site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ダ・ビンチ・コード 解説ダ・ヴィンチ・コードの解説 推薦サイト

ダ・ヴィンチ・コードの解説の推薦サイトを紹介したいと思います。

これまで管理人の知人からの提言や、又貴重なファンの方から非公開依頼のコメントで、肝心の原作に基づいた「ダ・ヴィンチ・コード」の解説が少し弱いのではないかというご指摘を過去数回に渡ってに頂きました。

おっしゃる通りです。笑い^^!

しかし、当サイトはあくまで個人の思うところをメッセージにして世に問うものであり、別に教科書的に解説する義務はないですし、概ね大半の読者の皆さんには、ほぼ当サイトのコンセプトとか目指す方向性についてご理解頂いていると思っています。

実は、当サイトの冒頭からダ・ヴィンチ・コードの解説に関しては、一般の読者の方には判り難かったと想います。

なぜなら、当サイトでは、ダン・ブラウンの原作の「ダ・ヴィンチ・コード」に関して、いきなり確信に迫った解説をしていたので、例えば一般的な「陰謀論」などに関して知識を持たない方には、例えば「フリー・メーソンリー」「P2」「イルミナティー」「100人委員会」「300人委員会」「ローマクラブ」「人類家畜化計画」「レプテリィアン」「アヌンナキ」「飛鳥昭雄」「太田龍」・・・って何!???

恐らく、ちんぷんかんぷんで、このサイトは某宗教団体が不思議大好き君の信者獲得目的で作られたサイトと勘違いされたかも知れませんね。笑い^^!

又、「キリスト教」に関する知識がほとんどない一般の日本人の皆さんには、キリスト教に関する解釈の部分で判り難いところだらけだったと想います。

(こちらとしては、小学生にも判る位くだけた表現をしているつもりなんですが。)

サイト管理者としては、映画会社が提供したホームページに書いてあるたった数行のとんちんかんなあらすじのコピー紹介など毛頭する気はありません。

必ず他人が想いつかない一ひねり入れて読者の皆さんを唸らせる面白い記事を提供し発表しています。それが当サイトのBlogPolicyでもあります。

私のお気に入りに入れているサイトがありますので、という事で、当サイトが推薦する、あくまで表面的な「ダ・ヴィンチ・コード」の解説に優れたサイトを推薦し紹介したいと思います。

時間があれば、当サイトもその部分だけを集中して書けば良かったのですが、すでに数年も経過し、方向性も定まっていますので、今まで通り拡大解釈で、「ダン・ブラウン」をあちら側の人間であり、昨今の80年代からのハリウッド映画と同じで「世論操作」の一環を担っている人物であると定めています。

【 推薦サイト】

★ダ・ヴィンチ・コードの解説
http://homepage3.nifty.com/mana/davinci-0.html

★ダビンチコードの暗号と六芒星 皇室典範mixi M君
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/mixi/mixi3.htm

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

<<神舟7号 宇宙遊泳疑惑ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ岩窟の聖母(Virgin of the Rocks)とフリー・メーソンリーについて!>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 2. サンジェルマン伯爵
    • 2010年03月18日 10:25
    • k_sさん、コメント有難うございました。

      >マーティン・スコセッシの「最後の誘惑」

      成程、この映画は知りませんでしたので、大変参考になりました。
      映画も原作も非常に近い主旨の元に書かれていますね。

      この「ダ・ヴィンチ・コード」について、書いていたら制限文字数がオーバーしてしまいました。

      私はこう読んだ・・・という点についてまとめていますから、最新記事をお読み下さい。

      そして、こちらこそ宜しくお願い申し上げます。
    • 1. k_s
    • 2010年03月05日 09:26
    • 5 初めまして♪

      私もこの作品、本でワクワク、映画でドキドキしました。
      学生時代、宗教学を勉強する機会がありましたので
      様々な観点からとても興味深く、驚くことが多かったです。

      本を読み終わった後、マーティン・スコセッシの「最後の誘惑」を
      思い出しました。デビット・ボウイがポンテ・ピラトを演じているものです。
      音楽がピーター・ガブリエルでした。
      確か、本の中にも少しこの映画に関する記述があったかと思います。
      間違っていたらごめんなさい。
      「ダヴィンチ・コード」を読んで、初めて「最後の誘惑」の作品としての
      意味が分かりました。

      興味深い記事ばかりですね。
      これからもよろしくお願いいたします。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ