site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>ダ・ビンチ・コード ユダヤ教原理主義

ダ・ビンチ・コード ユダヤ教原理主義

陰謀を企てるこの世で一番悪い奴と目されるサバタイ派フランキストとは?

陰謀肯定論者の立場から、人類奴隷化、世界統一政府を樹立しようと企てている大元は一体何者なのか?

 今回は、その陰謀を計画し実践していると奥の院・大元と噂の「サバタイ派ユダヤ教徒・フランキスト」の周辺についてと、陰謀の実践の簡単な流れについての備忘録です。

 陰謀論が判らないというお友達に説明するのに活用下されば幸いです。

 宗教という隠れ蓑をまとい人類をキリスト教やイスラム教という精神の牢獄に閉じ込め、、且つ、ロスチャイルドやロックフェラーを使い人類を騙し続けている「金融システム」を創造・確立し、その詐欺システムで人類を縛り続けその財産を搾取し続けている奴らの・・・そのまた上の支配者とは何者なのか?疑問に想いませんか?

 地球上の人類をオドイーター(無駄飯食い)と称し、人類の人口を10億人までに減らし、世界統一政府機構による完全独裁体制で、大衆を個人のレベルで管理する未来を目指すと隠しもせずに豪語宣言している連中。

 電子システムによる完全管理の教育、治世、治安、産業統制を敷き、刃向う者は完全排除し、何のために生きるのか判らないままその一生を終える人々、もはやそこに人間の尊厳はない世界である。

 陰謀論などもはや死語である。
もはや、隠しもせず、明明白日の下に宣言され現れて来ました。

 このたった数百年の歴史と悲惨を極める近代史をじっくり見定めれば、間違いなく我々人類は、何者かに計画・実行されてきた目的の最終章にひたすら真っ直ぐ向かっているのが判ります。

 それでも陰謀論など判らないという「ヒトラーが云う女性的な性格の大衆」レベルの人々は必然的に或るパーセント存在するのは残念ながら致し方ないですがね。

 縁あって当サイトに訪れた皆さんには、これから先世界がどう変化するのか、して行くのかしっかり見定めて頂きたいと願うばかりです。その都度、その時々の判断・行動の指針に成れば幸いです。

 さて、以下、様々な秘密結社・組織・機関がある中で、実際に破滅に向かおうと行動している組織とは、連中とは、・・・といった事がかなり判明してきています。

 ベンジャミン・フルフォード氏曰く、「イスラム教徒を気取る隠れサバタイ派ユダヤ教徒」の存在を、いや日本でも雑誌以外のインターネットでは一種タブー的扱いでしたが、この数年で多くのサイトが実名称を記載するようになりました。私の記憶が正しければ、阿修羅で2004年以降に陰謀論と結びついた記事を読んだ記憶がありますが。

 アラブ関係の事を学んでいる方や仕事で付き合いがある方は一度は疑問に思われた事があるのではないでしょうか!?

サウジアラビアやその近辺の国や王族って、イスラム教徒なのに、なぜかイランやイラクよりも金持ちで、且つ、アメリカ側に立つ事があったり、普通に共同事業を行ったり、アメリカ軍の基地があったり、アメリカの企業をいち早く取り入れていたりしてますよね。

 参考までに、アメリカ軍の基地があるところは、基本的にアメリカの属国だという考え方があります。例外で、英国だけは別で、英国がアメリカを支配しているという考え方があります。これは表の関係と違い、裏の組織の観点に立った見方ですね。

 ちょっと話が反れますが、なぜ英国はEUに加盟しないのか?
世界の金融システムの枠組みからしてもそうなんですが、つまり理由は明確なんですが、陰謀肯定論者の観点からすると、イギリスはすでに乗っ取っているので実験の対象外という考え方もあります。

<戻ります>

 さて、その辺り、遅まきながら備忘録として整理してみました。
小さい組織や神秘思想がメインのグループなどは「その他」でご理解下さい。

【 闇の組織の指令系統 】

0、 大元は一体何だ?何者なのか?
   大まかに、世界の流れとしては、以下に紹介するものが主流ですね。 

「 悪魔・神(異星人・異次元人)? 異星人? 異次元人? アヌンナキ? 」

 「神と悪魔の定義」なんですが、これ日本人には理解し難いところですが、宇宙を想像出来る自然の摂理を支配している神様と、たかだか人類に遺伝子操作していろいろ命令したりして直接関与してくる小さな神様とは別物だとご理解下さい。なぜか動物には全く無視で人間様だけにやたらと絡んでくる神様です。

 さて、シュメール文明を創造させた惑星二ビルと共に約3600年周期で来訪するアヌンナキの残党が未だに人類を支配している説。

 シリウスとかオリオン星系が起源の数種類以上の異星人達が登場し、その中に地球人を想像した連中とか、後から地球に粉かけしてきた連中が、争ったり、休戦したり、去ったり(逃げたり)して、・・・・・・そして中には異次元から来る連中も居るらしい。欧州にこの手の主張をする連中が多いのだけれど、神秘主義者やカルト系新興宗教なども同じ方向性で主張していて、もう〜滅茶苦茶ですね。まともなのはま〜グラハム・ハンコックなどかな!?

 同じく最近では、シリウスとかオリオン星系が起源の龍の種族の末裔が人類の一部に居るとかいないとか説もあります。

 又、或る意味異次元ですが、プラズマ空間に覆われた地球内天体アルザルを唱える飛鳥昭雄説も見逃せません。飛鳥昭雄説では、未だにどこかで生きているカインが悪さをしているという説もあります。

 そして、異次元空間に住むトカゲ(レプティリアン)が悪の親玉で、人間に乗り移り、人間の恐怖が食糧(エナジー)源と主張するデビッド・アイク説は衝撃的でしたね。

 その他、怪しい自称能力者や活動家の話をまともに相手にしていたらキリがありませんが、一応、ざっくりとですが以上です。

        ↓
        ↓
1、   ( 不明 )

  仮にですが、小さな神様か悪魔様がですね。人を、人類を支配しようとしてもですね。
  やはり全部自分で実行する訳にはいきませんよね。一人だけですみませんしね。
  そこのところのシステムが今一想像出来ないんですよね。
  階級制度とか天使とかの連中がいるのでしょうか!?
        ↓
        ↓

2、【 宗教理念の実現を強行計画する組織 】

 イスラム教徒を名乗り実は隠れ「サバタイ派ユダヤ教徒」というシオニストグループが存在します。
過激な終末大望論と結びつき「サバタイ派フランキスト」とも表現されます。

 ひねくれねじまがった宗教観と思想を持ち、自分たちの思う理想郷の実現を願い、架空の「ユダヤのメシア」と「キリスト教のイエスの再臨」登場を計画し、現在強い意志と実行力で「この世の終末」を人工的に演出しようと企んでいます。

 表面上はイスラム教徒を装いながら実は「ユダヤ教原理主義者」であり、人工的なイエスの様な「偽救世主」の登場を画策し、シオニスト(祖国回復・建国主義者)による世界征服・支配を望んでいるが、他のシオニスト達とは対立している異端派のシオニストである。

当然、それは所謂本物の「ジューイズムユダヤ人」とは全く違います。

 異端派のシオニストと表現した訳は、当然エルサレムの「神殿の丘」の独占を考えていて、有名な同地の「岩のドーム」や「アルアクサ・モスク(銀のドーム)」を破壊し、所謂ユダヤ(イスラエル王国?)の復活の象徴としての「ソロモン第三神殿」の建築を目指しています。所謂、主に「スファラディユダヤ人」の多くは、そんな事を望んではいませんし未来永劫にイスラム教徒とキリスト教徒との共存共栄を望んでいます。

 そんな事をすれば間違いなく戦争です。

 私は、アラブの春(冬?)などと大衆は喜び騒ぎ歓喜するけれども、なぜCIAが本来アメリカの傀儡政権を崩壊させて行くのか疑問に想っていたが、石油利権の強奪だけでもなく、もちろん中東で戦争になれば石油の価格は跳ね上がるが、目的はそんな小さな事ではなかったという事です。

 イライラ戦争に始まり、1990年にイラクのフセインがアメリカに騙されクウェートに侵攻し翌年湾岸戦争が開戦してから、アラブでのアルカイダなどによる小さな反米テロ(偽装テロ)、イラク戦争、9.11偽装テロ、アフガニスタン侵攻、アラブの春・・・・、全て長期スパンに則った計画であり、そしてアラブ連合の下地ともいうべきイスラム原理主義に基ずく強い政権の各国の樹立という訳です。

(2013年の追加情報ですが、どうもエジプトでは、反イスラム原理主義派と一度政権を取ったイスラム原理主義派との内紛に発展し、裏にアメリカがいるエジプト軍は、自由主義派の大衆を支持したようです。)

つまり、反イスラエル・反米の火種は用意されました。
奴らの計画では、恐らく必然的にこういった絵図になります。

 イスラエル(米・欧州)VSイスラム連合国(バックはロシア・中国)

(中国はもう直ぐデフォルト(崩壊)するかも知れませんが!?)

 さて、この「サバタイ派フランキスト」というのは、宗教史上、異端派中の異端であり、現在の韓国人の様な思考・発想であり、或る意味異常な宗教観を持っています。例えば、日本でいえば真言立川流とかをイメージして下さい。これまで宗教的なジャンルでの話題には上ってきたが、まさか世界のイルミナティ設立の基礎概念とかフリーメーソンを動かすほどの巨大な勢力や存在であるとは知られていなかった訳です。

 その普段のポジションからすると、日本の在日特亜人がかわいく見えるほどの質(たち)の悪さですね。そして、アシュケナージユダヤ人かスファラディーユダヤ人かが判らない日本人には更にややこしい話ですかね。
当然、サバタイ派フランキストとは、改宗派のアシュケナージユダヤ人に多いです。

 一応、補足として、「サバタイ派」の元になったトルコ生まれの「サバタイ・ツヴィ」の出自は、後のスファラディー(セファルディム)ユダヤの元となる系統で「ロマニオット」が祖先と云われています。
「フランキスト」の元となった「ヤコブ・フランク」は、ポーランド生まれのユダヤ人であり間違いなくアシュケナジーです。
        ↓
        ↓
3、 【 秘密結社・組織・機関 】

  以下は、基本的に、世界統一政府の実現と人類支配を目的としている組織・機関である。
  主に、価値観、宗教観、イデオロギー、大衆操作・洗脳の実行支配の確立。

  サンヘドリン、黒い教皇(イエズス会)、バチカン
  300人委員会、P2、イルミナティ、フリーメーソン、その他
        ↓
        ↓

4、ロ●チャイルドVSロッ●フェラー(代表例として!)

  金融面、マスメディア、資源、エナジー、科学分野において、世界の方向性を計画し、あらゆる研究機関やマスメディア、アカデミズムを利用し、グローバル実行支配の確立を目指す。
  エナジー・金融政策面では対立関係(切磋琢磨?)

  ちょっとややこしいのは、例えば、石油VS核という面では表面上対立しながらも大きな目的の潮流に乗っている。
 この大きな流れと目的が理解出来ない頭の悪い作家や評論家が、表面上の小さな対立や時間的に一瞬を捉えて論評するので、陰謀論など嘘だというケースが多い。


  ロスチャイルド家は、「サバタイ派フランキスト」でした。
  どうりでと思った方も多いのではないでしょうか。
  欧州5家のロスチャイルド家が全部なのかは判りませんが!?
        ↓
        ↓
5、MI6、CIA(一部)、モサド、各国の工作機関・軍隊(その他実行機関)

  各国に配置されたキリスト教の宗教機関・カルト宗教機関(日本では、CIAが戦後作った北朝鮮系のオーム・統一教会・創価学会・・・)

 金融危機、食糧危機、自然災害テロ(人口地震、気象操作)
 薬剤テロ、民族対立、宗教対立・・・の計画・実行
 対立する政治家・活動家・ジャーナリストの暗殺
        ↓
        ↓
 つまり、イスラエル対イスラム諸国の対立
 当面の一番の計画
        ↓
 実際には、そうそう闇の勢力の連中の思い通りには行かないようなので、世界も捨てたものではありません。
        ↓
        ↓
    【 第三次世界大戦 】
        ↓
        ↓
 イエス・キリストの再臨の演出(プロジェクト・ブルーブック)
        ↓
        ↓
   【 世界統一政府の実現 】
     人類の完全支配


 ま〜流れとしては、こんなところですが、戦争の火種は何もアラブやパレスチナだけではありませんよ〜という事も肝に銘じておかなければなりません。

 しかし、現在、流石にこのような異常者の考えや行動を食い止めるべくそれに抵抗、もしくは反攻している勢力の存在も指摘しておきます。

 ベンジャミン・フルフォード氏によれば、それはCIAの一部と米軍(ペンタゴン)、中国の秘密結社という事なのですが、如何に!?

 あくまで、私の個人的な分類なんですが、この0と1番目の存在がもう一つはっきりしないんですよね。
「組織」なのか「個人」なのか。
 例えば、ヨーロッパの王族とかロス&ロックの中の当主でくくっていいのか!?
 霊的な存在とか!?

0、   ( 悪魔? )
        ↓
1、   ( 不明 )

しかし、大衆の命を奪い、ハルマゲドンを人工的に起こし、偽メシアを再臨させて、その先に何があるのだろうか!?作られた戦いの勝利?

楽しい?
それで嬉しいのか?

とても人間とは思えない思考の終着点である。

彼等は、「未来惑星ザルドス」とか「惑星ソラリス」とか、「ソイレントグリーン」とか「赤ちゃんよ永遠にとか」、「華氏451」とか、「その他」を知らないのだろうか!?
自分達だけでもいずれ仲たがいするだろうに。
それでも所詮獣には関係ないか。

ロボットの様な奴隷階級と一部の支配階級、それが楽しいのだろうか?
虚無と孤独の辛さとか考えられない、想像出来ないのだろうか!?

やはり、その先には「悪魔」が存在するのだろうか!?

ユダヤ人

 現在のイスラエル国のユダヤ人の祖先は別の地域でユダヤ教に改宗した人々であると、イスラエル在住であり自身がユダヤ人のシュロモ・サンド教授(テルアビブ大学)がタブーに挑戦し発表しました。

ダ・ビンチ・コードの解説と陰謀肯定論者について取り上げたいと思います。

要は、ハザール国系が出自と云われるコーカソイド系偽物アシュケナージ系ユダヤ人を正しくユダヤ人と呼んでいいのかという話になる訳であります。

そして、現状、イスラエル国の過半数を占めるアシュケナージ系ユダヤ人達の中では、こういった歴史の真実を述べるだけでも大変だろうなと思う次第です。

ですからテルアビブ大学のシュロモ・サンド教授の身の安全などについて心配もしてしまいます。
それにしてもこの教授の勇気は学者として称賛に値しますね。

以下、情報の流れです。

最近、私の親しいブロガーさんから、「イスラエルで「建国根拠なし」本、ベストセラーに」というニュースが世間で話題になっているという情報を頂いた。

 私にとっては至極当たり前のことだが、このようなニュースに一般のそれも女性の方が興味を持って頂いたのが、私には嬉しい限りであります。

このような地道な活動が、世界を真実に導くのであると感じ入りましたね。
ポイントとしては、ユダヤ人の学者が、自らのタブーに挑戦した点である。

<以下引用文>
__________________________________________________________________

シオニズム運動は、古代に世界各地へ離散したユダヤ人の子孫が「祖先の地」に帰還するというもの。

著者はユダヤ人でテルアビブ大学のシュロモ・サンド教授(61)=歴史学。3月にヘブライ語で出版され、アラビア語やロシア語、英語に訳される予定だ。

 著書では、今のユダヤ人の祖先は別の地域でユダヤ教に改宗した人々であり、古代ユダヤ人の子孫は実はパレスチナ人だ――との説が記されている。
__________________________________________________________________

この>>>今のユダヤ人の祖先は別の地域でユダヤ教に改宗した人々<<<

というのは、アメリカの偽物のユダヤ人とか、黒いユダヤ人であり、大昔トルコの北方でロシアの南部にあったカザール国の事である。イスラムと東ローマ帝国とに挟まれ、苦肉の策でどちらにも属さないユダヤ教に国民全てが改宗した時点からスタートする。

基本的に、ユダヤ人と一般的に称される民族は3グループに区別される。そして、カザールの末裔が、所謂偽ユダヤ人と称される。このグループが、世界の富の半数以上を所有し、世界の政治・経済、そして不幸を演出しているのである。ロスチャイルドも、ロックフェラーも、キッシンジャーも、ヒトラーも、共産主義を生み出した連中も、この偽物のユダヤ人グループに属しているのである。そして、世界中の半数の国の通貨発行権利、もしくは、通貨発行し、それを国に利子を付け貸し出しているのである。そして、世界の銀行の大半は、彼らのものである。ちなみに、一般には知られていないが日本銀行の大株主は日本国天皇家である。そして、彼等偽物のユダヤ人は、数世紀前から完全にヘーゲル的弁証法のような論理に基ずき、自分達の行動計画を円滑にし、他の民族や大衆を操つってきたのである。これを追求しているのが、所謂陰謀論である。そして、私などを称して、世間では陰謀論者と呼んでいる。

私は敢えて言いたい!

陰謀があるないの論点はもう終っている。

これからは、陰謀肯定論者、もしくは陰謀証明者とという言葉を新しく提唱したい!

で、問題は、その偽物が世界で一番はばを利かせている訳である。そして、本物のはずのユダヤ人の2グループが下に位置付けられ、差別されているのである。あのイスラエルという国はインドのカースト制や、イギリス並みに差別大国なのである。

この様な事実に関しては、日本人は全くといっていいほど知らないのである。はっきり云おう!

日本人とは、素晴らしい民族であるが、世界でも希な無知な国民なのである。ま〜、それほど幸せな民族・歴史であったというべきか!?

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!グッドラック!!

◆偽物のユダヤ人とは、アシュケナジーム(白人系ユダヤ人)と呼ばれています。

◆ダ・ビンチ・コード 書籍解説、こちらで、ユダヤ人の正体を暴いた、アーサー・ケストラーの「ユダヤ人とは誰か」を特に強く推薦いたします。


◆参考までに、以下をお読み下さい!懇親の力で私がまとめたものです。
ダ・ビンチ・コードPART19とユダヤ人

それではまたお会いしましょう!!

ダ・ビンチ・コード キリスト教原理主義

ユダヤ教原理主義とクリスチャン・シオニズムについてご紹介したいと思います。

同志社大学の小原克博先生のブログをご紹介致します。
(現実にアメリカ国内外で問題に成っている事を、学者の立場から冷静に述べられていらっします)

ユダヤ教原理主義とクリスチャン・シオニズム(2006.02.08)

コネチカット州立大学の Norton Mezvinsky 教授が同志社を訪ねてこられ、大学で1時間ばかり話しをした後、烏丸御池近くの新風館で一緒に食事をしました。参加メンバーは、森・手島・サミールの各先生とわたし。

サミール先生が東京外大で行われたシンポジウムでMezvinsky 先生と出会い、急遽、京都にお連れすることになりました。CISMORの活動に関心を持たれたからです。というのも、Mezvinsky 先生はユダヤ教原理主義についての本を著しておられ、目下の研究課題は、クリスチャン・シオニズムであるので、CISMORの研究と何かと接点があります。

以下が詳細です。

シオニズムは、元来、ユダヤ人国家の建設を目指すユダヤ人たちの運動ですが、クリスチャンの中にも、イスラエル建国をメシア到来の重要なステップと見なし、イスラエルを特別視する人たちがいます。そうした人々のことを、クリスチャン・シオニストと言いますが、大半は米国在住の福音派クリスチャンたちです。福音派クリスチャンのすべてがクリスチャン・シオニストではありませんが、その核となっている宗教右派勢力の大部分は親イスラエル的傾向を持っています。

これが宗教的な傾向性にとどまらず、アメリカの外交政策にまで影響を与えていると言われています。どの程度の影響力があるのかは定かではありませんが、少なくとも、Mezvinsky 先生によれば、その影響力はかなり大きいようです。

イスラエルの政治家や宗教家たちの一部にも、親イスラエルのクリスチャン・シオニストを歓迎する人たちがいます。しかし、全体としては、キリスト教至上主義のクリスチャン・シオニストをいぶかしく思っている人の方が圧倒的に多いはずです。神学部のアダ・コヘン先生もそのように言っておられました。

こうした状況は、日本ではまだあまり知られていませんが、宗教国家アメリカの行く末を分析する上では、重要な要因の一つであると言えるでしょう。

会話は終始盛り上がっていました。Mezvinsky 先生にとっても、東京では聞くことのできないクリティカルな意見に触れることができ、満足な一時を過ごすことができたのではないかと思います。

以上、小原先生のブログ内からの引用であります。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?グッドラック!!
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ