site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ムーバベルの塔 ムー記念号付録ポスター

バベルの塔(Tower of Babe)についてご存知でしょうか。 

そうあの旧約聖書の「創世記」に出てくる神の怒りに触れたバベルの塔です。
何と、とても綺麗に印刷してあるムー記念号の付録ポスターにこの「バベルの塔」が採用されていました。とても状態がいい物なので紹介したいと思います。

さて、シュメール文明の後にメソポタミアに現れ、シュメールとアッカドを統一した巨大な帝国バビロニア、後にアッシリアに支配されますが、その古代メソポタミアの中心都市でありバビロニア帝国の首都がバビロンですね。
【 ピーテル・ブリューゲル作 バベルの塔 】

mu-baberu11



旧約聖書の伝説と学術的に判断すれば、所謂階段状構造のジッグラトの様な建造物だったのではないか・・・といわれています。ま〜キリスト教の宗派によってもその存在の捉え方は異なります。所謂キリスト教原理主義者達は信じている訳ですね、これが!?

最近15年位前に知ったのですが、バビロンとは、アッカド語で「神の門」という意味だそうです。

何と、学術的に古バビロニアと分類されるバビロン第1王朝からバビロン第10王朝まであります。エジプト並みですが、因みに、カルデアと別名称される新バビロニア帝国は、アケメネス朝ペルシア帝国に一度分断されるので厳密には別物ですかね。

で、これらの王朝の中に、「マルドゥク」という名を持つ王がたくさん存在するんですよね。この辺りは、ゼカリア・シッチンとD・アイクの書籍をお読み頂ければ何が言いたいのかご理解頂けると想います。

参考までに、アメリカのハリウッド映画などによく登場する王の名前で、よく引用されるのが「サルゴン (Sargon)」 王ですね。アッカドやアッシリアの王の名前で有名ですね。

更に、因みに、解説すると時系列的にいえば、「バベルの塔」とは最初から「バベルの塔」ではなく、バビロンに建てられた塔が仮に実在したとすれば本来は当時違う名称ですから宜しく。つまり、「バベル」とは、「バラル」という言葉から来ています。「バラル」とは「混乱」を意味しています。

更に、解説すれば、またまたアメリカのハリウッド映画「創世記」の劇中、この塔は神の怒りで雷(いかずち)を受け破壊されましたが、実は旧約聖書にはそこまで言及されていません。また、言語をばらばらにした理由とかが他の偽書も含め微妙にニュアンスが違います。面白いでしょう。

更に、因みに、映画「創世記」のシーム音楽は日本人が作曲しています。
「名前のない音楽界」の初期の司会者でありコロナのCMに出ていた方です。

因みに、バベルの塔をシームにした絵画は有名なとこころで、十数点ありますので、調べてみると面白いですよ。元イメージは2・3種類位しかなく、なぜか元イメージの塔の形状や背景を真似た、踏襲したものが多いですね。
mu-b25


これは又、別の記念特集号の付録です。
あの「宇宙船艦大和」です。「大和よ永遠に」ですね。
yamato1


これはあの有名な少女マンガ家の書き下ろしですね。
takemiya1



他の素晴らしい画像をご覧になりたい方は以下のサイトを推薦します。
★≪ バベルの塔、教訓と絵画集 ≫
http://www.abaxjp.com/babeltower/babeltower.html

最後まで読んで下さり有難うございます。さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは次回まで、グッドラック!

<<コルナサインとサタニストサイン2ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへサタニストサイン3 アメリカのエンターテーメント界において!>>

 コメント一覧 (5)

    • 5. nda
    • 2017年04月02日 21:04
    • 美しいデザイン
    • 4. tt
    • 2010年05月17日 23:50
    • 知と悠久の伝道者様

      以前、飛鳥氏がムーに載せた記事ですが、地底の亜空間に迷い込んだバード少佐が撮ったとされる巨大葉巻型母船の写真が掲載されましたね。私はあれを見た時、私の友人がアメリカの砂漠で撮ったものとは全く違った印象を受けたのです。正直、コンピュータグラフィックスのような印象を受けました。
      地球内天体アルザルの写真についても、実は別なところの写真(たとえばNASAが密かに撮った別の惑星の写真) ではないか、と私は思っているわけです。貴殿が仰るように、ブラジルのアマゾン川である可能性も大ですね。
    • 3. 知と悠久の伝道者
    • 2010年05月17日 13:17
    • ★ttさんコメント有難うございます。
      コメントは800文字以内です。

      そうなんですよね。

      飛鳥昭雄氏の凄い情報というのは、我々の想像力を超えていて、限りなく楽しませてくれます。

      私の場合、今閃いた覚えている疑問を書きますと!!

      1、カール・セイガンの番組で使用していた惑星の模型画像を、地球の新しい兄弟星クラリオンとして発表していた。
      我々にはわかりませんが、実は、 カール・セイガンの方がクラリオンの画像を参考使用していたというもの!

      2、日本列島が米軍の地磁気調査をした結果二つの大陸(島)が反転してぶつかり、F・マグナが出来、不可思議な地名が存在し、「記紀」の日本列島の国生みの順番、魏志の邪馬台国の位置などが理解出来る・・・というもの。しかも、それは数千年前に起こった・・・というキリスト教原理主義に基ずく主張です。

      確かに、面白い、可能性もある!?

      しかし、列島がもし浮いているのなら、プレートからの影響はないので地震は少ないはずだし・・・、富士山などの活火山も同時に移動したのか?マグマの噴出しのメカニズムは?

      加えて、九州〜四国〜和歌山〜三重〜分杭峠まで続く「大地溝帯」は、順番的にはいつ出来上がったのか?

      3、地球内天体アルザルの写真画像は、「ブラジルのアマゾン川」にそっくりな画像を私は発見しました。

      4、そして、問題の太陽の表面を飛ぶ三角形の飛翔構造物、エノクの街と言っていますね。大きさは何と日本列島より少し多きいです。

      早く、綺麗な画像を見せて欲しいものです。

      グッドラック!!
    • 2. tt
    • 2010年05月16日 22:39
    • ムーの6月号はご覧になりましたか。飛鳥さんの記事がありますね。太陽の周りを周回するピラミッドのことです。これは、聖書時代に空中携挙されたエノクの街とか書いてありました。ピラミッドの周回は良いとして、エノクの街全体が携挙されたというレベルになると正直ちょっとついてゆけないですね。

      このコメントは最大何MBくらいまで可能ですか?
    • 1. tt
    • 2010年05月16日 22:31
    • 管理人殿

      ムーの6月号は

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ