site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!9.11 ニューヨーク 同時多発 テロ藤田幸久議員 9.11テロ事件 動画

藤田幸久議員と9.11テロ事件に関する国会における公開質問動画について興味はおありでしょうか?!

国会で911陰謀説が議論されました!!
藤田幸久議員といういい漢(おとこ)をご存知でしょうか?
民主党参議院議員の藤田幸久議員が、私は知りませんでしたが、2008年1月10日、参議院外交防衛委員会の質疑において9.11テロ事件に関する公開質問を日本で初めて最高の公的機関である国会において質問されました。

売国奴的発想の小沢党首は問題外ですが、民主党の中には素晴らしい議員がいるじゃありませんか?勇気ある藤田議員の行動を高く評価し、賛辞を送りたいと思います。

藤田議員の理路整然とした喋り口には、貴賓すら感じます。
ダ・ビンチ・コードの解説!はこれからもこの藤田幸久議員を応援することをここに誓います!

<国会で911陰謀説が議論される 1/3 >

<国会で911陰謀説が議論される 2/3>

<国会で911陰謀説が議論される 3/3>


時間の関係上、所謂、陰謀肯定論者の皆さんからすれば、あれもこれもまだ指摘したい、言いたいというエビデンスはたくさんあるでしょうが、先ずは日本における第一歩ですね。この一歩は小さいけれど、陰謀で覆われたこの世に風穴を開ける一歩となることを切に願って止みません。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

<<この世は幻 ダ・ヴィンチ・コードの解説ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへレプテリィアン(爬虫類人)とダ・ヴィンチ・コードの解説>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 早速拝見@WOW
    • 2009年03月07日 14:09
    • 渾身の力を体感しに参りました。

      早速全部の動画を拝見させていただきました。
      貴重な資料をありがとうございます。

      証拠はあるが、残念ながらそれに対しての明確な回答がなされていません。

      これを学級会で再現したら、間違いなく先生から質問に対してはちゃんと答えるようにと言われるでしょうね(笑

      そのへんは流石政治家といわざるを得ません。

      いつもながら不思議に思うのは、質問に対してはぐらかしはしていてもスラスラと受け答えが出来ること。

      これはあらかじめ質問が分かっているからこそ準備し、答えることができるわけです。

      自民党も民主党も裏ではつながっており、所詮政治の答弁は茶番劇に過ぎないと思っておりますが、911の真相を分かりやすくコンパクトにまとめており、一般大衆に知れ渡りやすくなるという点では大きな前進ではないかと思います。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ