site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!UFOエノクの町とヘルメス思想と天空の城ラピュタの真実

UFO

エノクの街と「ヘルメス思想」ってご存知ですか。
ちゃんと人前で説明出来ますか。ちょっと難しいですかね。

 今日は、「エノクの町」と「ヘルメス思想」と「天空の城ラピュタ」の真実について、そんな皆さんのために世界で一番判り易く短時間で、解説したいと思います。何か、細かい解釈にこだわったご指摘のコメントも頂いているようですが、筆者が何が言いたいのかをおくみ取り頂きたい。

 先に結論から申しますと、私の様に不思議大好き人間などの間では「天空の城ラピュタ」というのは、キリスト教の「聖書」に記載されている・・・などという都市伝説が不思議なくらいまかり通っています。どの聖書のどこにですかと質問しても判らないファンが多いですね。

これは、或る特定の宗教団体の教義を、いわゆる主要キリスト教団体に是認された(書かれている)様にでっち上げたもの、或いはさもその様に錯覚させるような主張が・・・いつの頃からか一人歩きしたものです。本当に、日本人の一般大衆ってキリスト教について知らないんですよね〜。

 さて、最近、仙台上空で「ラピュタ」の雲が発見されるというニュースがありました。
私は拝見した瞬間ああ〜あれか・・・と思わず呟きました。

どこかの投稿サイトで、偶然携帯か何かで撮影したそうです。
東日本大震災の現地上空でのものだそうです。

UFO関係など詳しくない日本の人々には、ジブリのアニメ「天空の城ラピュタ」のラピュタを取り巻く雲の様な印象を持ったという事な訳ですね。

これが以外と当たらずも遠からずなので、話が早いという事ですね。

★画像はありません。
それは著作権の問題です。

さて、話題を戻しますと、私の様に世界中のUFO関係の情報を集めている一種マニアの様な連中には、この「ラピュタの雲」というのは、アメリカは有名なシェスタ山上空付近でしばしば観測される「レンチキュラー雲」と呼びます。

1、宮崎駿氏は、飛行する城ラピュタの情報と、ラピュタを取り巻く雲の元イメージをどこかで見た。それは、一般的な聖書の教えではなく「モルモン教」の教義の目玉の一つであり、アメリカは有名なシェスタ山上空付近でしばしば出現・観測される雲の画像である「レンチキュラー雲」なのかも知れない。

2、因みに、「旧約聖書」がモデルとか、それからインスピレーションを得た作品(映画・音楽・小説)というのが結構あります。
(ガリバー旅行記、天空の城ラピュタ、天地創造、惑星、ETC・・・などなど。)

3、「天空の城ラピュタ」というのは、「旧約聖書」の「エノクの街」がモデルです。
  ですが、大半の不思議大好き人間が大きな誤解をしているのが、「旧約聖書」に確かに「エノク」は複数回登場するんですが、「旧約聖書」には「エノクの街」が飛んでいったなどとは書いてないんですよね。

だから、ずばり宮崎駿氏が、「旧約聖書」の「エノクの街」から、「天空の城ラピュタ」のイメージを思いついたという物言いは間違いです。お判りですか!?じゃ〜、「旧約聖書」でなければ何なのか?・・・という話になります。

そんな大そうな事を私は述べている訳ではないのですが、「天空の城ラピュタ」のネタ元は、「旧約聖書」の「エノクの街」の飛行伝説だーという実しやかな話が一人歩きしてしまっているのは大きな出鱈目であり問題なんです。出来れば、最後に強烈な落ちがありますから、最後まで読んで下さい

さて、一般論としては、預言者「エノク」とは、アラブでは「イドリス」と呼ばれ、ギザのスフィンクスや3大ピラミッドを建設し、エジプト神話の守護神である「トート神」であり、ギリシア神話におけるオリンポス12神の一柱である知恵の神「ヘルメス」であり、ローマ神話の神メルクリウス(マーキュリー)とも同一視されています。

古代エジプトの伝承では「サウリド」王とも同一視されています。
更には、「ソロモン王第一神殿」の建設者あの「ヒラム・アビフ」とも同一視されています。

これらがヘレニズム時代に合体して錬金術の祖「ヘルメス・トリスメギストス」(「三重に偉大なヘルメス」という意味)となり古代アトランティスの王という伝説も出来上がったりしました。又、3回生まれ変ったという伝説まで出来ちゃいました。凄い派生で申し訳ない。

4、さて、「ヘルメス文書」というのは、前述の錬金術の祖「ヘルメス・トリスメギストス」が書いたり、その言葉を伝承したものを書き残した物を指します。

存在は怪しいが、判明し分類上、有名な「エメラルド・タブレット」などや、「コルプス・ヘルメニクム」、「アスクレピオス」、「ポイマンドレース」などを「ヘルメス文書」と呼ぶ訳です。非常にプラトン主義的要素を含んだ教えを後の有識者達が解説していますが実際に彼等が本物を見たのかどうかはどうもはっきりしません。(私が調べた範囲では)

5、「エメラルド・タブレット」とは、所謂一つの「錬金術の奥義書」ですね。
その存在は、あくまで伝説だったのですが、1828年、「ライデン・パピルス」なるパピルス文書がテーベで発見され、それらしい事が書かれていたという噂があります。

そして、これが元で、→「古代の叡智」→「賢者の石」→「ハリー・ポッター」、「イルミナティー」、「フリー・メーソンリー」、ETC・・・と続き派生している訳です。

6、「賢者の石」とは、その意味するところが数度変遷しました。

元々、「錬金術」とは真面目に物質としての金を非金属から作り出すと単純な思考のものだったが、「賢者の石」を或る意味触媒として使い非金属的物質から金に変えることが出来る「錬金薬(エリクシール)」という言い方、又は捉え方をする様になった。

ところが実際には、「錬金薬(エリクシール)」など存在しないし、科学的知識が発展すればするほど金など出来はしない事が判明したので、「賢者の石」の捉え方が、「古代の叡智」を説く鍵とか、「人間の精神性」の高揚とか進化・発展というものにまで変遷した訳です。

そこで、ヨーロッパの哲学や近代思想には考えも出来ない、非常に神秘的な世界の、主にアジアの、「秘教」や「神秘的伝承・伝説」や「宗教」にそれを求めたわけですね。

更に、それは、中近東から発生したの古代の叡智である「カバラ」や空海が恵果から学んだ「密教」と捉える説もあります。中には、微妙に違うのだが、「超古代史」や「人類の歴史の真実」的な考え方も有る。

7、大まかに「ヘルメス思想」、これが大元で、所謂中世ヨーロッパには、キリスト教的要素と混在した「アーサー王伝説」とか「聖杯伝説」や「ロンギヌスの槍」や「聖外衣」伝説を生み、所謂「神秘主義」とか「神秘思想」に発展し、ヨーロッパの「哲学」の発展にも影響し、更に「古代の叡智」を学び、もしくは真剣に求め探す者が現れます。

あの「ヒトラー」や「スターリン」に「毛沢東」などが探した口です。でも一番成果があった本家本元は、ゲシュタポをそのままアメリカに引き継いだ余裕のあったアメリカ軍なんですよね。よくハリウッド映画(インディー・ジョーンズ)に出てくる国立公文書館かスミソニアン博物館の地下のどこかには、世界が仰天する過去文明の資料が眠っている訳です。

そして、「ブラバッキー女氏」の「神知学会」とか多くの「オカルト系教団」などが多く生まれた訳ですね。「悪魔崇拝」にそれを求めた連中もいますね。

そして、「アトランティス」大陸などの伝承と結びつき、その関連性を追及されてきたり、「ムー」に「レムリア」大陸など新たに発明・発案されたりした大元ですね。

結局、「賢者の石」は、「ヘルメス思想」の求めるその鍵であり、最大の要素の一つという訳ですね。

そして、「グノーシス主義」と同じような思考・思想なんですよね。しかし、どちらからかというその影響度合いはどうもはっきりしません。(私が調べた範囲では)

◆つまり、「ヘルメス思想」を理解するという事は、「プラトン主義」や「グノーシス主義」に、中世から近代の主だった思想・思考・伝説の源流が「ヘルメス思想」に集約されるんじゃないかという発想が理解出来ると思います。

もっと極論すれば、「ヘルメス思想」はスーパーマンだった・・・という事ですね。


             << ここから「エノク」について! >>


先に申しておきますが、私としては所謂ユダヤ教やキリスト教の聖書なるものを全面的に丸々信用などしておりませんので宜しくお願い申し上げます。

因みに、旧約聖書自体の中で、エノクの父親の名前が2つ出てきてます。
キリスト教原理主義者に言わせれば、深い意味があるようですがね。笑い^^!

さて、そして、この前述の「エノクの街」の空中飛行と、街から人が消えたという2つの記述の違いは置いておいて、問題は、一般的にこの「エノクの街」の空中飛行し、神に取り上げられたという部分なんですが、旧約聖書には出て来ません。

これは、所謂聖書外典とか偽書とされるものや、キリスト教系分派宗派が定める聖書の中の記述なんです。

「エチオピア正教」におけるエチオピア版旧約聖書の「エノク書」には、エノクと共にエノクの街から人が消えた部分が記載されているとあります。「エホバの証人」などは、以外とこの聖書を認めています。そして、前述のものを「第一エノク書(エチオピア語)」、更に「第二エノク書(スラヴ語)」、「第三エノク書」迄発見されているようです。

そして、問題の「エノクの街」の空中飛行に関しては、通称「モルモン教」の「末日聖徒イエス・キリスト教会」の聖書「高価なる真珠」に記載されているのです。

そして、この「高価なる真珠」を書いた人物はアメリカ生まれのジョセフ・スミス(という事になっている)なんですが、彼の夢みたいなものです。ところが実際は、アメリカに伝わった「エノク書」の影響を受け布教活動をしていたらしいんですよね。

因みに、「オルタナティブ通信」の中の「末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)」の「エノク書」の解釈にはついてゆけませんね。あまりに白人至上主義が露骨なので捏造としか考えられないんですが・・・どうなんでしょう。
正直、私にも判断が付きませんが、別にそう拘る事でもないかと思っています。

とにかく、はっきりしているのは、「エノクの街」の空中飛行伝説は、「旧約聖書」ではなく「末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)」の聖書「高価なる真珠」がネタ元という事実です。

つまり、「ジョセフ・スミス」の作り話かも知れないという事です。
「ジョセフ・スミス」曰く、枕元にイエスが現れて彼に語ったり、聖霊の啓示を受けたと結果書き上げたものが「高価なる真珠」です。実は、大昔私はこのとんでも本を買ってしまった経験があります。(恥ずかしい!)

そして問題は、飛鳥昭雄氏は、彼の著作の中で、さも「旧約聖書」にそのまま記載されているニュアンスで主張しています。キリスト教の聖書自体も別に真実との保障もないが、モルモン教というとんでも宗教のとんでも聖書なるものの話など信用する事自体実に馬鹿げた事なのである。

◆でも「モルモン教」は、最初「エノク教」と名乗っていたのは事実ですからね。

又、「末日聖徒イエス・キリスト教会(モルモン教)」と関係するのは、「FBI」や「CIA」職員の採用地であり、「フリー・メーソンリーの儀式」、「イルミナティー」、「白人至上主義」、「キリスト教原理主義者」でありながら「ユダヤ教原理主義者」、「カバラ」、「統一教会」とてんこ盛りですね。

そして、現在日本では、対外的には「飛鳥昭雄」をスポークスマンとして、新たな飛行する「エノクの街」の解釈を広めている訳ですな。

キーワードとしては、「シオン」、映画「マトリックス」、英語読みの「ザイオン」、ガンダムの「ジオン」、日本の「塩」は「じお」、その結晶構造は「国会議事堂」でありフリー・メーソンリーの設計・・・と来るらしいですな。飛鳥昭雄説では!?

当サイトは、微力ながらこの世に蔓延る理不尽な支配と搾取に抵抗し、人類の財産を守り、人類史の真実の解明に挑戦しています。

さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものです。それでは次回まで、グッドラック。

<<奈良県上空のケムトレイル画像 PART5ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへシェスタ山 レンチキュラー雲>>

トラックバックURL

コメント一覧

    • 4. 知と悠久の伝道者
    • 2012年09月15日 03:34
    • AIさんへ!

      回答遅くなりました。

      ま〜断定は出来ませんが、宮崎氏が「モルモン教の教義」の中に「ラピュタ」のヒントをつかんだのか、もしくは「モルモン教の教義」を世に広めたかったのかのどちらかの可能性が高いですね。

      ★どちらにしても、新約・旧約「聖書」には、「ラピュタ」とはっきり名言された記述は見受けられません。

      宜しく!!
    • 3. 知と悠久の伝道者
    • 2012年01月06日 16:17
    • ★名無しさんへ!コメント有難う。

      ま〜、御自身の有する該当知識は正しいのですが、思い込みが激しかったようですね。

      いちいち回答する程の事もないのですが、取り合えず指摘しておきます。

      >>金を非金属から作り出す→「卑金属」

      >>「聖外衣」伝説→聖『骸布』伝説

      コメント文字数制限を越えたので、別記事で書きました。

      ま〜しかし、レベルの低い連中は記事のシームではなくて、関係ない事に拘るのかね。ま〜それだけ良く読んで頂いているという事なんだろう。笑い^^!

      ★この記事は過去、日本で誰も気がつかず、スピリチュアル好きなマニアでも誰も指摘した事がない、宮崎アニメの根底がどこにあるものかを指摘した凄いセンセーショナルな記事なんだけどな〜!?笑い^^!

      事の重大さが判らないのかな〜!?
      非常に残念!!

      ま〜しかし、細かいところを突っ込みたい年頃なんだね。
    • 2. AI
    • 2011年12月13日 11:52
    • はじめまして、いつもブログ拝見させていただいています。
      とても難しいことが書かれているので恥ずかしいですが私のような浅学のものにはあまり理解できていない部分が多いです。
      先日「天空の城ラピュタ」が放送されましたが、ヒロインのシータが飛行船から落ちるシーンで飛行石の力が発動しゆっくり落ちるのですがそのとき髪の毛が横に流れてシータが十字架のように見えたシーンが印象的でした。
      原作のダ・ヴィンチ・コードでもディ●ニーは20世紀のダ・ヴィンチだと触れられていましたがジブリにも同じ流れがあるのでしょうか?
      またブログ主さまも上に書かれたようにエノクの町ですけれどもインターネットで検索してみたらキリストが再臨するときに現れるという情報がありました。
      私は宮崎氏のファンですが天使と悪魔の「イルミナティ」のように意図して違う情報を民衆につけようとしているのでしょうか?
      教えていただけたら幸いです。
    • 1. 誤字(誤認識)が残念
    • 2011年09月17日 23:34
    • 2 金を非金属から作り出す
      →卑金属
      非金属的物質から金に変える
      ※錫や鉛などを金銀に変えようとしたのが錬金術です。
      後に、肉体やさまざまな物質を扱う学問へ発展しましたが
      混同してしまったようですね。残念^^;

      「聖外衣」伝説→聖『骸布』伝説
      遺体を包んだ布であって、衣の形態をした伝説ではありません。
      興味が無い分野の事だから「衣」と思い込んでしまったようですね。

      せっかく迷信の元ネタを暴露する記事を書いているのに、思い込みで誤記があるのが残念です。

      血液型での性格診断ネタもばらして下さい。
      親しい間柄での小話なら良いですが、いまだに公の場でまじめに語る馬鹿が多いので。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ