site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>>ボストンマラソン爆破テロはFBIと民間傭兵軍隊の自作自演

ボストンマラソンテロは、どうやらまたまたアメリカ政府の一部の自作自演だったようです。

その担当部門は、ズバリ、FBI、地元ボストン警察、そしてアメリカ映画に良く出てくる民間の軍装備を持つ警備会社の「クラフトインターナショナル」か「ブラックウォーター」の様です。

ずばり、状況証拠から云えば、アメリカ政府は、盗聴記録と似たような○弾が入ったバッグを持っている画像だけで判断している訳で、素材の入手先を確定するとか、本人達が実行するといった文言・会話の盗聴記録はないようである。

つまり、マスメディアは、朝から状況証拠だけのアメリカ様からの捏造映像を、しつこいほどに垂れ流しています。

チェチェン出身とかムスリムとかは、イメージ作りですね。

また、仮にそういった組織に教わったり関わりを持っていたとしても、それはアメリカ政府の一部の組織が常にそういった人々、つまりJFKの時のオズワルドや、9.11偽装テロの時の国外にいたのに指名手配犯人にされたイスラム教徒の連中の様に常にリストアップされているか、そういったテロ組織を偽ったアメリカ政府の諜報活動組織が導いていった可能性もある。

恐らく、いつでもこの様な計画が出来るように相当数のテロ犯候補がリストされ育てられているのだろう。

インターネット世界に成ってからはやはり凄い!
すでに、アメリカでは、テロ捏造の解析・解説サイトやYouTube動画たちどころに取り上げられている。

さて、捏造計画の証拠

1、爆発後も弟がリュックを持っている監視カメラの動画が発見されている。
 これは決定的だ!

FBIがマスメディアに提出した当日の兄弟の動画とされるものを仮に正しいとすると、爆発の数、爆発の後の兄弟がリュックをもっている動画、これらは完全に矛盾している。

2、事件後、とてつもなく早く兄弟が写った監視カメラの動画内で、兄弟だけがカット割りした様なおかしな映像・動画が公開された。

ずばり、他の人間の動きはスムーズなのに、まるで幽霊のような動きである。
 どうもアーノルド・シュワルツネッガーの映画「バトルランナー」の主人公の様に、どこかで撮影された映像を使用し作られたもののようである。

3、当日の「ボストン警察」か「FBI」か判らないが、おかしな動きを見せている。

 当日の爆発の目撃者達は、爆発が起きる前に、爆破訓練に、屋上狙撃の訓練が行われ、これは演習だと繰り返しアナウンスされたと、すでに事件を予測したかのように爆弾探知犬らしきチームが現場に配置についていたのは、不可思議だと語っている。

 これは、多くのケーブル局や、信頼できる人物としてモバイル大学のクロスカントリーコーチのスチーブンソン氏などが指摘している。

 更に、近隣になぜかすでにFBIの車が数台待機していた。
 マラソン警備に、警察当局なら判るが、FBIが当たるなど聞いた事がない。

4、「ニューヨークタイムズ」が最近実にタイムリーで奇妙な記事を書いていた。
 それは、「最近のほとんどの米国国内恐怖事件は、F.B.Iが作り出したものだ」というものである。
 まるで、今回のボストンでの爆発事件を「お知らせ」したようである。

5、極めつけは、悪名高き民間傭兵会社の「クラフトインターナショナル」の「衣服」や「帽子」に、「無線通信機」、映画などのよく見るリモコン風の「起爆装置」らしきものや、爆発したリュックとそっくりな「リュック」を持っていた男達がいた。
 
 連中は事件前には全く接点も持っていないかの様に振舞っていたのに、事件後、一ケッ所に集まり車で去っていった。

6、私の当日の動画の見間違いで無ければ、爆発は三回あった様な気がする。
 兄弟が写った捏造動画なんだけれど、彼らは一人一つの「リュック」を持っていたのだから、どう考えても爆発は2回しか起こせないはずである。

7、爆発近辺で、兄弟以外に「クラフトインターナショナル」の「衣服」や「帽子」を身に着けた様な男が、建物の隙間にバッグを置いている画像があるのだが、まさかこれを兄の方と決めつけているのか?

参考サイトが以下である。

そう考えてもヤラセであり捏造であるとしか考えられない。
もちろん、こちらの主張も状況証拠でしかないのだが、もしかしたら、現場にバッグを置いた人間がばっちり写った映像があるのかも知れない。残念である。

逆に言えば、これだけ綺麗な画像があるのに、なぜ、ずばり置いたその時の画像が無いのか!?
不思議と思わない人間が多すぎる。

【 ボストンマラソン爆破テロはFBIと民間軍隊の自作自演参考サイト 】

NY Times: Terrorist Plots, Hatched by The F.B.I.
ニューヨークタイムズ:テロリストの計画(F. B. Iによって企てられた)
http://www.youtube.com/watch?v=RidBrYAdvPg

FBI Knew Suspects Before Marathon Bombings!
FBIは、マラソン爆破の前に容疑者を知っていました!
http://www.youtube.com/watch?v=UZkARTdhpE0

http://www.news-us.jp/article/356505232.html

こうして、でっち上げがまた一つ行われたのであった。

その目的は、四川大地震から目を逸らすためか、アメリカ国民への銃規制実現のためかも知れない。
そういえば、つい最近もアメリカの学校で銃乱射があった。


そして、地震で思い出すのが、最近の大地震は二度来るという連鎖である。

阪神淡路大震災1995年1月17日 → 2013年4月13日
四川大地震   2008年5月12日 → 2013年4月20日

おいおい、人口地震ならば、どこかが二度狙われる事になる。
日付けに何か暗号が隠されているのかどうか付きとめたいところである。

つまり、ショック・ドクトリンの手法という訳である。

<<中山成彬議員の強制従軍慰安婦捏造に関する国会質問動画ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへ大阪のケムトレイルと影の権力者の矛盾>>

 コメント一覧 (2)

    • 2. 知と悠久の伝道者
    • 2013年04月26日 00:53
    • 匿名さんへ!

      ご指摘有難うございます。

      これは実に不思議なのですが、ボストン警察をなぜかシカゴ警察と記載してしまいました。

      ご指摘の通り正しくは、ボストン警察です。
      別記事との関係で混乱して記載したようです。

      ま〜それはそれでいんでけれども、記事の総括的な評価は出来ないんだね〜。
      またそれに対する疑問とかの方がもっと有意義で価値があるんだけれども、なぜかそういった質問はないんだよね〜。

      残念!
    • 1. 匿名
    • 2013年04月24日 10:31
    • シカゴ警察がどうして、「地元」の警察なの?
      マサッチューセッツ州とイリノイ州は相当距離があるのでは?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ