site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ケムトレイル奈良県上空のケムトレイル画像 PART5

ケムトレイル記事と画像のPART5である。

奈良県上空のケムトレイルその第4段というところです。
場所は奈良県上空、近鉄大和西大寺駅から北西方面の地です。

ちょっと先にお断りしておきますと、この不可解な航空機の航跡画像だけでは、ケムトレイルとは判断出来ません。この画像を撮影した2時間後にケムトレイルと云える何かの分散・拡散状態中の画像も撮影したのですが、何と深くにも削除してしまいこの2枚しか残っていませんでした。

参考までに紹介しておきたいと・・・というところです。
残念!

PA0_060555


時刻は、午後3時から夕方5時の間、恐らく自衛隊機2機が西から東へ向かう東西の方向ですね。
何と、かなりその先ではクロスしている模様。

ちょっと画面が小さく恐縮ですが、良く観察しますと今から拡散が始ろうかというところですね。
大気の循環、風の影響で広がるときは以外と早いですよ。

PA0_060888


当サイトは、微力ながらこの世に蔓延る理不尽な支配と搾取に抵抗し、人類の財産を守り、人類史の真実の解明に挑戦しています。

さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものです。それでは次回まで、グッドラック。

<<流言を流すインチキゲンチャーに気をつけようダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへエノクの町とヘルメス思想と天空の城ラピュタの真実>>

コメント一覧

    • 2. 知と悠久の伝道者
    • 2011年08月20日 13:58
    • ★MMさん、コメント有難うございます。

      >>不思議なのはあれだけ不気味なものが空一杯に広がっているのに、殆どの人が気付いていないことです。

      そうですよね。
      実際、私達の様に意識して空を見る人は少ないんでしょうね。
      見ても何も疑問に思わないんですよね。

      >>特に円窓の部分がです。おまけに船体にはリベットの接合部分が見える。

      >>ナチスドイツで密かに開発されていた技術を戦後アメリカが手に入れてUFOを飛ばして、アダムスキー問題をでっち上げたのだそうです。

      >>あれれ、何か変でしょ。

      ★鋭いですね。「前説」と「後説」が矛盾していますよね。
      同感です。

      ★飛鳥昭雄氏の説は非常に魅力的だけれど、何か数%の嘘で我々を違った判断に導こうとしている可能性は否定出来ませんよね。

      その辺り、又まとめて記事にしたいと思います。
      頑張リます。笑い^^!
    • 1. MM
    • 2011年05月29日 14:45
    • 私は工業地帯に住んでいるのですが、ケムトレイルが凄いですよ。雨雲が広がりだすと必ずやって来て、酷いときには何十本と出来ます。ケムトレイルを雨雲と関係させようとしている意図は明らかです。不思議なのはあれだけ不気味なものが空一杯に広がっているのに、殆どの人が気付いていないことです。

      先月号のムー (確か4月発売) を見ましたか? アダムスキー型の円盤の前に整列した15, 6人のアメリカ人UFOテストパイロットの写真が載っています。そのUFOを見て私は非常に疑問に思ったんです。どうも合成写真に見えたんです。特に円窓の部分がです。おまけに船体にはリベットの接合部分が見える。本物には接合部分などありません。これはナチスドイツで密かに開発されていた技術を戦後アメリカが手に入れてUFOを飛ばして、アダムスキー問題をでっち上げたのだそうです。しかし、

      - アメリカはプラズナーという人類最終兵器を手にした、現在は人が乗れるものはまだ開発されていない。ラザーという科学者に飛びもしない試作UFOを見せて騙した。(『UFO2の大真実』『人類最終兵器プラズナー』20年くらい前の飛鳥氏の本)

      - アダムスキーの話は1950年頃の話で、その頃アメリカは上記のアダムスキータイプのUFOを既に飛ばしていて、アダムスキーを使って大衆を騙した。(最近の説)

      あれれ、何か変でしょ。

      - エイリアンというのは、遠い宇宙から来ているのではない。
      地球内部からだ。

      - 彼らは宇宙空間に進出して、土星などの衛星にも基地を造っ
      ている。

      これって詭弁だと思うのですが。

      私は飛鳥昭雄氏の説では、UFOの話が一番怪しいと思っているんです。しかしアポロ宇宙飛行士等の彼の話には多くの真実が含まれていますので、皆騙されているんですよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ