site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ダ・ビンチ・コード 映画天使と悪魔 あらすじ 解説!

天使と悪魔のあらすじについて完全解説したいと想います。
ダン・ブラウン原作2作目の天使と悪魔がそろそろ世間を騒がせて着始めました。


◆初めに、お断りしておきます。

以下のストーリーや見所の解説は、2003〜2005年当時の原作に基づいたものであり、2009年に公開された映画版のものとは異なります。

これ等は全くの別物になっており、大きなシームや、ストーリーも異なります。
原作も読み、映画も観賞すればお判り頂けると想います。

これは、映画化として先行したダン・ブラウン4作品目の「ダ・ヴィンチ・コード」の世界公開の際に、カソリック教徒やキリスト教徒からの強烈なバッシングがあったために、無理やり差し障りのないストーリーへの変更を余儀なくされたと想っています。

又、原作で劇中登場するアサシンが歴史的なイスラム教徒の暗殺者(アサシンの語源など実に意味深です)という設定も、これも日本人には判らないだろうけれども、かなり危ないと感じたのでしょう。元IRAのテロリストというかわいいものになりました。
原作通りの設定では、ダン・ブラウンの命が危なくなるかも知れません。


そういう問題をクリアーするために、ストーリーへの変更を行ったのでしょう。そこで、原作と映画版の違いなどに関しての解説は、天使と悪魔 映画と原作の違いの一考察や、天使と悪魔のシームとはが詳しいですね。

◆ここまで。


暫らくすれば今年の5月には天使と悪魔が世界同時上映されます。
ロンハワード監督も主演のトムハンクスもダ・ヴィンチ・コードからの継続ですが、息の合った二人の作るロバート・ラングドンの世界はどんな映画になるのでしょうか。実にに興味深いですよね。

以下、軽くあらすじと見所を書いてみました。
カメルレンゴ














【 天使と悪魔 あらすじ 】

或る日、セルンの科学者でもありカトリックの司祭でもあるレオナルド・ヴェトラが何者かに暗殺される。

そして、その事件解決のために古代からの宗教・図形・紋章等に代表される象徴学の権威ロバート・ラングドンがいきなりアメリカからスイスのセルン研究所にX33という超音速旅客機に乗せられ強引に招待される。

それは所長のマクシミリアン・コーラーからのたっての或る謎解きの依頼のためであった。まもなく殺害されたヴェトラの娘ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけて来る。

3人は、レオナルド・ヴェトラの死体に施された焼き印と、ヴェトラが反物質の生成に成功していた事実と紛失した状況から、反物質による大惨事を予測し、歴史上すでに消えたはずのイルミナティーの存在を疑いながらもローマ・バチカンへと向かう。

物語は、表向きはローマ教皇の迫害を避け地下に潜っていたイルミナティーの怨念と復讐の可能性の演出し、つまり歴史上ありえた科学vs宗教の対決という様相を現代に復活させ、謎解きへと展開してゆく。

(注意、実際には、イルミナティーの本質は科学者を代表・統べる組織などというものではない
天使と悪魔















時同じくして、バチカンでは前教皇死去のため新ローマ教皇選出(コンクラーペ)選挙が開催されていた。

そして、新ローマ教皇選出のために先ず4人の枢機卿が選ばれたのだが、4人とも何者かに誘拐されるという大事件に発展していた。

ここで、バチカンに到着したロバートとヴィットリアに加えて、応対した神の僕の前教皇侍従カルロ・ヴェントレスカ(カメルレンゴ)、そしてヴァチカン市国・スイス衛兵隊隊長オリヴェッティ、更にいずれ現れる謎のアサシン(暗殺者)と役者は揃った。

見所は、ロバートとオリヴェッティとのバチカン内での激しいやりとりや、盗まれた反物質の奪還。

更に物語が盛り上がるのが、拉致された教皇候補である4人の枢機卿の殺人予告と、次々と殺害されてゆく枢機卿の死体に残るイルミナティーのアンビグラムと呼ばれる焼き印図形は、強力なアイテムで深い印象を与えます。

最後の強烈なエッセンスとして、影の様に現れ完璧な暗殺の演出をこなして行くアサシン(暗殺者)の歴史的な背景と人物像がこれまた魅力的ですね。

そして、普段眼にする事のないバチカン建物内の教皇室や図書保管庫などの詳細、天使と悪魔の二面性という強烈な個性を持つ黒幕の出生の秘密など満載であり実に興味深い。

(注意、映画でのバチカンの建物内の再現はオリジナルとは若干違うようであり、カソリック教徒による些細な批判の的となっている。下らない中傷である。)

反物質の奪還に成功したものの、タイムリミットが迫ってきたために、ロバートとカメルレンゴがローマの上空に捨て身の作戦に出る。

そして、ロバートはローマ市上空での考えられない奇跡のアクションの果てに、虚構と偽善と倒錯した宗教概念と血にまみれた事件の黒幕に迫ってゆく。

果してラングドンとヴェトラは本性を現した悪魔の緻密な計画に打ち勝つ事が出来るのか・・・?

そして、無事教皇選出の結果を待つ民衆の眼に煙は立ち上るのか!?

最後に、本当の黒幕を知った時、又その犯行動機を知った読者は、その複雑で繊細で緻密な感受性のもう一人の主人公に魅力を感じる事請け合いでしょう。

天使と悪魔















映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

尚、具体的な詳細に関しては別記事や別ブログ天使と悪魔の解説をご覧下さい。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!この情報はお役にたちましたでしょうか。

尚、この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものすので、無断引用・転載はお断り致します。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!

<<天使と悪魔 真実 評価 ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ登場人物 ダ・ヴィンチ・コード>>

コメント一覧

    • 4. 知と悠久の伝道者
    • 2009年12月09日 09:29
    • ★ほんまでっかさん、コメント有難うございます!

      「ほんまでんな〜!
      って何でやねん!?笑い^^!」

      ★ところで、ほんまでっかさんの意図する意味合いがぼやけていますね。

      当ブログは2CHではありませんので、出来ますれば次回からは、主張の方向性を明確に記載して頂けなければコメントとして公開しませんので宜しくお願い申し上げます。

      以下、2つの方向性が考えられるのですが、所謂かに!?
    • 3. ほんまでっか
    • 2009年12月07日 02:05
    • 2 嘘ポイ話を 本物ポク創るのは大変な作業でしょうね。ご苦労様って感じでしゅ。
    • 2. 知と悠久の伝道者
    • 2009年04月13日 04:10
    • つる美さん、ロン・ハワードに代わりまして宜しくお願い申し上げます。笑い^^!
    • 1. まんが・ダイエット体験記
    • 2009年04月08日 09:54
    • こんにちは
      つる美です。
      なんだか面白そうですね。
      小説からは長く離れてしまっています。
      映画からもですが。
      ああ、時間が欲しい・・・

      そのわりにはいちおうのニュースはチェックしてますが(^^;)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ