site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!ケムトレイルケムトレイル 大阪 2013

今回は、ケムトレイル問題の恐ろしさと2013年度の大阪上空で私が発見し撮影したケムトレイル画像で秀逸なものを紹介したいと思います。

大阪上空でのケムトレイル画像だけ見たい方は、記事の下部で公開しておりますのでスクロールしてご覧ください。強烈ですよ。

ところで、ケムトレイルの何が問題なのかを理解されている方がネットを検索拝見しても以外に少ない。
といおうかほとんど写真画像の紹介か、アメリカの活動家など他人様の引用記事を真に受けた思考しない人々が多いのには嘆かわしいところである。ま〜致し方ないですかね。

さて、この悪名高きケムトレイルなんですが、一体、実行・命令・指示しているのは、どこの国家機関なのか?
どこの国際的な秘密組織なのか?

ずばり、具体的にその全貌は解明はされていません。

しかし、アメリカ軍やメキシコ軍に日本の自衛隊に民間の航空機からケムトレイルと称される秘密の謎多き物質を世界中の空に散布出来るのだから、これほど凄い組織はない訳です。つまり、グローバルな超巨大な力を持つ秘密組織という事です。

これはもう超巨大で国を超越し世界の当該あらゆる末端にまで指示出来る組織という事になります。

ここを問題視しなければならないし、注目すれば、この世の真実といおうか、恐ろしさが判ろうというものです。

ただ、ちょっと不思議なのは、ロシアや中国の上空にケムトレイルが散布されているという情報は少ないといおうか発見出来ないのである。

中国といういずれ崩壊してしまう国はすでに環境的にはおしまいなので影の国際的な秘密組織も無視の様ですね。それは、河川や湖沼から地下水などの飲み水が汚染され、強力な農薬物質を使わなければいけない状況であり、空は核実験したゴビ砂漠からの放射性物質交じりの黄砂にPM2.5と最悪の環境ですものね。

ただ、これはまだ曖昧にしか調べてないので断言は出来ないのだけれど、ロシアだけはケムトレイルが散布されていないのだろうか!?プーチンの反イルミナティー・影のグローバル政府・超巨大秘密結社組織の意思が反映されているからなのだろうか!?

つまり、影の組織の力は、プーチン率いるロシア軍には及んでいないのか・・・という事が想像出来る訳ですね。

さて、以下のケムトレイルの画像の詳細なんですが、膨大な2013年度のものの中からピックアップしたものです。極々一部だという事をお断りしておきます。

これは、東大阪方面の近鉄沿線駅長田駅北部の工場や倉庫群のエリア上空である。
携帯で撮影したので画質はいまいちなので申し訳ないが、これほど露骨な塊のケムトレイルも珍しい。
CA3I0225

無風だったのかなかなか拡散しない状況での一枚である。
CA3I0226

この先の建物の更に先から流れて来たのか湧いて出てきたかの様な印象を受ける。
CA3I0228

この塊の先に首とか頭の様な形状のものがあれば、まさに龍か大蛇か山椒魚という想像をしてしまうところである。
CA3I0229

実に珍しいケースです。意外と高度が低いんですよね。

こちらは、阪急線の茨城市上空ですね。
今、まさに見事に格子状形態を保ったまま拡散せんがところの一枚です。
CA3I0179

これだけ大阪や奈良や京都に和歌山に滋賀県などの関西上空を縦横無尽に航空機が飛行しているのに意外と散布している瞬間はあまり発見出来ないんです。私は、それは恐らく夜間から明け方に散布しているからだと推測しています。以前の記事でも紹介したように難波上空の深夜の航空機音から夜空を撮影したらケムトレイルが写っていたという事例があります。向こうさんもいろいろ考えているという訳です。
CA3I0178

一本だけ新しいのがありますね。
CA3I0180

同日の茨城主市の関西スーパー上空においてのものです。
CA3I0108


CA3I0176


CA3I0172

まさにゆっくりと拡散してゆくのが手に取るように判る一連の画像です。
CA3I0177

以下は、2013年秋口の大阪は桜川方面の夕暮れに浮かぶケムトレイルのものです。
CA3I0181

かなり拡散が進んでいます。
CA3I0190

夜空に浮かぶ大蛇の如きまがまがしさですね。
CA3I0193

本物の雲の高度と、その下の日本の航空機の航跡の様なケムトレイルとの高度さに注目して頂きたい。
CA3I0203

こちらは、やはり東大阪市長田北部のフレスポ東大阪のパーキング内からの一枚です。
CA3I0204

判りますかね。
大中小と三本線があり、時間差での同方向に散布しているという訳です。
小さな細い線が広がるとこうなるという典型的な状態の画像です。
CA3I0221

この細いのもいずれは見事に広がります。
CA3I0222

これは失念してしまいましたが、どこかの住宅地上空の一枚です。
CA3I0223

今、まさにあなたのお家の上空に恐怖の謎の物質が降り注いでいるのかも知れませんよ。
笑い!!

よくよくご注意ください。
ま〜酷い時には洗濯物は早く取り込んだ方が良いかも知れません。
ま〜サンプルを取り分析できる立場にないので断定はできませんが、もし自衛隊機を利用しているのならば、間違いなくケムトレイル散布のための航空機燃料の一部は我々国民の税金の一部から出ているという事です。

どうです。
ちょっと不愉快になりませんか!?笑い!!

そしてそれが我々日本国民の健康を害するものかも知れないという事でもあるかも知れないのです。

取りあえず本日は以上です。

<<「UFO」の種類と分類についての一考察!ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへインターネットと監視社会についての一考察!>>

コメント一覧

    • 5. すず
    • 2015年01月09日 12:27
    • はじめまして
      林浩司さん関連で今日初めてこちらに来ました。

      昨年6月末からロシアツアーに行きましたが、モスクワ郊外移動中、明らかにケムトレイルが続いておりました。サンクトペテルブルクでは、はっきりしたものは見なかったのですが、友人に写真を見せるとケムトレイルだと断言されました。ご報告します。
    • 4. 知と悠久の伝道者
    • 2014年05月17日 01:16
    • ◆MMさん
      ◆ぱんださん
      ◆ちぷりさん

      皆さん、コメント有難う御座います。
      返信遅くなりました。

      早速の反響があり管理人も遣り甲斐があります。
    • 3. ちぷり
    • 2014年05月07日 15:56
    • こんにちは。
      昨年の秋に、子どもの運動会でケムトレイルを撮影しましたので、よかったらご覧ください。

      http://youtu.be/fsdi4M2yEHQ
    • 2. ぱんだ
    • 2014年05月07日 12:05
    • はじめまして

      ケムトレイルをブログで取り上げているものですが、すみません、、ほとんど写真ばかりです。

      とりあえずケムトレイルに気がついてもらおうと思っているので、詳しい事はあまり書いていないのですが、というよりどの情報が正しいのか分からないのでかけないのです

      とりあえず、そういった有害物質が撒かれていると言う事に気がついて貰うのが目的です

      ちなみに大阪の東部に在住です

      今日もめだたないように撒いていました
    • 1. MM
    • 2014年04月19日 01:16
    • 私は工業地帯に住んでおります。雨の日の前日に、夕方・夜から雨が降る場合は大体朝に、ケムトレイルを撒く飛行機が数機やって来ます。それも100%やって来ます。やりたい放題です。

      問題は、多くの人達がケムトレイルを飛行機雲と勘違いしていることですね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ