site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!飛鳥昭雄プラズマ亜空間内天体アルザル

プラズマ亜空間内天体アルザルについて取り上げたいと思います。

今日は、飛鳥昭雄氏の説の地球内部の「プラズマ亜空間内天体アルザル」など他・・・、もろもろについて語りたいと思います。

最近ダン・ブラウンの天使と悪魔も終ってしまって次はハリーポッターでも見に行こうかと思っている次第です。

ちょっと最近悩んでいます。

レベルの違う尺度と読解力の問題などで、私の周りの弟子の皆さん達(数が若干増えました。笑い^^!)と頂いたコメントなどで悩んでいます。笑い^^!

さて、以下本題です。
それと、或る方のコメントに対する私の回答も含まれています。

突然、本題に入っています。
(ここにも記事がありましたが、削除しています。)

★読解力の件ですが、私の先日書いた記事のどこにアルザル人とプラズマ天体アルザルを100%認めるような記述がありますか?以前にもアルザル人の記事は書いていますが紹介しただけのものですしね!?

飛鳥氏の説の一部を支持したからといって、その全てを支持するなんて捉える方が横暴であり、無茶な考えですよね。

★はい、そして飛鳥氏の書籍をまだあまり読見込んでない方に、飛鳥説に対してよく誤解が生じているように推察いたします。う〜ん、これは例えば彼の書籍に彼と通ずる影の組織やハッカー、亡くなったアメリカ人高官からの情報は、順序を踏んで小出しに出しているとずばり書いてありますしね。

あれだけの情報は一度には出せないし、読み手の情報咀嚼のレベルに応じての教育を段階を踏んでしていると考えるべきでしょう。ちょっと大袈裟ですが、大きな長いスパンで流れを分析すれば理解出来るでしょう。

これから、火星や金星、木星、太陽などに棲む連中の詳細、アルザル人の開発した火星の基地などについてどんどん出てくるでしょう。

又、飛鳥氏の書籍の中に、太陽の周回を飛んでいるエノクの頃の書物(予言書=旧約聖書?)に書かれている巨大ピラミッド型飛行船なんですが、これなんかはアルザル人と断定はしていなかった様に記憶しています。その後も私の知る限りでは、彼はまだ書いていないと想います。

その辺り、前述の通り別に矛盾はありませんよ。

あるとしたら、個人的に指摘すれば、影の組織などとお付き合いする以前の彼の主張とそれ以後の矛盾らしきものはあるかも知れませんけれども。

それとですね、別に信じてはいないけれど、プレヤデスやオシリス信仰やオリオン星系、シリウス星系の中の惑星から地球まで来てる連中の存在の有無と、飛鳥説は真っ向から対立するので、どちらかが間違いであり、嘘を付いている訳です。まさしくアウフへーベンですね。

又は、両方とも真実で、我々を撹乱するために、オールオアナッシングの選択肢に持って行こうとする世論捜査のために飛鳥氏は影の組織に利用されているのかも知れません。

又は、両方とも世論操作で誤りの可能性だってあります。

J・A(アダムスキー)にニューエイジ運動など、例えばCIAが実験したUFOと宇宙意識、異星人からのコンタクト、大カタストロフィー予言と、カタストロフィーに向かう集団組織の選民思想的メシア願望などを含んだ洗脳とカルト宗教の実験の結果、日本人には飛鳥昭雄説で行こうか?・・・と仕組まれているのかも知れません。

当然私はそこまで、大袈裟ですが、読んでいます。想像しています。深く考えています。恐らく、私のレベルで飛鳥昭雄氏を捉えている方は活字でみる限り、この日本に私しかいないようなんですが、浅川さんも内心は私と同じかも知れませんね。推定ですが!?いかに?

さて、但し、地球内天体どころか、エレクトリックユニバース理論、多次元宇宙論などもろもろの情報から考えると、飛鳥説の天体アルザルのプラズマ亜空間内存在説は非常に私の考える理屈に叶っていますよ。少なくと私はそう想っています。一連の書籍を読んで、この凄い説に感動しませんか?立て板に水の素晴らしい理論です。それが判らないというのではお話になりませんが。笑い^^!

くどいようですが、だからといって全て信じている訳ではありませんよ。笑い^^!

★よくいうんですが、仮に飛鳥説の数々が出鱈目だとしても、個人であれを考えつくのは無理でしょう。

日本史、世界史、宗教史、地理学、物理学、科学、最新の宇宙分析のデータ収集、又それらを辻褄が合うように組み合わせて、壮大な地球物語というフィクションを考え出した訳ですよ。飛鳥説をまるで飛鳥昭雄氏が個人で考え出したものとして語る愚か者が多いので驚くのですが、そういうところまで頭が、推測が回らない連中は、それが判らないということは本当に馬鹿で頭が悪いということになる・・・と私は思う日々この頃です。

先ず、プラズマ亜空間説の一連の根拠となる説明や証拠をですね、一介の漫画家レベルの発想では無理ですね。これはバックに相当頭のきれる奴(個人か組織か)がいるか、もしかすればそれが真実だから辻褄が合うのかも知れません。私はかなり納得しています。

で、飛鳥昭雄氏は、或る組織と明言している訳ですね。
いいですか、ここ大事なところです。

ということは、個人で考え出せない情報を、提供している人物或いは組織も100%存在していることになりますよね。

となれば、只者ではない組織ですよ。
ここまでお判り頂けましたでしょうか?

★はい、ここで一応念を押しておきますが、他の記事でも書いていますが、彼飛鳥昭雄氏は所謂キリスト教原理主義者ですから、プラズマ亜空間説が真実だとしても、他の説や主張の中には絶対に偽りか誤りが存在する訳です。

もっとはっきり云えば、飛鳥昭雄というのは、私が真実に近ずくための一情報源である訳です。

もう一度繰り返します。

飛鳥昭雄氏の、説や主張を問答で考え分析してゆけば誰でも判ることです。

★先ず、一介の漫画家に、この世の全ての謎と矛盾を解く答えを闇の組織が与えるはずもないですし、且つ、99%与えたとしたら、それは何かの見返り、つまり目的があっての事です。

お判り頂けましたでしょうか?

後は、説明しなくても察しがつくでしょう。

申し訳ないですが、私のこれまで書いてきた記事を読んで、その辺りの陰謀論好きの学生や何も日々考えない社会人、もしくはがちがちの頭が固いアカデミズムの人間か、日々自分たちが何者かにいいように操られ飼いならされているという現実が理解出来ないマスメディアの人間と同じように見ないで頂きたいものです。

単なる不思議大好き人間のレベルや、スピリチュアルなどというまやかしを信じたり、元の出所はすべて同じ占いで一喜一憂するとうな人間に見られるのは非常に心外でありますことを最後に付け加えておきます。

又、この世の悪を単純にユダヤ人が悪いなどという何も理解していない陰謀論者もどきの様な低いレベルで私の真実追求に想う情熱にちゃちゃを入れられるのも実に不愉快ですね。

さすれば、「そんなことを管理人さんともあろう人がはまともに信じているのですか? 」などというコメントは出ないはずなんですが!?笑い^^!

お判り頂けましたでしょうか?

尚、IPアドレスが確認できないコメントは、これからは削除いたしますのでコメントなさる方は宜しくお願い申し上げます。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。グッドラック!!

<<神々の誕生と人類創造と古代叡知の科学テクノロジーの分岐点について!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへダ・ヴィンチ・コードと時間の流れ!>>

コメント一覧

    • 5. サンジェルマン伯爵
    • 2010年03月18日 11:32
    • doro orzさん、コメント有難うございます!

      >賢く利用させていただきましょう

      全くその通りですね。

      本物と偽物を同時に提供される我々は、彼以上に賢く立ち回らなければいけませんね。

      狂気のキリスト教原理主義者達のいう事は、イエスという人物が存在しなければ成り立たない訳ですから、もし、イエスが普通の人間か、存在しない者だったという説に立てば、彼等の主張は脆くも崩れさります。

      これからも宜しくお願い申し上げます。
    • 4. doro orz
    • 2010年03月10日 14:46
    • 飛鳥センセは、ブリガムヤング大学の研究成果を(笑)洩らしてくれるのだから、賢く利用させていただきましょう。ま、連れて行きたい方向は、あるんでしょうけども。プレゼンの技法は、ハリウッドスタイルって、さすがにエンターティナー。
    • 3. ★知と悠久の伝道者
    • 2009年08月30日 13:24
    • PART2

      ★ま〜そうですね。
      これからは、そう想われる可能性も考えなくてはいけませんね。で、アルザル説と言われると若干困るんですが!?
      笑い^^!

      ★般若心経の世界ですね。
      つまりこの世を含め宇宙というのは、多重世界だと私は想っています。

      ★そして、その隔絶された世界を超える方法が、現在確実に私の信頼に足る人物に実証されているのが、プラズマなんです。

      だから、別に驚きません。
      現状是を超えるものは、ないんですよね。
      だからアルザルではなくて多重空間を予測している・・・と思って頂きたいですね。笑い^^!

      ★恐らく、MMさんプラズマについてはあまりご存知ないのですかね。一度その辺りを調べてみると面白いと想うのですが!?

      ★確かに、多重世界構造だとしても、失われた十士族が地球内部の空間にそんなに都合よく、死なずによくいけたな〜!?
      食い物があったな〜!?
      良く太陽の代わりになる物があったな〜?
      だって、もしかしたら、熱のない暗闇の世界で、発狂する位の世界だってある訳ですからね。
      ★モントークの様に他の物体とくっ付くなんてことだってありうる訳ですからね。

      時間があれば、その辺りまた記事にしましょうかね。

      グッドラック!!
    • 2. ★知と悠久の伝道者
    • 2009年08月30日 13:22
    • ★MMさん、すみません。
      選挙運動や他のブログやホームページが忙しくて、なかなかこちらにまで手がまわりませんでした。

      コメント有難うございます!
      成程。

      >>数百人のモルモン教の宣教師と交わってきました。

      これは、なかなか珍しい体験をなさっているんですね。
      詮索するのもなんですが、数百人となると、旅行代理店の方かモルモン教の教会内部の関係者以外には思いつかないのですが!?

      そんな立場から

      >>宗教がある限り、この世に平和はこないだろうと確信!

      な訳ですか!?

      いろいろおありだったんでしょうね。
      私も一時「物見の塔・・・」に被れましたからね!笑い^^!

      その辺り、どういった経緯でそういった判断に成られたのか興味深々です。

      ★因みに、私も同感です。
      ただこの世を作ったものを、神の概念で捉えるか、否かとかね。・・・この神らしきものの存在を認めるのか否かではまた人それぞれ考えが分かれるところなんですが!?

      宜しくお願い申し上げます。
    • 1. MM
    • 2009年08月03日 20:23
    • >飛鳥氏の説の一部を支持したからといって、その全てを支持す>るなんて捉える方が横暴であり、無茶な考えですよね。

      そうですね。失礼ことをお書きしてお詫びします。ただ率直に述べさせて抱きますと、殆ど100パーセント、アルザル説を支持しておられる印象を受けるのですが。
      私は今まで数百人のモルモン教の宣教師と交わってきました。宗教がある限り、この世に平和はこないだろう、というのが私が確信していることです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ