site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>陰謀論

陰謀論

今日は、コンピュータのセキュリティーや個人情報の収集方法などというネタを元にインターネットが如何に監視され管理されているかについて、最近感じている事を書きなぐってみました。

又、アメリカに取って韓国はもはや敵国扱い!というネタもあります。

さて読者の皆さんは、2013年、エドワード・スノーデンという人物が話題になったのを覚えていますでしょうか!?そう元CIAのエージェントで、最終的にロシアに亡命したあの人物です。

彼の情報により、米紙ワシントン・ポストと英紙ガーディアンとがアメリカの公的機関「NSA(米国家安全局)」の監視システム「プリズム」の存在を暴露しました。

その驚きの内容は、NSAが危ない中国やロシア、そしてNATO同盟国や、ドイツ、フランス、イタリアなどのEU加盟国、そしてアジアの同盟国日本と韓国などの国連代表部や大使館に領事館を盗聴やメールチェックをし監視していたというものです。

陰謀肯定論者の間では、この程度の事はもはや当たり前で、個人の持つPCや携帯の電源が入っていなくてもカメラや音声は収集出来るのは私達の様な事情通レベルでは常識です。

日夜、我々のPCに携帯・電話などの音声やメールでのキーワードをエシュロンシステムのスーパーコンピュータが解析しチェックしているからです。その窓口の巨大なサイロアンテナ群の代表例が青森県三沢基地にありますよね。

エシュロンに関しては、角川から産経新聞特別取材班の追跡した「エシュロン」が詳しいですね。あくまで表面的で確信にはもう一つですが、問題提起には十分です。

さて、話は変わりますが、今マックを除いて独占状態のMSのOSウインドウズはなぜ独占状態なのか、かつて日本が独自のOSを開発していたのをご存じでしょうか!?

話は、ちょっと長くなります。

日本航空123便は多くの謎を残しました。

自衛隊のミサイル訓練中誤射説、納入されなかった戦艦、米軍の小型水爆説、日航機以外数機の残骸の存在、現場になぜ米軍関係者が調査しに来たのか、謎の所属不明の自衛隊部隊、不可思議な管制塔からの指示、死体は全て焼き殺されていたのか、なぜか当時の中曽根首相の地元選挙基盤のところに墜落したのか、なぜ近くに巨大ダムが存在するのか、なぜ今でも高濃度放射線が計測されるのか、米軍の日本製核兵器の開発阻止説、グリコ・森永事件の関係者がいた、当時の生存者は一切口を閉ざしたまま・・・、しかし、なぜ事故、いや事件、抹殺されたのかはこれといった理由がどうもはっきりしない。

さて、日本独自のOSを開発していたその時の中心メンバーが123便に数名搭乗していたのでした。

もし、日本版コンピュータOSが世界に発売されていたら、どれだけの富を日本にもたらした事か!?ビル・ゲイツの個人資産だけでも凄いのに。現時点では、そのOSはフリーで手にはいりますが、時すでに遅しです。

しかし、プロが誰かを狙ったのなら、123便ごと狙うなんて大袈裟な真似は絶対にしないだろうに。それとも、日本政府への見せしめと警告なのか!?

謎は深まるばかりです。

はい、その他、スノーデン情報の中に、NSAは韓国を「B級同盟国」と位置付け監視対象にしていたという事実があります。

馬鹿な韓国軍は、戦闘機や戦艦のブラックBOXを開けたり、シナに情報を流したりしたので当然ですが、つまりかなり以前から米国は、韓国外し、軍も経済も撤退する予定・計画を練っていたという事です。戦闘機の識別電波システムがかなり早い段階で共有していないという噂がありました。もはや米国にとっては敵国であります。

どうでもいい自由主義陣営の足枷なのか?

第三次世界大戦のアジアの火種にするのか!?

どちらにしても世界中の韓国・朝鮮人の強制送還の可能性とあまりに過酷な2年の徴兵義務、母国にその財産を狙われている在日朝鮮人達、実に悲惨な事実がもうすぐ彼等に襲いかかります。日本ではもう通名は使えなくなります。彼等に明日と云う文字はないのかも知れません。

安倍政権の在日朝鮮人包囲網と売国奴の除染プランは着実に進行しています。
シナチョンに乗っ取られた売国奴マスメディアは批判しかしませんが、凄い勢いで日本復活の改革と狼煙は上がっています。

全て、他国に寄生する事でしか生きられない愚かで馬鹿な民族の自己責任が招いた事です。
同情や憐みは二度とかけてはなりません。先達が何度朝鮮人に煮え湯を飲まされた事か。

ところで、最近、SONYのウォークマンを買い換えたのだが、何と初期設定で、スマートフォン並に、Googleのアカウントを入れろと出るわ、無くした時にその位置を調べられるのでセットしろと出るのには驚いた。

思わず「うっとおしいわ、ぼけ〜!」と叫んだ私でありました。家内が「お父さんどうしたの〜?」と心配する始末で実にはた迷惑であった。

同様に、これまた最近、Eセットスマートセキュリティーの3年目の期限が過ぎるので更新したら、やはり同じようにスマートフォンやノートPCの位置が判るのでセットしろと出るので驚いた所である。

因みに、コンピュータのセキュリティーソフトなんだけれど、さる筋の情報では、定期的にわざとウィルスを作りばらまいているというのはセキュリティーソフトの会社自体かマイクロソフト自体だという一部内部告発かなんかがあったと記憶している。これは裏は取っていないが、主だったセキュリティーソフトの会社の株主は、やはり主だった闇の人達がいて上納するシステムらしい噂がある。

これは未来永劫のドル箱集金システムである。
全く腹が立つ、実に憤りを覚える。

いつでもどこでも勝手に死ぬほど自由な馬鹿なロック歌手が「自由が欲しい〜!」とのたまうんだけれど、私達はインターネット環境を継続する限り、このセキュリティーソフトという集金システムからは逃れられない。

インターネットとPCの「自由が欲しい〜!」と云いたいのはこっちじゃ〜ぼけ〜と私は叫びたい!!

しかし、ツイッター(Twitter)にフェイスブック(Facebook)にライン(Line)などと、馬鹿正直に名前や生年月日まで入れて、小学生から大学生や社会人までの交友関係までマル判りとは恐ろしい限りである。

何も知らないで韓国企業のライン(Line)などで友達が・・・どうのこうのやナイスが増えたなどと騒いでいる馬鹿を見ると先が思いやられる次第である。

嘆かわしいといおうか・・・、こういう言い方をすると必ずほっとけや・・・本人が好きでやっているだ〜という愚かな意見もあるだろうが、インターネット上の無料ブログや無料ゲームがなぜ提供されているのか彼等は全く理解していない。

因みに、私はフェイスブック(Facebook)が流行る前にスペース何たら・・・というのに参加していたのだが、直ぐに止めた。理由は、意味がない、時間がもったいない、外国人相手なのでいちいち翻訳しながら意見を交わすのにどれだけ疲れる事か・・・という理由で止めたのだが大正解だった。

全て大本のコンセプトは個人情報の取得が目的である。企業的には、流行や統計などのデータを第三者に販売したり、将来の有料サービスにおける顧客予備軍としての導入口としての布石として提供している。インターネットでGoogleかyahooで何かを検索した場合、多くのブログやブラウザ、検索ページの広告に必ず一度一つ前に検索した物がまるで付きまとうストーカーの如く現れるのだが、ビーコンとかの情報収集機能である。うざいとしか言いようがない。

これら世界中の企業の情報を米軍が取ろうと思えば幾らでも閲覧・取得可能である。

ついでに、メールアドレスに、PC自体の存在を特定できるMACアドレス、ドメインの世界的な管理団体、全て彼等の管理対象である。それぞれの会社は自分達が管理されている事自体を認識してはいないのが怖いところである。

因みに、私の主だったHPやブログなどのサイトには、アクセス解析がセットしてある。
多くのサイトを運営している人間には当たり前の常識であるが、知らない人々は多い。

アメブロなどの玩具サイトなどは、芸能人が多く利用しているが、よくコメントで荒れたなどと云うが、キーワードやIPアドレス指定で拒否すれば二度とコメント出来なくなる。
そんな事も知らないのかと思ったりするが恐らく無料のでは出来ないのかも知れない。私もインターネット初期の頃アメブロの数十サイト位は立ち上げたが、今ではあんな使えないダサい改良も出来ない自分の広告も自由に貼り付けられないブログなどもう何年もログインすらした事が無い。

因みに、私のサイトにはたまにアメリカの軍関係のところから定期的に訪問されている。それは、全てドメインとIPアドレスから判る。

かれこれ7年か8年位以前からだろうか、私以外にも、結構な数の皆さんが訪問されているようなので今ではそんなには驚かないが、初めての訪問の時は流石にちょっとだけかなりビビりましたね。笑い!

話を戻すと、大体、中東の危ない原理組織などのHPを立ち上げようとする時点で、仮に偽名を使ってもどこの誰かは丸判りであるという事だ。ドメイン代誰が支払ったのか、HPをどこのPCでどこのサイト契約サーバーで立ち上げたのか、どこで販売されたPCなのかMACアドレスから、経由サーバーで位置関係まで、仲間由紀恵の様にお前達の企みはまるっとすっきり御見通しだ〜である!!

そして、昨今では一昔では考えられない程の監視社会と成っている。
最近では、都市部で何か事件が起きれば、その容疑者や車は、必ずどこかの建物や店や自治体の監視ビデオに撮影されているケースが多い。又、海外ではサッカー会場などで騒ぎを起こしたフーリガンなどの扇動者やレイシスト達を見事に確定するというケースが増えている。

最近、私が驚いたのは、昔の警察が持っていた電話を掛けてきた端末の特定機能を、最近の銀行がすでに採用しているという事実である。電話をした時点で、彼等はどこから誰の名義の電話かが全て判っているのである。偽名で電話などしてもバレバレなのである。悪戯など絶対に出来ないのである。

なぜこの事実が判明したかと云うと、私の不徳の致す事で昨年当該地の税務署から税務調査に入られた。その際に関係銀行に税と口座などの事でいろいろお尋ねしたいのですが、・・・云々と此方の名前を名乗っていないのに、・・・銀行の担当者がついうっかり・・・様と私の名前を呼んだのである。思わず私は、そちらで私の名前が判るシステムに成っているのですか?と聞いたらその通りだというから驚いた次第である。

もしかしたら、テレビ局も恐らくそうなんだろうな〜!?
これまで多くの反日・売国奴番組に抗議をしてきたが、バレバレなのか〜!?笑い!!

ま〜、つまり、この世界を牛耳っている連中やその手下の奴等が本気で誰かを調べようとすれば、インターネットの世界に存在する限り、電気的通信装置を使用する限り又その周辺機器を使用する限り逃れる術はないという事です。

故に、それに立ち向かうには、我々は膨大な情報の拡散という手段を取っている次第である。

もの凄い速さと勢いでこちらからの情報も広がっているのである。これはまさに大きな武器である。後は、テレビなどの管理されたマスメディアを如何にこちらが排除出来るのかがこれからの問題であり課題である。

最悪中国の様に検閲や遮断もあるだろうが、はやインターネットを遮断すれば都市生活やインフラまでの社会生活が出来ないのでそこまでは彼等も出来ないだろう。

日本では考えられないが、海外では大規模な暴動や略奪などの混乱が生じるだろう。

そして、これは昔から洋の東西を問わず、妖怪とか悪魔退治とかの一つの手段としてあるのが、「俺はお前の名前を知っているぞ!」と「おまえの企みを知っているぞ!」というものである。

ま〜「俺はお前の名前を知っているぞ!」というのは、古代から名前が判ると呪術の対象に成るというのの裏返しでもあり、船名や自分を指して、また子供の幼名を「・・・丸」や「麿(まろ)」とか表現したのも弱いうちは実名を鬼や悪魔に敵などに知られたくないという習慣である。「・・・丸」というのずばりうんちで、欧州の「メドゥーサの首」の飾りと同じ意味である。

つまり、不幸や海難が避けて行くのを期待しての事である。


以上、読者の皆さんもお気を付け下さい。

グッドラック!!

陰謀論

陰謀論なんてあるのかないのか!?

はい、「陰謀論」は確実に存在します。

ハイ、話は終わりました。笑^^!

今日は、大したネタではありません。

興味ない方はスルーして下さい。

今日は、絶対にあなた手を抜いたね〜という話です。笑^^!

最近、或る方の同姓同名のTwitterを拝見していたら面白いものを発見してしまった。

それは、「陰謀論なんてある訳ないだろう 」というシームの記事です。

ま〜記事の内容を読まなくても、陰謀論についての賛否を、どちらからの視点で語る一つの個人の主張だと思われます。

これ何年かに一度位のスパーンで場末の酒場で誰かと論議する時にこの話題を提供する事がある。

「陰謀論なんてある訳ないだろう 」というタイトルといおうかいい方はおかしいし、はっきり言えば完全に誤りですね。

恐らく書き手の主の言いたかった事は「陰謀なんてある訳ないだろう」と推察するところである。

ちょっと揚げ足取りみたいで申し訳ないが、これ結構「陰謀否定論者」の方がたまに「陰謀論なんてある訳ないだろう」という時があるのである。

現在、世界中で、もはや常識と云われる位「陰謀論」は語られています。

そして「陰謀論」とは、「陰謀存在の是非」を「肯定論者」と「否定論者」の間で議論する事であり、すなわち論じる事であります。

小学生並の話で申し訳ないネタでした。

失礼しました。笑^^!

たまには、人気ブログランキング応援お願いいたします。

陰謀論

なんやかんやで2012年12月22日から23日が無事に過ぎ去ってしまいましたね。

ちょっとこの辺りを総括しておこうと思う。
日本で、どのサイトもやっていないので当サイトが独断でやっておこう。笑い!

2012年、世界が破滅するという「終末論者」や災害による「地球滅亡論者」達はどう責任を取るのか?

■基本的には、「だいたいやね〜、煽った責任者出て来〜〜〜い!」と世界の真ん中の日本で叫びたい限りである。

以下は、日本における流れの紹介だが、「責任者追及」のための基礎知識である。
一応、この部分は皆さんに抑えておいてもらいたい。

◆礎となったのが1970年代初期の矢追純一氏の「木曜スペシャル」で「UFO」という概念が日本に定着した。
その後、不思議系の番組のスーパーヒットとなり、「空飛ぶ円盤」、「アダムスキー型」、「金星人」「エリア51」、「ユーマ」、「心霊現象」、「アブダクション」、「錬金術」、「宇宙人」、「アポロ疑惑」、「グレイ」、「ビリー・マイヤー 」、「超能力」、「ユリ・ゲラー」、「スプーン曲げ」、「念写」、「超常現象」、「第一種接近遭遇」などのキーワード用語が紹介され定着した。

・・・1950年代の所謂「コンタクティー」である「ジョージ・アダムスキー」や、眠れる予言者「エドガー・ケーシー」などが一般に定着した。

・・・時代的にはしかたないと思うが、当時の民意や英語の使用法や聖書の解釈など中途半端な説の紹介や番組の制作・編集スタイルは、実に興味本位で、内容が無い物をひっぱり、大衆を煽り、多くの民放の娯楽番組の編集スタイルに影響を与え、2000年代初頭の年末の「タケシの・・・」などに引き継がれた。
つまり、「やらせ」や「捏造」という負の要素に影響を与えた。

・・・あまり知られていないが、管理人が今でも評価するのは、「兼高かおる世界の旅」に匹敵する日立がスポンサーの「世界不思議発見」の前身の番組「日立ドキュメンタリー すばらしい世界旅行」だろう。
同番組こそ、所謂ミステリー的な要素や世界文化の紹介の魁であり秀作であった。

◆その頃、1970年代中期、アメリカの「フライングソーサーレビュー」誌に啓発された、数年で廃刊したが専門雑誌「UFOと宇宙」が創刊された。(この秀逸な雑誌は50代以上のマニアでないと知らないだろう!)

◆先ず、抑えておきたいのが、欧米世界では、はっきりしないがかなり以前からフランスの学者や作家などが研究していた「ノストラダムスの4行詩」が欧米では一つのネタ話としてマニアから一般へと浸透していたが、日本においては、1970年代初期に五島勉氏の「ノストラダムスの大予言」が発売されたり、ズバリ「1999年7の月空からアンゴルモアの大王が・・・」というのが一つのターニングポイントとして日本・及び世界の大衆に刷り込まれたのであった。

・・・余談だが、その解釈を巡っては、欧米では二転三転し、5センチ位の厚みのある原書本が日本でも棚に置かれた。世界的に、やり放題・好き放題で、名前を引用した下らない雑誌がどれだけ発売された事か?

・・・1999年を信じた馬鹿も、世界的に今回の中国人並みにたくさん居た。

・・・また、キリスト教圏では、古代宗教・密議の復活などを目指す秘密結社は別として、早くは、1950年代から、所謂「新約聖書ヨハネの黙示録」とこういった説をクロスオーバーさせ「終末論」的な発想を抱く新興「カルト教団」の理念の基礎が確立されていった。

◆とっ同時に、1970年(1968初出版)代初期、世界的に「エーリッヒ・フォン・デニケン」の人類創世記に、宇宙人(異星人)という古代の神がかかわったという主張の書籍が紹介された。それまでの人類の常識であるアカデミズムに一石を投じ、世界中に存在する「特異な遺跡」や「不都合な真実」にフォーカスしたのであった。

・・・一般大衆に、4大文明以外に、「超古代文明」の存在というロマンチズムを提供してくれた。

・・・1990年代の「神々の指紋」の「グラハム・ハンコック」の先輩に当たる存在である。
   「グラハム・ハンコック」は、神々の故郷は、金星や火星ではなく、「シリウス星系」や「オリオン星系」や「プレヤデス」なのではないかという推測を世界に投げかけた。

・・・ハンコックは、「ロバート・M・ショック」などの説を引用し、直近の滅亡した文明が約1万年前という概念が定着した。

・・・中学生の時に、彼の説を踏襲するドイツの映画を見たが、当時ブルース・リーに匹敵するほど興奮したが、今思うと実にチンケなものであった。

・・・同時期、NHKの番組「世界の遺産シリーズ」が始まり、「ピラミッド」や「中南米の遺跡」が綺麗に視聴覚体験が出来るようになった。・・・こういった番組でアカデミズムとのずれを認識出来るようになった。

◆1970年代から2000年代までの間、所謂デザスターや天変地異による「災害地球滅亡論」も世界的に活発に議論され出したのでした。

 アメリカのハリウッド映画などでは、「彗星衝突」や、「地球の自転停止」、「異星人襲来」、「氷河期の襲来」、「太陽からのスーパーフレアー」、「地震」や「地殻移動」など・・・ETC、世界の映画産業は、完全に「ハリウッド主体」になり、キリスト教徒でもない多くの大衆でも、「地球滅亡論」や「ノンフィクションとしての陰謀論」を意識する事無く頭に刷り込まれていきましたね。

・・・つまり「ハリウッド」=「ユダヤ資本」であり、「ユダヤ礼賛」主義であり、批判したものは製作出来ない。

・・・キリスト教徒や一部のシオニストなどの原理主義者が唱える「ハルマゲドン」説である。

・・・所謂、私などの陰謀肯定論者などが主張しているのは、良からぬ勢力による自作自演の「ハルマゲドン」の演出説であります。かといって、ユダヤ人だけでなく有色人種の差別の急先鋒であるミリシアやネオナチ(KKKなど)などを支持している訳ではありませんので宜しく!

(この辺り、世界平和なんて嘘ぶいているノンポリの平和ボケ日本人には絶対に判らないでしょうね。世界の事情をもっと学んで欲しいものである。先ず無理だろうと私は思ってしまう!)

◆1979年、日本において「ムー」がこれまでの「人類の歴史」、「超常現象」、「UFO関係」、「ユーマ」、「疑似科学」、「終末論・地球滅亡論」・・・など全てを網羅した総合雑誌として発刊され、長く愛され今に至る。

・・・「疑似科学」や「終末論・地球滅亡論」や「心霊現象」などの巷間の噂や話題が大好き人間を揶揄して「ムー的な」と安易な表現をされる様な事がある。笑^^!管理人も良く云われる事がある。笑^^!

◆同じ学研において、「ムー」に起稿したり「ムーノベル」シリーズで出版しているサイエンス・エンターティナーと称する「飛鳥昭雄」が突如として、華麗にでもないが、登場した。当初から、「と学会」なる会を主宰する「山本弘」なる人物との間でその真偽を巡る論争や裁判などは実に面白かった。

・・・なんでもかんでもみんな〜批判し噛みつく闘犬の様な「山本弘」氏と、海外の作家の説をさも自分のオリジナルの如く紹介し且つカルト教団的な要素の高い怪しい宗教団体に属す「飛鳥昭雄」氏の関係は、これからもその論舌に期待したいところである。

・・・「山本弘」氏に関んしては、管理人が見逃していた飛鳥説にも鋭く切り込んでいたりして感心する事もあります。あくまで個人的な感想ですが、がっえっそれはないだろう・・・という主張も多く同一人物だろうかと思う事もあるから面白い。

・・・お恥ずかしい話だが、90年代「飛鳥昭雄」氏の説には面白くてかなりはまってしまいましたね。
 されど、その内、インターネット環境が整ってからは自分でとことん調べるようになってからは、「飛鳥昭雄」氏の主張に疑問を抱き、冷静に距離を置くようになった訳ですが、「フイクションとしての読み物・・・」としてみると実に面白くつい信じてしまいそうになるのは管理人だけではないでしょう。笑^^!
・・・でも100%信じちゃ駄目よ〜〜〜と私は切に警鐘を促します!!

  また、その情報源は世界のアメリカの最高情報機関というのですが、なぜ日本人の彼だけに・・・という疑問には一切答えた事はありません。

・・・また、英語力がある方はYouTubeで欧米のサイトをくまなく探すと似たようなものが見つかる点(特に陰謀論系主張)と、時間がある方は欧米の研究者のサイトを翻訳機能を用いて調べてみると良いでしょう。(物凄い時間がかかりますが!?)

◆そして、ノストラダムスの説の再来とも云える「マヤ歴の終焉」で世界が滅亡するという終末論と「フォトンベルト説」が世界に広まった訳です。

・・・しかし、解読した3人の学者や、その内容には、世界が終るなど一言も書いてないし、単に暦が終わるという事実だけを発表しただけであった。

結果、つまりどっかのインチキ馬鹿野郎が一つまみ味付けした訳ですね。
暦というものは循環するという事を知らなかったのか、意図的にかは判らないが!?

・・・良心的な研究家の「浅川よしとみ」氏などは、現地族長インディアンの「アレハンドロ」氏などにインタビューし、単に暦が循環し新しくなるという言質を取っている。世界が終わるなどという言い伝えは存在しないし、そんな主張をした者は居ないという事実が調査され確認されている。

・・・因みに、最近、何とこのマヤ歴にはうるう年が計算されていなかったと、つまり計算ミスだと別の学者が発表しました。それによると、正しい「マヤ歴」の循環起点は、2015年9月7日だそうである。

・・・そして、それがエジプトの最近出来た怪しい予言と酷似しているというから、また新しい騒ぎになった訳ですね。

・・・しかし、日本でもかなり最近まで、偽・三文占い師からインチキゲンチャーなどが、平気で出鱈目を吹聴していたのである。

◆予言者と占い師と幻視者達!

 偽・詐欺予言者からインチキ占い師まで数多く存在しましたが、日本の出口王仁三郎などに代表される所謂江戸後期から明治時代に起こった神道系の新興宗教は別として、海外の占星術から超能力者系の予言と云ったら酷いの何の、ま〜滅茶苦茶ですね。

予言はしていないけれどもインチキ超能力者、実はマジシャンだったインドのサイババ、最近ではブラジルのジュセリーノ、未来から来た男ジョン・タイターの予言など、肝心なものはほとんど外れている訳ですね。
因みに、「近い時期にアジアで大きな地震が来るでしょう、震度5から7の巨大な自信です。でもいつかは明言できません。多くの人々が嘆き悲しむでしょう・・・」とかの予言は問題外・対象外です。

元FBIとかの超能力捜査官ジョー・マクモニーグルなども、予言に関しては問題外です。
前述のエドガー・ケイシーも、実にアバウトで、肝心な事に関しては期待外れもいいところです。

世界中に存在する所謂キリスト教原理主義的な思考の「幻視者」達も問題外です。
さまざまに解釈されるニガヨモギは未だ現れませんし、彼女・彼等が予言した時期・期限はとうに過ぎました。

ま〜11PMの時代に太陽系に新しい惑星が発見されるでしょうのアメリカの女性は別口かな〜、今のところ。

戦前・戦後、日本の皇室と政治に助言した異彩を放つ能力者の方が実績からすれば凄いですね。
それでも、日本が在日朝鮮人に侵食される事に関しての予言と助言は無かったのが残念です。

ま〜戦争に勝っても軍部が独走すれば、日本の一般市民も今の様な精神の自由と自由な主張の表現は出来なかったでしょうね。

この辺りの歴史的な解釈と個人の幸福論は、実に悩ましいところです。

予言と云えば、基本的に、人がどうとでも取れる様な解釈が出来る、脅迫観念で人の精神を閉じ込める、所謂「旧約聖書」とかなり改ざんされた「新約聖書」とその偽書扱いの「外典」、ユダヤ教徒の「タルムード」やムスリムの「コーラン」などをそのまま無条件で信じる・・・などという愚かな行為は、これまた問題外ですね。



・・・・・・・・・・・・さて、んっで、予備知識の方は、OKでしょうか〜〜〜!?



 思い起こせば、1990年代前半からマヤ歴(ツォルキン暦だっかな〜)が2012年12月22日で終わるので世界が滅亡するという実しやかなホラ話が独り歩きするようになったのですが、そして、1990年代後半から世界的に、所謂「フォトンベルト説」と結びつき、がっちりタッグを組んだ訳である。

 問題は、特に日本において、この「フォトンベルト説」を主張して煽りに煽って大衆を欺いた連中が存在します。
船井幸雄氏や中丸薫氏や渡辺氏、エハン・デラビ氏、・・・・その他である。

■その実情・実態は、まさに「カルト」的でした。

 こうして、2012年12月22日を無事に迎えるに当たっては、「次元上昇?」とか表現される「アセンション」をしない者は滅びてしまう・・・という脅迫まがいの主張でした。

 また、「アセンション」をして新しい世界に入ると、ちょっと違うけれどもニーチェが作り出した言葉で「超人」というのがあるが、人間からそれぞれが「超人」か「神の様」になるという「モルモン教」等々の教えと同じような主張をする様になりましたね。

 そして、「アセンション」するためには、「悔い改めろ!」とか「生活を改善しろ!」とか「新しい時代への価値観を構築しなさい!」、「宇宙の意識と一体に成りなさい!」とか、「自我を捨てなさい!」とか、「意味不明の手段不明の世界平和を願いなさい!」とか、・・・つまり「今の価値観である国や文化や人種やポリシィーを否定しなさい」と・・・大昔、どっかで聞いた「共産主義」そのもや、「ジェンダー・フリー」的な破壊者としての「フェミニズム」と良く似た主義・主張をしています。

つまり、「個人の理性的な考え方を否定する」ものです。

そして、世界的には、カルト教団の教祖のみを信じるように強制・洗脳し、「生き残りたければ・・・」と彼等は説いた訳ですね。

 つまり、大衆の不安を煽り、その他を完全否定し、自己も否定し、得体の知れない、何となく良さげな平和主義的な思想に身をゆだねなさい!・・・という実に怪しい「カルト主義」です。

それをうたい、広めながら、書籍や、公演をし、得体の知れない平和団体に寄付をつのったりしていた人々、・・・・・・そう詐欺師で、嘘つきで、インチキゲンチャーな奴等!!

この人達に、「すみません!私は、嘘を言っていました!」とはっきりして欲しい。

■更には、「私は、間違っていました。頂いたお金はみなお返しします!」・・・の一言など、「誤りと訂正宣言」と「収束宣言」をするべきではありませんか!?

・・・と、当サイトは、強く詰問したい!!主張したい!!

それがどういったインチキゲンチャーの連中かは、以前、記載したフォトンベルトの記事の通りです。

さて、本日の記事も力いっぱい頑張りましたが、如何でしょうか!?

コメント大歓迎です。

陰謀論

クローン人間の存在について読者の皆さんはご存じだろうか!?

当サイトとしては、決して肯定している訳ではありませんので、どうか最後までお読み頂きたい。

日本国内において、クローン人間だとか、洗脳チップとか、人間牧場的に管理するための個人識別ICチップなどというと、一般大衆の多くや無知な人々は即「トンでも話」として捉える。

ま〜インターネット上にある海外の情報が100%信用するに値するものかというと、それはもちろん日本国内の偽保守や偽右翼を語る大陸系工作機関や同じく大陸系カルト教団のプロパガンダと同じで、虚実を混在させたものも多く散見されます。つまりガセ情報も多いという事です。

そして、この時点で、すでに読者の皆さんの大半は、ちょっと誤解されているかも知れませんね。話を整理しておきましょう。

 私がいう「クローン人間」とは、「マスター人間の記憶を持ったコピー人間」の事である。単に複製としての生物は、現代の科学力を持ってすれば100%作れるでしょう。恐竜でもね。

私も、つい数年前までは、そんな「マスター人間の記憶を持ったコピー人間」であるクローン人間の存在などあるものかと思っていました。いや、恐らく幾ら化学が進んでもそんなものは永遠に作る事は不可能だと思っていましたね。

 それで、今回は、そんなクローン人間とか、特定個人の記憶を変えてしまう「洗脳チップ」の可能性と真偽について私の思考と想像力をフル活動してみました。

■1、、先ず欧米での有力な情報についての紹介からしましょうかね。
 結構な数だけありますね〜。
有名な政治家やハリウッド俳優は大抵該当しますね。笑い!

私が、以前謎解きしたYouTubeの「レプティリアン」動画ビデオの大半は専用のソフトにより加工されたものである・・・・と同じで誤魔化しの偽情報ばかりですね。
 問題は、それらのフェイク情報を流しているのは誰かという問題もあるのですが、その辺りは当サイトの読者の皆さんには無用ですかね。

 話を元に戻します。
しかし、いや〜是だけは、断定は出来ないが、説明のつかない疑問が残る得意なケースがあります。年代的にはバラバラで咄嗟に思いついたものだけなので申し訳ないが、あくまで一例ですよ。

<<クローン、又は、影武者の存在疑惑説の人々の一例>>
1、ポール・マッカートニー、1966(68)年以降別人説!
2、バラク・オバマ
3、ヒラリー・クリントン
4、JHW・ブッシュ元大統領
5、ジミー・カーター元大統領
6、M・ゴルバチョフ(元ソ連共産党書記長)
7、バチカンの幹部
8、フセイン(元イラク大統領)
9、オサマ・ビン・ラディン(元CIAのエージェント、アルカイダ首領)
10、数代以前のバチカン教皇
11、各国歴代の王族・首相・大統領・大臣などなど・・・
12、金 正日(キム・ジョンイル)の影武者の一人は何と女性だったそうです。
   どうりで、腹の張り具合が違うのと声を出さないはずである。

<<抵抗し暗殺されたであろう人々の一例>>
1、JH・ケネディー大統領
2、ついでにマリリン・モンロー
3、J・マッカーシー
4、J・レノン
5、B・マーリー
6、UFOディスクロージャー関係の科学者、ジャーナリスト多数
7、陰謀ディスクロージャー関係の学者、ジャーナリスト多数
  (もはや陰謀ではなく、明らかにされた計画ですね)
8、M・ジャクソン
9、アーロン・ルッソ
10、石井紘基(民主党衆議院議員)
11、中川一郎(自民党衆議院議員)
12、中川昭一財務大臣(自民党衆議院議員)
13、オーム村井
14、ライブドア(?)
15、抗がん剤製造・発見の日本人医師
16、エイズ治療薬製造・発見の海外・日本の医師
17、日航機123便搭乗の企業役員・その他
18、憂国の政治家・・・・・・
19、憂国のジャーナリスト・・・・・・(存命の連中は犬か問題外という事か)
20、ハワード・ヒューズ(監禁のち死亡)
21、ダグラス・マッカーサー(監禁のち死亡)

さて、ポール・マッカートニーなんだけれども、彼のクローンか別人説はなるほどと思う次第だ。調べれば調べるほど疑わしい。顔は確かに似ているのだが(当然か)、若いころのポールと途中からのポールでは随分雰囲気が違うような気がする。左耳に関しては同じ正面からの画像でもレンズの高さ角度光線などの具合でその違いははっきりしないのだが、意図は理解できる。また、身長の違いには驚きましたね〜。しかし、身長が違うという以外では、左利きでギターが弾けて、同じ声質の人間を探してきたのか!?

ポールの目玉が大きくび出るビデオは、明らかに加工しているので問題外です。
日本語に翻訳してみれば明快です。

そこでなのだが、仮にクローンが出来たとして、大きな疑問が発生する。
世界的にここまで突っ込んでこの疑問を解説しているところは、今のところ皆無である。それが以下の疑問である。

■2、クローン人間製造の疑問!?

  これ実際にですね、フィジカル的に(肉体的)には完成したとしても、記憶とか思考とかの実態はどうなのかというと実に疑問だらけです。世界中のカルト好きの連中で、偽物レプティリアンYouTube動画にまんまと引っかかっている連中は、軽い気持ちでクローン・・・と云っていますが、想像した事あるのだろうか!?ないだろうな〜!?笑い!

1、クローンは、直接年齢に応じたものが作れるのか?
  (30歳の人間から、30歳のそれ)
2、子供のころから作るのか?その場合、特定の年齢のところまで急激に成長を早める事が出来るのか?(子供→30歳)
3、特定の人間が生まれたならば、その時点でクローンを製造し、来る(利用す)べき日に備えるのか!?(同時進行で成長)
4、性格は変わるのか!?
5、同日に取った株からの場合、その運命はどうなるのか!?
6、栄養の摂取度合いが違う場合、どのような変化が見られるのか!?
7、後天的に訓練で身に着けた身体能力は!?
8、成長した人間のクローンは、それまでの記憶も持っているのか!?
9、仮に存在するとして、彼等の精神状態はどうなのだろうか!?
  自由はあるのだろうか!?皆さん、想像してみて下さい。

 もし、あなたが、実はあなたのクローンだという事が自分で判り、つまり認識出来た時、あなたは尋常でいられますか!?完全な洗脳をするか全くの完全なロボットでない限りクローンが感情を持つという事は恐怖ですし、扱う方もやっかいです。

つまり、整形で成り済ますのとは全く違う訳です。その辺のメンテナンスはどうなんだろうか!?だから、その辺りを私はクローン説を唱えるディスクロージャー達に詳細を求めるのです。

同じポールでも、ポール・ニューマンは厚底靴を履いていた事実を知る映画ファンは少ないだろう。笑い!

ま〜、似ている似ていないに関しては、具体的な違いを幾ら立証しても、マスターとコピーを同時に白日の下に晒さない限り証明は不可能だろう。実際、世界の要人に、そういった強制的な行為を行うのは不可能だろう。

しかし、ヒラリー・クリントンには驚いた。
これは決定的でしたね。彼女は、同日同時刻に二か所の場所に出現・存在していた。
これは厳然たる事実ですから、どちらかですね。

そして、いちいち説明するのも面倒くさいのだけれど、オバマの頭の傷は大統領になる前には無かった様な記憶がする。頭と云えば、ゴルバチョフなのだが、これは、日本では誰もまだ取り上げていないのだが、哲子の部屋に出演した時の彼の頭のアザの形状がやはり違う印象を持ったのは私だけなのか!?「出生証明書偽造」か不明の件での裁判はまだやっているのだろうか!?

フセイン(元イラク大統領)に至っては、素人でも判る位、顔の部位に違いがありますし、何せ最後の死亡時の画像に至っては加工物であり、他人という事が判明しています。

もっと酷いのがオサマ・ビン・ラディンの死亡画像ですね。
別人のいいところであり、加工画像は反転したものを使っていたのがバレバレで、もうちょっとしっかり作って欲しいものである・・・・何て我々は言ったりしてます。笑い!

■3、さて、クローンの可能性についての私のあくまで、全体ではなく一部分であり、或る側面から見たものについての考えを述べたいと思います。

仮に記憶などが全く白紙のクローン人間が作れたとして、その意志と記憶はどうなるのかという疑問に対して考察してみたのだが!?これはまた、映画「ブレードランナー」のアンドロイドロボットの記憶と考えて頂いても良いだろう。

仮に50歳までの人間の50年分の記憶は作れるのか!?
例えば、幼い子供の頃遊んだ場所から、初恋に、受験に、幼馴染の存在、会社の同僚、恋人との関係・・・、ETCをまとめて創造出来るのか!?

私の創造ではどうも可能のようである。
多くのスタッフと資金はそれなりにかかるだろう。

例えば、一人の人間の大まかな人生ストーリープラン(設計図)を作り、そして1年分365日を1日分を12人のスタッフで365チームを作り、1日分24時間に分けた中での詳細な記憶とストーリーを作成する。

詳細とは、インプットする項目が更に細かく分類され、この人物の嗜好や考え方まで、それぞれのイベント(事件)において、どう感じたかという印象レベルの強弱までインプット形成してゆく。

もちろん、寝た夢の記憶や画像・・・、それの記憶の出入りまでインプットして、特定のキーワードで思い出す・・・などまで細かくインプットして行く。
例えば、或る日便秘になったときのしんどい感情とか、バスに乗車している時にお尻がむずがゆくなったけれど掻けなくて辛かった・・・などなどの人が体験するであろう感情や、意識はしないが嫌な感情を持ったなど無意識のそれもインプットし創造して行く。

人格形成の大詰めでは、特定のイデオロギーまでが形成されるように前後のプランを総括するチームマネージャーが常にチェックしているという状況である。

でっ、つまり4、380人のチームが、365日分×50年分の記憶を作る訳である。
1年分を1か月で、50か月、約4年ちょいですか。
物心ついてからがかなり大変だとは思うけれど、意外と数年もかからないで出来そうだと思いませんか!?
人口知能としてなら、有意義ですが、陰謀計画を実行するための複数人のクローンへの記憶植え付けには実に非効率ですかね。

2012年の民放とNHKの番組では、2045~2050年には、人間の脳レベルの超集積回路チップは出来る予定だそうです。凄い時代です。私が子供の頃は、地球上の表面積位のコンピューターシステムが必要だと云われていましたからね。笑い!

■4、さて、仮に50年分の記憶が出来たとする。

例えば、Aという人物に対する好みや悪意の印象などの変遷など矛盾がないかどうか、インプットした膨大な人物名や、人生で影響のあったキーワードを用いて、スーパーコンピューターにあらゆるシュチュエーションを設定して膨大なチェックをさせる。数時間か数日もかからないんじゃないでしょうか!?

さて、これを、一般には出回っていない普通のLSIチップの数千倍という「超超超集積回路」に入れます。

さて、その次がまた大変ですね。
今度は、ハードの面です。

これを、脳の特定部位に、謎のブラックボックスと共に埋め込むのか!?
何らかの方法で、脳に電気信号として入れてゆきます。

ここで事を急ぐと脳は爆発するかも知れません。

近代の研究では、脳は眠る事によって、日中、肌や耳や眼から入った無意識なモノも含めての膨大な情報を精査し振るいにかけて、忘れようとしているそうです。ですから、無理して情報を詰め込むと大変な事になるかもしれませんから、それまでに、数々の悲惨な事例の不幸が発生した事でしょう。

そうですね。
例えれば、映画「エイリアン」での不完全なクローンとか、映画「ザッ・フライ」のラストシーンとかのね。想像しただけでも身震いしてしまいそうです。

 これは直接は関係の無いお話ですが、脳科学の側面から言うと、現在凄い進歩をしています。日本のマスメディアでも何例かは紹介されていますね。

1、盲目の人間に、特定部分を刺激するか、電気信号で、外の世界の映像を見せる事に成功しています。これはもう、まさに映画「スター・トレック」のラ・フォージ少佐(後に中尉)です。

噂では、米軍では、受信機が必要なく、人間の脳に直接、そうですね〜電波信号としか言いようがないのですが、そのような形で意志疎通が取れる装置を開発してあるとかないとか!?・・・というところまで来ていますね。

そして、超超超小型受信機を頭に埋め込むか、耳元に置くかでの上記のような意志疎通はすでに出来るようです。

■5、もっと簡単な方法はないのか!?

さ〜そこでですけれども、万が一クローンを簡単ではないけれども作れたとして、、こちらの(悪い奴ら)の思惑通り動いてくれて、用がなくなれば、即処分できるという事が可能な場合、もっと簡単に記憶のやり取りや指令をインプット出来ないかという事になりますが、アメリカのプロパガンダ映画を見ていると、スーパーコンピューターを介在して電気信号のやり取りで出来そうな気になってくるのは私だけでしょうか!?

恐らく、影武者、整形した人間を用意した方が安いし効率的だろうな〜とは予測できるのだが!?

■6、人間の脳、記憶や思考は単なる電気信号であります。

実際、目でものを見ていると思っている方は多いでしょうが、目はセンサーでありレンズであり、いまあなたのの目の前にあるパソコンの映像は、あなたの頭の奥深いところで、情報が整理され映像化されているのです。

ですから、強力な電磁波を人間の脳が浴びると、ショートするか、記憶が書き換えられるか、ところどころ記憶が飛ぶ可能性があります。ですから飛行機も人間もコンピュータも電磁波による影響は同じなんですよね。

大昔、漫画「ガッチャマン」において、ミサイルかロケットを打ち落とすのに電磁波を使っていましたね。

この世は、まさに「色即是空」であり、「仮想現実の統一磁場世界」(私の造語)です。電気によって成り立っている世界です。

先程、素粒子に重力を与えているのは、ヒッグス粒子である理論の証拠を発見したというニュースが流れましたが、もっとシンプルに電気の性質方面から攻める学者はいないのかと疑問に思う次第でした。

参考までに、数年前には、アメリカの映画で別の記憶を埋め込まれた兵士が復讐するというお粗末な設定のものがありましたが、それ以前には「トータル・リコール」や「マトリックス」などがありましたね。電気的なシッョク(?)で、記憶か思考の世界を仮想現実として、成立させるものでしたね。

しかし、仮に、くどいようですが、完璧なクローンが出来たとしましょう。
彼か彼女のために、虚構の世界を設定して、つまり双子とかで君は表には出れない事情があるとかね!?

実際、整形の別人なら管理は楽でしょうが、本当にクローン人間など作ったらどれだけ管理が大変な事でしょうか!?

私には、クローン人間とは何となく自由と意志がないケネディーの妹の「ロボトミー手術」を受けたような感じで、あまり気持ちはよくはありませんね。必要がなくなればいつか処分されそうです。

◆そういえば、大昔のジョージ秋山の漫画に、クローン人間を扱ったものが出てくるんですが、子供心に怖かったですね。彼の「銭ゲバ」とか「ザ・ムーン」とかも・・・、怖かったですね。笑い!

さて、あなたは、どうお思いになりますか!?

ご意見をお聞かせ願えれば幸いです。

この記事の主張は全てダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルなものです。
引用の際にはご注意下さい!!

グッドラック!

陰謀論

さて、これから地球に起きるかも知れない大規模な「陰謀計画の実行」と可能性としての「大災害の発生」について整理し考えてみました。

ずばり、多くの陰謀肯定論者作家の主張を精査し、現在進行しているおのや説として可能性の高いものをちょっと整理してみました。ま〜個人的な「2012年までの備忘録」みたいなものです。使いたい方はご自由にコピペしアレンジしてご利用下さい。出来れば、引用元を記載して欲しい。

さて、そして、古代からか中世からなのか「陰謀」を計画している「大元」は「何者」なのか?
実体があるのかないのか・・・気になりませんか!?
そんなあなたのために、おさらいです。

【 大カタストロフィーと陰謀計画の基本 】

1、超巨大なフレアーの発生→「太陽風」
  紫外線・太陽光線の増加→熱源「熱波」→地球温暖化の根本的原因
★ポイント!
  ウクライナ、インド、アメリカ、フランス、ETC・・・以上な「熱波」で死亡者多数。
  大干ばつの発生・・・。
  アカデミズムは、原因は、→「太陽風」の影響大と、「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、・・・で認めました。
  故に湖が干上がり、氷河が溶け、亜熱帯が拡大する。
  海面上昇は嘘。
  ツバルの海面上昇は、人口増加で、地下水の汲み過ぎ。
  CO2説は、完全な出鱈目です。
  イルミナティは何でも金に替えますね。
  ★ポイント!
  確かに赤道面に近い湖や氷河は溶けているが、南極と北極は全く変化していない。
  海面上昇などしていない。
  巷には、単純なごまかしの詐欺的データ利用の拡散活動やマスメディアの大衆洗脳
  バンアレン帯への影響→電子機器・インフラの破壊→皮膚癌の発生
  カナダ・ケベック州など大停電。

2、「銀河系の中心」からの超巨大な「銀河風」か「超新星爆発」か
  太陽系内のガード(防御壁)である「太陽風」を突破
  ★太陽系内への外宇宙線の侵入→水素と反応し雲の大量発生(物理学科の初歩的な実験)→太陽光線遮断→地球寒冷化に向かう
  ★エレーニン彗星から地球を保護した「太陽の自動防衛システム」の様に、将来の銀河内部からの外宇宙線に備えるために、「太陽の活動」が強くなっているという説もある。→「惑星は生物説」
  ★ポイント!(現在進行中であり、アカデミズムがやっと認めました)
  現在も、地球温暖化と騒ぐNHKですが、「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、ETCで認めました。

  ★オリオン星系の近くの「ぺテルギュース」(地球から約640光年)がいつ寿命が来てもおかしくない状況で、「超新星爆発」を起こすのですが、問題は、その回転軸の方向なんですが、かろうじて地球を逸れているようで、一応安心という事らしい。その回転軸からは、中性子線やガンマー線など超有害な放射線を強力に発する訳です。640光年程度は、庭みたいなものらしい。
  「ディスカバリーCH」、「サイエンスZERO」、ETCで認めました。

3、A,あまりに超「長周回周期」と「公転角度」が他の惑星と異なっているために、太陽系内でこれまで発見されな  かった「謎の惑星・巨大天体」が地球に超接近するために起す「潮汐作用」での地球破壊。
   (「惑星二ビル・3600年周期説」、「シュメールの粘土板」と「Z・Cのアヌンナキ」)
  B,太陽を軸にして、地球とほぼ同じ双星(クラリオン)の発見(直接的には関係ないが)。(飛鳥・CIA説)
  C,木星が、新たに遊星を吐き出す。(飛鳥・CIA説、ホピ族の伝説利用)
  参考までに、アメリカ人は全く知りませんが、CIA職員の採用システムは、「ユタ州>モルモン教徒>CIA」で   あり閉鎖的です。故に、彼の漫画では別組織になっていますが、「飛鳥情報=CIAから」です。

4、「彗星・流星」による地球への「ビッグ・インパクト(衝突)」
  人類全滅です。

5、善・悪の異星人襲来!?
  古代文明・人類の起源と発生の解明を期待。
  カルト「終末信仰(思想・思考)」を増長させ、神の介入演出計画「プロジェクト・ブルービーム」の実行。
  地球規模の宗教の統一を狙う。
  米軍かCIAの演出→9番に続く
  ★ポイント!
  A,スピリチュアル系→「シリウス・オリオン」星系から
  B,地球内部天体アルザル→失なわれた10士族系
  C,竜・牡牛・蛇信仰
  D,大本教、日月神示、天津教、縄文古代信仰、カタカムナ、ムー→日本古代神教
   +青森キリスト教伝達・到来説
  E,スピリチュアル系→「銀河連邦」総合(「シリウス・オリオン」含む)
  現在、A、B、C、D,Eなどの説が微妙に絡まったり、単独での説・主張が世界中で乱立しています。
  Dなど日本独自のものもあります。

  ここのところ、本当に頭が痛くなります。

6、計画的人工的な食料危機
  食糧の無意味なエナジー変換(とうもろこし)
  反米のはずであるチャベスもアフマデネジャドもフリーメーソンかイルミナティで笑い!?
  ★ポイント!
  気象兵器HARPにて、太陽原因の温暖化をアシスト→大豪雨・竜巻・人工的な干ばつの演出→食糧危機

7、人口削減計画
  未知の「ウィルス」や疫病の発生
  「ケムトレイル」などで拡散、「非妊娠ワクチン」の強要と普及→「人口削減計画」
  「モラルの崩壊」→「フェミニズム・同性愛・中性思考・妊娠中絶」→出産数減少
  ★ポイント!
  日々、音楽、映画、TVCM、TVゲームなどマスメディアにおいての洗脳が続行中。

8、基本的に、WW3を目指す。
  ★ポイント!
  内戦・民族対立の演出→現在も進行中
  アフリカ北部やイスラム教のアラブの数か国がこの1年でドミノ倒しで崩壊→その答えは→イランの崩壊
  →安心してエルサレムにソロモン第三神殿の建設→第三次世界大戦か

9、「マスメディアの独占」と「洗脳・世論」の工作・演出→国連・映画・文化・ニュースメディア・SEX・スポーツ配信・経済→無気力・無思考・無抵抗人間の創出→支配構造の確立

【 大カタストロフィーの原因と陰謀の影響とその結果 】

1、地磁気、オゾン層の破壊→人体への悪影響→生物の絶滅
2、強力な電磁波のために電子機器の破壊→文明社会の混乱→文明崩壊
3、地殻の破壊、大陸の移動・隆起→巨大地震→文明崩壊
4、火山活動の活発化→火山灰による太陽光線遮断→食糧危機→戦争
5、ポールシフト→文明崩壊
6、超巨大な津波→文明崩壊
7、先ず有り得ないが、異星人(地球内部も含む?)によるスーパー兵器での直接攻撃か、神の介入演出などの  「心理的戦略」による「人類支配」の完成。
8、「マスメディアの独占」による「大衆洗脳と世論操作」で、大衆の思考をコントロール。
  考えない、抵抗しない、疑わない・・・。計画を有利に進める最大の要素。
 
大カタストロフィーに関しては、ま〜本当に起きれば、人類の文明社会はほぼ壊滅状態になりますね。信じる信じないはあなたの自由ですが、これはほぼ人類・生物に平等に起きますから、真実ならばそれはそれでしょうがないので、その時まで生を楽しみましょう。世界の金持ちや要人の中には、火星や月面の秘密基地に脱出し、暫くやり過ごすという説もありますが、別にそれが出来る連中はそれはそれでいいんじゃないですか。
全人類の脱出なんて土台無理な話ですからね。

問題は、どちらにしても許せないのは、極一部の悪い連中が、「人類支配」のために演出し計画している独善的な思考による「陰謀計画」です。それは、実に長期的、用意周到に計画されています。それらを別角度から整理してみました。

【 「人類支配」のメソッドと「世界統一政府」の創出 】

基本的には、人類への「情報管理と操作」と「人口削減計画」の実行という骨子で、「世界統一政府」へ向かいます。前述のものをより具体的に示します。

1、つまり、世界的な「伝説」や「宗教的概念」や「予言」が成就するが如くの計画を立て、若干の「自然現象」の変化、もしくは兵器による「人工的な自然現象」の利用・演出により、前述のカタストロフィーが来るぞ〜来るぞ〜と大衆の不安を煽り、最終的には「情報管理と操作」による「世界統一政府(ワンワールド)」の樹立へと進む。

2、「人類史」や物理学などアカデミズムによる「教育と科学」や「政治と経済」の支配→「情報管理と操作」
  つまり、これまでの「人類史」は出鱈目であり「真実の人類史」は隠蔽(いんぺい)されていて、現在も巧みな「貨幣発行権」のトリックと詐欺と云っても過言ではない「金融システム」の創造により我々の財産は搾取されています。

3、「海外通信(情報)」、「通信媒体(PC・携帯)」の管理や世論「マスメディア(TV・新聞)」と娯楽「3S」の統制と支配→「通信の傍受(PC・携帯)」→完全な「情報管理と世論操作」
4、「人工的な食料危機」の演出と計画実行→「人口削減計画」
5、「宗教・人種・民族」の「対立・紛争」の演出→戦争への拡大「THE WW3」→「人口削減計画」
6、「人工的な伝染病」による不特定多数か、特定民族・人種をターゲットのウィルスや疫病の発生→「人口削減計画」

【 人類支配完成の結果後の世界とは 】

1、「世界統一政府(ワンワールド)」の特権階級による完全な「専制・全体主義」的、「独裁(国家?)・機関」が出来る。
2、人類は、独裁機関にチップを埋め込まれ「個人情報」が「完全管理・支配」される。
3、最終的には、不要と判断された民族と人種が淘汰される。
4、「世界統一政府(ワンワールド)」による統一「軍隊・警察機構」→パワーの完全管理・支配が確立する。
5、人類を階層に分け、被支配層には教育と職業が制限される。
  つまり「奴隷階級」が創出されます。
6、永遠にこの階層は固定され維持される。
7、人種や民族の「言語・文化・思想・イデオロギー」の完全破壊。

どうです。
もし、本当にこんな事になったら恐いでしょう。
人々は、何のために生きているのか判らないですよね。こうなったら生きていたくないと思う人々も多いでしょう。

しかし、もっと怖いのは、ロボトミー的な洗脳教育や、反抗するための「知恵や思考」という訓練を学ばせないで育った階級の人間は抗う事が永遠に出来ない事です。

ありましたね。所謂、革命と階級闘争による実験的共産主義や社会主義の導入(強要)というやつで、ナチにしても、カンボジアにしても、旧ソビエトにしても、中国にしても、ルーマニアにしても、実に悲惨な結果を生みましたね。

また所謂カルト宗教団体の狂った教義も多くの命を奪いました。
想像するだけで震えが来ます。

しかし、こんな世界のどこが楽しいのか我々普通の人間には絶対に理解する事が出来ません。これはもはや人間ではありませんね。

人が住めない場所が増え、悲しみと憎しみばかり、そして地球の完全支配。
残った連中は優越感に浸りながら、自分たちだけが人間だとして、奴隷階級を支配し、永遠に生き残ってゆく世界。・・・やがて、自分達の世界だとしても、いずれ人口が増加すれば、考えが違う者達や敵対するグループに分かれるでしょう。・・・また分裂が生じる事でしょう。

◆結論として、もしかして、陰謀の大元は「人間ではない者」が企んでいるのかも知れません。
まさに悪魔と呼ぶにふさわしい。

だから、D・アイクや出口王仁三郎などのいう事もさもありなん・・・かな〜などと思い事もあります。

しかし、悪魔というのは、いかにもキリスト教的な想像物です。
でも、それは、悪魔が存在するのなら神的な存在も認めてしまうことになる。

神の概念もいろいろあります。
◆ポイントは、「GOD」というのは日本人が想う神に非ずです!!

本日は、ここまで!

ところで、映画スパイダーマンでのサタニスト・サインは露骨でしたね。
ついでに、ブルーな瞳は色の象徴であり、ブルーブラッドの崇拝か。

流石にハリウッド映画、話題満載である。

陰謀論

今回は、「東日本大震災・発生原因・諸説一覧」と、その「原因」とそれを「主張している者」、その「矛盾」など、それらの「総合的な分析と分類」をしてみました。

ダ・ヴィンチ・コードの解説ファンの皆さんご無沙汰しておりました。久しぶりの記事更新になります。
今の所、「日ユ同祖論の罠」や「フォトンベルトの真実」、「アポロ疑惑」等の諸説分類と同じで、日本で一番詳しいはずと自負しておりますが、最近、「引用元不記載」で勝手に引用されるケースが多く憤慨しております。引用は構いませが記載元の表示を宜しくお願い申し上げます。

さて、昨年の東日本大震災以降、津波を被った地域は地盤沈下が起こり、東京方面ではかなり地殻が変動しているらしいですね。しかし、地震はいずれ間違いなく起きるでしょうから、納得はしませんが、多少は諦めは着きます。しかし、よくこんな日本の大地に43基も原発を建設しやがったな〜というのが本音です。

 東大閥京大閥ありますが、所謂原子力村(原発村)と電力会社との癒着構造というのは実に酷いものですね。
マスメディアは取り上げませんが、ズバリ田中角栄に始まり中曽根康弘で確立されたようですね。
でっ、田中元首相はCIAの援助で原発推進し、ロシアや中国に接近したのでCIAの力で引退させられた訳ですね。基本的には、田中角栄の前に中曽根康弘がCIA(アメリカの意向)の手先と成り、正力などの力を借り核アレルギーの世論を動かしたようですが。

巷間噂されている闇の世界の観点から分析すると、仮にもし、「日本独自の核兵器開発」プロジェクトを中曽根元首相が推進していたなら、今頃存命のハズはないだろうな〜〜〜と思う私であります。

しかし、世界一のプルトニューム生産能力の日本、疑問なのは、なぜアメリカ様がそれを許しているのか、しかも、IAEの最上位レベルでの監視も受けるという日本である。実に不思議な現象である。

さて、巷で出回っているものや、或る作家の主張など、考えられる可能性を全て整理しまとめたつもりです。ま〜参考になれば幸いです。そして、信じる、信じない・・・はあなたの自由だ〜!

 先ず、え〜立場上、私などが主張する「人工地震説」なんですが、じゃ〜誰が、どうやって・・・という話なんですが。果して「人工地震」を起した連中とは!?

私の様な「古代から続く組織の陰謀肯定論者」と、中世・近施に起源を置き、18世紀に確立した近代アメリカを建国しそれを影から牛耳って私腹を肥やす例えばフリー・メーソンリーやユダヤ人系金融資本家達による陰謀論」肯定論者達が主張する、所謂、アメリカの影の政府で実行したのは、アメリカ軍部かCIAか更にモサド・・・ちゅうところでしょうか。

え〜、軽くアメリカ軍部かCIAか何て書いていますが、えらい違いなんですが、ハープを直接使用できるのと、衛星に反射させたり増幅できたり出来るシステムをほぼ思い通り使えるとなると軍部なんですが、・・・どの統括なのかという部分に関しては、飛鳥昭雄氏(CIA系ロビイスト)もベンジャミン・フルフォード氏(韓国系ロビイスト)もあまり詳しくは言っていないんですよね。

米軍での中で組織のどこの部分から指令が出て、実行しているセクションといおうか部隊名まで教えて欲しいところですね。所謂指令系統や組織図が欲しいですね。

取り合えず、それぞれの立場で、今回の大震災に対する思惑は、その情報源の影響もあり、さまざまな説が出ました。ご覧下さい!

【 東日本大震災 発生原因諸説一覧 】

NO1,ハープに依る「プラズマ兵器」での断層・地殻破壊(爆発?)攻撃。
harp117

   ●新事実ー「海洋移動型のHARP兵器船」と「空母ロナルドレーガン」が発生前から日本に向かっていた。
SBX006_海洋移動式HARP1

   ハープHARPと騒ぐけれど、アラスカ単独ではなかった。
   かつて他国の大地震で、米空母が出動したのは今回が初めて!
<http://presscore.ca/2011/?p=1624>

その目的なんですが、アメリカは日本を苛めたくてしょうがない・・・何て事は流石にないでしょうが、過去恐れてはいたようですね。だから日本が骨抜きにされた・・・・という説があります。

されど、大東亜戦争は日本の理想論と男気ですが、筋書きはほぼアメリカの思った通りなんですよね。
「ヨハンセングループ」と「昭和天皇の真実」を追及すれば答えは明確です。世間では「吉田茂」や「白洲次郎」をもてはやしていますが、私に言わせれば売国奴の先兵です。

多くの良心的な経済アナリストの一部は、オブラートに包んで語りますが、アメリカは当の昔に破産しているらしいですね。「経済の陰謀計画」とその反撃に関する一考察で軽く触れていますが、9,11偽装テロを起こした原因は借りた金(ゴールド)を償還不履行のため誤魔化すため、イラクの石油を奪うため、ついでにイスラエル(系企業、ユダヤ人投資家)が潤うための大まかに3つの理由からです。

つまり、アメリカ国債など借金などを全てチャラにしたい(2010年には発行限度額を上げて乗り切りましたね)願望を常に持っています。所謂「デフォルト(元に戻す。チャラにする)」というやつです。

過去、「世界恐慌」というのが一度あり、それに近いのが数度ありましたが、ご存知ですよね。
判りやすく言うと、大昔日本の江戸時代に何度かあったと思いますが、金を貸している立場の側は経済安定志向ですが、借金をして首が回らない奴は経済が乱れ金融システムが乱れ自分のデータが消滅するか物価が上がる様に新しい通貨発行で貨幣価値に変動が起こるのを喜びます。デフォルトです。

故に、「東京発の世界恐慌」の演出をしたかったのかも知れません。
でも福島原発か爆弾を爆発させたんだけれども、風向きがどうも思うようにならなかった。

取りあえずは、アメリカのデフォルト計画は一旦は延期になったようですが、近い将来必ず実行するでしょう。
その時、日本はどうするんでしょうか!?

NO2,「水爆」に依る断層・地殻破壊攻撃。

    以前の記事でも紹介した通り「海底掘削船ちきゅう号」は、2010年頃から和歌山県沖から東北沖に地震計を埋めていた。
   ●新事実ー裏は取れていませんが、同船で作業をしていた自衛隊員が殺害され、生き残った隊員が「泉パウロ」氏の教会に逃げ込んだ。
   その後、意味深な 「海底掘削船ちきゅう号」作業員のYouTube証言動画が出る。
   その後、NHKでは「サイエンスゼロ」で岩盤のすべりによる地殻の破壊調査や7000メートル掘削の成果発表。
A Japanese drilling vessel

NO3,「プラズマ兵器と水爆」の両方に依る断層・地殻破壊攻撃。
    AとCは細かく、ややこしいですが、大まかに4説に大別されます。
    
    A,単一の組織勢力による、HARP(プラズマ)兵器で津波を起こした、地震は「水爆」で、結果地震の規模自体は震度9もなく、大したものではなかった。
    B,単一の組織勢力による、津波も地震もHARP(プラズマ)兵器で行った。
    C,津波は(米軍かCIA)による複数のHARP(プラズマ)兵器で行い、地震は「水爆」だが(モサドか、CIAか、米軍か)で、2つの違う組織勢力が分担し担当した。

    D,問題は、「福島原発の水素爆発事故」(?)です。

     明らかに、「核爆発」と思われる画像が撮影されています。つまり福島原発爆発事故も人為的な工作によるものという説です。・・・でっ更にややこしいのですが、この「爆発事故」を起こした組織と「津波・地震」を起こした組織は別のものであり、且つ敵対する組織であるらしい。
     でっ、当サイトが信用している「新日本の闇」サイトの管理人さんも、似たような主張をされています。

     現在、中国系と韓国系のスパイ工作員曰く、ロシアの原潜クルスクの事故の際盗まれた原爆(なぜか原爆という表記)が北朝鮮経由で中曽根氏の土地を経て、福島原発に運ばれたという説があります。

     それに伴い、爆弾を持ち込んだイスラエルの警備会社や東電社員かの複数名が行方不明とか・・・!?

    以前から、この手の説に思う私の疑問!
    「阿修羅」や多くの優良サイトがある中、私しか指摘しないのが不思議なのだが!?

◆下らないハリウッド映画でも見かけるが、ソ連崩壊の際に、第三国へ核兵器が流失したりとかの噂があるのと、なぜ一々どこかの原潜を沈めてとまでの007の様な入手法を取るのか、又は原潜事故もやらせのロシア軍(KGB?)絡みの国際犯罪組織、・・・つまり、そこまでのフリーメーソンやイルミナティに属する「サバタイ派フランキスト」隠れユダヤ人達の国際的な組織が存在するのならば、米軍やロシアの原潜やサイロや格納庫からは、いつでもどこでもほぼ自由にちょろまかす事は自由と思われるのだが!?

例えば、9.11偽装テロで使用された「小型純粋水爆」など(CIA、モサド、米軍)は、複数個使用している訳である。少なくとも私はそう思っている。

◆特に、福島原発の爆発には、日本の「旧日本陸軍系の自衛隊内部異分子組織」が絡んでいて、クルスクの爆弾を使用したという主張・・・・・・なんだが。

 ちょっと余談だが、実は、「北朝鮮」という国は、「旧日本陸軍」の残党が作った国で、戦後数千人から数万人ほどCIAの協力(指示?)で日本国内に潜入したのが現在の朝鮮偽右翼団体のルーツだそうだ。(ちょっと無理があると思うのだが)・・・・で、核兵器も日本の援助で出来たそうだ。(パキスタンはカムフラージュ?)・・・確かに、戦前戦後日本の核兵器開発に携わっていた連中は不可解である。
 特に、「京大」系や「理化学研究所」に「三菱」・・・は戦後最大の謎の一つである。
・・・確かに、日本中至るところに「高濃度放射線汚染スポット」が存在している理由が是で納得できるかも知れない。兎に角怪しい。

・・・しかし、仮に、北朝鮮と日本国内の「旧日本陸軍系の自衛隊内部異分子組織」を通じてツーカーならば、多くの疑問が生じる。

A,それならば、わざわざ日本人を無理して数百人も拉致する必要はないはずだ。スパイ天国日本は、偽造パスポートさえあれば組織の連中は出入り自由、情報も自由に獲得出来ただろうに。
B,ついでに、日本からの核技術ならばもっと早く核実験は出来ただろう。
  それに、偽物「金日成」は旧ソビエトのスパイであり、その指示で、すでに亡くなっていた本物のパルチザン抵抗をしていた「金日成」に成りすましたのはもう明確であり、「旧日本軍」の命令で彼が「金日成」に成りすましたという説は考えられない。第一、当時、ソビエトの軍事顧問団がつきっきりで指示しているのに、「旧日本陸軍」の組織連中が北朝鮮政府内に存続・関与・影響出来るなど考えられない。

無論、もし、そこに直接「ロックフェラー」の指示でもあれば話は別だが!?

C,更に、仮に、万が一、その旧日本陸軍の残党組織が存在し生き残れたとして、どうやって日本国内のそれと連絡を取るのか!?世代を超えて組織が残っていたとしたら、それは「忍者」か「草」の世界である。

 万が一、「福島原発4号機の爆発は核爆弾に依る核爆発」だった。仮にそうだとしても、同「自衛隊内の異分子組織」が存在するのなら、「日航機123便偽装墜落事故」事件に例えられる様に、長野県から群馬県に係る自衛隊レンジャー部隊の訓練地であり謎の清水建設に依る「揚力型発電所」が存在し、横浜港経由で中曽根氏の土地があり且つ選挙地盤の・・・謎の一帯エリアに保管・・・だそうだが。
御巣鷹山3

理屈から云えば、日本の技術では「秘密の核施設」が存在し、核爆弾は日本国内でも製造可能という事になる。(実際、作るだけなら数日で出来るのだが起爆装置が難しい)
ならば、わざわざ、原潜クルスクの核爆弾を遠路はるばる運ぶか〜〜〜?とお尋ねしたい。

ハリウッド映画の観過ぎでは・・・!?

NO4,「自然説」

   120%、あり得ない!!

NO5,怪しい根拠不明の主張をする「大本教やそこから派生した神道系の予言や、それらの予言や新約聖書の予言を適当に都合よくミックスして更に拡大解釈するスピリチュアル系の指導者や霊能者達や、自称元異星人(異次元人)の生まれ変わりや、異星人(異次元人)との自称コンタクティーなる連中」曰く、・・・・・・日本のこれから起こる災害・艱難辛苦は「神の予定された仕組」によるもの・・・・・・という主張である。日本が先ず辛い目に合う事によって、雛形としてそれが世界広がる。または逆に世界が平和になる礎であるというもの。

●君等のいう神の定義を先ず説明しろよ!

参考までに、”NO3の「北朝鮮」という国は、「旧日本陸軍」の残党が作った国”をとなえて、いずれ日本が8つ(6つ?)に分割統治される時が来るので、日本国民は抵抗しないで全て受け入れなさい・・・という主張をしている連中(特亜工作員)もこのスピリチュアル系である。・・・・いずれ天皇が世界を統べるらしい。

●今の皇室の系統の秘密、更に、逆転の系統の秘密があるのか!?
●天皇家といっても元はただの人間でっせ。・・・・まさか由緒正しきシリウスやオリオンのエイリアンの血の系統ですか!?・・・・断絶の可能性もありまっせ!?
●確かに日本人の一部は間違いなく古代イスラエル人の末裔の可能性大といおうかそのものだと管理人は思いますが、ついでに仮に旧約聖書のいうセム系で由緒正しきイスラエル部族だったとしましょう。

日本人や皇室のルーツや日ユ同祖論について、かなり詳しく賢い日本史や世界の歴史の謎や秘密の研究家や陰謀肯定論者の皆さんが抜けている指摘をしたいと思います。

●仮に、日本人(古代天皇家や一部)が古代イスラエル人や原始キリスト教徒だったとしても、「旧約」や「新約」の聖書に記載されている事が、必ずしも真実の歴史とは言えない・判らないという事です。
●もう一点は、仮に、或る部族の歴史を書いた真実の歴史書だったとしても、・・・それは、どう考えても地球上の全部族・全民族・全人類・全生物の真実の歴史を総括・カバーしているとは言えない。

  話が逸れました。ここで戻ります。

・・・凄い自虐感と云おうか、推測説なんですが、方法はいろいろあるけれど、「いずれ日本を襲う超大地震を小出しで緩和するために、ご丁寧に、アメリカの影の政府か、世界の影の支配者が気を利かして日本人に警鐘を促すために実行してくれた」らしい。おおきに!いらんお節介有難う!

日本人の「カルマを解消しなさい・・・」と、政治的なメッセージも含めて「受け入れなさい!」・・・と中国や韓国系のスパイ工作員や聖職者に言われても、はいそうですね・・・・・・とは納得できない。

じゃ〜〜〜、伺いますが、カルマと云えば、例えば「魔女狩りの名のもとに数千万人を殺害したキリスト教、奴隷売買を行いアフリカ人やアジア人を勝手な彼等の宗教的教義に基づき何億人も虐殺してきたキリスト教徒、同じく実質奴隷売買を指揮し世界の歴史上多くの紛争や民族浄化を行ってきたサバタイ派フランキストユダヤ人(と云われている)や、遺伝優生学に基づき自国障がい者を排除したナチスドイツ、同じく自国民数千万人・数百万人を殺害したロシアに中国にカンボジアの共産主義者達、古くは中国王朝や、同じく自国民数百万人を殺害した虐殺好きの韓国人のカルマは、日本人以上どころか数千倍だ」と私はおもうのですが、如何に!?

●彼等のカルマはどう解消するんですか!?
●それも日本人が担当するんですか!?

●地球人が宇宙全域に悪い波動で迷惑をかけているのなら、いっその事、二ビルやエレーニン彗星で地球ごと滅ぼしてくれてもいいんじゃないですか!?
●どうでもいいけど、スピリチュアル系の皆さんって頭が悪いのか、表現が正確でないですよね。
ずばり、「今の人類の思考が悪いから」・・・・・・・ではないでしょう。
そうしむけている洗脳している元の連中が悪い訳でしょう。
何で、私を含め世界中の善良な地球人が、邪悪な思考や波動を出しているのか、その原因と元をはっきり指導・指摘しなければいけないんじゃないの!?
でっ、そいつ等を何もしないで放置しておいて、善良な99%の大衆にだけ悔い改めろはないでしょう!
中には、ブラジルやアフリカの或る未開の地の部族の皆さんなど知らせようもない。
結局、普通の一般市民に悔い改めろと云うのはおかしいでしょう。弱者への皺寄せでしょう。
第一、核ミサイルのスイッチはこの世を支配している悪い連中が握っている訳である。
 
結論として、大元の悪い連中が悔い改めない限り、「共産主義や独裁主義に大衆洗脳プロパガンダ工作や精神障害偏光教育の大元フェミニズム主義運動」や「人道的な人口削減計画」も「核戦争(第三次世界大戦)」も止まらない訳ですね。それを子羊に求めるなよ、悔い改めよ・・・・・と!

更に、なぜなら、宇宙に迷惑なら、地球人の思考波動よりも、今度「超新星爆発」する「ぺテルギュース」の方が地球ごとき惑星上の核爆弾よりも更に数千兆倍とか無量大数(ここまでは無いか?)倍に影響大だと私は思うのですが!?

スピリチュアル系の指導者の皆さん、どうかお答え頂きたい!

NO6,重複しますが、「福島原発事故」は、地震や津波などに依る偽装事故を想定した人為的計画的「小型(純粋)水爆テロ」だった。
fukushima1

平和ボケの日本人には、この位しないと、原発が危ないとか、首都圏の防災対策も、首都移転もしないから実行してくれたらしい!?いらん親切は迷惑です。
しかし、真実でなくても平和ぼけの日本人には確かにこの位は必要かな〜などと思ってしまうところが怖いですね。笑い!!

(注意!)断層か、地殻か、地殻の弱いところか、強いところかの狙う(刺激する)ポイントに関しては情報は若干ありますが、はっきりしませんので、そういうものだとご理解頂たい。

予断ですが、「水爆」に関しては、とんでも論から恐らく間違いない論までいろいろあります。特に驚いたのは、飛鳥氏からの情報だが、日本の主要大建築施設の一部には、「核爆弾」が設置されているらしい・・・・・説ですね。

例えば、東京湾の「海ホタル」にはそれが設置されているらしい。
日本の会社が100%作ったものと思っていたら、何と「ユダヤ資本アメリカの建設会社べクテル社」がなぜか参入していた。こんな国家プロジェクトとも思える大工事にあれだけ外資は参入出来ないと文句を言われていたのにいつの間にかかなり重要な部分に参加しているのである。マスゴミは一切報道していないが、ついでに、同社はあの「明石海峡大橋」の一部基礎工事をも請け負っているのであります。

A,これは一般的にはほとんど知られていないが、原発の「警備」や「管理」(どういった担当かは不明?)は、イスラエル系「Magna BSP」という会社が、日本の原発施設全て、いや世界的な規模で行なっている・・・・らしい。

B,福島原発事故(計画的小型水爆爆発テロ)以降、日本の多くのインターネットサイトで、今更の様に、「Magna BSPの設立者ハイム・シボーニ」のコメントとイスラエルの新聞記事を引用し、その事実に驚いている。

C,更に、福島原発電源喪失の本当の原因は、「スタックスネット」なるイスラエル製のコンピュータウィルスが原因という説もあります。ま〜、A・Bというシステムがあれば実に簡単に可能でしょう。日本の他の原発の制御システムは、改善見直されているのだろうか!?

ま〜陰謀論系の本や飛鳥昭雄氏の著作をずっと読んでいれば、常識なんだが、面白いのは、各電力会社に問い合わせると教えてくれないという事で騒いでいる連中がいる事だ。ま〜普通、警備担当などの重要な社内機密である情報を第三者に簡単に教えるハズは無い事位は想像出来ると想うのだが!?

これは余談だが、一般的にはほとんど知られていない事実だが、大昔は、日本の原発内の清掃にはアメリカからアメリカ人である黒人が採用され来ていたのである。30年前からいつの間にか来なくなったのは当時の月刊プレイボーイ誌がすっぱ抜いてからか。管理人はその記事を切り抜き、十数年前までは保管していたのだが、現在不明である。

更に、基本的に、放射線というのは、原発敷地内から常に漏れています。
当時の運動家はこの問題を指摘していたが、最近はこの指摘には皆無である。
・・・・・・・不思議である。

ついでだから、一般の皆さんの記憶にほとんど無い情報も紹介しておくと、今から30〜40年前には、チェルノブイリ以前にも軍関係の施設だったか原発かははっきり覚えていないが、一つの街か施設ごと吹っ飛んだという話もあった。落合信彦氏か誰かの情報だったが、確かな確証は何もないが、噂があった事だけは事実だ。

NO1のハープに依る「プラズマ兵器」説に関しては、私などが語るべくもなく、ベンジャミン・フルフォード、リチャード・コシミズ、飛鳥昭雄・・・ETCの諸氏が詳しく語っています。

NO2の「水爆」説なんですが、個人的に気に成る不可解な事があります。
2年前位でしたでしょうか、東大(多分?)の学者指導で、和歌山沖からそれこそ福島沖までの海底に、新たに高性能の地震計を設置するという番組を観ました。

確かNHK(サイエンスゼロ?)と一部民放(多分?)も放送していました。
大きさが、高さ約1m、幅約30cm位でしたでしょうかね。

それまでにも、海底設置の地震計ってあったのではと疑問に思いましたね。
高性能らしいところが違うと云われればそうなんですがね。怪しいな〜。

同じ、狙うにしても、海底の表面で爆発してもあまり効果がないと素人目にも判るので、そこはやはり、掘削機能がある船を使い深く設置する必要がある訳です。

という事は、軍艦では無理ですから、それなりの機能を持った船という事になります。
日本近海でアメリカのその様な船がうろうろしていたら話題になりますから、それはないです。
だからそれなりの口実が必要です。それも日本の船のです。

それが、数年前の海底地震計の設置プロジェクトなのではないのかと私は疑っている訳です。

NO2と3なんですが、実際に具体的な証拠として、福島原発の爆発以外に、以前に、放射線が計測されているというから話しがややこしいじゃ〜ありませんか。

あくまで、東日本大震災に関連したマイナー情報ですが、この日本がいいようにされているのには我慢なりませんね。もちろん、民主党にも我慢なりませんがね。

因みに、東京西部の湾岸地域では、具体的には、芝浦運河地帯を中心に7〜8kmの範囲で最大30cmの隆起(地盤上昇)が見られたそうだ。

更に驚いたのには、東京東部の地下には、メタンガスが詰まった「南関東ガス田」なるものが存在しているそうだ。

詳細は、以下です。
http://news.livedoor.com/article/detail/6494867/

更に、地震関係の関連記事として以下のものも見逃せませんね。

1、漁師が証言する大地震の前兆「サガミザメのオスが揚がったら要注意」!
2、琵琶湖で発生中の大規模「泥・ガス噴出」はプレート移動が要因か?
3、富士山、駿河湾周辺で、「群発地震」や「磁気異常」に「温泉が湧く」か、水が枯渇する異常現象が発生。
  東海地震の前兆か?
4、房総半島の磁気異常が示す「M7首都圏直下型地震」の可能性大!
5、地球規模で、4・11スマトラ沖地震が示す「地殻大変動」が進行中の可能性大!

取り合えず、久々の更新でした。

因みに、ソルトレイクシィティーのあるユタ州というのは、ご存知の通り「モルモン教」の聖地であり、実は「CIAの準本部」があり、殆ど知られていませんが大半の「職員採用の地」でもあります。

 つまり、CIAのエージェントというのは、大半がモルモン教徒の可能性大なんですね。

その深い奥の院の教えについては、インターネットで検索すれば幾らでもご覧になれます。
いつのまにか、フリーメーソンのような、イルミナティのような、シオニスト(ユダヤ教原理主義者)のような、エジプト起源の古代密議に精通した・・・サタニスト的なものを含んでいるといわれています。

ダ・ビンチ・コードのロバート・ラングドンを思い出して頂きたい。

宗教的な「象徴紋章学」に照らして「末日生徒イエスキリスト教 教会」(モルモン教徒)や「エホバの証人」こと「物見の塔 聖書冊子教会」の本部や支部の建物の建築様式とそれを飾る細部の装飾や、布教活動に使用するオリジナル聖書、オリジナル専用冊子に見られるに絵画に秘められた象徴図形の意図するところは、ある程度勉強された方には簡単にご理解出来るでしょう。とても気分が悪くなる色使いやモチーフ画像です。そして、非常に神様的なイメージとは縁遠い様な印象を受けます。私だけでしょうか!?

心底怖い「人の世」ですが、もしかしたらすでに「悪魔の世」かも知れません。

グッドラック!

陰謀論

サタニストサインと日本の政治家達について紹介したいと思います。

つい1月前位の記事では天皇家とサタニストサインについて紹介しましたが、今回は5年程前に手に入れていたものなのですが、膨大なファイル群からをやっと見つけ出しました。他のサイトでもよく引用されているものですね。

無くなった中川先生から小泉純一郎首相までが、更に驚くのは一段下の閣僚達まで皆揃ってサタニストサインを提示しています。

これを偶然で済ます訳にはいかないでしょう。

当時の自民党の閣僚先生達は何某かの意味を持ってこのポーズを意図的に行っているのは100%間違いないでしょう。
i-s-11

問題の画像は、2005年愛知県で開催された「愛・地球博」の時のものらしいのだが、当時の「清和政策研究会」のメンバーであり、「外資族」の連中ならば実に辻褄が合うことこの上無いという・・・状況判断が出来る。

私が未だに気に掛かるのが、不自然な死を遂げた人々と地震の発生頻度です。

前置きをしておきますと、現在富士山周辺での「地熱」が上昇しているのと、体に感じるか感じないレベルの群発地震が増加していることや、和歌山県沖の東南海沖地震や東海地震が直ぐそこまで近づいていることは十分に理解してのお話です。

福岡か博多沖の島を集中的に襲った地震、考えられないメカニズムで襲った新潟の中越地震、宮城県沖地震、小泉首相から何代か交代しましたが郵政民営化で落ち着いたという訳ではなかった様な印象があります。

鳥取県だけは、本来のローテーションの地震だったのかも知れませんが、前の地震を考えるとあの程度で済んで良かったと云わざるを得ないでしょう。

しかし、平成19年(2007年)と平成20年(2008年)の新潟県中越沖地震と岩手・宮城内陸地震だけはどう考えても怪しい。その後、之に匹敵する地震はなぜか全く起きていないのが実に不思議である。小泉政権時になぜか集中している。

【 小泉内閣と重大な地震との相関関係 】

平成12年(2000年)10月 6日 鳥取県西部地震

平成16年(2004年)10月23日 新潟県中越地方地震
平成17年(2005年) 3月20日 福岡県西方沖地震
平成19年(2007年) 3月25日 能登半島沖地震
平成19年(2007年) 7月16日 新潟県中越沖地震★
平成20年(2008年) 6月14日 岩手・宮城内陸地震★

第1次小泉内閣〜第2次小泉内閣〜第3次小泉内閣
2001年4月26日〜2003年11月19日〜2006年9月26日

具体的な金融政策の法案や、対外自衛隊派遣などの期日と地震との日付けとの対照をしなければいけないところなんですが、取り合えずイメージだけでも伝わりましたでしょうか。

あれだけアメリカよりのパフォーマンスを見せた小泉総理の任期中にこれだけ強烈な地震が頻発するなんて、阪神淡路大地震の際の村山の無能ぶりは別として、歴代総理の中でこれだけ集中するなんておかしいと思わない方がおかしいと云わざるを得ない。

且つ、当時の政権幹部達のこの怪しいサインのパフォーマンスである。

アメリカに脅されたのか進んで何かの法案を通すための隠れ蓑で世論を地震に引き付けたかったのか。それともハープの実験材料に単に日本が選ばれただけなのか。

真相は闇の中のようだが、一つ判ったことがある。

こいつらは絶対に何かの意図でサタニストサインをパフォーマンスしていることだけは間違いない。

異存はないでしょう。

最後まで読んで下さり有難うございます。さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものです。それでは次回まで、グッドラック!

陰謀論

サタニストサインと天皇家の関係について書こうと思う。

今年に入ってから、数回に渡ってサタニストサインについて紹介してきたのだが、これが当分の間最後になる画像になると想います。

我がサイトの読者の皆さんなら大半がすでにご存知かも知れませんね。
凄い情報量を誇るインターネットの世界においても日本の皇室関係者のサタニストサインとなるとあまりないんですよね。

恐らく、レプティリアン系王族と天皇家との関係は現今上天皇などがイギリスに訪問してから、皇太子など皇室の縁戚者達が留学した際に深くなったというのは想像に難くないが、実際のところどれだけの関係なのかはあまり漏れ伝わってこないのが現状である。

数年前から、多くのサイトで紹介されているのが以下の証拠画像である。

【 皇太子徳仁親王 】

1142


如何でしょう!?

読者の皆さんはいかにかんじるのだろうか?

ま〜、偶然ではないでしょう。指二本の関節を折るにはかなり意識して曲げなければ、絶対に自然にはこうはならないでしょう。

皇太子徳仁親王、御称号は浩宮(ひろのみや)さんなのだが、彼は現在「日本赤十字社名誉副総裁」の立場にある。因みに、名誉総裁は皇后美智子様である。

「日本赤十字社」の前身である「博愛社」は「国際赤十字」とは無関係に創設されたものだが、1886年ジュネーヴ条約に調印した政府の方針により、翌1887年に「日本赤十字社」と名も組織も改めた。

「日本赤十字社」もそうだが、このバックにある組織「国際赤十字」を調べて見ると、これが実に面白い。

スパイのための団体と呼んだ方がややこしくなくていいのでは・・・と提案したくなるくらいだ。隠れ蓑の一つである。

ま〜、亡くなったベルンハルト殿下、バチカン、ヒトラー、スイス銀行、・・・結局そこにたどり着くのか・・・という結論に至る。

最後まで読んで下さり有難うございます。さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは次回まで、グッドラック!

陰謀論

サタニストサイン3の紹介になりますか。

ま〜日本で云えば芸能界ちゅう奴ですが、流石に本場アメリカのエンターテーメント界、名だたる大物が登場します。

ちょっと整理しておきたいんですが、私の「陰謀肯定論者」としての立場でありポジションとはどういうものなのか、簡単に触れてみたいと思います。

私はこの世における所謂陰謀といおうか、R家やヨーロッパの王侯貴族、各国の指導者連中になる家柄、偽物のジュウー(ユダヤ人の事)達、金融資本家達、発展途上国に平気で武器を売るつける奴ら、発展途上国の資源を資本主義システムの名で詐欺的不平等条約を押し付け搾取する欧米企業の株主達・・・。

判り易く云えば、貨幣制度の根幹を築き、その利権ともいうべき恩恵をこれからも永遠に受け続ける連中達・・・つまり、表面には決して出てこないこの世の支配者達が許せない訳です。

彼等は表面上、生まれながらにして高貴な生まれという出自というバックボーン、つまり家系と血を受け継いでいます。問題は、なぜそうなのかという事を大衆は疑問に思わない点です。

ま〜考え過ぎだよという御仁もご意見もあると想いますが、日常、我々は「高貴な生まれの出自を崇めろ!」というメッセージを根幹に持つアメリカのハリウッド映画から洗脳されている訳です。

しかし、この10年は酷いですよね。
もうとにかく、ドラゴン、ドラゴン、・・・、ついでにドラゴン、これでもかとドラゴン。

更に、ロードオブザリングに何とかの魔法使い、何とかの角笛・・・!
これは「約束された者」を意味します。

そして、もっと不思議な事は、歴史上支配者達同士は、多くの戦いで決着を付け滅んで行く者達もいますが、古代から現在まで彼等の地位は揺らいだことはありません。

フランスのブルボン家やオーストリアのハプスブルグ家、ユダヤ人に滅ぼされたロマノフ家や東ヨーロッパの王家や支配者や、スペイン王家やメディチ家など表面上滅んだような一族は存在しますが、逆に表面上彼等に勝利した連中の指導者達はさも大衆の一部の様な出自を語り演出する者も居ますが、実は彼等のその又上の指導者達から資金援助を受け活動していたわけです。

又何をする上でも金がなければ何も出来ないんですよ。
革命にしても戦争にしてもね。

つまり、「その又上の影の指導者や支配者達」とは何物ぞ!?

というのが、私の「陰謀肯定論者」としての立場でありポジションなんですよね。前置きが長〜〜〜いですかね。笑い^^!

そして、彼等は偽善的にも、時折社会貢献的な事業や行為を行います。
恐らくロスチャイルドの10%以下の資産でも活用すればアフリカの飢餓は解消されるでしょう。

エコブームなどの笑ってしまうほどの凄い科学技術を即座に導入できるでしょう。そして歴史上その技術は民間において抹殺して来た訳です。
(私の得た微々たる情報によれば、そうとしか考えられないというものがいくつかあります。)

信じる信じないはあなたの自由だ〜!

という前置きは置いといて、サタニストサイン3です。

これね。

ただね、一つ問題がありましてね、所謂日本人でも竹下首相の孫のDAIGOとかいうのが「ウイッシュ!」とかいうのをやるんですよね。
恐らくアメリカのヘビメタバンドの影響なんでしょうが。
そうあって欲しいですけれどね。真似で!

だから、芸能人関係がやっているのは、元々現代になってからから発生した独自な意味のものである場合もある訳です。その出自ははっきりしませんが、ピースサインが平和を意味しているという思いで行う人々が多いのと同じです。

ただね、TPOとかなぜこの人物が・・・というケースがある訳です。
ま〜今回は参考までですがご覧下さい。

はい、映画界からは、スパイダーマンです。
問題は、初期のスパイダーマンとどう変化したかです。
現在判りません。誰か教えてくれないかな!?笑い^^!
I65

はい、問題の人物、アーノルド・シュワルツネッガーと悲劇のケネディー家の娘です。
I86

これ誰だ〜!?そうあのエリザベス・テーラーです。
彼女について話すととても紙幅が足りません。
最近の自称映画ファンとかいう子でも知らないという世代が居るから恐いものです。
I66

以下、知らないどっかのロック系音楽家連中ですね。
I90


I67


I70

問題は、はいこの画像です。
あのビートルズです。ジョン・レノンです。
参りましたね。
I64


I2

プリンス・ウィリアムって!?知らん!笑い^^!
I59


I8


果して、彼等の中には「真の意味を意識して」このサタニックシグナルサインを行っているものが存在するのか!?

それとも、皆何も知らずに別の「流行の意味合い」で行っているのか!?

注目すべきは、アーノルド・シュワルツネッガー夫妻とリズです。

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

作家

高橋五郎氏の公演動画を発見しました。

昨年発売された高橋五郎氏の「天皇の金塊と広島原爆」というセンセーショナルな書籍発表に伴なう公演です。

なぜ、今になって彼高橋五郎氏が歴史の闇を払いのけ、真相に触れることになったかなどの経緯(いきさつ)が判ります。氏は癌末期のようです。

これは、ワールド・フォーラムの主催する会場において高橋五郎氏が公演しているビデオなのだが、大変貴重なものである。

ただ、当分はこのyoutubeでの高橋五郎氏の貴重なビデオ映像の公開が削除されないことを祈る次第である。出来る事なら、これから数年は公開していて欲しいものである。

大まかな書籍紹介と内容に関しては如何せん導入部分なので、決して内容に満足は出来ないが、高橋五郎氏の人物や人となりを知る分には大変興味深いものである。

司会は、ワールド・フォーラムの代表幹事である、佐宗邦皇(さそうくにお)氏であります。

「天皇の金塊と広島原爆」高橋五郎氏wf200905SPダイジェスト版


「天皇のスパイ」 高橋五郎氏wf200908SPダイジェスト版


佐宗邦皇『歴史的重大事件の裏に隠された驚くべき真相』


こちらに別記事があります。

高橋五郎氏の天皇の金塊とヒロシマ

高橋五郎氏の公演動画

鬼塚英昭 天皇のロザリオ

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

陰謀論

FRBの聖域に遂にアメリカの議会が動き出した。

インターネットの底力の影響が遂に発揮され始めたのだろうか?

当サイトにお越しになる読者の方なら、FRB、アメリカ連邦準備(制度)銀行については、その成り立ちや謎、そして問題についてはすでにご存知だと思うので面倒臭い紹介などはしませんが、基本だけは要チェックしておきましょうか。

<その前に、緊急投稿の経緯を先に!>


故に、今日は、予定外の緊急投稿です。
要点だけかいつまんで書きます。

今夜半(11/23)のNHKのニュースを何気なく聞いていたら、とんでもない凄いニュースをさら〜と報道していました。私は己の耳を疑ったのでした。

「アメリカ下院議会は、アメリカの中央銀行にあたるFRBへの監査請求を可決した」というものです。

これまで、金融政策なのか、政府政策なのかが「不透明なその決定と施策の経緯」が問題視されてきた、FRBへの監査請求をアメリカ下院議会が可決したいうものです。つまり日本と違い、FRBは出鱈目で怪しい部分がたくさんある訳です。

無いと思っているのは平和ボケの日本人位のものです。

”有るから下院議会が問題にした”わけです。

しかし、実行するには、まだ2段階あります。

後は、上院が可決し、オバマ大統領がサインするかどうかです。

何度もいっているのですが、彼、オバマ大統領は隠れユダヤ教徒であり、Rの子飼いですから先ず難癖を付けてサインはしないでしょう。

そして、FRBのその謎には過去数人の勇者が立ち向かいましたが、いずれも非業の死を遂げています。リンカーン大統領から、J・マッカーシー議員もケネディー兄弟もそうです。

又、最近気が付いたのですが、私が幼い頃は、FRBを表現(形容)するのには2つあったと記憶しています。

単にFRBか、アメリカの中央銀行FRB(今思うとかなり乱暴な解釈といおうか訳)とか「・・・である」とか云っていたはずである。

最近は、「中央銀行にあたるFRB」と天下のNHK様が表現しているのがとても気になるのである。

「あたる」とは「当たる」とも書けるし、実に微妙な表現だし、以前は付けなかったものをなぜ付けるのか、単にNHKの原稿を書いた記者(編集の長)の認識の問題なのか、実に気になる。

「あたる」とは、ずばりそのものであるとも解釈出来るし、その権限や行為を代役で行う・・・とも解釈出きる。

我が日本銀行のそれも怪しいのだが、日本銀行は一応日本国政府のものであり日本の中央銀行であるが、FRBはアメリカ国やアメリカ国民のものではない。

一応、中央銀行(ちゅうおうぎんこう)の定義とは、。「発券」行為が出来、「国家の銀行」であり、「銀行の銀行」であるという3つなのだが、私などがこれまで学び指摘する部分が、くどいようだが、FRBは米国のアメリカ国民のものではないのである。

つまり私的銀行とでも呼べる代物なのである。

だからこれまでアメリカ建国以来、亡くなった勇者達以外にも目立たないアンダーグラウンドのマスメディアの一部や、大学教授や弁護士に、骨太の議員、フリーに成らざるを得なかった多くのライター達が、FRBの存在を問題提起してきたのである。

<だから、何が言いたいのか!?>


判ったあなたは賢い!

つまり私の言い分はこうである。

これまで、NHKは、FRBをアメリカの中央銀行として認め、ずばりそう扱ってきたが、「中央銀行であるFRB」ではなく、「中央銀行にあたるFRB」とその表現をどちらとでも取れる表現にしたのは、その根底にNHKの中で正しくFRBのポジション(位置付け)と実体を表現しようという意志が働いたのではないか?・・・というものである。

これまでの私の経験では、大手の商事会社・医者・新聞記者・大学教授・ましてや一般のサラリーマン諸氏の大半がFRBをアメリカの中央銀行だと決め付け、思い込んでいたのである。

そんなことだから、陰謀の説明をするのにも、かなり疲れるのである。

大体、中央銀行の定義も知らない人間に、「FRBは、アメリカの中央銀行ではない!」という切り出しの話をすると、「え〜」「は〜?」「嘘〜」と帰ってくるから、たまらない。

各云うこの私も約20年前は、恥ずかしながらそのレベルであった。

本当に、あまりこういう表現はしたくないのだが、「大衆は実に馬鹿で愚かである」
「馬鹿」だけなら救い様もあるのだが、生まれてからこの方「すり込まれている」から、「愚か」にも「本当に悪い奴ら」の体制を擁護するのである。


くどいようですが、FRBはアメリカの正式な中央銀行ではありませんからね。
これは厳然たる事実ですからね。

それから、誰かが突っ込むといけないので、もう一つついでに付記しておくと、ゴルゴ13でも、宝石の名前の付いた経済誌や、マスメディアに登場する評論家が一言でFRBと云いますが、偶然が重なって略が同じになったのと本来なら3つ云わなくちゃ〜いけないのを、強引にも一つのFRBで済ましていますからね。ちょっとインテリ層などは、FRBよりもFRSを使いますね。

<FRB(FRS)とは!?>


the Federal Reserve Boardー連邦準備制度理事会 (FRB)
the Federal Reserve Systemー連邦準備制度 (FRS)
the Federal Reserve Banksー連邦準備銀行 (FRB)

以上の3つを総称して、FRBともFRSとも表現します。
OKですか?

酒場でこれを言うとあなたの株が上がることでしょう。笑い^^!

<それと、このNHKのニュースに私がなぜ驚いたのか!?>


もう少しで、肝心のことを書きそびれるところでした。

米下院議会の民主党にも共和党にも、Rの子飼い議員は数多くいるのに、「よく過半数が取れたな〜?」ということです。

これまでには考えられないことです。

確かに、これまでには、その助走として、ブプライム問題などの金融危機の責任を問われたグリーンスパン前議長を”下院政府改革委員会”の公聴会に引っ張り出しました。拍手喝采でしたが、グリーンスパンの「僕が無能でした、皆さん御免なさい!」の個人責任で追求は終るのかと思えたのですが。ローレンジャー、ワックスマン委員長(民主党)の攻めは、その奥の院にまで迫る勢いです。当然ことはアメリカだけの問題ではありませんので、アンタッチャブルでない聖域無き改革をアメリカ発でどんどん進めて頂きたいものです。

だが、これは、単に世論の矛先をグリーンスパンやFRBに一応向かわせアメリカ国民や諸外国の溜飲を下げさせるジェスチャーである可能性もある。

我々は、世紀の偽善者オバマがどういって断るのか注目しなければならない。
更に、しょうもない言い訳でサインしないなら、バッシング運動を世界的に展開しなければいけないだろう。その前に上院でRの力をフルに活用され否決されるのかも知れないが。

今、気が付きましたが、この歴史上の大改革に迫るシームのキーワードである、「ローレンジャー」と「アンタッチャブル」は、偶然にもアメリカの秀逸な名作ドラマでしたね。
ついでに、関係筋では、「ペリー・メイスン」、「鬼警部アイアンサイド」、「アダム12」、「ジョン&パンチ」、「刑事コロンボ」にも出てきて活躍して欲しいものですね。判るかな〜〜〜!?

やはり、インターネットにより、これまでの世界の流れが少し変ったようです。
日本のマスメディアは表だって現在アメリカでのオバマの支持率低下の原因を2つ位しか報道しませんが、徐々に彼の仮面が暴かれ始めて来ていますね。

これは、余談ですが、昨年暮れから今年の「衆議院選挙、更に鳩山首相他財界の方向性が新エナジー開発に及ぶことなどや、世界への日本発のメッセージを発信して行くだろう・・・」などこれまで、何となくですが、ベンジャミン・フルフォードの「予言めいたメッセージ」が似通った動きを見せています。

ま〜ECOカーや、太陽電池、(本日のニュースで、関西電力は、堺にソーラー発電システムの建設を急ぎ、23日の今日竣工式を前倒しして、急ぎ取り行いました)その他のエナジー政策は、世界の動きを見ていると十分に予測は出来ますけれどね。

それにしても、彼は面白くも、実に怪しいですな。笑い^^!

更に余談ですが、情報源について軽く触れると。笑い^^!

1、B・フルフォード  ← CIA、他各国の軍関係者や学者、国連職員など・・・。

2、飛鳥昭雄      ← 謎のアメリカ系発信の組織と日本の影の集団(一族)

3、太田龍       ← 世界的な同系列の活動家達
  R・コシミズ
  (その他)

4、副島          (問題外)
  エハン・デラビ
  菊池由美
  その他 

5、インチキゲンチャー ← 2・3・4からのぱくりと妄想、UFOからのメッセージ  
  中丸薫・船井組

問題外や屑や詐欺師は別として、やはり、1と2からは目が離せませんね。笑い^^!

3は当然ですよ。

★ところで、なぜ「アメリカに中央銀行が存在しなくて、FRBがそれに当たる「中央銀行の本来の業務・役割」を私的に代行すると何が問題なのか?」・・・については説明しなくても判りますかね?

すべては、ここから始まっていると云っても過言ではありませんが。(17世紀のイルミナティー発足などは別としてです。)更に、云うならば、ヨーロッパのR家の宗家の言葉からと云っても過言ではありませんが。

疲れましたね。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?グッドラック!!

陰謀論

太田龍先生が永眠されました。

週刊日本新聞主幹によると、奥さんの手記で5月19日午前5時33分逝去されたと発表されました。

一瞬目の前が暗くなりました。

身内でもないのに!関係者でもないのに!残された我々はどうしたらいいのか、そんな気持が交錯し、これから先日本の陰謀肯定論者としての方向性と、欺瞞と陰謀を暴き真実を追い求めるその追求活動の指導は一体どうなるのか。誰が指し示すのか!?

太田先生、返す々も残念であります。

私は、太田龍先生には一度も面識がある訳はなく、又講演会に参加したことも残念ながら仕事の都合上一度もありませんでした。

しかし、共にこの世の真実が知りたくて日々見えない何かに無謀な戦いを挑んでいる同志の様な、戦友の様な気持で、先生の著作や翻訳された至玉の作品群を読み漁らせて頂きました。

先生の翻訳されたものを読みますと、とにかく早く大衆に何かを(真実を)知らせなければという使命感と共にあせりの様なものがその文面からひしひしと伝わってきました。

私も太田先生には大いに触発された者の一人として、まだまだ先生にあっては言い残したこと、やり残したことが山の如くあり、その胸中はさぞ無念であり残念であられたのではないかと察する次第であります。

影ながらご冥福をお祈り申し上げます。

【太田龍先生とは】


私は、戦前の日本における何も判っていない或る民族への誤解を元に唱えたレベルの低い誤った陰謀論を明確に正し、「究極の人類の敵とは何か」を我々意志ある者に正しく示され問題提起された大いなる先達であられた・・・。

・・・であると私は定義し受け止めています。

更に、樺太生まれの歴史の生き証人であり、且つ戦前は雄弁な左翼活動家だったのを躊躇することなく見事に改められ、人間から人類、そして自然から惑星としての地球までの大きな思考に基ずく運命共同体の進むべき道は、下らないイデオロギーでもなく、各民族が各々唱え崇める宗教でもなく、民族主義、特定集団の傲慢な優越利己主義でもない・・・という事実に気づかれ、誰かに与えられたイデオロギーや思考ではなく自分の意志に基ずく考えを、言うなれば「魂の叫び」に素直に耳を傾け実践された方・・・。

・・・であると私は定義し受け止めています。

更に々、生真面目な、人の良い、純真無垢な、個人を捨てる、群れたがる、など々・・・人間として一見マイナーなウイークポイントを持つ日本人という民族集団の中に多く存在する「不可思議な集団意識」に世界人類の運命に寄与する何かを発見されたのではないだろうか!?

それは実に不思議な現象であり、超偶然と奇跡により整えられた島国という隔絶環境と安全性があったからこそ出来上がり確立された「日本人民族信仰」というべきものではないだろうか。(近年、これと同じ様な主張をする偽インチキゲンチャーもいるから注意されたし。)

・・・であると私は定義し受け止めています。

それ故に、よく低レベルのマイナーな分析家に”民族主義者”的な表現で評価されることがあったが、それはとんでもない話である。

話は若干反れるが、”日本神道=右翼”みたいなマイナーな間違いを平気で語る若年から年配の方も多いから困ってしまうのだが、戦前の国体についていうのなら”軍部が利用し作り上げたもの=国家神道”であり、たまに街中を走る迷惑な街宣車の主の大半は”偽右翼”の”在日朝鮮人”集団である。実に汚らわしい。戦死した叔父達が草葉の陰で泣き成仏出来ない。

但し、”記紀”を引用しながらも、なぜか”日本神道=国のまほろば、神ながらの道、素の神、元の神、丑寅の金神”とか表現し、特定信仰宗教団体の信者のみが救われ、「神道」を唱えながらも、なぜか特定個人の創設者代表を、記紀がいう日本神道の神、又はそれに付随する”別御魂”(わけみたま)又は分身ともいう神様と同等以上に、その創設者を周辺の人々が敬うのは如何なものなのか!?

・・・私は問う。

日本神道において、偶像を崇拝したり、出雲大社、伊勢神宮、熱田神宮、住吉大社、諏訪大社、上・下鴨神社の神官達を崇めたりするのかと!?

きっと太田先生は、日本民族とその宗教観の中に、多くの民族と文化を受け入れ栄えたイスラム文化や、ハプスブルグ家のあったウィーンや秦の始皇帝の様な民族文化のモザイク的な多様性にヒントを得て、更に日本民族の不思議に気がつかれたのではないだろうか。
だがそう見るのは見落としである。
(注意、太田先生が見落としているという意味ではない!)

日本神道とは、民族や文化のモザイクの寄せ集めを互いに評価して存続している訳ではない。これもとんでもない話である。

先日も、”たかじんのそこまで言って委員会”で理論派系左翼のゲスト先生の娘は神社で手を合わせるそうです。恐らくおみくじも引くしクリスマスも祝うのでしょう。

つまり、私は何が言いたいのか!?

日本人、日本という国は、太陽信仰とも想える原始信仰、両キリスト教会で式を挙げクリスマスを祝いながらも、葬式には僧侶を呼びお布施をし、時にはご先祖様にすがり、節目々で神社に参拝し、伊勢神宮の見えない神様に御祈願した後に平気で仏像に手を合わせる、仮に写真でも有り難いと手を合わせ敬う、時には記念行事や想いでにペットや物に感謝し敬う(一神教からみれば異常!)、暦を重んじ、地鎮祭に、沈め物、風水(大将軍)、厄を祓い、七五三、節句、食べ初めなどの儀式を行ない子供の成長を祝う(インド・中国文化等々の慣わし・カバラ)など、そして「汚れと禊」の信仰などの存在は、これは「多重文化が一都市で共存する」のとは全く違うのである。

日本的カスタマイズが働くと解釈する人もいるが、私にはそれだけとは思えない。

カスタマイズを働きかけ咀嚼して完全に日本ナイズして取り込む何かが存在するように感じられるのである。

それは、実に不思議な現象なのだが、ミラクル日本、ミラクル日本人、あらゆる多次元的な文化を吸収し好む日本人だが、それは日本という土壌・風土がなせるものなのか、その得たいの知れない何か根っこの部分で、日本色という何かのフィルターを通してとでも云うのか、血の色は日本色、草木まで遺伝子(YAPは実際そうなのだが)レベルでの日本色・・・、それが日本神道なのかも知れない。これ以上表現してもまとまりがつかないので止めるが・・・、ニュアンスでご理解頂きたい。

だが、そんな解釈程度の低い何も判っていないレベルで私は終る、収める、納得など出来ない。所詮は、キリスト教もイスラームも仏教も日本神道も体系化されているのは、つまり人のレベルで解釈出来るということは、人の解釈が介入していると云う事である。

キリスト教徒の頼みの綱である旧約聖書なども問題外である。熟読すれば、あんなものいかにも書き手の意図が見え見えであり、元来10有ったものが3位までにされたものなのだからつぎはぎで根本的なところの解釈が矛盾を含んでいる箇所が多い。仮に旧約の暦や記述が真実だった(飛鳥昭雄説・キリスト教原理主義者など)とするとイエスまでの4000年の間に地球が全く変化しなかったという現代アカデミズムは全くの茶番とも云えるだろう。両者は真っ向から対立する訳だが、4000年の間にこれだけ多種多様な生物が枝分かれし発生するのだろうか。する訳がない。むしろ絶滅する種が存在するほどだ。
つまり、現代アカデミズムも原理主義者の主張もどちらも、根本的な解釈において誤りが存在するわけである。(この部分における説明はかなり長くなるので、実に不十分ですが、この位で修めます。)

又、タルムードなど問題外である。昔からよくあるのだが、表面的な人付き合いや商売や家族の維持・規律などをタルムードに学ぼう・・・などというハウツウ本が世界的に出回ったりしているが、馬鹿な大衆の中には(特にアメリカ)そんなタルムードの表面的な教えに踊らされ、彼(か)の本の本当の恐さ・正体が全く判っていない。

もし、タルムードが真実の書ならば、ユダヤ人(現在偽物が7〜8割位か)以外のゴイジン(異邦人のこと)である我々は全て滅びて消滅しなければならない。異邦人には生きる価値もなければ、人間でもないのだから。商売の見本となるようなものが聖書など片腹痛くなる。笑い^^!
何が言いたいのか!?

「旧約聖書」も「記紀」も間違いなく中近東が出所か、また外来のものである。
近年の調査研究では、旧約聖書のベースとなった物語や国の勃興が十分に研究され発表されているのである。それに横やりを入れるのが都合の悪いバチカンである。イスラム教徒からの抗議はあまり聞かないのは不思議なのだが。

一般の方はあまりご存知ないのだが、藤原氏の二代目において、日本でも焚書坑儒が行なわれたりしたのであるが、ご存知でしょうか。

この頃、実に貴重な、真の古代日本を知る上での資料が消滅したのである。

★つまり、私は、日本神道の元になった日本独特の宗教観や価値観などの、つまりその失われた物理的なエキスの部分と、更に精神的なエキスの部分に世界平和と真実に通じる何かが隠されているのではないかと想うのである。

それは空海が学んだものかもに近いのかも知れないし、今のスピリチュアルがどうのこうのという考えに近いのかも知れない。

例えば、恐らく、田舎の人間は対象外だが、一人の平均的な日本人が一生を終えるまでには、あらゆる国の一般的な名物料理(和食・台湾・フランス・イタリア・メキシコ・韓国・中華・ロシア・アメリカ・インド・スペイン・トルコ・ブラジル、ベトナム、タイ、etc、更に肉は7種類も<蛇と蛙は除く>)を食い、他国が経験しない不思議な儀式を経験し、漢字・ひらがな・カタカナ・ローマ字と4種類の文字を使いこなす。

NHKの外個人ゲストを招く語学番組での、コメントだが、アメリカ人は確かに多少は数カ国のレストラン位にはゆくが、他国では日本ほどの多様な国々のレストランはないし、流行らないらしい。又同音からの漢字選択は信じられない奇跡の作業なのだそうだ。

そして、日本語を学びしゃべると人間が丸くなり、帰国するとディベートで負けるらしいが、人間の本質を見抜く眼力が養われる。いや、人ととしての生きる価値観に目覚めるとまで云ってくれる外国人もいる。更に我慢強くなるらしい。

又、世界で日本人を批判するのは、韓国と中国人だけであり、世界中で一番嫌われている民族は、ジューは別格として中国人と韓国人が断トツなのである。

そして、世界で一番貢献し好ましい民族のトップは日本人なのである。又、世界でナンバー1の女性はの問いの答えも日本人の女性なのである。日本人はもっと自信を持つべきである。

誤解の無いように補足しておくが、上記のデータは私が勝ってに推測で述べているものではないこと位は調べて頂ければ直ぐに判ることであります。

★上手く表現、整理出来ていないのだが、つまり「日本人特有の気質」の中に何がしかの世界平和に貢献出来る凄い根本的な、それはもう遺伝子的な深い神秘の要素が存在しているのではないのか・・・と想うのである。

★つまり、太田先生も、何がしかこの「日本人特有の気質」の再発見により、人類と世界平和のため「世界の人々と日本民族の進むべき道」に目覚められたからこそ、堂々と、大きく、雄弁に、勇気を持って語り、逃げることなく立ち向かい活動されてきたのではないだろうかと想う・・・、又「その使命感」が先生の活動の原動力ではなかったのだろうか・・・と想う日々この頃である。

・・・であると私は定義し受け止めています。

私も、太田先生から投げかけられた疑問を真っ向から受け止め、真実の追究を生涯決して諦めずに追及して行きたいと想います。

もう太田先生の一刀両断の文章が読めないのは誠に残念ではありますが、先生の蒔かれた種は、今はまだ小さいかも知れませんが、将来必ずや大輪を咲かせるものと私は信じて疑いません。


太田先生、長らくご苦労様でした。合掌


以下参考までに!

太田先生の翻訳著作物に関しては、別記事の★陰謀論の主要作家紹介と完全解説!の中で説明しています。

★太田龍の時事寸評
http://pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

飛鳥昭雄

プラズマ亜空間内天体アルザルについて取り上げたいと思います。

今日は、飛鳥昭雄氏の説の地球内部の「プラズマ亜空間内天体アルザル」など他・・・、もろもろについて語りたいと思います。

最近ダン・ブラウンの天使と悪魔も終ってしまって次はハリーポッターでも見に行こうかと思っている次第です。

ちょっと最近悩んでいます。

レベルの違う尺度と読解力の問題などで、私の周りの弟子の皆さん達(数が若干増えました。笑い^^!)と頂いたコメントなどで悩んでいます。笑い^^!

さて、以下本題です。
それと、或る方のコメントに対する私の回答も含まれています。

突然、本題に入っています。
(ここにも記事がありましたが、削除しています。)

★読解力の件ですが、私の先日書いた記事のどこにアルザル人とプラズマ天体アルザルを100%認めるような記述がありますか?以前にもアルザル人の記事は書いていますが紹介しただけのものですしね!?

飛鳥氏の説の一部を支持したからといって、その全てを支持するなんて捉える方が横暴であり、無茶な考えですよね。

★はい、そして飛鳥氏の書籍をまだあまり読見込んでない方に、飛鳥説に対してよく誤解が生じているように推察いたします。う〜ん、これは例えば彼の書籍に彼と通ずる影の組織やハッカー、亡くなったアメリカ人高官からの情報は、順序を踏んで小出しに出しているとずばり書いてありますしね。

あれだけの情報は一度には出せないし、読み手の情報咀嚼のレベルに応じての教育を段階を踏んでしていると考えるべきでしょう。ちょっと大袈裟ですが、大きな長いスパンで流れを分析すれば理解出来るでしょう。

これから、火星や金星、木星、太陽などに棲む連中の詳細、アルザル人の開発した火星の基地などについてどんどん出てくるでしょう。

又、飛鳥氏の書籍の中に、太陽の周回を飛んでいるエノクの頃の書物(予言書=旧約聖書?)に書かれている巨大ピラミッド型飛行船なんですが、これなんかはアルザル人と断定はしていなかった様に記憶しています。その後も私の知る限りでは、彼はまだ書いていないと想います。

その辺り、前述の通り別に矛盾はありませんよ。

あるとしたら、個人的に指摘すれば、影の組織などとお付き合いする以前の彼の主張とそれ以後の矛盾らしきものはあるかも知れませんけれども。

それとですね、別に信じてはいないけれど、プレヤデスやオシリス信仰やオリオン星系、シリウス星系の中の惑星から地球まで来てる連中の存在の有無と、飛鳥説は真っ向から対立するので、どちらかが間違いであり、嘘を付いている訳です。まさしくアウフへーベンですね。

又は、両方とも真実で、我々を撹乱するために、オールオアナッシングの選択肢に持って行こうとする世論捜査のために飛鳥氏は影の組織に利用されているのかも知れません。

又は、両方とも世論操作で誤りの可能性だってあります。

J・A(アダムスキー)にニューエイジ運動など、例えばCIAが実験したUFOと宇宙意識、異星人からのコンタクト、大カタストロフィー予言と、カタストロフィーに向かう集団組織の選民思想的メシア願望などを含んだ洗脳とカルト宗教の実験の結果、日本人には飛鳥昭雄説で行こうか?・・・と仕組まれているのかも知れません。

当然私はそこまで、大袈裟ですが、読んでいます。想像しています。深く考えています。恐らく、私のレベルで飛鳥昭雄氏を捉えている方は活字でみる限り、この日本に私しかいないようなんですが、浅川さんも内心は私と同じかも知れませんね。推定ですが!?いかに?

さて、但し、地球内天体どころか、エレクトリックユニバース理論、多次元宇宙論などもろもろの情報から考えると、飛鳥説の天体アルザルのプラズマ亜空間内存在説は非常に私の考える理屈に叶っていますよ。少なくと私はそう想っています。一連の書籍を読んで、この凄い説に感動しませんか?立て板に水の素晴らしい理論です。それが判らないというのではお話になりませんが。笑い^^!

くどいようですが、だからといって全て信じている訳ではありませんよ。笑い^^!

★よくいうんですが、仮に飛鳥説の数々が出鱈目だとしても、個人であれを考えつくのは無理でしょう。

日本史、世界史、宗教史、地理学、物理学、科学、最新の宇宙分析のデータ収集、又それらを辻褄が合うように組み合わせて、壮大な地球物語というフィクションを考え出した訳ですよ。飛鳥説をまるで飛鳥昭雄氏が個人で考え出したものとして語る愚か者が多いので驚くのですが、そういうところまで頭が、推測が回らない連中は、それが判らないということは本当に馬鹿で頭が悪いということになる・・・と私は思う日々この頃です。

先ず、プラズマ亜空間説の一連の根拠となる説明や証拠をですね、一介の漫画家レベルの発想では無理ですね。これはバックに相当頭のきれる奴(個人か組織か)がいるか、もしかすればそれが真実だから辻褄が合うのかも知れません。私はかなり納得しています。

で、飛鳥昭雄氏は、或る組織と明言している訳ですね。
いいですか、ここ大事なところです。

ということは、個人で考え出せない情報を、提供している人物或いは組織も100%存在していることになりますよね。

となれば、只者ではない組織ですよ。
ここまでお判り頂けましたでしょうか?

★はい、ここで一応念を押しておきますが、他の記事でも書いていますが、彼飛鳥昭雄氏は所謂キリスト教原理主義者ですから、プラズマ亜空間説が真実だとしても、他の説や主張の中には絶対に偽りか誤りが存在する訳です。

もっとはっきり云えば、飛鳥昭雄というのは、私が真実に近ずくための一情報源である訳です。

もう一度繰り返します。

飛鳥昭雄氏の、説や主張を問答で考え分析してゆけば誰でも判ることです。

★先ず、一介の漫画家に、この世の全ての謎と矛盾を解く答えを闇の組織が与えるはずもないですし、且つ、99%与えたとしたら、それは何かの見返り、つまり目的があっての事です。

お判り頂けましたでしょうか?

後は、説明しなくても察しがつくでしょう。

申し訳ないですが、私のこれまで書いてきた記事を読んで、その辺りの陰謀論好きの学生や何も日々考えない社会人、もしくはがちがちの頭が固いアカデミズムの人間か、日々自分たちが何者かにいいように操られ飼いならされているという現実が理解出来ないマスメディアの人間と同じように見ないで頂きたいものです。

単なる不思議大好き人間のレベルや、スピリチュアルなどというまやかしを信じたり、元の出所はすべて同じ占いで一喜一憂するとうな人間に見られるのは非常に心外でありますことを最後に付け加えておきます。

又、この世の悪を単純にユダヤ人が悪いなどという何も理解していない陰謀論者もどきの様な低いレベルで私の真実追求に想う情熱にちゃちゃを入れられるのも実に不愉快ですね。

さすれば、「そんなことを管理人さんともあろう人がはまともに信じているのですか? 」などというコメントは出ないはずなんですが!?笑い^^!

お判り頂けましたでしょうか?

尚、IPアドレスが確認できないコメントは、これからは削除いたしますのでコメントなさる方は宜しくお願い申し上げます。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。グッドラック!!

ダ・ビンチ・コード 解説

 今回は、古代の叡知と多次元宇宙論と神々の誕生と人類の創造と科学テクノロジーの分岐点についての備忘録を整理してみました。

 皆さんお元気ですか。ダ・ヴィンチ・コードの解説の管理人です。

 これは、最近の陰謀肯定論者の発表した最新情報も含めて、 現代の科学テクノロジーの分岐点は、過去の歴史のどの地点にあったのか?・・・について、UFO、異星人、宇宙人(地球内部の異次元世界人)、UMA関係を除き、科学テクノロジーの観点から説明するために作製したものです。

 各項目に関しては、判る人には判る。判らない方には全く判らない年表の様な図解です。故に判らん・・・と文句は言わないで下さい。至極私的なものでありますから。いずれ何かの説明の時に約に立つかも知れませんね。

 先日、或る飲み屋さんで、現代科学の話が出たので、大まかな流れについて解説していた時の概略を自分なりに、メモ代わりに整理しておいたものです。疲れましたね。笑。

【 神と文明と人類史の科学テクノロジーの分岐点 】

 話が非常に長くなるので、古代の人類の科学テクノロジーの分岐点ではなく現代の人類の科学テクノロジーの分岐点はいつだったのか・・・というシームで、整理してみました。非常に簡単な流れのメモですが、ほぼこれで大抵のことは説明できそうです。(自画自賛)

 さて、いろいろあるのですが、やはり何といっても一番人類に影響のあるエナジーに関係するのと、現在のアメリカ合衆国の米軍の軍事開発に影響にした功績からすれば、やはりニコラ・テスラの存在が大きいですね。

 「無線送電システム、周波数の物質への関与の可能性、電気の正体と応用、無限エナジーの取り出し・・・」等々、実際に実験したものや理論等、実にこの世の不思議を暴き解決できる可能性大でしたが、彼を無駄死にさせてしまったことは人類の大きな損失でしたね。

 あまり関係ないですが、参考までに、日本で良く教え込まれたエジソンの逸話も非常に怪しいものですが、はっきりしていることは、エジソンは自分で発明したのでは無く他人が発明したものを買うか合法的に奪っていった当代一の詐欺師の一人であることは間違いないようです。彼を善人の様に崇め奉るのは止めるべきですね。

 金日成が偽物であり、処刑されたフセイン、川島芳子、ヒトラー(ナチス幹部)、明智光秀、源義経は替え玉であり、敵対するはずのウサマ・ビンラディンとブッシュ家はとても仲良し・・・なんてのは、もはや常識なんですが、こうやって日本人、いや世界の大衆は間違った情報を刷り込まれて来ている訳です。そりゃ〜確かにエジソンの「1%の努力と99%の悪知恵」ですわな。笑い^^!

 ついでに、アインシュタインの相対性理論も盗作の可能性が非常に高いですね。もはや常識でしょうか?更に、アインシュタインの日本人評価の逸話も出鱈目です。
 東大の先生が、完全否定し実証されていますので、いい加減こんな糞話は止めなければいけませんね。民主党の若手の議員が国会答弁で引用した時は、抗議の電話をしようかと思いましたもんね。アインシュタインが天ぷらが大好きだったのは厳然たる事実ですが。笑い^^!

 なぜか、突然中世の初期といおうか、イタリアでのルネッサンス文化の前後にヨーロッパに古代にはなかった英雄伝説、英雄待望論的なストーリーの発生・・・とはなんだろう!?なぜそういった民間的意識・認識(噂と伝承)が広まったのか。(あ〜イエス待望論が変化した?・・・問題外です!)

 バチカンに列聖された英雄の中かにドラゴン退治した者がいるのだが、どうもキリスト教とは関係なさそうであるようである。誰が当時これを広めたのか!?

 日本でも同じ様な者達がいた。侍しか成れない虚無僧であり、富山の薬売り、サンカなど々であるが、薬草の商いと知識を持つ者達、つまり所謂本物の古代ユダヤ人の末裔の可能性が高い。・・・というようなことを前提の予備知識として、以下の様な図式で説明しました。

 時系列的には成っておりませんので、注意です。

 あくまで、参考にして頂ければ、過去から現代までの科学テクノロジーの分岐点の存在が理解出来る一助になるかも・・・というものですので、しょうもないコメントは無視しますので宜しくお願い申し上げます。マクロ的視野からのコメントには回答するかも知れません。

【 人類の科学テクノロジーの分岐点の参考図解の一側面からの解釈 】

((注意!))以下に、真実の神というような曖昧な表現を用いていますが、所謂人間が考える最高の創造者の概念として用いています。日本神道系のニューウェーブの指導者の中には、素の神とか元の神様的な表現をする者も居ますが、ま〜他に大衆に判り易い表現が無いので、この様な要語を仕方なく用いていますので、宜しくご理解の程お願い申し上げます。

★更に、「本流のテクノロジー」とは、現代科学の消費エナジーの単純な科学テクノロジーに対してのものであり、私なりに深い意味合いがあります。現代物理学が永遠に解き明かせない真実の我々の次元における物理的理論とでもいうべきもののことであります。ま〜何とかニュアンスが伝わるように・・・という表現です。

★多次元=異次元なんですが、我々の次元の宇宙で肉体の創造をし、異次元から魂を引っ張ってきているわけです。(一応この世の存在と成り立ちの私なりの勝手な解釈です。)

そうなると、この世の悪い奴もええもん(古い)も、この得たいの知れない限りなく大きな宇宙規模どころか、この世の物理的法則をも支配している意識に、いい様に演出、演技指導されているのかも知れません。

★この宇宙規模の意識ちゅ〜奴は、アメリカのモンロー研究所のステージ47位(最終)で出て来るんですが、私の解釈とは若干違いましたね。
驚くことに、ステージ47位は、銀河鉄道999の最終回と同じ様な解釈だったからです。ま〜、その意味合いも判らなくはないのですが。逆に、この牢獄の様な狭い地球と限られた情報しか与えられていない人類の一一人の私に判ろうはずもないのですが。

★そこで、問題になるのが、宇宙規模の意識の”偏在性”と”顕在性”の問題です。

A,宇宙規模の意識は、そこら辺りに偏在するのか?複数が融合したり、離れたりして複数存在するのか?又、別疑問として、我々の魂は、偏在意識の一つなのか?

B,宇宙規模の意識は、全てを包括して、顕在するのか?つまり宇宙と同じ位の大きさ、いやつまり宇宙=顕在意識として単一で存在するのか?

 これに関しては、インド(ヒンズー教からは若干逸脱していると思われる考え方)の仏教の大元の教えが近い考え方ですかね。

 あらゆるマントラ(真言)がある中でも、所謂、般若心経がそれらしい答えを示してくれていますね。この辺は気が狂いそうな問答と同じで、現代物理学では到底理解できませんが、現代物理学でも当らずとも遠からずで、よく言われる「宇宙の果てを目指して右に行けば、いずれ左から帰ってくる」という奴ですね。
(注意、おまえそれだけ多くのマントラ(真言)を読んだのか・・・とか質問しないで下さいね。)

★つまり、こうです。

大=小
裏は表である。
マクロでありミクロである。
無いと思えるが、実は存在している。
或る者には見えないが、或る角度や別の者には見える。

話が、大分それましたので。
参考までに見て下さい。

くどい様ですが、右と左の流れは「時系列ではありません」からね。

一応自慢ですが、こんな丁寧な図解なんてどこにもありませんし、数十の要素が盛り込まれています。

又、秘密結社の詳細については、インターネットを検索したり私が書いた別記事などが山の様にありますが、ウィキペディアなどは表面的な刺し障りのない浅い内容のものが多かったり、根本を捉えていませんので専門書を数冊はお読み頂きたい。更に、危険な宗教関係の勧誘目的のサイトがありますので、ご注意を!


<真実の神(宇宙=多次元意識=創造者=自然)(?)>
    ↓    ↓         ↓
    ↓    ↓         ↓
    ↓    ↓         ↓ 
    ↓ 多次元宇宙の創造↓ 
    ↓    ↓         ↓
   (ビッグバン・プラズマ宇宙論など?)
    ↓    ↓         ↓
    (宇宙意識・意思の誕生)
    ↓    ↓         ↓
   (アカシックレコードの様なもの?)
    ↓    ↓         ↓
   異星人(意識の創造)創造・誕生
    ↓    ↓         ↓
    ↓    ↓         ↓
    ↓←異次元からの関与 ↓
    ↓              ↓
    ↓              ↓
    ↓              ↓
    ↓              ↓
  人類創造←←←←←←複数の異星人の関与(神) 
    ↓            プレアデス星団系・オリオン星系→竜神・蛇神の源流
    ↓
    ↓←複数の異星人の関与による地球古代文明の創造と破壊→記憶
    ↓
    ↓
◆人類史の中での文明の創造と破壊    
  (失われた本流のテクノロジー・古代の叡知)
    ↓
    ↓
<人類の新たな創造>←←←複数の異星人の関与(神の創造・誕生・概念・記憶)
    ↓
    ↓
<遠い過去の叡智!?>←←過去(古代)の地球文明論
    ↓              (完全消滅?再生?新たな創造?)
    ↓
    ↓
<古代から現文明への変遷?>
<抹殺されて来た本流のテクノロジー>→継承者の存在!?
    ↓
    ↓
<斉一論的地球論>←近代アカデミズムの主張
<多次元的地域偏在の同一的モデルの神々>
<キリスト教やイスラム教的 一神教的原理主義論>
<モザイク的過去の文明論>→地球だけでの自然災害論
<宗教研究からみた真実の人類史とルーツ>→矛盾だらけ
<曖昧で変遷し心変わりする神という存在のテーゼ>
<生贄を求める神々>→神を善視してはいけない
<宗教と蛇の支配歴史>→人類の意識に深く関与
<英雄譚と龍の関係>→善い龍と悪い竜=善悪の神々達複数存在
<蛇と龍の起源>→文明の創造初期に関与
    ↓
    ↓
<紀元前3千〜1万年頃、本流のテクノロジーの完全喪失>
    ↓
    ↓
<全ての宗教の発生とそのルーツー中近東>
<一番難解な宗教概論と格子(内容)が古代に形成される>
(現代は、過去のものの解釈も完璧には出来ない)    
    ↓
    ↓
    ↓→→→→→→→→→→
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓     <古代伝説の集約的物語ー旧約聖書の創造完成>
    ↓      (問題は、是を現代へと広めた当事者は?)
    ↓               ↓ 
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓         古代からの一グループ・一族
    ↓         (ヨーロッパ王族の出自)
    ↓        彼等はいつから王族になったのか?
    ↓    王族(王朝)の発生・彼等はどこから来たのか?
    ↓               ↓
    ↓          (白人優性・至上主義)
    ↓               ↓
    ↓           <キリスト教の創造>
    ↓           キリスト教の利用
    ↓               ↓
    ↓          <キリスト教主義の恐怖>
    ↓           (一神教的原理主義)
    ↓               ↓
    ↓          <ウインザー王家の台頭>
    ↓               ↓
    ↓           <秘密結社の雛形>
    ↓               ↓
    ↓          <タルムード的思想>
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
◆ニコラ・テスラ→アメリカ軍   ↓
有識者の抹殺の始り       ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
◆I・ベリコフスキー   <金融支配=社会=文明支配の確立>
    ↓        ロスチャイルド(アシュケナジーム)
    ↓               ↓
    ↓            中央銀行支配
    ↓               ↓
    ↓          金の強奪支配戦略(目的?)
    ↓               ↓
    ↓        <近代秘密結社の表面的な起こり>  
    ↓               ↓
    ↓        ロスチャイルド設立援助→共産主義
    ↓    ロスチャイルドの仇敵→ロシア・ロマノフ王朝の破壊
    ↓               ↓  
    ↓       <第一次、第二次世界大戦計画、実行>   
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
ヒトラー・ナチスプロジェクト実験 ↓
社会主義システム支配の実験  ↓
局地的戦争の実験        ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
大衆・世論操作実験→MKウルトラ計画
主にCIA→洗脳実験・カルト教団創立実験
    ↓               ↓
    ↓               ↓
ハリウッドの支配          ↓
資本投下→ユダヤ人監督・俳優の優遇
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
マスメディアでの実験       ↓
薬剤・ウイルスでの実験    ↓
ホルモンでの実験         ↓
地震災害での実験         ↓
気象兵器での実験        ↓
    ↓               ↓
大麻の独占支配          ↓
世界中のシャーマンの抹殺   ↓
キリスト教の布教と支配・多宗教の根絶(宗教に名を借りた世界支配)目的
現地級の古代文明の記憶の抹殺・封印・独占
    ↓               ↓
    ↓         <エナジー支配=文明支配>
    ↓        石油メジャー VS 核メジャー
    ↓      (ロックフェラー)  (ロスチャイルド)
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓        <国際連盟・国際連合で完全支配> 
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓    核の平和利用・国際機関(IAEA)設立でウラン管理
    ↓    日本での原発開始(正力松太郎・中曽根康弘)
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓      シオニスト・アシュケナジームユダヤの世界支配
<現在の動向>             ↓
水素エンジン車その他   政治・文化・マスメディアの支配
その他エナジー         金融システムの支配
不死の遺伝子            資源の支配
惑星論        ←◆真の科学テクノロジーの封印◆アカデミズムの人類史捏造
プラズマ宇宙論        スーパー軍事兵器の支配
多次元宇宙論         (新飛行テクノロジー)
フラクタル宇宙論       (ハープ)
プラズマ生命体      (エシュロン・通信・インターネット)
小型核兵器の実践実験     ↓
癌、エイズ、特効薬完成   惑星移住計画(?)
世界中の遺跡の真実    人類削減計画スタート、アフリカから
古代文明の足跡(多数)      ↓
ネフィリムなど           ↓
恐竜と人類共存          ↓
    ↓               ↓
    ↓   アジアの王族達の米国に預けた金塊の返還要求裁判
    ↓               ↓
    ↓   1994スタート、2011年9.11偽装テロ事件計画遂行
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓      ロックフェラー → 中国の育成・持ち上げ
    ↓  プーチン・ロシアの復活→ユダヤ財閥の排除・資源管理の復興
    ↓               ↓
    ↓         ロシア・アメリカ・中国の覇権
    ↓               ↓
    ↓         グリーンバックの切り下げ?
    ↓               ↓
    ↓       アメリカ→新通貨ブルーダラーの発行?
    ↓               ↓
    ↓       アメリカ金本位制の復活かデフォルトか!?
    ↓               ↓
    ↓    (2011〜14)世界・中国・韓国経済の完全崩壊か一歩手前か!?
    ↓               ↓
    ↓         EU弱体化(ドイツの離脱か?)デフォルト数か国
    ↓               ↓
    ↓    日本→ゴールデン・リリー「天皇の金塊」かM資金か現るか!?
    ↓               ↓
    ↓ 2014・岩のドームの破壊 → ◆エルサレムに第三神殿建設!?
↓ イスラエルVSイスラム圏
    ↓          第三次世界大戦計画推進(サバタイ派フランキスト)
    ↓       メシア待望論・原理主義の実践行動計画
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓       ◆第三次世界大戦(メギドの丘)か!?
    ↓               ↓
    ↓          世界人口の70%減少!?
    ↓               ↓
↓       ◆偽メシア出現の演出
    ↓       ◆世界統一政府実現か!?VS 抵抗勢力が阻止するか!?
    ↓               ↓
    ↓               ↓     
アシュケナジー(Ashkenazi)ユダヤ人や(サバタイ派フランキスト)の秘密結社や国際機関を利用し行ってきた悪事の歴史が完全公開され、一部権力者達やダブルRの金融支配詐欺システムが糾弾され完全崩壊し、人類は民主主義と自由を謳歌しながら、新しい世界秩序を構築する。恐らく、エナジー問題・貧困・飢え・民族紛争・戦争などは完全に回避される新しい共存システムが構築される・・・だろう!?
    ↓               ↓
    ↓  古い秘密結社の概念・組織・支配の崩壊→「人類の歴史の総括」!?
    ↓               ↓
    ↓     ◆世界 → 日本人論的思考・秩序の待望論!?
    ↓               ↓
    ↓               ↓
    ↓               ↓
<<世界的な新しい兆候>>  ↓        
    ↓               ↓
    ↓            <<新秩序の地球文明>>
    ↓                ↓
<NEWエナジーの公開!?> 外宇宙への飛び出し
◆電気エナジーの無限取り出し   ↓
    ↓                ↓
    ↓            月・火星・水星の開拓
    ↓                  ↓
  ???              ???
    ↓                  ↓
    ↓                  ↓
 <<夢の完全世界か?弥勒の世界か?聖書(宗教概念)の世界か?>>


◆参考までに、複数の異星人が現人類に関与するように、予めインプットされているというあまりに巨大なストーリー的な事を考えるとですね、頭がオーバーヒートしてしまいそうなので、それに関してはまたいずれ。

 あ〜〜〜、そのう、う〜〜〜、あれですね。
一般的な地球上の宗教に対する予備知識や、所謂陰謀論に精通して、日頃からそれに類する情報の蓄積がない方には、何のことやらちんぷんかんぷんでしょうかね!?

◆でも、間違っても、宇宙意識からのあなたへの直接的な交信や、宇宙哲学などというイギリスのタビストック人類研究所が世論操作で作り出したものや、地底人の存在を唱える中丸薫とかCIAの世論工作、ハリウッド映画みたいなヒーローや最後に権力側が勝利を得る的なものを信じては駄目ですよ。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。グッドラック!!

陰謀論

アメリカの歴史から、世界の将来が見えるというシームで書きたいと思います。
又は、すでに日本以外の国では、確実に大きな計画が遂行されています。

★先日、青山 繁晴さんが、某在阪キー局での番組で、日本人はもう国連に幻想を抱くのは止めよう。世界で日本人だけが国連は清く正しく美しいと想っているけれど、実態は世界で一番汚いところが国連なんだと判り易く説明されていましたね。

★お馬鹿な日本人は、国連というものは、戦勝国が世界の資源と金と軍事を背景に第二次世界大戦に関係なかった国々をも巻き込んで、「世界平和」という幻想キーワードを元に、自分達の都合のいい様に枠組みとルールを決めるために作ったものなんだということが、単に教科書に書いてないからというだけで、それ以上はいかなる矛盾も無視し、戦勝国が唱える「世界平和」というキーワードは、実は彼らのパワーバランスの駆け引きなんだということがどうしても理解できないように、幼児教育から刷り込まれているようです。

今日もまた徹夜です。
先日、頂いたコメントに回答するために寝る時間が無くなってしまいました。
これからは、もうこんなに根を詰めることは止めようと想います。
時間に余裕がある時にだけ回答したいと思います。笑い^^!
もしくは、指定する書籍をお読み頂く方がいいのか、迷うところです。
そんな数冊も指定しても誰も読まないでしょうしね。笑い^^!

さて、私の周りの40から50歳代の御馬鹿な弟子達も最近やっと、この世の仕組みが判りかけて来たようで、たまに過去の歴史から、真実を読み解く、解こうとする姿勢が垣間見えます。嬉しい限りです。ただ、喋りながら説明するのは実に楽なんですが、こと文章でレベルの一段落ちる方達に説明するとなると、この書き込む作業に膨大な時間が取られます。適当に書けばいいやといつも想うのですが、そういう訳にもゆきません。

★何せ、判らない方達のためにこそ書いているのですから!!
辛いですね。笑い^^!

さて、そこで、この世のからくりは、先ずは「禁酒法」から読み取れるーというお話をしましょう。

★コメントを下さった皆さん、有難うございます!

ただ、先にお断りしておきますが、いい加減な回答はしたくないので、何か質問を受けると、極力レベルの低い回答は避けるように勤めておりますが、このブログだけに時間は避けませんので、あっさりした回答をするか、かなり先に回答することになることも多々ありますのでその辺り宜しくお願い申し上げます。

それと、我がサイトでのストレートで危険なキーワードは使わないで下さい。故に私は気を使いながら、隠喩にしてこのブログを運営しています。いずれは独自ドメインサイトに切り替えるまでは、生きなければなりませんので、ーCHに我がサイトをしたくはありませんので、宜しくお願い申し上げます。

★それでは、質問の内容に関してなんですが、その辺り私レベルが知っている内容でも、世界史のレベルでの話と日本国内のケースといろいろあるのですが、日本の戦後復興時の某宗教団体の名誉会長や闇のフィクサー達からのお話と、なぜ国内にどうどうと、この悪魔の薬がいつまでも消えないのかという事実の分析から進めないといけないんですが、・・・とても説明する時間と打ち込む時間がありません。

★でも極めて簡単に云えば、タバコがなくなれば、大衆というものは自然にそれに変る嗜好品を求める様になるものなのです。これに付け込む連中が活動を活発にするだけという話で終ってもいいのですが、世界の悪魔の薬の流通経路を支えているのは、何とバチカンの組織とCIAなんですが、この辺りはご存知でしょうか?
くどいようですが、・・・とても説明する時間と打ち込む時間がありません。

★又、歴史上、かつて日本はそうならない様に乗り越えた実績があります。ご存知ないと想いますが、かつて台湾からアヘンを追放したのは日本人の総督の力です。

★更に、戦後から同じ日本人同士でも、暴力団の資金源のために売りさばくのに、大陸から来て、GHQの指令時に帰らなかった似非右翼団体など日本人相手なら・・・、心配しなくても悪いものと金になるものは、必ず裏で広まるでしょう。ここまでは判りますよね。しかもそれは失業者が増加する時こそ増加する傾向にあります。これは別の方のご指摘の通りです。

          <ここから或る一例を示します>

★これは、「禁酒法」と同じなんです。

これが、基本的に奴らのやり方やり口なんです。

ブラックマンデーの株やリーマン証券も、ワーテルローの戦いの時のイギリス政府の国債も、ジョージ・ソロスがすっからかんに成った時も皆そうです。

これも一から説明するなんて、時間が足りん。

いいですか、掻い摘んで説明しますとね。

例えばですね、皆さんは、一体誰が「禁酒法」を作ったかご存知ですか?

知りませんよね。良くケネディー、JFKのオヤジが株で大儲けした話で終るんですが、かなりのレベルの人なら全米夫人宗教団体の活動までさかのぼるんですが、その裏は、工業用アルコールの生産を止めさせるのが目的です。酒なんかが目的ではありませんでした・・・というのが真相です。ご存知でした?笑い^^!

それは、ロックフェラー(初代)とカーネギーが関係しています。彼らの私腹を肥やすために法律を改悪する位朝飯前なんですね。これが。初代ロックフェラーとは、どれだけ醜く汚い人間だったことか、良くロックフェラーが寄付をするとか馬鹿な三文占い師や風水師が例えに出します。収入の10分の1を寄付して運気を上げようですって、出鱈目もいいところです。彼らが寄付をするのは、自分達の財団に寄付しています。そこから何百分の一かがキリスト教の政治団体に流れ、その一部が慈善団体の一部に周っているだけであり、大半は一般大衆の寄付もかなりのパーセンテージになります。(この一般大衆部分に関してはまだ裏を取っていませんが)そして、ロックフェラーは、建国以来税金を払っていないのです。(全てのロックフェラー家出身の者がそうなのかの裏はまだ取っていませんが)

で、因みに世界のフィリップモリス社も巡り巡るとロックフェラー傘下のものなんですね。これが!?リーマン・ブラザースなども、ロックフェラーかロスチャイルドのどちらかのものなんですよね。いちいち調べる気も起こりません。だって調べなくても、先ずまちがいないですから。笑い^^!

話は変りますが。

一般大衆が、よく先物取引や株が暴落して、資産・預金、取り合えず財産が消滅しますよね。

★じゃ〜その金(不動産も含めて)は、一体どこに消えたのかとか、想像したことありますでしょうか?

((もちろん焦げ付くものもあるでしょうが、元々ゼロのものをあるという形で、実は元々の銀行には、例えば100億円など無いくせに、あるという架空の金を、資金を貸し付けてこの世は動いているわけです。100億円の資金を融資するのに、現金で渡しはしませんよね。単なる数字が移動するだけです。けれど100億円プラス利子を返せない債務者は、その持っている持ち物全てを、担保を手放さなくてはなりませんよね。所謂、銀行家と銀行のオーナー自体は何も腹は痛まないんです。そして、土地や不動産に貴金属と吹き溜まりに埃が集まるように吸い寄せられてゆくのです。ですから、こういう話を例えて私はよくします。後1000年以内には、この地球上のものは全てヨーロッパのR家とアメリカのR家に関係する一族のものになるとね。参考までに、小さな銀行は、大きな銀行からお金を借りていますから、返せなければ破綻しますよ。でも国の大元の銀行は、戦争でもない限り破綻なんかしません。笑い^^!))

ないですよね!?

★だから一般大衆は、馬鹿なんです。

なぜならそれを追求しないからです!!

ある側面から見れば、陰謀肯定論者とは、その小さな疑問から、経済という詐欺システムに気が付いた者達と表現することが出来るかも知れませんね。

ですから、陰謀を実際行動に、計画を実行しているであろう連中のレベルは、一般人の想像をはるかに超える長いスパンの計画と実行力と強力な意志でこの世界を動かしている訳です。

ここで話は戻ります。

★故に、日本人がそうならなくても諸外国では間違いなくいずれはそうなります。現になっている東南アジアの国をご存知ありませんか?マスメディアは流さなくても一般書籍での情報ではかなり思い測ることが出来ますね。ここで、中国の悪魔の薬の実体を話すとまた長くなるので、止めますが、実に恐ろしい国です。

でも多かれ少なかれ世界中の国が、似たような矛盾を国内に抱えています。

一体人間ってなんなんでしょう。

★偉そうに表面上取り繕っても人間の歴史とは、矛盾だらけです。

同種の生物で、地球上で一番殺戮しあうのは人間種です。

宗教や神・・・、これまた矛盾だらけです。

でも人類が活路を見出すには、実はこの矛盾がポイントなんです。

つまり、この世に「矛盾が存在する」ということは、もし「完全な神が存在する」と仮定すれば、その真実の完全な神とやらは、人間統治にはまだ完全関与はしていないということになります。この辺り、いずれ関与するというキリスト教原理主義者やエホバの証人の主張と私のいうものは違いますので。

また、そんなものははなっから存在しないということになれば、この地球には、人類には未来はありませんね。断定します。
この主張も、ここで軽く説明など出来ませんね。いずれまたの機会に!

人間は人間だけの力では、この愚かな人類を自ら統治は120%不可能です。

故に、「世界平和」なんて永遠に来ません。

騙し々の歴史が繰り返されるか、文明が滅ぶほどの戦が繰り返されるのは目に見えています。

ミスタースポックの様な生命体の思考にでも成れれば別ですが、歴史に学ぶには、現在の人類の寿命は短過ぎますね。

人間とはそういう生物のようです。

残念ながら、私はそれに気が付いてしまいました。

★かつて、これまで、人類は、何やらずっと与えられて来ているような気がするのは、私だけでしょうか?

この矛盾に気が付けば、人類の方向性もはっきりと定まると想うのですが!?如何に?

グッドラック!!

          <皆さんにお願いがあります。>

★さて、URLかメールアドレスのないものはこれ以後受け付けませんので宜しくお願い申し上げます。意義のあるコメントは残させて頂きますが、私の睡眠をけずってまで回答する意義があるのかどうか、それによって判断させて頂きます。宜しく!笑い^^!

さて、論旨が、激しく転回しましたが、何が云いたかったのかは、伝わりましたでしょうか?

判りますかね。笑い^^!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。グッドラック!!

陰謀論

こんにちは!ダ・ヴィンチ・コードの解説の管理人です。
今日は、RとHについて取り上げたいと思います。

陰謀肯定論者の思う陰謀の解決策とその方法論とロスチャイルドとヒトラーの関係について書きたいのですが、正直時間がないので触りの部分だけです。興味のある方には参考にして頂いたら幸に思います。

先日ある読者の方から真に貴重なコメントを頂きました。先日の記事とは、☆謎の豚ウイルス ダ・ビンチ・コードの解説なんですが、非常によく勉強されていらっしゃるんですが、但し、若干引っ掛かるところがあるのと面白いシームだったので、補足と解説をして記事にしました。

ダ・ヴィンチ・コードについて興味があり来訪された皆さんは、以下の記事が参考になると想います。

★☆イエス・ヨハネ・マグダラのマリア関連図解!
★☆ダ・ビンチ・コード見ました!PART2では、原作と映画との違いや周辺解説をしています。


________<ここから今日の記事のメインです>________


★先ず一点、真に悪い奴らを見誤ってはいけないという点を申し上げたい!!

>>まぁ増えすぎた人口を減らす為にはちょうど言い方法ですな!

これは頂けない。
ま〜ご本人はあまり深く考えずに書かれたとは想いますが!?笑い^^!

こういった安易な発想は、実に危険です。
私もまだ若い時には、このようなお幼い未熟な発言をしたことがあります。
人間ですから、今でも日常安易な主張をすることも多々あります。

これを良い機会と捉え、又一つのテーゼとして、更に私の唱える陰謀肯定論者としての立場として、いったいその先に何があるのか?・・・という課題の一部を最後に述べたいと想います。

★そして、歴史上ヒトラーとジューの解釈については、一般論としては、国が疲弊している状況下裕福な異邦人であるユダヤ人に国民の眼を矛先を向かわせた・・・となっているのですが。

昨今の新説と新事実から解釈すると、ヒトラーがユダヤ人を虐殺する様に命じたかどうかは別問題・疑問です。(ま〜、一般論としては云えるでしょうが、そんなレベルの話は意味ないのと、彼の部下の独断専行の事実も実際ありますからね。)
又、初期の彼は、単にユダヤ人をヨーロッパから追い出したかっただけかも知れません。証拠もあるようです。

ここが問題なんですよね。ヒトラーの考えが変化したのか、ナチスの政策・方針が途中から変化したのかね。一つの研究課題ですね。

基本的に、オシュベイティブでの虐殺事体が怪しいですからね。確かに、虐殺まではいかなくても殺人や虐待はあったかも知れない!しかし、間違っても400〜600万人などではありません。我が国に対する中・韓の宣伝はけ口・ガス抜き政策と同じように誇張されています。

数年前までは、私は真剣にヒトラーは、シオン議定書に基ずく闇の勢力と戦うために立ち上がったんだという解釈に惹かれていましたが、それはとんでもない誤りでした。

中丸薫というインチキゲンチャーが、その著作の中でイギリスのロスチャイルドのインタビュー記事を載せていますが、猿芝居の最たるものですね。

ーさてこれからの話なんですが、ヒトラーに関しては、高橋吾郎氏の影響を強く受けているのは否定出来ませんが、間違いなくヒトラーは生きていたし、その子孫がこの世のどこかの大国の大統領になる可能性は否定できません。

★それと、単に、アシュケナジーム・ジューを殺しても問題は解決しないという認識をしっかり持って頂きたい!彼らの9割以上は何も知らないんですからね。

そして、この問題のややこしいところは、アシュケナジームジューの中にも、ロスチャイルドの様な特殊な特異なアシュケナジームもいれば、本来のカザール人の末裔の普通の何も知らないアシュケナジームがいるから、事を更にややこしくしている訳ですね。

正しい表現は、アシュケナジーム・ジューの中に紛れ込んで、世界を操っている卑怯な連中と云うべきですね。

★そして、ロスチャイルドが命じて、ヒトラーが実行した訳であると解釈していますが、同じジューでありながら、ロスチャイルドは本来同胞であるアシュケナジーム・ジューを何とも思っていないということが上げられます。

これまで、じゃ〜なぜそんな酷い、昔の中国を舞台とした戦いでの他民族の大虐殺とはまるで性格が違う、悪魔の様な陰湿な真似が出来たのかという疑問に対して、これまで答えが見つからなかった(ヒトラー=狂人扱いなどナンセンスですから)のですが、所謂オカルト的に解釈すると、D・アイクの解釈が都合がいいんですよね。

それを100%読者の皆さんも信じて下さい・・・とまでは云いませんが、中南米先住民の生贄(いけにえ)を要求する神と、その呪縛から開放した白い神の存在を考えると、人類の歴史には、間違いなく殺戮・恐怖支配・虐殺を好む・生贄を要求する・理性の開放を鼓舞する・階級制度を作った・悪魔崇拝などを求める神が存在するという事実が導き出されます。

そして、間違いなくこの今も世界を動かしているのは、ヨーロッパの王侯貴族の一部と、その血統に混じった黒いイタリア人系ジュー達と、アメリカのアシュケナジームジューの連中です。

◆◆◆◆◆◆

ー根本的な問題は、そういった人類を滅茶苦茶にしたい集団の存在をあばき、彼らの行動や考えをいさめ改めさせない限りこの地球上に、永遠の平和は訪れません。
・・・が、説得は無理かも知れませんね。更にオカルト的に解釈すれば、彼等の肉体は人間でも、心は乗っ取られているかも知れません。最終的には、お互いにただでは済まないでしょう。

ーこの世のトップの話なんですが、私は、古代からどうも延々とその血脈を保っている集団、もしくは母系家族の意思を受け継ぐ集団、近親交配の家系、W・R(世界のダブルR家)の中のフランクフルトから表面に現れ世界に牙をむき出した家系だと思っていましたが、ロスチャイルド家ではどうも純粋な男性血脈が途絶えたいう分析を最近読みましたが、どうなんでしょうか?

世の中には、故に今ではロックフェラーの方が上だという解釈もありますが、同系列にエジンバラ公とオランダの養子王の存在があります。

◆◆◆◆◆◆

★因みに、ロスチャイルド達が残しておきたい生産性の高い従順な民族は、>>日本人・韓国人・中国人ではなく、私の記憶が正しければ、某書籍では、日本人と中国人と表記されていた記憶があります。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

陰謀論

イルミナティの認識を誤魔化そうとプロパガンダ映画が現在来ています。

そうダン・ブラウンのメジャー2作品目「天使と悪魔」です。
参考までに、「ダ・ヴィンチ・コード」はメジャー3作品目ですからね。
そして、くどい様ですが、マスメディアの宣伝文句は滅茶苦茶ですからね。

月並みに、映画「天使と悪魔」についてお知りになりたい方は、☆天使と悪魔 あらすじ 解説、☆天使と悪魔 真実 評価、☆天使と悪魔 アンビグラム、☆イルミナティーダイヤモンド 天使と悪魔、☆イルミナティ ダ・ヴィンチ・コードをご覧下さい!

因みに、当ブログはダン・ブラウンの作品を単なる荒筋を紹介したり、プロパガンダのために擁護したり、そこら辺の下らない映画紹介のサイトではありません。

どうぞ、そのようなものをお求めの皆さんは、これ以上読んでも面白くないと想いますので、速やかにご退場下さいませ!

お互いの貴重な時間のためにもそれが宜しいと想います。

当ブログは、「賢くない人」には多少難し過ぎますので判らないと想います。

さて、最近rakusen21さんが主催される素晴らしいサイトからメッセージ(トラックバック)が届きましたので紹介したいと想います。

イルミナティに関する私の全く知らなかった解釈です!

正直、面食らいました!

大変困りました。

なぜなら、私のイルミナティに関する認識が根底から揺らぐ解釈だからです。

世俗の表現を借りれば、「え〜マジ!?」てっいう〜感じ〜ですね。

笑い^^!

落選運動衛星サイト

落選運動総合サイト

ここは、良くまとめられています。
私のすることはこれでなくなりました。笑い^^!
イルミナティの真実

         (以下、落選運動衛星サイトの下部引用部分です)

そして現在、イルミナティは少なくとも2つのグループが存在しているということ。

「ホワイト・イルミナティ」と絶対的な価値をお金に求め、現世の欲望を満たすため、他人の権利や生命までも踏みにじり、知を自我の欲望を満たすためだけに利用する「ブラック・イルミナティ」

1830年、臨終の枕に集まった弟子たちに、バヴァリア・イルミナティの創設者アダム・ヴァイスハウプトはため息まじりにこう語っていた。

「我々の理想を歪め、世間に悪評をばらまき、世のあらゆる陰謀をイルミナティになすりつけようとする黒魔術団がある。注意するのだ……闇のイルミナティに!」

               (引用ここまで)

フリー・メーソンリーは、33階位あり、13以上がフリー・メーソンリーの奥義と真実を知り、神から悪魔崇拝に転じる教えを知らされ、知ってしまってからはバック(後戻り)は出来ませんから、その教えや教義や結束は尋常のものではないです。

ま〜、フリー・メーソンリーやアシュケナジーム・ジュー(偽物ユダヤ人・白いユダヤ人・世界の大金もち・ロスチャイルドやロックフェラー・アインシュタイン・キッシンジャー・大抵数人はいるアメリカの大統領の補佐官達・ほとんど全ての銀行や大手の証券や損保の会社に国際機関のトップ達)の中にもいろいろいるという事は私も認識していました。

フリー・メーソンリーにも、所謂「ホワイト」と「ブラック」と、ブリテン島のブレンデッドウイスキィーの「ブラック&ホワイト」の様に存在するらしい・・・ということ位は認識していました。

但し、それは我々をより混乱させるためと、「ホワイト」という言葉のイメージに何某かの期待を持たせるための世論操作の可能性が高い・・・ということも導き出されます。

故に、私の知る限りでは、J・コールマンもユースタス・マリンズも、D・アイクも、太田龍先生も大御所はそれに関してあまり言及していません。

云ってるのは、レベルの低い連中ばかりです。

★でも、rakusen21さんのレベルは私よりも数倍高いんです。

これは厳然たる事実です。

ここまで、我慢して(笑い^^!)私の長文をさら〜と、お読み頂いた皆さんは察するところ頭の良い皆さんで、私の書いた☆フォトン・ベルトの真相 完全解説、☆アポロ11号月面着陸疑惑に関する解説、☆陰謀論の主要作家紹介と完全解説、などの記事が、日本国中どこにもないものであり、・・・自慢・・・ま〜流石に阿修羅の膨大な情報量には負けますが、・・・自慢・・・、最近起きた「北野誠氏の不適切発言」とやらが、創価学会・ミューズ・周防郁雄バーニングプロ社長・在日朝鮮人・売国奴議員・マスメディア・朝鮮人の日本支配というキーワードで結び付くこと位は読み解けますよね。

え〜まさか、判らないですか?

★判らない方は、直ぐにこのブログをブックマークしてお気に入りにいれて下さいね。
そして、毎日、帰宅されましたら最初からこのブログをお読み下さいね!笑い^^!
(でも数年前とはかなり知識量も考え方も随分変わったり、イエスとキリスト教に関する部分では2割も書いておりませんし、手直しもしないといけない酷いレベルの低い部分もあります。面倒臭いんですよね〜!)

であること位はお判りだと想います。笑い^^!

そんな私がこの方には敵わないと思っているのがrakusen21さんなんです。

どうしましょうかね?笑い^^!

取り合えず、認識は改めはまだしませんが、認識はしました。

これからの私は、イルミナティーを、「ブラック&ホワイト」を念頭におきながら観察することになります。

しかし、参りましたね〜、どうしましょうかね!?笑い^^!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

ダ・ヴィンチ・コード 書籍紹介

金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った!
この書籍ご存知ですか?
今、滅茶苦茶売れています。

こんな方にお勧めです。

未だに、陰謀などない。

宗教も人種の出自起源も、たかだか4000年前の歴史もどうもはっきりしないという現実など考えたこともない。

日々、生活に終われ、3Sに飼いならされ、教科書に載ってる歴史とは違うというニュースや情報には全く疎い人々。

霊魂も神も心底肯定しないけれど、なぜか節目々では信じてもいない神さんに頼る儀式・慣例を恥じも外聞もなく無意識に従い、お上から指示されないと自分の意見もまともに持っていない人々。

人類の発生根拠と原因もはっきりしないのに、普通に普段は何も考えずに生きているくせに、なぜか陰謀なんかないと、考えもせずに結論つける愚かな女性的性質の御馬鹿な大衆の皆さん。

9.11テロや、中国の神船の宇宙遊泳や、アポロ11号のやらせ画像は作り物だとはっきりしているのに、証拠も画像もこれでもかとあるのに、マスメディアがNOというものはそれが絶対だと信じて疑わない自己の意見・主張を全く持たない平和ぼけの皆さん。
(異論がある方は受けてたちますよ!笑い^^!)

この現在の世界・文明は、「経済」という「まやかしの文明・システム」に支配されています。果して、このままの状態・システムで、この地球に、明るい未来が、本当にこのままで訪れると想えますか?私には、とても未来はないと想えます。

もし該当される方がいらっしゃいましたら、お願いですから以下に紹介する本だけはお読み頂けませんか?管理人からのお願いです。

★金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った
著者 安部芳裕(あべよしひろ)
徳間書店
CIMG0027






















現在、アマゾンでベストセラー・ランキングでベスト10入り。
「ビジネス・経済」部門で1位独走状態です。

まさに、これこそ右肩鰻上り!!
いずれは、鯉にも龍にもなり天に知らしめんことになるでしょう!
ついに、韓国・中国でも出版が決定いたしました!

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

陰謀論

陰謀論に関して判らないという人々が多くいます。
大半はそんなものは出鱈目だと想っているようです。

私も約10年ほど前まではそうでした。

でも、あることがきっかけで、おかしいなと感じるようになりました。

私は疑問に感じる時、自己の存在を意識します。

では、無意識の時は一体人間はなんなんでしょうか!?

無意識でも自立神経が活動しているとか・・・想う人が居ると想います。

或る人は、無意識は宇宙と繋がる時だとか、本来の自分とか、魂とかを感じれるときだとか表現します。

果して、本当にそうでしょうか?

私は、或る日こう感じたんです。もしかして、無意識=死なんじゃないかと!?

これには二つの意味合いがありますが、今日は辞めておきます。

取り合えず、陰謀がないと想う方には、最低以下の本を読めば判るという推薦書を見繕って撮影しておきました。これはごく一部ですが、取り合えず此れだけ読めば何か、根本的に日本も世界もおかしいな?というのが確実に判ります。

これを読んでもわからないという方は特別にレクチャーはしませんが、笑い^^!

どこが判らないかという点がはっきりすれば、ヒントや該当する書籍の紹介や、時間があればこのサイトで解説してもいいですが、私はこのサイトだけに時間を費やすことが出来ませんので、解答は遅れることはご容赦下さい!

★特にこのアンドリュー・ヒッチコックのロスチャイルド年表は秀逸な出来栄えですん。この一冊だけでもいいから購入して下さい!!
この本は、今やバイブルであり、教科書となりました。
非の打ち所もありません。
ダ・ビンチ・コードの解説















そして、更に取り合えず以下とセットのこの一冊は兎に角騙されたと想って読んで下さい!あなたが、この世に騙されていたのが理解できます。金融の仕組みが、詐欺のからくりが120%判ります。
CIMG0027























CIMG0022

















CIMG0003_edited
















CIMG0001_edited
















ダ・ビンチ・コードの解説















この本は、一般の方達には難しいかも知れませんね。
明確なアシュケナジームの歴史と真実がここにあります。
自分が正統なユダヤ人だとかいう白人(コーカソイド)系のイスラエル人には、この本を見せてやりましょう。キッシンジャーもアインシュタインも彼等はユダヤ教徒には成りましたが、元々のユダヤ人ではありませんから。
本解説5















100%ではありませんが、ほぼこうなるかも知れませんよ!
この世の一部を支配している連中は、キリスト教原理主義者達であり、何とユダヤ教原理主義者達と裏では繋がっています。黙示録の通りに再現しようとしています。
ダ・ビンチ・コードの解説















何があってもこの一冊は読まなければいけません。
軍産複合体、リンドン・ジョンソン、マフィア、CIA、オズワルド、MJ12、カストロ・・・、関係する機関も当然ありますが、全ての黒幕と更に本当の黒幕と作戦を立て指揮していたのは・・・???実行と作戦の指導はモサドです。
ここに、判らなかったものがつながります。
洗脳と、イスラエルの核兵器がどこから来たのか?
ケネディー
















ダ・ビンチ・コードの解説
















ダ・ビンチ・コードの解説
















ダ・ビンチ・コードの解説
















本解説15















本解説14















本解説12















本解説9















本解説8















本解説7















最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

陰謀論

小沢一郎の嘘と疑惑と真実について取り上げたいと思います。
一般的には、彼は自民党時代から金庫番であり、影の実力者としてその地位を固めていったことについては年配の皆さんならご存知だと思います。一時は将来の総理大臣は間違いないと故田中角栄氏の秘書に言わしめた人物でした。

彼には、CIAの手先というレッテルを貼るジャーナリストや政治家も多いですが、それに加えて朝鮮系の人々とも結びつきが強いようです。
そして、政権奪取の公約に主に在日朝鮮人のためと思える参政権を外国人にも与えようというものがあります。参政権が欲しければ日本人として帰化すれば済むのにです。

しかし、彼に纏わり付く黒い噂は絶えることはありませんでしたが、この2009年度に入ってから、その疑惑が一気に噴出して来た観があります。西松建設がそうですが、検察は本気のようです。いや逆説的に云えば、手が出せなかったんです。

そして、今回、長年彼のことをチェックしていた思われる人物がyoutubeに投稿したもの凄い手の込んだ動画が波紋を呼んでいます。これはとても個人の作品とは思えない仕上がりの編集になっています。単に右翼を気取る馬鹿共には作れないでしょう。

見えない組織か、よほどの政治ウオッチャーが動いたと想われます!?

それでは、この動画をご覧下さい!

    <小沢一郎 〜 闇の系譜:秘書逮捕の真相/北朝鮮との黒い関係>


★竹下総理の時の「プラザ合意」!そして、1989〜1991年(?)の「年次改革要望書」の受け入れ!「大店法」の通過で街の商店街が消え、「湾岸戦争の戦費負担」に「グローバル・スタンダード」、「金融ビッグバン」など得体の知れない妄言に踊らされたあげくハゲタカに日本の資産を荒らされ、「郵政事業民営化」、「米軍移転費用負担」、相次ぐ金融業会の再編などなど、何でもアメリカのいう事をきく忠犬と成り下がった日本!戦後よりも酷い状態に誰も気がつかないのか?

★日本が核を持つのを一番反対するのが友国であるアメリカ???

★脅威が無くなるまではアメリカ様にずっと守って頂かなければならないという悪条件!

★脅せばすでに破産しているアメリカにいくらでも金を貢いでくれる忠犬日本!

一体、なぜ日本はこんなことになってしまったのか?

皆さん、普段、私は、民主党員でありながら小沢一郎氏の事を売国奴と呼んではばかりません。それをこの動画を見れば納得して頂けるでしょう。

小沢一郎の真実の一部がここに表現されています。
私が見た限り、資料としての期日や、過去のマスコミの掲載や報道スタンス、登場する人物の政治的志向性、事件・法案などの事実など創作はありません。全て事実に基ずいて構成編集されています。それらが坦々と紹介されて行きます。

果して、それらから導き出される答えは???
あなたはどう想いますか?

これは参考までにです。

       <衝撃!!小沢一郎民主党代表の美人秘書の真実>


いかがでしたか、今この日本に日本人に襲い掛かる日本転覆の危機のご理解の一助になりましたでしょうか?

名指しで批判させて頂ければ、どっかの馬鹿女が書く「K子の日記ブログ」などというものが、「国策捜査」だなどと、今まで知りもしなかった言葉を使い騒いでいますが、そんなレベルの話ではありません。

検察は、日本のこの数十年の膿だしをしようとしている訳です。昨日今日の話ではない。「ロッキード」「リクルート」「金丸潰し」と同じレベルになるやも知れない可能性がありますね。

但し、「ロッキード」事件は、アメリカの意向でCIAに仕掛けられたものです。
後のものは、ほぼ日本の自浄作用と見ても良いでしょうが。

★同じ金権政治でも、田中角栄は、石油資源をアメリカから脱却しシベリアに求めた。
それは有る意味、日本の生命線となるはずでしたが脆くも潰されてしまった。
故に、正しい解釈としては、田中のそれと、それを引き継いだ者達の志は違うと私は解釈しています。

麻生の様な無能なぼんぼん総理に、この国をずっと任せる訳にもいかないけれど、されど、事ここに至っては、小沢一郎を総理などにすればこの日本が将来立ち直れないほどにボロボロになってしまう危険性、いや国家存亡の危機となることがお判りいただけましたでしょうか?

★将来、この日本がアメリカだけでなく韓国や中国や北朝鮮などに、食い物にされる可能性が直ぐそこまで迫っています。

★同じ民主党の代議士をここまで批判し、否定しなければならないとは情けない話ですが、小沢一郎だけは絶対に総理にしてはいけない男であり、日本人なら絶対に許してはいけない人物なのです。

最後に、この画像をyoutubeに投稿してくれた方に感謝致します。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは御機嫌よう!グッドラック!!
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ