site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>ダ・ビンチ・コード シオン修道会

ダ・ビンチ・コード 解説

ダ・ビンチ・コードとシオン修道会について!

シオン修道会と、あるブログのコメントについて!先日、シオン修道会についてその由来をやはり誤って解釈されていたのでこのお節介な私は亦書き込んでしまいました。ほっとけばいいのに!?
_________________________________

ここで、一つ整理しておきます!

シオン修道院とシオン修道会は全くの別物です。
大した事ではありませんが、一応!!
_________________________________     

すみません、検索からおより致しました!先日、映画館でシオン修道会って映画の中で出てこなかったのでか、どこにあるのか?と悩んでいたカップルさんがいらっしゃいまして、声を掛けるのをぐっと堪えた私でした!

とその時の気持ちで書き込みさせて下さい.

正しくはシオンの僧院(シオン修道会)についてに申せば、どこそこに在ったもではありません! 加えて、シオン修道院とシオン修道会は別物ですので、同じように捉えると話がおかしくなりますので、お気を付け下さい。その様な僧院がレオナルドの時代に表立ってどこかに在ったと勘違いされてる方が多いので僭越ながら指摘させて頂きました!

バチカンの悪魔から隠れるために当時は秘密結社として存在していました。(実在の100%の保障はありませんが、少なくともダン・ブラウンはその設定で物語を進めております。)

_________________________________

さらに加えるならば、シオン修道会の前進はロレーヌ公ゴドフロワ・ド・ブイヨンエルサレムノートル・ダーム・ド・シオン寺院を拠点として作ったシオンの僧院であります!
_________________________________

お前観たんか?と問われれば観てはいませんが、文献上はそうなります!

そして、いろんな要因に基ずきその存在を推察出来ます! ヒントだけにします、語ると長くなりますので。

グノーシス・大地母神崇拝・女神崇拝・ギリシャ神話・メソポタミア神話・ギルガメッシュの叙事詩・エジプト神話・聖書(キリスト教・ユダヤ教・イスラム教)・ケルト神話・北欧神話・ヨハネ教団・死海文書・クムラン経典・カバラ・日本神道・カタリア派プレウリ文書テンプル騎士団薔薇十字団・マグダラのマリア・黒いマリア信仰・イシス・レオナルド・ノストラダムス・聖書外典多数・紅卍字会・ギルド・フリーメーソン・所謂陰謀論・その他等を全て加味して砕いての結論です.

どうぞ、御自身でお調べになった上で反論・ご意見を宜しくお願いいたします。 私のブログはグルメが基本ですが、現在ダ・ビンチ・コードの小さな特集をしており、映画を観ても原作を読んでも判らない方のために、根本的な処から解説しております。 ダ・ビンチ・コードのPART、2・3をお読み頂きましたら幸いです!

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ