site map

ダ・ヴィンチ・コードの解説!>ダン・ブラウン

ダ・ビンチ・コード 映画

アンビグラムについてご存知でしょうか?Ambigram、アンビグラムって何!

そう現在の日本において一般大衆の殆どは、まだその存在も知りません。ですが、間違いなく5月15日、「天使と悪魔」の公開直前には、マスコミがお決まりの通りの、話題作りの取り上げをし一大ブームになることでしょう。

今現在、この記事を書いている2008年秋には当然何も起こっていませんが、来年2009年5月前には、前公開のダ・ヴィンチ・コード以上の一大センセーショナルなキャンペーンが貼られることでしょう。そしてその時、朝のワイドショー特番や箕もんたの番組等でこのアンビグラムについて語られることでしょう。眼に見えるようです。

アンビグラム(Ambigram)とは、そのネーミングの命名者はどうもはっきりしないのだが、その存在について書籍として最初に世に紹介したのは、ダグラス・リチャード・ホフスタッターという人物です。
更に、発明者は二人存在しています。実に不思議なのですが、偶然にも、ジョン・ラングドンとスコット・キムの二人が1970年代に、それぞれが別々に発明し発表したのでした。
その定義に関しては、ダグラス・ホフスタッターが学者・研究者としての片鱗を見せ次の様に解説しています。アンビグラムとは、「2つの異なる読み方を同一のひとそろいの曲線に何とかして押し込める筆記体デザイン」である。

さらに、参考までに、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からは、アンビグラム(ambigram、またはinversion, flipscript)とは、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィックな文字のこと・・・ともある。
実は、かなりいい加減である。私に言わせれば、つまり見方によって、何某かの法則・対象性や相似性、更に人間が持てるあらゆるイメージが確認される文字群や図形などを称してアンビグラムと云う!・・・などと表現しときましょうか?
(パクリ厳禁です!笑い^^!)

そして、アンビグラムが何故に世界的に注目されるようになったのかは、そう我がダン・ブラウンが彼の二作目のベストセラーとなった「天使と悪魔」の作中、このアンビグラムを採用し、絶品の小道具として紹介したからである。

実は、「天使と悪魔」の作中実際に採用されたアンビグラムは、ダン・ブラウンの友人でもあるジョン・ラングドン彼自身が制作し提供したものであります。
マニアの中では、すでに通説であり確認された話だが、主人公の名の「ロバート・ラングドン」は、実はこのジョン・ラングドンから採られています。

ジョン・ラングドン(John Langdon)
スコット・キム(Scott Kim)
ダグラス・リチャード・ホフスタッター(Douglas Richard Hofstadter)

さらに、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』からは、アンビグラム(ambigram、またはinversion, flipscript)とは、語を与えられた形式だけでなく、異なる方向からも読み取れるようにしたグラフィックな文字のこと・・・ともある。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ヴィンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

ダ・ビンチ・コード 解説

ダン・ブラウンの初期作天使と悪魔の紹介です。

 いよいよダン・ブラウン原作の天使と悪魔が映画化され日本にやってきます。ダ・ビンチ・コードの解説の管理人と致しましても待ち遠しい限りです。

 先日の紹介でも書きましたが、数年前日本でも一大ブームにもなりましたが、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔を読まなければ完結しません。ストーリー中出てくる組織や団体の多くは実在し、ダ・ビンチ・コードの方と天使と悪魔の方とは、一見関連性はない様に見受けられますが、実は両者に登場する組織や団体は、大きくみれば、実はダン・ブラウンの真のメッセージを読み解くためには必要不可欠なものであることが判ります。
如何ですか、ダン・ブラウンの前前作の「天使と悪魔」を読みたくなりませんか?

 因みに、ダ・ビンチ・コードは、この天使と悪魔の事件が解決した後に、偶然ロバート・ラングドンがフランスに講演に立ち寄った際に巻き込まれ始まるのです。ですから、当然ロバート・ラングドンシリーズとでも申しましょうか?このロバート・ラングドンが登場する記念すべき第一作目を読まなければ、ダ・ビンチ・コードも理解が浅くなるわけです!お判り頂けましたでしょうか?
 
さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?
最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この記事の情報提供は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。

ダ・ヴィンチ・コード 書籍紹介

天使と悪魔についてご紹介したいと思います。
ダン・ブラウンの以前の作品がまた映画として蘇えりましたね。そう「天使と悪魔」です。実は「ダ・ビィンチ・コード」は、この「天使と悪魔」からの続きだったのです。
ストリィーとしては直接繋がりはありませんが、「天使と悪魔」の事件に巻き込まれ、ハリソンフォード並の大活躍で、難事件の謎を解き明かし且つ解決して、一段落し落ち着いてフランスで講演しに来た折に、またまた事件に巻き込まれたのが「ダ・ビィンチ・コード」なんです。

どちらも、巻き込まれる原因が、彼主人公のロバートラングドンが生涯を掛けて研究している象徴学な訳です。

事件の度に残される暗殺者のメッセージ、意味深な象徴的な図形や文字の解釈、これを解きこなせるのはロバートラングドンしかいない・・・となり白羽の矢が彼に当たり、誘拐とも取れるような強引な手段で、事件・物語に参加させられてゆくのです。

いずれ、ビッグ・バンに対する私の見解も紹介しますが、この天使と悪魔においては、この20年位世界的に問題になった反物質の生成と、スイスのセルン研究所なども登場し、何となくそれなりに扱うものが高尚なシームとなっていて一種の現実性もほのかに漂い、本作品が非常に濃くて新鮮なバックグランドを扱っているんだというメッセージが伝わってきます。日本の岡山県にも似たものがあります。

以前は、反物質の扱い方に依っては、この世に生成した時点において、この世・この我々の宇宙が吹っ飛ぶと云われていましたね。スタートレックなどのTVドラマでも似たようなシームでの作品がありましたね。

ま〜、ストリィー上は、バチカンの数百メートル上空で反物質爆弾が爆発するのですが、核兵器並ではなくて良かったというところですか!?笑い^^!

この小説の一番の見所は、やはり暗殺者が迫って来るところです。基本的な構成は以外と単純に見破れます。ダ・ビンチ・コードと同じです。
知りたいですか!?
いいんですか!?
全部理解ってしまいますよ。笑い^^!

なるべく単純に詳しく紹介しときましょうか?笑い^^!

1、不可解な殺人事件が起きメッセージが残るーロバート・ラングドンが呼ばれる。
2、不可解な殺人事件が連続しメッセージ(象徴図形・・・)も連続する。
3、一番怪しいと思われる人物達は正しい。
4、一番聖職と義に似つかわしい人物が裏切る。<★大どんでん返し>
5、兎に角、ダ・ビンチ・コードのシラスと同じで(こちらの方が古い)、この暗殺者がストリィー展開に色を添えている。或る意味、非常に魅力的である。
6、キリスト教(特にバチカンについての)の世界観と舞台としての世界が根本的なベースになっている。
7、キリスト教のタブーについて取り上げている。
  (イエスの血脈の存在・・・)
  (基本的に、バチカンの矛盾ー聖職と義に似つかわしい人物の出生の秘密・・・)
8、ロバート・ラングドンは、文中(D・C)出てきますが、H・フォード並みのハード・ボイルドを演じる。
9、闇の世界の秘密結社と深い歴史上のキーワードがエキスとなっている。
  ☆ダ・ビンチ・コードーシオン修道会、オプス・ディ、レオナルド・ダ・ビンチ、最後の晩餐、モナ・リザ!
  ☆天使と悪魔ーイルミナティー、大麻、アサシン、バチカン広場(古代エジプトと大地母神信仰と密議)、サンピエトロ寺院(ペテロの墓)、コンクラーベ

★更に解説すれば、天使と悪魔に登場したバチカン広場・サンピエトロ寺院(ペテロの墓)から、ダ・ビンチ・コードの最後の晩餐の中のナイフを持つ疑惑の存在のペテロに繋がるのである。

★更に、深読みすれば、イエスの存在したかの是非か新約やキリスト教の価値とかは別にして、キリスト教世界における現バチカン、つまりローマンカソリックの存在を世に問おうとしている訳です。

これは、私のこのブログ内で再三お話しているキリスト教の誰でも判る矛盾にも関連している訳です。

日本人の場合キリスト教に精通していないので、判りきったことなのですが、説明を加えると、つまり現キリスト教世界はマリアをイエスと対等に置き、禁じられている偶像崇拝を行い、ロザリオを敬っている。

★理屈からすればセム系のイエスを完全にヤフェト系(金髪碧眼)と考える浅はかな矛盾、間違った地点からスタートしているので、世界中で起きるマリアやイエスの像が浮き出る奇跡などの摩耶かしに発展している。似ても似つかわない像を奇跡などと呼ぶ矛盾!
世界で、日本人の私だけが叫んでいます。笑い^^!
   _______  _______

以上です。ダ・ビンチ・コードと天使と悪魔を比較するとほとんど同じです。
そう、あの日本のテレビでやるサスペンスドラマとほぼ同じなんですが、こちらの方が数段内容が濃く世界的な・歴史的な・キリスト教世界の常識に通じていなと理解し難いですかね!?
ま〜、ミステリィーとか探偵物系というのは、大体同じなんですが、分解分析してみると次回のダン・ブラウンの作品が、仮にあったとして、主人公達の状況が判れば、何と全ての糸を引いた黒幕が本を読まなくても一発で判るんですよね!!笑い^^!

更に、因みに、”コンクラーベ”とは、日本語の”こんくらべ”と同じ意味合いです。

昨年紹介した画像ですが、再度使います!笑い^^!
本解説10















帯封をご覧頂ければ判ると想いますが、私はこちらの作品を先に読んでおりますので、ダ・ビンチ・コードでは物足りなさを感じました。つまり、こちらの天使と悪魔の方がズバリ面白いです。

どうです。映画が公開される前に読んでおきませんか?笑い^^!

★★★最終的な論評になりますが、ダン・ブラウンは、さもキリスト教会の持つ矛盾や内包する問題に一石を投じた小説を書き評価に値するという陰謀肯定論者もいますが(私などや極一部の識者)、実はこれは全くの逆です。
実は、これは全くの逆です!!
「あ〜そういう説もあるね!」の三文小説のレベルに、重大な問題を落としめた訳です。
ダン・ブラウンは、世論操作の一部です。これを世界中のお馬鹿なキリスト教徒が騒いだ訳です!ここに又新たなカオスが生まれた訳です!
ここまで、お判り頂けましたでしょうか!?

★★★グノーシスからカタリーナ派、そしてイエス・マリアの子供、レンヌル・シャトーの謎まで、ひっくるめて実は全て陰謀だったかも知れません!?故に、途中からフランスの問題の地では黒いマリア信仰に転じますよね。何故に!?
ここまでの深読みは、現在私の知る限り私だけですが、ですが奴等は歴史をWスタンダードで作ってきた訳ですから、可能性もなきしにもあらずですね。

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!
この情報はお役にたちましたでしょうか?
この記事の情報提供はダ・ビンチ・コードの解説のオリジナル記事によるものです。
グッドラック!!

ダ・ビンチ・コード ブログ指針とご挨拶

ダ・ビンチ・コード解説TOPこの瞳が訴えているものは何なのか?  
レオナルドが残した暗号とは?   
レオナルドとは何者か?   
果して、事実なのか?   
単なる謎解きか?   
真実への鍵?

ダ・ビンチ・コードについてお知りになりたい方歓迎いたします。
原作者ダン・ブラウンに代わりお待ちしておりました。
初めましてサンジェルマン伯爵と申します。

さて、皆さんは映画ダ・ビンチ・コードはご覧になりましたか。
面白かったですか、それとも期待はずれ、又は「もう最悪!ぜんぜん何がなにやらわからへんかった」と怒り心頭ですか?その先は?ペテロ・バチカン・ローマ教皇・ローマンカソリック・キリスト教世界がどうなる?イエスとは単なる予言者であり、正当なる血脈の継承者であり、人の子であり、神ではなかったのか?
なんてね、こんなパンフレットの写し丸出しのナレーションのブログばっかりで、皆さんは、原作を読み映画をご覧になり、ダン・ブラウンが何を主張したいのかわかりましたか?満足されましたか?

今から、遡ること33(2004年現在)年前、最後の晩餐やモナリザを模写したり、当時イタリア国営放送が全力を挙げて製作した「レオナルド・ダ・ビンチの生涯」、一編1時間半〜2時間で、全7夜に渡ってNHKにて放送された作品を見たり、この世の始まりから現代までの人類の歴史を探求する私の印象・解釈はまるで違います。

誤解が生じるといけないので整理しますと、私に取っては原作は、その存在を大いに評価すべきものであり、又映画は原作とはかけ離れた部分も多いのですが、本来のシームを貫いていましたので、どちらも評価致します。
しかし、映画の出来としてはもっと工夫があれば良かったのに・・・・という感想を持っています。

さて、これまで、「最後の晩餐」の謎については、Mの文字が象徴的(隠されている)に見えるや、ヨハネをイエスの左に寄せてみたり(大きく取り上げられたのは今回の作品からです)、ペテロの左手が鎌をイメージしてるだの、同じくペテロの右手が第三者のものだとかの説がありました。果ては、この絵画の歴史も知らないトンチンカンな俄かファンが唱えるイエスの足が意図的に消してあるだのと馬鹿げたお話にもならないものまで飛び出す始末です。

最近では、調べたら直ちに解るような事を無理やり7不思議や、肖った7つの謎に仕立て上げたりする日本のTV番組の幼稚さにもう我慢が出来ません。

まー、「モナリザ」に関しては、左右の手のサイズが違うだの、顔を半分に割ると別人で男顔・女顔に分かれるとか、背景も同じ原理で組み合わせるとしっかりした風景の山が現れるとか、目の横のおできで病気が推測できるとか、モナリザは2作ある(あります)とか、モナリザについてはまだましな話がありますが、それらも纏めていずれ解説しましょう。

但し、レオナルドダ・ヴィンチの絵画だけに眼が向かえば、見当外れも甚だしい結果で終ってしまいます。

ダン・ブラウンが、原作ダ・ヴィンチ・コードで「世に問うた問題提起」と「最後の晩餐」の謎解きは、全く関係していない訳ではありませんが、彼がキリスト教社会に投げかけたタブーへの挑戦に答えるものでは全くありません。

先に、はっきり申しますが、ダン・ブラウンがダ・ビンチ・コードという所謂小説を書いたのは、上記の約500年前に書かれた絵画の決して証明する事の出来ない謎解きのためになど書いていないんです。

ズバリ、映画「ダ・ビンチ・コード」は、「世論操作目的」のために、或る機関がダン・ブラウンに何某かの報酬と資金と情報を提供して書かせたものなのです。

この辺はキリスト教や海外の情報に疎い日本人には決して理解出来ないでしょうね。
決して断定はできませんが、少なくとも、私にはそう思えるのです。

ところで、原作ではなく映画の方をご覧になった方、そう私の周りの友人・知人達・酒場のお姉さん・立ち飲みのお兄さん・清掃のおばちゃん、皆ではありませんが70〜80%くらいの方が、つまらん、わからへんとお嘆きでありました。  

元々、この映画ダ・ビンチ・コード(原作)の持つシーム・趣旨・メッセージは我々日本人には理解しがたいものであります。それはなぜか、そう宗教が絡んでいるからです。 それも、所謂キリスト教ですね。皆さんは、キリスト教について詳しいですか。

失礼ながら、日本人で人前でキリスト教・ユダヤ教・イスラーム教についての概略を説明出来る方なんて殆んどいらっしゃいませんよね。そこで、何とかダ・ビンチ・コードについてご興味がおありの方でけでも、この素晴らしい映画と言おうか原作の理解の一助に成らんがため今回こブログを立ち上げました。ただし、誤解の無い様に申しますが、以下に記載する趣旨でブログを運営致します。  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当サイトは、決してダ・ビンチ・コード内で取り上げられている主張やイエスの血脈を証明もしくは正当とするものではありません。実際、ダン・ブラウンの事実認識の誤り並びに極端な誇張等もあり、裏付けの甘さも目立ちます。

しかし、前作[天使と悪魔]に引き続きキリスト教会・世界に一石を投じた影響と価値は多大なものが有ります。そして、それはとても単なるフイクションですませられるもではありません。これに関しては考え過ぎだよというご意見もあるかも知れませんが、高所から見ればそのように感じる訳です。

其れ故に、当ブログはそれを原作の主張に捕われずに検証・思考・確認・発見・分析する旨を第一と致します。

又、当サイトの根幹をなすシームと考え方は、以下に記すものですので、映画のキャストや荒筋を期待されている方には多少難しいかも知れません。

「ダ・ヴィンチ・コードという原作・映画を通して、今まで見えなかった世界の真実を解き明かします!」

故に、原作ダ・ヴィンチ・コードに記されている内容が、真実とかフィクションとかの評価などはどうでもよいのです。

問題はこの一冊が、世界の真実を知るための、礎(いしずえ)か、問題山済みの国連や世界を支配する一族を暴き出す手段として、この世の現実から眼を背けて生きている民衆に一石を投じたものであると、私は評価しています。当サイトは、その意思を明確にするためにブログを立ち上げスタートしたのです。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

そして、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」をより深く理解するためには、通り一辺等の知識や情報などでは全く役に立ちません。皆さんがアカデミズムに教わった歴史など、真実の扉を開けるには逆に足枷となる事でしょう。

このブログ内の記事は、別のブログで書いたものと新たに書き加えたもで構成されています。 全ての記事が筋道立って、又時系列にならんではおりません。いずれは、出来る限り記事の順と内容が関連するように書き直すつもりですので宜しくお願い申し上げます。尚、興味がある対象は、カテゴリー欄を最大限利用し参考にして検索して頂きたいと思います。

当サイトは、微力ながらこの世に蔓延る理不尽な支配と搾取に抵抗し、人類の財産を守り、人類史の真実の解明に挑戦しています。

さて、今回の記事は面白かったでしょうか。この記事は、ダ・ビンチ・コードの解説のオリジナルによるものです。
それでは次回まで、グッドラック
ダ・ヴィンチ・コードの解説      BlogPolicy
ダ・ヴィンチ・コードの解説のサイトManagerで、ニックネームを知と悠久の伝道者又はサンジェルマン伯爵と申します。

私は「陰謀説肯定論者」であり、ダン・ブラウン原作のダ・ヴィンチ・コードを通して、神秘世界、闇の支配者、影の政府、歴史のタブー、失われた人類史・・・等々のこの世とあの世の世界の真実を解き明かしたく日々活動しています。

特に、9.11偽装テロや3.11人口地震に、異星人やUFO、レプティリアン、フォトンベルト、日ユ同祖論、アルザル、陰謀論・・・などの真実とその是非を追及しています。

更に、インチキ作家や出版社の過去の功罪も取り上げています。
ダ・ビンチ・コードの解説       Categories
当サイトの提案!

「谷山雄二朗」氏

yujirou1

◆当サイト管理人は、在野のジャーナリストであり作家・俳優である「谷山雄二朗」氏
◆行橋市議会議員「小坪慎也」氏
◆元1等陸佐・武道家(明治神宮至誠館・第3代館長)「荒谷卓(あらやたかし)」氏
のお三方を国会に送り日本再生の礎と成って頂きたく国民の皆様に提案致します。

日本人 Policy
売国奴議員からこの国を守りましょう!
日本人の正統な権利、キャスティングボード、イニシアチブが将来奪われてしまいます。

bdj788

こんな出鱈目な法律世界のどこにもありません。
ダ・ビンチ・コードの解説      Recent Comments
ダ・ビンチ・コードの解説      BlogRanking&お気に入り
このブログが気になったら応援宜しく!
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ