site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!日本 再生 復活御用新聞「朝日新聞」は「あさひしんぶん」では無く「ちょうじつしんぶん」だった。

本日は、御用新聞「朝日新聞」は「あさひしんぶん」では無く「ちょうじつしんぶん」だったというお話です。

朝日新聞と云えば、日本を貶める売国奴マスメディア代表のトップであり、ネットではゴミ屑の様な扱いです。

 私的には、朝日新聞と云えば、そのニックネームは「御用新聞」である。
 そして、歴史的には、超「忖度新聞の朝日」であった。

 さて、本日の記事は、日本国民の敵である超売国奴新聞に、新しい読み方があったという面白く捻りの利いた話である。ほう!成る程・・・という感じです。

 昨今、安倍首相を貶めるために繁茂に使用される用語に「忖度」があるが、実は、数十年に渡り特亜の声を忖度し続けて来たのが朝日新聞である。その辺りは皆さんご存知ですよね。
 そんじょそこらの忖度とは、歴史の濃度が違うのである。恐るべし、忖度批判の朝日新聞、実は己がこそ超忖度新聞であった訳ですよね。ま〜常識ですよね。笑。

 戦前は、右翼的で、軍部の声を忖度し開戦世論を高め、そして、負け戦を隠蔽し大本営発表と共に国民を騙し続けました。

 そして、旗色が悪く成ると、コペルニクス的転回で大衆の味方かその声を代返するかの様なそ振りを始めます。しかし、それは、よくよく歴史を精査すれば、民衆の味方に成ったのでは無く、単にご主人様を取り換えただけの話ですね。笑。

 戦後は、GHQに始まり、次第に左翼的に成り、まるで社会運動の先駆者の如く振る舞います。でも明確にご主人様が欲しいので、戦後早くから民団や朝鮮総連に創価学会などと接触していましたが、現在は完全に特亜、つまり中国(中国共産党)様と韓国(民衆)様と北朝鮮(金王朝)様を頭として据え崇め奉っている訳ですね。

 そして、日本を貶めるために、中国共産党や朝鮮人に国連の人権委員会などの意志を忖度し、靖国参拝批判に従軍慰安婦の強制連行や南京大虐殺などの捏造や内政干渉を拡散し、日夜売国行動に邁進している訳ですね。

 その南京大虐殺や従軍慰安婦の強制連行に靖国参拝批判を、つまり日本批判のネタを、中国共産党や朝鮮人に教えたのが、日本国内の売国奴、ずばり在日朝鮮人の旧社会党の政治家やフジTVの放送記者達な訳ですね。

 意外とこの事実、ここまで知っている、判っている日本人が少ないんですよね。ここの所しっかり押さえて欲しい、頂きたいものです。宜しく。

 しかし、朝日新聞、流石に社主が在日朝鮮人だけあります。まさに隷属的で浅ましく乞食根性丸出しの忖度の歴史そのものです。

 そして、よくよく観察してみると、「朝日新聞」って、もしかして、「朝」の文字って「朝鮮」から頂いているのか、もちろん戦後からの拡大解釈ですが。笑。

 となると、「朝日新聞」の正しい読み方は、「あさひ新聞」では無くて「ちょうじつ新聞」と呼ぶべきなのでは!?

 そうかそうだったのか、「朝日新聞」は戦後「ちょうじつ新聞」となったのか。成る程。

どうでしょうか、今回は、お題が「朝日新聞」なだけにつまらないお話で申し訳ない。

それでは御機嫌よう。

グッドラック!

<<ケムトレイル2017 大阪市阿倍野近鉄駅付近ダ・ヴィンチ・コードの解説!のトップへケムトレイル 2019 神戸市 三宮 付近>>

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ