site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>ダ・ビンチ・コード 映画

ダ・ビンチ・コード 映画

アイアン・スカイ(Iron Sky) 2012を観ました。
スペイン語字幕でみたので微妙なところはかなりはしょって理解した訳ですが、面白い事は面白かったけれど不満たらたらです。笑い!

これが実に「傑作」で且つ「駄作」で驚いたの何のって!!

先ず映画のシーム、狙いどころは、我々陰謀肯定論者や不思議大好き人間には、たまらない永遠の金メダル級のシームでしたね。製作資金の集め方なども話題になりました。

アイアンスカイ2012


月の裏側から、ナチスが復讐に地球に攻めてくるなんて凄い内容ですよね。
ワンワールドとかイルミナティ用語がバンバン出てきます。

アイアン・スカイ、成る程、考えてみるとおかしな題名だな・・・と思うのだけれど、そこは深く考えすぎてはいけないですかね。

最初の私の勝手な印象ではシリアスなSF作品かと思ったら、恋愛あり、ギャグと想えるようなセイラ・ペイリンをもじったような女性プレジデントが登場したり、ほとんどコメディの様な映画でしたね。

何ていうのか、所謂「科学的な考証・設定」はあまりにいい加減で、ええ〜〜〜こんなにレベルの低い内容なのか〜、期待外れもいいところでしたね。

ナチスのの科学力と、宇宙船(空飛ぶ円盤)、軍服、ヘルメットのデザイン等がずれ過ぎていて、途中から全然つまらなくなりましたね。もしかして、月面上をバイクが走るのは、単に月には薄い大気が存在している事を暗示しているのだろうか。

又、ナチスの科学力と賢さのイメージと、その他の価値観などの設定がマイナー過ぎて、そんなにナチスが馬鹿かよ〜と思いましたね。

だって、数十年、70年以上経過して、ナチスの開発した円盤型宇宙船が、さも当時の「ハブニー」型に近いもので、もう少し進歩・改良されているだろう・・・と思ったのは私だけではないだろう。

先ず、宇宙線を完全無視でありなんですが、これはもう、視聴者をなめとんのか〜と言いたいけれど、拘るとドラマとしての映画が成り立たないからかな〜!?

ま〜な〜、「宇宙戦艦ヤマト」にしても「スターゲート」、「スターウォーズ」も全部そうだしな〜。しょうがないか。

そういえば、「スターゲート」は、「スターゲート・アトランテイス」となり凄い事になっていましたね。
最後の銀河対戦は、実写系のCG映像としてはNO1だと思いますね。

私としては、わくわくしながら観劇したのですが、正直なところ、ま〜知識が若干邪魔をしたのか、がっかりです。

ま〜〜〜、映画大好き人間の方なら、コメディとして楽しめるでしょうね。
アメリカの糞ハリウッド映画の様なまとめ方、終わり方をしないところは、登場人物たちが過激に人間味あふれているところは、流石にヨーロッパ映画だと思いましたね。

ついでに、日本の秘密宇宙船も登場します。
ダサイです。

そして、ラストシーンには驚きましたね。
そう来たか〜という感じです。
ナチスよりも怖いのは我々だったという深いシリアスな映像のメッセージで終わります。
あれは、第三次世界大戦をイメージしているのだろうか!?

でも傑作だったのは、国連の様な組織があるのだけれど、小さな会議室に主要国が集まっているのだけれど、その中に当然日本も出てくるのだけれど、ノースコリア(北朝鮮)の代表が発言をもとめ、実はあれは我国の兵器で云々(うんうん)しゃべりだしたら、会場が大笑いで「座れ」と相手にされなかったのには大笑いでしたね。

サウスコリアも虚言癖が抜けない大嘘つきで、世界中で嫌われていますけどね。

ダ・ビンチ・コード 映画

ダ・ヴィンチ・コードの登場人物について興味はおありでしょうか?
ここでは、小説中に登場する主な登場人物を紹介します
あくまで物語内の架空の人物たちです

ロバート・ラングドン
ソフィー・ヌヴー
ジャック・ソニエール
リー・ティービング
レミー・リュガルデ
マニュエル・アリンガローサ
シラス
ベズ・ファーシュ
ジェローム・コレ
アンドレ・ヴェルネ
ジョナス・フォークマン
サンドリーヌ・ビエイル

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

ダ・ビンチ・コード 映画

天使と悪魔のあらすじについて完全解説したいと想います。
ダン・ブラウン原作2作目の天使と悪魔がそろそろ世間を騒がせて着始めました。


◆初めに、お断りしておきます。

以下のストーリーや見所の解説は、2003〜2005年当時の原作に基づいたものであり、2009年に公開された映画版のものとは異なります。

これ等は全くの別物になっており、大きなシームや、ストーリーも異なります。
原作も読み、映画も観賞すればお判り頂けると想います。

これは、映画化として先行したダン・ブラウン4作品目の「ダ・ヴィンチ・コード」の世界公開の際に、カソリック教徒やキリスト教徒からの強烈なバッシングがあったために、無理やり差し障りのないストーリーへの変更を余儀なくされたと想っています。

又、原作で劇中登場するアサシンが歴史的なイスラム教徒の暗殺者(アサシンの語源など実に意味深です)という設定も、これも日本人には判らないだろうけれども、かなり危ないと感じたのでしょう。元IRAのテロリストというかわいいものになりました。
原作通りの設定では、ダン・ブラウンの命が危なくなるかも知れません。


そういう問題をクリアーするために、ストーリーへの変更を行ったのでしょう。そこで、原作と映画版の違いなどに関しての解説は、天使と悪魔 映画と原作の違いの一考察や、天使と悪魔のシームとはが詳しいですね。

◆ここまで。


暫らくすれば今年の5月には天使と悪魔が世界同時上映されます。
ロンハワード監督も主演のトムハンクスもダ・ヴィンチ・コードからの継続ですが、息の合った二人の作るロバート・ラングドンの世界はどんな映画になるのでしょうか。実にに興味深いですよね。

以下、軽くあらすじと見所を書いてみました。
カメルレンゴ














【 天使と悪魔 あらすじ 】

或る日、セルンの科学者でもありカトリックの司祭でもあるレオナルド・ヴェトラが何者かに暗殺される。

そして、その事件解決のために古代からの宗教・図形・紋章等に代表される象徴学の権威ロバート・ラングドンがいきなりアメリカからスイスのセルン研究所にX33という超音速旅客機に乗せられ強引に招待される。

それは所長のマクシミリアン・コーラーからのたっての或る謎解きの依頼のためであった。まもなく殺害されたヴェトラの娘ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけて来る。

3人は、レオナルド・ヴェトラの死体に施された焼き印と、ヴェトラが反物質の生成に成功していた事実と紛失した状況から、反物質による大惨事を予測し、歴史上すでに消えたはずのイルミナティーの存在を疑いながらもローマ・バチカンへと向かう。

物語は、表向きはローマ教皇の迫害を避け地下に潜っていたイルミナティーの怨念と復讐の可能性の演出し、つまり歴史上ありえた科学vs宗教の対決という様相を現代に復活させ、謎解きへと展開してゆく。

(注意、実際には、イルミナティーの本質は科学者を代表・統べる組織などというものではない
天使と悪魔















時同じくして、バチカンでは前教皇死去のため新ローマ教皇選出(コンクラーペ)選挙が開催されていた。

そして、新ローマ教皇選出のために先ず4人の枢機卿が選ばれたのだが、4人とも何者かに誘拐されるという大事件に発展していた。

ここで、バチカンに到着したロバートとヴィットリアに加えて、応対した神の僕の前教皇侍従カルロ・ヴェントレスカ(カメルレンゴ)、そしてヴァチカン市国・スイス衛兵隊隊長オリヴェッティ、更にいずれ現れる謎のアサシン(暗殺者)と役者は揃った。

見所は、ロバートとオリヴェッティとのバチカン内での激しいやりとりや、盗まれた反物質の奪還。

更に物語が盛り上がるのが、拉致された教皇候補である4人の枢機卿の殺人予告と、次々と殺害されてゆく枢機卿の死体に残るイルミナティーのアンビグラムと呼ばれる焼き印図形は、強力なアイテムで深い印象を与えます。

最後の強烈なエッセンスとして、影の様に現れ完璧な暗殺の演出をこなして行くアサシン(暗殺者)の歴史的な背景と人物像がこれまた魅力的ですね。

そして、普段眼にする事のないバチカン建物内の教皇室や図書保管庫などの詳細、天使と悪魔の二面性という強烈な個性を持つ黒幕の出生の秘密など満載であり実に興味深い。

(注意、映画でのバチカンの建物内の再現はオリジナルとは若干違うようであり、カソリック教徒による些細な批判の的となっている。下らない中傷である。)

反物質の奪還に成功したものの、タイムリミットが迫ってきたために、ロバートとカメルレンゴがローマの上空に捨て身の作戦に出る。

そして、ロバートはローマ市上空での考えられない奇跡のアクションの果てに、虚構と偽善と倒錯した宗教概念と血にまみれた事件の黒幕に迫ってゆく。

果してラングドンとヴェトラは本性を現した悪魔の緻密な計画に打ち勝つ事が出来るのか・・・?

そして、無事教皇選出の結果を待つ民衆の眼に煙は立ち上るのか!?

最後に、本当の黒幕を知った時、又その犯行動機を知った読者は、その複雑で繊細で緻密な感受性のもう一人の主人公に魅力を感じる事請け合いでしょう。

天使と悪魔















映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

尚、具体的な詳細に関しては別記事や別ブログ天使と悪魔の解説をご覧下さい。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!この情報はお役にたちましたでしょうか。

尚、この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものすので、無断引用・転載はお断り致します。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!

ダ・ビンチ・コード 映画

天使と悪魔の真実と評価について興味はおありでしょうか?
親愛なる読者の皆さんの一助に成らんがと思い話題の映画天使と悪魔の真実と評価について書きたいと思います。

私としては、ダ・ビンチ・コードの解説でも述べている通り、映画としての出来はどちらにしてもまあまあ秀作だと適当に高評価をしています。笑い^^!
ですが、ロバート・ラングドンの描き方と原作との違いには一過言あるのですが、何せ原作者のダン・ブラウンが総合プロデュースに廻っている今回の天使と悪魔では、それに関する文句はお門違いという事になりそうです。笑い^^!
<トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、ロン・ハワード >
天使と悪魔













海外では案の定、天使と悪魔の評価となると、映画としての前作ダ・ビンチ・コードと同じ様にどっかの宗教団体が騒ぎ出していますね。特にカソリックの宗教団体の方から、前作同様に映画で扱われている分、猛烈な抗議を受け、中南米方面では案の定上映禁止運動が起きているようです。
モチーフとして扱うのとその宗教団体を批判するのとでは違うのですが、ちょっとでも神聖なはずのローマ教皇を貶めるような描き方は許せないということのようです。これはイスラームも同じでしょうが!?

日本では、反日の中国人に資金まで提供して反日映画を撮らせるなんて愚考をおかしているのに!?笑い^^!

★しかし、映画公開における”にわかファン”と一線を画した評価をすれば、やはり原作との比較した場合、この一連のダン・ブラウンの著作の中で、何が面白いのか、何がキリスト教徒達にとって問題なのか、ダン・ブラウンは歴史に埋もれた真実のどの部分を世界に伝えたいのか、2つの映画は原作者の意図を忠実に表現しているのか・・・、更に、ダン・ブラウンのこの2作品を書いた本音は一体なんなのか・・・、キリスト教に関係するロバート・ラングドンの次回作は出るのか・・・そういった観点から見ることになります。

(ロバート・ラングドンの次回作はもう書き上がっているようです!私としては、次回は宗教裁判系でジャンヌ・ダルクの真実がモチーフではないかと想っていましたが!?笑い^^!)

最近では、東大の教授がセルン研究所のシステムや反物質に関する定義とか解釈とかが、科学的な見地から見ればダン・ブラウンは誤っているなどと、トンチンカンなことをいい酷評していましたが、・・・実は反物質は危険なのかとか存在するのかとかの馬鹿な問い合わせが殺到したための緊急記者会見だったそうです。

そんな観点・視点に立てば、すべてのSF映画や経済をあつかったものや、戦争映画での武器の扱いや作戦などの統制・指示の仕方とか、何でもケチを付けなければ成らなくなります。お判りですか、アメリカのSFアクションものなんか成立しなくなるじゃないですか!?笑い^^!ワープ航法は実現不可能といった物理学者もいます。サスペンスや推理物などトリックに無理があれば作品として成立しないという訳ではありません。笑い^^!

なぜかしら、前作も秘密結社の存在の有無や何やかんやとレベルの低い観点からの感想や評価を述べる人々が多かったですね。ま〜、わざとそれで話題に成るようにマスメディアが操作している点も否めないですが!?

繰り返しますが、秘密結社の存在の有無、つまりフィクションなのに、何でシオン修道会やイルミナティーが実際に存在しなければならないのか!?やっかみもいいところです。あまりに話題の作品だからなんでもかんでもケチを付けたくなる・・・、これはフィクションですから、ストーリー上の小道具に焦点を絞り評価するなどは全くの愚の骨頂です。ま〜それほど注目されているということで済ましときましょうか!?笑い^^!

現在、私はまだ映画を見てはいませんが、見るポイントは多々ありますが、参考までに紹介しておきましょうか?

映画の導入部分から人々が知らない用語や西洋の歴史的な存在が出てきますが、それらを違和感なく導入できるか・・・とか?

何といっても、前作ダ・ビンチ・コードのシラスと同様、この2作の最大の見所は、闇に隠れ殺人を忠実に遂行してゆく不気味な暗殺者(アサシン)の描き方ですね。物語中盤から後半に架けて最大の見せ場です。原作でも一番筆が冴えていて魅力的なところがこの部分なんです。

ただ、ダン・ブラウンはイルミナティーやコンクラーベや、法王がセックスではないが、神を冒涜する人工授精をしていたなどというストーリー設定で、微妙な宗教上のタブーに触れるというアクセントとスパイスを投げかけているだけの事です。

ダ・ビンチ・コードでのイエスが生身の一介の人間であり子供を残していて、神では無かったというような大きな問題テーゼはありません。
☆(ですが、別の見方も出来ます。後ほど披露します!)

そこを勘違いしている人が多くて困ってしまいます。

この作品は、非常に主教的なモチーフを使い表現・組み立てられていますが、一人の人間をモチーフにした人間の二面性を極端に描いて見せた作品であるとも言えるでしょう。極論をすれば或る意味、例えばカフカとか、カミューやドストエフスキー的とでもいえるかもしれないですね。

ダン・ブラウンは、主人公ロバート・ラングドンの対面に位置する敵役には相当なレベルの相反するもう一人の主人公を、非常に面白い設定・ポジションで登場させた訳です。それが、その人間存在の一番極端な二面性を表現出来るとすれば、聖域の聖職者だろうという設定を考え出したのです。
☆(実は、自分でいうのもおかしいのですが、誤りです!初めにバチカン有きなのです!)
ここまでお判りでしょうか?

聖域の聖職者であり殺人者、まさに神に仕える天使であり、神の被造物である人間の破壊者である悪魔・・・!

<このカメルレンゴの持つ崇高なほどの純粋な理想論と生きる目的、そしてその気高い精神が自身の父親から無残にも裏切られという悲劇、単に精神が壊れるのではなく、彼はそれを真実をなかったかの様に全てを覆い隠しリセットしてしまった訳です。この辺りオームの麻原と同じくひねくれた精神構造へと向かうわけです。日本でいえば、直ぐ思い当たるところで、「人間の証明」や「砂の器」アメリカで「陽のあたる場所」の主人公のとった行動と同じでしょうか?このパターンは多いですね。
・・・ただ、成功した現在の自己の地位を守るために罪をおかすのか、自己の理想論の追求のために罪を犯すのかの違いはありますが?残念ながら精神的なものからのものというのは思い当たりませんでしたね。今回のカメルレンゴのケースは非常に珍しいと云えるでしょう。>

・・・それは、奇跡の再現を自らイベントしてゆくことになります。

このカメルレンゴの精神構造を上手く表現できるかどうかがポイントです。単にそういう人や殺人者がいました・・・という様な表現では実にあじけない作品になってしまいます。

何せ、このトム・ハンクス演じるロバート・ラングドンは、原作とはあまりにもかけ離れているために、私などから見ますとこの時点で映画としては失敗です。故に如何に敵役や脇役がしっかりしなければいけないかがお判り頂けますでしょうか!?

<宗教的要素を陰謀論の立場から比較してみました。
どちらの映画も、教皇のスキャンダルやイルミナティー(科学)と宗教の対立、イエスの血脈の存在を匂わせてイエスの神性を否定したり、フランス南部からスコットランドまでのマリア信仰の謎や、実はマリア信仰は母親ではなく妻の可能性があるマグダラのマリアであるようなニュアンスの一般的にタブーとされていたものにスポットを当てています。

・・・それは、なぜか?

私自身は、キリスト教は悪魔が作ったものであり、イエスなど存在しなかったという事実にすでに気づいていますからどうでもいいのですが、どうもこのダン・ブラウンの一連のキリスト教をモチーフにした作品は、キリスト教にケチを付けたがっているように感じられるのですが!?それはつまりキリスト教の否定に繋がる訳です!

       << ダ・ビンチ・コード >> 
イエスの血脈の存在と真実→神の子の否定! 
イエスの神性否定→教義の否定→キリスト教の否定!

つまり、キリスト教という宗教を根底から否定というニュアンスの可能性を投げかけた!
         << 天使と悪魔 >>
宗教家の否定→その代表である教皇の神性否定→宗教の否定!
バチカンの否定→宗教組織の否定→キリスト教の否定!

キリスト教徒にとっての、神の子であるイエスに子供がいた。
カソリック教徒にとっての、神の崇高な一番の使徒であるはずのローマ教皇が、教義に触れる人工授精により、子供をなしていた。

★一小説というメディアを手段として、バチカン・ローマンカソリックの否神性的な醜い過去の歴史の洗いだしとその事実の再考を、世論に投げかけるイメージ戦略としている。
その先に見えるダン・ブラウンの目的とは、キリスト教の解体であり破壊と類推できる。

ええ〜、信じられない!?当然でしょうね!?笑い^^!
それが普通であり正常でしょう!

今回、映画天使と悪魔では、以下の様な対立形式を掲げています。

【カソリック<キリスト教VS科学=イルミナティー】

これはまったくの誤りです。

<イルミナティー=科学>という扱いは全く当てはまりません。
別にフィクションですから、ダン・ブラウンが何を書こうと構いませんが、その先に隠された意図に騙されてはいけません。これは誤ったイメージを大衆に植え付けるものです。

★イルミナティーとは、時のドイツのプロイセン公国(失念?)やローマ教皇にフランス国王から、フリー・メーソンリーやテンプル騎士団に大東社と同じ様に結社の解散を命じられたほどの政治結社です。表向きはフリー・メーソンリーなどの様に例えば友愛などを説いたり、当時の有識者の集まり的な団体・組織を装っていますが、しかしてその実体は或る古代からの目的を継承している集団・一族をトップとする極めて政治的な秘密結社です。

★現在も、イルミナティーは当然存在しますが、影で世界を操る連中の重要な最高峰の組織です。もちろんフリー・メーソンリーもそうですが、イルミナティーの存在をカムフイラージュするために、わざと前面に名称を押し出し、違うイメージを大衆に抱かせるのが狙いなんです。これがダン・ブラウンの席を置く組織の真の狙いです!!

考え過ぎだよ!・・・との声も聞こえてきそうですが、ま〜いいじゃないですか?
そう主張する私の勝手であり、9.11偽装テロ作戦と同じ様に証拠もあります。
笑い^^!

そう想っていて下さい。
10年から少なくとも30年以内には私の言葉の意味が判る時が来るやも知れません。更に、宗教と麻薬についての歴史というテーゼも伺い知ることが出来そうです。笑い^^!
天使と悪魔












この映画を見る事によってあなたの人生が変るかも知れません。

映画はあなたの心を優しく豊かにしてくれたり、あなたに無限の想像力を与えてくれたり、人生の喜びと悲しみとが織り成す走馬灯の様な、人の生き様を一瞬にして凝縮して見せてくれる魔法の宝箱のようなものです。私はこの映画を是非とも多くの皆さんに見て頂きたく、ここに推薦致します。

最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この情報はお役にたちましたでしょうか?この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説!のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!グッドラック!!

ダ・ビンチ・コード 映画

イルミナティーダイヤモンドについて興味はおありでしょうか?そうイルミナティーダイヤモンドとは、前回紹介したダン・ブラウン原作の”天使と悪魔”の劇中登場するアンビグラム(Ambigram)という不思議な、象徴的成なイメージを連想させる文字による図形や図形そのもののことなんです。

これが意味するところは、ドイツの学者であり、古代の叡智の秘密の継承者であったと想われる、アダム・ヴァイスハウプト(インゴルシュタット大学、実践哲学教授)が、1776年、バイエルン王国において紆余曲折を経て、組織したイルミナティー(Illuminati)の存在を、ダン・ブラウンが世に問うための一つのアイテム・小道具として採用した訳ですね。
             <イルミナティーダイヤモンド
イルミナティー ダイヤモンド





















★姉妹ブログ天使と悪魔の解説!の☆イルミナティーダイヤモンドに更に具体的な画像の詳細があります。

取り合えず、今日は、イルミナティーダイヤモンドというキーワードについてでした。
えっ、これで終わりかって!?笑い^^!

<<読者・ファンに送る緊急メッセージ!!>>

来月3月になりましたら、本格的に、この世の真実について書きまくります。それまで暫らくファンの皆さんお時間を下さい!

他のサイトやブログ運営と、私の思っていたこの世の真実に、若干修正をしなければならないのと、これまで書き溜めていたものにかなり加筆をしなければならなくなりそうなのです。

なかなか、そう簡単には、真実という味方と、それを覆い隠す暗闇という敵は、まったくもって表裏一体でありまして、これで終わりという安易で単純なものではありませんでした。

しかし、ほぼこの世はこうなんだという格子はつかんでいます!!
幽霊、UFO、ネッシー、貨幣制度、陰謀、宗教、数々の文明、そして蛇信仰、救世主信仰、秘密結社、インチキゲンチャー(偽物の指導者・評論家達)を暴く、宇宙、量子力学、天皇とは、ETCなどなどが読者の皆さんにもある程度判りやすく書けると想います!?
実際には、この計画の半分位になるでしょうが!?笑い^^!

宜しくお願い申し上げます
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供はダ・ヴィンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。グッドラック!!

ダ・ビンチ・コード 映画

アンビグラムについてご存知でしょうか?Ambigram、アンビグラムって何!

そう現在の日本において一般大衆の殆どは、まだその存在も知りません。ですが、間違いなく5月15日、「天使と悪魔」の公開直前には、マスコミがお決まりの通りの、話題作りの取り上げをし一大ブームになることでしょう。

今現在、この記事を書いている2008年秋には当然何も起こっていませんが、来年2009年5月前には、前公開のダ・ヴィンチ・コード以上の一大センセーショナルなキャンペーンが貼られることでしょう。そしてその時、朝のワイドショー特番や箕もんたの番組等でこのアンビグラムについて語られることでしょう。眼に見えるようです。

アンビグラム(Ambigram)とは、そのネーミングの命名者はどうもはっきりしないのだが、その存在について書籍として最初に世に紹介したのは、ダグラス・リチャード・ホフスタッターという人物です。
更に、発明者は二人存在しています。実に不思議なのですが、偶然にも、ジョン・ラングドンとスコット・キムの二人が1970年代に、それぞれが別々に発明し発表したのでした。
その定義に関しては、ダグラス・ホフスタッターが学者・研究者としての片鱗を見せ次の様に解説しています。アンビグラムとは、「2つの異なる読み方を同一のひとそろいの曲線に何とかして押し込める筆記体デザイン」である。

さらに、参考までに、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からは、アンビグラム(ambigram、またはinversion, flipscript)とは、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィックな文字のこと・・・ともある。
実は、かなりいい加減である。私に言わせれば、つまり見方によって、何某かの法則・対象性や相似性、更に人間が持てるあらゆるイメージが確認される文字群や図形などを称してアンビグラムと云う!・・・などと表現しときましょうか?
(パクリ厳禁です!笑い^^!)

そして、アンビグラムが何故に世界的に注目されるようになったのかは、そう我がダン・ブラウンが彼の二作目のベストセラーとなった「天使と悪魔」の作中、このアンビグラムを採用し、絶品の小道具として紹介したからである。

実は、「天使と悪魔」の作中実際に採用されたアンビグラムは、ダン・ブラウンの友人でもあるジョン・ラングドン彼自身が制作し提供したものであります。
マニアの中では、すでに通説であり確認された話だが、主人公の名の「ロバート・ラングドン」は、実はこのジョン・ラングドンから採られています。

ジョン・ラングドン(John Langdon)
スコット・キム(Scott Kim)
ダグラス・リチャード・ホフスタッター(Douglas Richard Hofstadter)

さらに、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からは、アンビグラム(ambigram、またはinversion, flipscript)とは、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィックな文字のこと・・・ともある。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ヴィンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

ダ・ビンチ・コード 映画

ダン・ブラウン原作のダ・ビンチ・コードの動画を検索してみました。
案の定、素晴らしい画質のものがありました。

又、モナリザについても、CGが発達したお蔭で非常に面白い解釈のものも発見しました。これはま〜、一つのお遊びということですね。それでは、いよいよ天使と悪魔の映画公開が迫る中、もう一度おさらいということで映画ダ・ビンチ・コードを見てみるのも意義深いことだと思われます。以前見た感想や印象とはまた違うインスピレーションを喚起するかもしれませんよ。実は、私がそうなのです。

モナリザの新しい解釈ですね!?
所謂、聖書の暗号の様な解釈になりますね!恐らく他の人物や絵画の画像でも意味ありそうな偶然性はあると想います!


最後まで見てくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

ダ・ビンチ・コード 映画

天使と悪魔の主な登場人物の紹介です。
あのダ・ビンチ・コードの作者ダン・ブランの最高傑作の天使と悪魔がついに映画化が正式に決定いたしました。まだお読みでないダン・ブラウンファンの方には是非ともお読み頂きたい一冊です。

★尚、書籍に関しては、天使と悪魔 ダン・ブラウンの記事をご覧下さい。

現在撮影も順調に進行しているようです。我がサイトでは放映公開に先立って天使と悪魔の概要を紹介しています。参考になれば幸いです。
因みに、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。ですから、当然ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか?このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです!お判り頂けましたでしょうか?

<主な登場人物>
ロバート・ラングドン
ハーバード大学の教授 宗教象徴学専門
マクシミリアン・コーラー
セルン(欧州原子核研究機構)所長
レオナルド・ヴェトラ
セルンの科学者 カトリック司祭
ヴィットリア・ヴェトラ
セルンの科学者 レオナルド・ヴェトラの娘
オリヴェッティ
ヴァチカン市国 スイス衛兵隊隊長
ロシェ
スイス衛兵隊少尉
カルロ・ヴェントレスカ (カメルレンゴ)
前教皇侍従
モルターティ
枢機卿 コンクラーベ(教皇選挙会)の進行役
ガンサー・グリック
BBC記者
チニ―タ・マクリ
BBCカメラマン

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ