site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>イスラエル

イスラエル

イスラエルのガザ攻撃に反対します!
ダ・ヴィンチ・コードの解説は、イスラエル政府の傍若無人で非人道的な、それでいて全くの無根拠な選民思想による完全民族差別思想からの他民族国家への、あまりに利己的な無差別攻撃を非難します。

それでいて、我が国日本国において、”自衛組織ハマス”についてレベルの低い、あまりに白人国家から見た一方的な報道をする無知な犬であるマスコミや、それに踊らされている売国奴的屑政治家や三文評論家、そして馬鹿な何も考えない一部の日本人を私は恥じます。

ここで、はっきり述べておきます。
ハマスがなぜ存在するのか、それはイスラエル政府という狂犬が存在するからです。
これを誤解している日本人の何と多いことか!?
ちょっと考えたら判ることを・・・!?
(考えない日本人、疑わない日本人、一部それが美徳と表現される機会もありますが、何と愚かな甘言!)

ただ、6割がたのマスコミの中には、数年前とは違いやっと現在のパレスチナの人々の現状と、常に親イスラエル的な一方的な報道をしてきたことに対する疑念を持ちある意味公平なポジションからの報道をする様になったのは、幾ばくかの救いか?

例えば、関西のローカル番組、ムーブ等(その他多くの報道番組)でも、現在のイスラエル建国からの矛盾からパレスチナ人(イスラム教徒やキリスト教徒もいる)がいつも悪者的な報道をしてきたことへの自己批判とも取れる論調の番組編成をしたりしている。

たまに、居酒屋等の一般的な日本人の感覚や、NHKの報道でも、ハマスを武装組織とかイスラム原理主義者のテロ組織的な位置付けで語ったり、報道がなされて来た訳であるが、少しづつだが改善されてきてはいる。唯一の救いでもある。

しかし、未だに、何が起こっているのか理解も出来ない無知で馬鹿な平和ボケの、戦後アメリカに二度と歯向かわない様に洗脳された馬鹿な大衆も未だに同時に存在する。

イスラエル政府は、基本的に、ユダヤ人以外の存在を認めない!

この根本的な原理を理解していない世界の、特にアジア人、そのまた特に平和ボケの日本人は、まさにお馬鹿なとんちんかんな見解を、主張を述べたりすることがる。

”ハマスの様な悪いイスラム原理主義のテロを行う武装組織は、早く壊滅してしまえ!”とかの暴言をはくのである。無知蒙昧これに尽きる!とはこのことである。

もし、ハマスが存在しなかったら、イスラエルは当の昔にガザに攻め込み、一般住民を捕らえて、適当な罪状で死刑にしてゆき、最終的には、すべてのパレスチナの人々を消滅させるのである。

いいですか、現在イスラエル政府が行っているのは、ユーゴで行われた所謂民族浄化政策と同じであり、もっと酷い原理のもとで作戦行動しています。それは、民族浄化政策どころか、民族殲滅作戦なのです。故に、イスラエル政府は、これからも引くことはありえないのです。

ユダヤ人以外の他民族の殲滅こそが、現在のイスラエル政府を動かしているリクード党を支える偽ユダヤ教徒のアシュケナジーム(アシュケナージ)の悲願であり、それらの教えは、タルムードに基ずいていて、異邦人はゴイムと称され殺してもかまわない。むしろ、異本人をやっつけることは、神に誉められると教えられています。

私は、友人達に、常ずね、嫌がられながらも(笑い^^!)以下のように叱咤激励しています。大笑い^^!
「ちょっとは世界史的な歴史のすうい位勉強せいよ!」
「この馬鹿共が!!」と叫びたい私です。

以上、この記事は参考になりましたでしょうか?
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

陰謀論

イスラエルがイランの核施設への空爆攻撃をアメリカに要請しました。確か9月頃の朝日新聞の記事です。人権を説くあの売国奴新聞の朝日が、縦横4X3CM四方の記事しか載せませんでした。どういうことですか?イラン人の生命・国家の主権の危惧はどうでもよく、中国人や韓国人のそれは日本人よりも重く説くくせにです。今度、このお馬鹿で間抜けな朝日新聞が崇高な事を述べたら今回の記事を思い出して下さいね。
君達こそ由々しき差別主義者であると!!
イスラエル















流石の世間的には、馬鹿のブッシュJrも首を縦に振りませんでしたね。振ってもらったら困りますが?

いかにも、ブッシュJrを蔑んで馬鹿にした私のコメントなのですが、それで喜んでいる私と世間と読者の皆さん達、そして陰謀論のなんたるかも判らない未だに”ある無い”で騒ぐ2CHの馬鹿な青ニ才達。更に、すべての情報を包括的に、総合的に捉えられない馬鹿な偽評論家やインチキゲンチャー達やマスコミは、何も判っていません。祖父やパパブッシュの方がスマートでそれなりに、陰謀を推し進めてきたかの様に勘違いしている三文陰謀論者の俄かファンの多くが勘違いしているので、少し説明しておきたいと思います。

<<<祖父やパパブッシュも麻薬取引や企業買収や民間銀行の吸収・統合やFRBの設立などなど、アジェンダの遂行にはかなり貢献してきましたが、つまりブッシュJrの政権・代になり花がさいたという観があります。というか事実です。ブッシュJrのスカル&ボーンズでのニックネームは、パシリ的でかっこよくありませんが、イルミナティー・ロスチャイルドの描くワンワールドに限りなく一気に近ずけ、実行したのがブッシュJrなんですね。これは、クリントンのホップ・ステップから、ブッシュJrでジャンプした訳です!!ですから、イルミナティーの中では或る意味凄い功労者なのです。ただ、位の・階級の高い黒幕は、実行犯にはなりませんけどね!?笑い^^!>>>

イスラエルというロスチャイルドが作った国は元々がいい加減なので、これまでも出鱈目な攻撃や虐殺(日本のマスコミは報道しない!)を行ってきましたが、今回の露骨さには驚きました。

流石に、この人類にとっての終末が近ずいてきているのは、十分に理解できるのですが、このイスラエルのイランへの核施設への空爆攻撃をアメリカに要請したというニュースには驚きました。いきなりかよ!?・・・と思いましたね。

アメリカは、確かにイスラエルの思惑通りに動きます。ただし、イルミナティー・ロスチャイルドと、ロックフェラーの意に沿う形のものがですが、今回は、世界の警察等の大義名分が通りませんでしたね。

皆さん、覚えていて下さいね!
イスラエルとは、アシュケナジーム(偽ユダヤ人)が支配する、こんなにも横暴で独善的な国家なんです。

ちなみに、それはイスラエルの国旗に、その意志が表現されています。
上下の青い帯は、チグリス・ユーフラテス川であり、ナイル川までの範囲・領土を示しています。それでは、ダビデの星などと表現される”青い六芒星”は、何だと想います。まさか偽物のユダヤ人が本当に、ダビデ王の末裔だからそれを頂いているなんて思ってはいないでしょうね?笑い^^!
そうですね、ユダヤの星=ダビデの星=六芒星と常識的に解釈されていますが、実は”青い六芒星”はロスチャイルドの家紋でもある訳です。ご存知でした?

流石に色はいっしょにはしなかったという話です。参考までに、赤い盾=六芒星=ロスチャイルドの事です。”広瀬隆”著の「赤い楯」は参考までに必読ですね!!ロスチャイルドの側面の一部が書かれ紹介されています。

取り合えず、以前からの書置きのものを記事にしております。
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

ユダヤ人

レバノンに対するイスラエル政府の無差別爆撃、並びにレバノン市街地に対する戦車での砲撃に対して私は全面的に抗議いたします。
イスラエル政府は直ちに停戦に応じ、当初の停戦ラインまで撤退すべきである。
天地がひっくり返ろうと、イスラエル政府には微塵の錦の道理はない。
そのあまりに自己的な侵略行為は非人道行為を逸断している。

又、アメリカ政府の国内のアシュケナージ(シオニスト)に気兼ねし、イスラエル政府への形だけの見せ掛けの抗議には反吐が出るおもいである。
人間として、恥を知れ。
世界の警察官が聞いて呆れる、大国アメリカには判ってはいることだが、自国の意見を表に発言出来るシステムがもはや機能していないのか?

国内の数%にも満たない偽ユダヤ人達・アシュケナジーム・妄想家のシオニスト達にいい様に操られ、イスラエルの暴走を止めることも、強く非難する事も出来ないなんて、今の日本と同じレベルであったか。
これから、世界は本当にシオニスト共の計画通りに事が運ぶのだろうか?
私は悔しくてたまらない!

せめて、今回亡くなったレバノン市民のために一矢報いたいのだが、何も出来ない自分が歯がゆい!
読者の皆さん、イスラエル政府とはそんな破廉恥で己の欲を際限まで追求しようとする気違いの民族・国家であります。
(タルムードの教えそのものである)

(そして、シオン議定書の内容を実現しようとするつもりなのか?)
これから、かの国はまだまだ、どんどんエキサイトして行きます。
何年か先で、それが明確に判る時が到来します。
もろもろの意味で日本人は、その時のために・民族存亡を翔け心の中ですでに腹積もりはしておかなければならないだろう!

ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ