴェトラの娘
オリヴェッティ
ヴァチカン市国 スイス衛兵隊隊長
ロシェ
スイス衛兵隊少尉
カルロ・ヴェントレスカ (カメルレンゴ)
前教皇侍従
モルターティ
枢機卿 コンクラーベ(教皇選挙会)の進行役
ガンサー・グリック
BBC記者
チニ―タ・マクリ
BBCカメラマン

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

<<核メジャー対石油メジャーの対決!?ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ天使と悪魔 ダン・ブラウン>>

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ