site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ムー雑誌ムー創刊号付録ポスター

ムー(MU)はご存知ですか。

雑誌「ムー」創刊号の付録ポスターについてご紹介したいと思います。
今から、29年から31年前になるのでしょうか?
あの学研の雑誌「ムー」(MU)が創刊されました。

付録ポスターだけは未だに無事保管していたので、ここにお披露目したいと思います。笑い^^!

ヴォジュテク・シュドマクというポーランド出身の作家のとってもシュールな作品です。そうですね、サルバドール・ダリの影響をうけていないといえば嘘になるでしょうが、それをより発展させてドラマチックな印象を受けます。

芸術性からいうと、微妙な位置にありますね。
mu1


img198


img197

日本人の作家も負けていませんよ。
以下は、何号かの記念特集号の付録ピンナップポスターです。
空想科学、つまりSFの挿絵画家で有名な「武部本一郎」の作品です。
実に味わい深いです。
【 幻想大陸の女王 】

mu2

この女性の描き方が時代ですね。
素晴らしいエロチズムを感じますね。まさに大人の時間であり魅力です。
下らんアニメの線とは雲泥の差があります。
しかし、現在では受け入れられないんですよね。
img203


img202


さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

<<サタニストサイン1ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへコルナサインとサタニストサイン2>>

 コメント一覧 (2)

    • 2. 知と悠久の伝道者
    • 2015年09月22日 09:05
    • ◆集団ストーカーさんコメント有難う御座います。

      すみません、3年も経過してからコメントします。

      >>学研のムーの第一号って・どんな内容だったんでしょうか

      そうですね。
      探せば、どこかにあるかも知れませんが、恐らくUFO関係の記事がメインじゃなかったでしょうかね。

      ムーに関しては私と全く同じスタンスですね。笑。
      全国に同じ方が居るんでしょうね。

      >>創った人は「武田崇元」

      へ〜そうなんですね。参考になりました。

      広島のピラミッド発見とヘブライ文字や盆踊りの言葉・・・でお馴染みの「酒井勝軍」氏ですね。
    • 1. 集団ストーカー
    • 2012年10月17日 13:16
    • 学研のムーの第一号って・どんな内容だったんでしょうか・私も愛読してました(立ち読み)・たまに気に入った記事が有ると・買ってましたけど・インターネットが出来た頃からは・同じ情報を・代わり番こに掲載して・見たこと有る昔の記事が・出ていたので・見なくなりました・其れと同時に・本屋へも滅多に行かなくなりました・私の得たい知識は・ネットで今の所は間に合ってますね・不思議系全般が好きなので・玉石混合色々な情報が・転がっているので・掘り出し物を見付けるような・楽しさが有ります・其れで〜其の「ムー」ですけど・創った人は「武田崇元」で・「酒井勝軍」と言う・日ユ同祖論の研究をした軍人に・影響されて作ったらしいです

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ